1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年05月31日

友人の一言

テーマ:なんとなく思うこと

外国人の友達に

こんなことを言われたことがある。


「あまり笑わないね。笑わないと人生楽しめないよ」



笑っていた方が楽しい、というのは本当にそのとおりだと思う。



だけど私は、

能天気にへらへらできるような

そんな性格じゃないらしい。




段取りが悪かったり、

時間にルーズだったり、

同じ失敗を繰り返したり。


そんな相手と一緒なら

やはり笑えないと思う。



こんなことがあった。


連休に観光地に出かけることになったとき

行き先の希望を聞かれ


「ここに行きたい

それからここも」


と希望をいった。


その時私の頭には地図があり

車で行くなら、直前まで高速が通っている場所を選び

2か所目もそこからさほど遠くないところを選び

渋滞を避けようとしたり

運転手の負担を減らそうとする


そんなことまで考えて、行き先の希望を出す。


ところが

友人たちは


その2か所の間に

とあるビーチへの訪問を決めたのだ


おそらく、

私を楽しませようという

配慮だったのだと思う、し、思いたい。


だからビーチに行くこと自体は別にかまわないが、

残念なことに行くことになったビーチは、

その2か所から、50kmほど離れた場所にあった。


曲がりくねった道で方向が分からなくなり

やけに走るなと心配しつつも


陽気な彼らに合わせていると

なんとかビーチに到着


ここでも

ビーチ終了の6時近くまで帰ろうとしない。


友人の一人は夜の10時に予定があると言っている。


にもかかわらず、

ビーチで水遊び。


結局6時過ぎにビーチを出た。

私が、そのビーチが50km離れた所にあることを知ったのは

走り出した車から標識が見えた時だった。(唖然)


2か所目の訪問地に着いたのは

それから3時間後・・・


そして駐車場を探して右往左往して

滞在時間は約1時間


で11時過ぎに市内に戻ってきた。


一様に「疲れた、疲れた」の声



「当たり前だ!!」

と心の中から大声で叫びたくもなるが、


また

日本人はどうしてそんなにせっかちなんだ・・・

的な言われ方をするのも癪なので

言葉を飲み込む。



でも

言葉は飲み込めても

さすがに笑顔は出ない。


ここで笑えたら、

俳優になれるな、

と思った。



なぜ、

連休の渋滞を考えない?


なぜ駐車場がいっぱいであることを予測できない?


なぜ時間どおりに帰りつくことを計算できない?


私にしてみたら

?????




なのだけど、


それもまた人生

楽しくやろうや

笑って過ごそうや


という文化には

その国に行く以上は

従わないといけない


でも

笑えなかったなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月27日

披露会その後・・・

テーマ:こんな時どうする

今月半ばに行った、

若い講師の研修プログラム披露会


五十嵐 健の「教育のチカラ」  


当日の充実感は相当なもの


でも

本当に楽しくなるのは、


実際に研修を依頼されてから


なぜなら

1時間のプログラム披露では、研修のすべてを伝えられない


講師としても、

やはり、仕事として、本ちゃんのプログラムを提供してみたい



五十嵐 健の「教育のチカラ」  


五十嵐 健の「教育のチカラ」  



ということで

現在数件の依頼が来ており

その調整をしている。



写真は

披露会で受講生と向き合う若い講師たち



五十嵐 健の「教育のチカラ」  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月24日

経営者の覚悟

テーマ:プロ講師の考え方

札幌に来ている。


2夜連続で飲んだ。


最近は、めっきり飲まなくなったので、

体は大変だろう。。


「酒減らしたんじゃなかったのか?」

そんな体からの声が聞こえそうだ。


でも、

今回お付き合いさせていただいた経営者は

お酒が飲めないと機嫌が悪くなるのだ(笑)


お酒を飲むことと

その人と話ができること


比べることもなく

お酒を飲むことを選ぶ。


なぜなら

体にダメージを与えてもなお

その人から

得られるものに価値を感じるからだ。




言葉の選び方、

言葉の強度はともかく


核心をついたその人の物言いは、

すべてにおいて理にかなっており


それが実行されたら

間違いなく成功するというものだ。


景気がいいとか悪いとか

人の能力がどうのこうのとか


そんなことを超越して、

なるべくようになる、


どうなるべきかは

自分で考える。


こうしようと思ったら

そうなるように、ただ、決めて、やる。


シンプルなんだけれど、

そこまでやったら、それはうまくいくさと思う。


で、

大事なのは、

「そこまでやったら」の

そこまでやれるかということ



たいていは、

そこ、までできない。



それは能力的に無理というより

精神だったり

思考だったり・・・



要は

やらない人はやらないし


やる人は

それをやるのが当たり前のように

やる




その人は、

人の感情とか、考えていないように見えて

考えていたり、


信用していないように見えて

信用していたり



「だー-----」

とか

「どぉおおおお」

とか


やたら会話に擬音が多いのだけれど、

その迫力ある語り口は


やはり、

何度聞いても

飽きないのである。



毎日聞かされている

その人の周囲の人は大変だと思うが、


月1くらいだと、

それは

何とも貴重な

カンフル剤のようなものなのだ。



身体的には疲れ切っていても、

気持の芯は

太くなっている。




そんな風に周りを変えていけるのも

そんな風に周りを巻き込んでいけるもの


その人が

経営者の覚悟をもって、

すべてのことに当たっているからなのだろう。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月21日

鬼研修って・・・。

テーマ:なんとなく思うこと

事情があって、

過去メールを検索していたら


こんなメールを発見した。


誰もがよく知る大企業の

どちらかといえばおとなしい受講者から

アンケートには書かずに

直接送られてきたメール




まず、私がプレゼンテーションを行った時のアドバイスありがとうございました。

あの時のアドバイスを少しでも実行しようと、
最後の感想を述べる時には周りの目・表情を見ることを意識しました。
まだまだではありますが、
研修前よりはその確認ができるようになったのではないかと感じました。
特に、講師にアイコンタクトを送った時には、
頷いていただき緊張していた自分を落ち着かせることができ、感謝しております。

今回の研修で学んだ事柄は
プレゼンターションスキルの知識と技能( 実習により)だけではありません。


研修の中身をただ単に進めるのではなく、
その合間に
「アイスブレーク」や「講師のジョーク」を
話術巧みに織り交ぜることにより、

・(受講生全てが感じているだろう、)腹の底からの笑い
・(受講生全てが感じているだろう、)グループワークで疲れた頭への癒し
・(受講生全てが感じているだろう、)講師の一言一言を聞き逃さないという気構え
が自然に起こったのではないかといえます。

そして、昼食を含め3回の休憩だけで、
8時間の鬼研修を受講しても疲労感が全く無かったのはそのお陰でしょう。

講師のマネしようと思っても自分にできるとは思ってはいませんが、
今回の研修で、
・見たこと
・聞いたこと
・感じたこと
を一つずつ実行しながら少しでも自分のものにしようと思います。

そして、プレゼンテーション資料は補足なものであり
それが主ではないことを肝に銘じて今後精進していきたいと思います。





もう3年近く前にもらったメール


ああ、私は、その頃も、上手かったんだ!!
自画自賛。(笑)


こんなメールを発見するのは
砂漠でオアシスを見つけるようなもの。

今日は、ラッキーです!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年05月21日

朝ジム

テーマ:プロ講師の考え方

最高の講師って言うのは


思考

精神

外見


の3拍子揃っている人のことなんだろう


思考 ・・・  賢い(頭の回転が速い)

        言葉(うまいこと言う)

精神 ・・・  へこたれない

        自分を信じることができる

        自分を律し、目標を立てそれに向かって努力する

外見 ・・・  かっこいい、美しい

        明るい、面白い

        健康的、エネルギッシュ


でもなかなか

3拍子そろう人はいないだろう。


何かが足りないと

それを補おうとして

逆に

3拍子揃った人よりも

成功したりする。



たとえば

明石家さんまさんと島田紳助さん


紳助さんが

「同期にさんまがいてラッキーだった」というように

二人は同時代を生きている人


10年くらい前までは

圧倒的にさんまさんの人気が高かった。


さんまさんは3拍子揃ってる。


紳助さんは

顔が、さんまさんに劣る


やはり、どうみても恋愛ドラマの主役をする顔ではない


だから

女性からの人気でもさんまさんとは圧倒的な差があった



でも

紳助さんは、さんまさんより、頭が少しキレた。



特に、

うまいこと言う

能力に優れていた。


うまいこと言って、自分が笑われる

それがさんまさんだとしたら


うまいこと言って、皆を納得させることができる

それが、紳助さんだ



それと、

絡んだとき、

さんまさんは、全部美味しいところを持っていきそうだが

紳助さんは、適度に分配してくれる感じがする。


世の中の大人は

バカな若者をみて

「どうしようもないやつだ、彼らのことはよくわからない」

と言って笑うが、


そんな大人に

「そんなこと言っても何も変わらん。で、お前は若者に何ができるんだ?」

と紳助さんはいいそうだ。


俺は、彼らを変えられたし、仲良くできたぞ、って。


顔が怖い

カッコ良くない

親しみもわかない


そんな外見だからこそ

他の面で補った。


そして外見も

体を鍛え

時速100kmの球を100連続で投げることができる。

そして

それをテレビで公開する。


こうなると、

3拍子揃っていない分、

共感、同情、などの感情を引きつけることができてしまう。


結果、さんまさんより、活躍の場が広がってしまった。





私も一緒だ。


3拍子揃っていないからこそ、


ありがたくも所持している能力に磨きをかける。




足りていないところも

何とかしようと努力する。



今日も、

朝ジムに行ってきた。


天気が良くて

朝の日本橋を自転車で疾走。


三越、高島屋を抜け

東京駅を横目で見ながら銀座へ


2時間ジムで汗を流して

1日をスタートする。







にもかかわらず、痩せないのはなぜだ・・・(笑)







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。