1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年01月29日

面談

テーマ:なんとなく思うこと

もうすぐ、春の新入社員研修


研修会社はもう受注を終えて、

プログラム作成の最終段階


そして、講師選定が始まったころだろう。


本日、ある研修会社の面談を

サードプレイスで育成している講師数名が受けている。



きっと、第一段階はクリアするだろう。


おそらく問われるのは、

新人研修にふさわしい


明るく、元気で、前向きな性格



プログラムがしっかりしている研修会社なら

講師に求めるのは、


人柄とか素直さとか

まずそういうところが見られる。


その上で、

講師っぽい雰囲気を持っているかどうか


能力ももちろん問われるのだけど

新人研修レベルなら、


なんとか短期間の教育で

形にすることができると考えるだろう。


下手に実績があって

こだわりもあって、フィーも高く設定しなければならない人より


未経験でも、頑張り屋さん

を求める傾向にあると思う。




それに、今年は

おそらく、講師の必要数が多くなるはずだ。


不景気なのに?


なぜなら


内定切りでもしない限り、

今春の内定者は去年の頭に採用している。

だから

数がいる。


不景気だからといって変更できるのは、

新人研修期間を短縮することくらい


そうなると、

4月の第1週から2週の間に研修が集中することになる。


その10日余りの期間だけ

講師が足りなくなるはずだ。


逆にそれ以外は

研修会社の社員や、

特定の既存の外部講師で事足りる。



そんな環境が予測される中


今年デビューしようと考えている人は

いくつか注意しないといけない。



まず、

仮に研修会社の最終選考に合格したら、

(今年は上記の理由からとりあえず合格させる人が多いと予測)


できるだけ

出講日を複数、約束してもらうこと。


せめて3~5回の出講を確保したい。


なぜなら、


1つの研修を行うには、

プログラム勉強会とか

クライアントの事情を知るとか

なんだかんだ言って2~3日の拘束が求められる。


つまり、


1回 数万円で研修を引き受けても

そのために他に数回、拘束されたら

1日あたりのフィーは相当低くなる。


だから、

複数日の出講をもらわないと、

勉強会の分だけ損をすることになる。



また、

与えられた数回の研修で、

クライアントに気に入られるか

研修会会社の担当者に頼りにされるか

できるように最大限の力を発揮すること。


そこで相手の記憶に残れないと、

1年で約10日間の繁忙期だけ呼ばれる、

都合のいい講師
になってしまう。


1回で覚えてもらうのは大変だから

複数の出講は必要だ。





実際、去年を振り返っても


10名採用されても、継続依頼が来るのは3-4名


つまりは


半数以上は、都合のいい講師


になってしまうのだ。




新人講師が活躍できるのは

当面は、春の新入社員研修だけ


あっても、半年後の、新人のフォローアップ研修


それくらいでは、講師を職業にはできない。




不景気だから、

講師をして稼ごうと思っている、


個人事業主とか

比較的に自由がきくサラリーマンだとか

相当いると聞いている。


けれど、

こうした事情を知らないで臨むと


最大繁忙期のみに仕事を当てがわれるだけの

都合のいい講師


になってしまう。


それ以降呼ばれなかったら、

幻の講師

になってしまうのだ。





サードプレイスの個人レッスンでは


そうした事情を知りぬいた上で

講師育成をしている。


継続依頼を獲得する方法

フィーの交渉の仕方


知らなければ、

仕事が欲しい弱い立場の新人講師は

まともな交渉すらできないだろう。





なぜ、サードプレイスが講師育成をするのか


それは


世の中に、

目の前の受講生100% すべて成長させてやると

気概を持って研修をする


そんなプロ講師が増えてほしいと思うから。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月26日

個人レッスン

テーマ:こんな時どうする

講師になりたいという人に対して

今は講座ではなく、「個人レッスン」というスタイルで対応している。


基礎的なことは講座でも指導可能なのだが、

最終的には


その人らしさ


を活かさないと、人気講師にはなれない。


どこにでもいるような講師では、やはり魅力的ではないのだ。



それと、

時間的にも

休日を1日あけることができなくなっていて、


結果、

個人レッスン。



でも、その代り

デビューまで面倒を見る。



今回も何人かが同時に個人レッスンを行っていて、

春の新入社員研修でデビューさせようとしている。


世の中の経済がこんな状況だから、

企業は研修を少なくさせるだろうというのが大方の見方だ。


であれば、

既存の講師たちで、通常の研修は埋まってしまうだろう。


新人講師にとっては、ますます狭き門になる。


来年はさらにこの傾向が強くなるだろう。


まだ、

今年の春なら、

すでに昨年に決まっている研修がほとんどだから

採用人数もあからさまに削ることができないだろうし


何とかぎりぎりデビューできるはずだ。



ということで、

今一生懸命新人講師を育てています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月24日

衝動買い

テーマ:こんな時どうする

私は、衝動買いをする人

に見えるようだ



実は結構考えてものを買う。


理由は


後悔したくないとか、

いろんなものを比較してみたいとか


そんな理由もあるが、


一番の理由は


買う、という行為が好きなのだ。


「所有」とか「所持」よりも


「購買」という行為に喜びを感じる。



それに、

そんなに欲しいものはないのだ。


もう何も買わなくても、

生活に何一つ支障がないくらい

家にモノがあふれている。


何しろ、HDDレコーダーは

一人暮らしのくせに4台もある!!



だから


買うときは、大いに迷う。


そして、店の人とも交渉をする。


1~2000円安くなってもあまり意味はないのだけど

相手が交渉に困っているところとか

抱き合わせでいくらとか

そんなやり取りが好きなのだ。



で、

衝動買いだけど、


結果的には、大きな金額の買い物を1日に何個も


ということは確かにある。


けれど


世の中には、


一目ぼれみたいな感じで買う人もいる。



同じような商品は他の店にもある、と思えるような場合でも


一軒目の最初の商品が気に入ると買ってしまう。



え?


もっといい商品が隣の店にあるかもしれないのに!!


と、

私なんかは考えてしまうけど


その類の人には

そういった可能性の有無などは

あまり思考に入っていないらしい。


仮に、

あとから

買って失敗した!!


と思うようなことがあっても、


それもまた人生


あれこれ悩まないことで得られる幸せの方が大きい!!


という論理らしい。



ま、

そういう人には、

私はなれそうにもないけど。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月22日

グアダルーペを探せ

テーマ:こんな時どうする

高校時代の友人に


矢作隆一という

今は、メキシコのハラパという、メキシコシティからバスで5時間の

田舎町に暮らし、アーティスト、日本料理店経営をしている男がいる。


実家の喫茶店を継がずに

いきなり芸術大学に行き、

横浜のその筋の大きな賞にいきなり選ばれ

いつの間にかメキシコの地で暮らし始めた。


私も決してまっすぐな道を進んでは来なかったけれど

彼もまた、非常に複雑な人生を歩んでいると思う。


いまだに芸術では食えていないと思う。


でも、

メキシコの地で13年

現地の言葉はもちろん文化も理解し

大学の先生のようなこともしているそうだ。



ずいぶん前に

メキシコを旅行しているとき、

彼の住むハラパを訪れたことがある。


屋台のタコスが1つ30円位だったろうか?

コロナビールは、あのボトルで50円だった。



空は真っ青で、

人々は笑っていた。


あの場所で13年


もし私が。。。


と考えると、

今とは全く人間になっていたと思う。


そう考えると

人生なんて、

不思議な巡り合わせで今があるんだと思える。




忙しさにかまけて、

昔の同級生の集まりなど

まったく顔を出さないけれど


なぜか

彼が帰国したと聞くと

1時間でも会いに行ってしまうのだ。



私にできなかったこと

私に足りなかったもの



彼が持っているような

そんな風に考えているのか


それは、

私自身もわからないのだけれど。




今、彼は個展を川崎市で行っています。

http://homepage2.nifty.com/k-bunkazaidan/ibm/yahagi.htm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月19日

サラリーマンの気持ち

テーマ:なんとなく思うこと

独立して6年

その前に務めていたところも、

独立採算事業部のトップだったし、

ほぼ歩合給みたいな感じだったので

私がいわゆるサラリーマンだったのは5年ちょっと

ということになる。


だから

厳密に言うとサラリーマンの気持ちがわからない。


「会社に何を言ってもしょうがない」

とか

「いつ首を斬られるかわからなくて怖い」

とか


そういう風に考えたことがない。


ちゃんとしていれば

そこに数字がついてくれば


何も心配はいらない


逆に

会社の評価が追い付かないくらい頑張ると

サラリーマンでは割が合わない


くらいに思っていた。





研修をやっていると

企業もサラリーマン社員を

独立起業家のようにしようとする動きがあることがわかる。



会社にただぶら下がっているような人材は要らない

し、

今の時代では、支えきれない

というのも会社の本音だろう。


だから、

企業は、自分の力で仕事ができる人を育てたい

仮に、それで、独立されてしまったとしても、

ぶら下がり社員を抱えているよりはよっぽどいい



ということで

次世代リーダー研修なんてものは、


サラリーマン社員にとって、

素晴らしいチャンスなのだ。


会社が、

会社の経費を使って

サラリーマン社員に力をつけさせてくれる


特に

30代の社員なんかは、


あと10年もすれば、

自分自身に結論がでる。


それは、景気とか運の良し悪しとかあるけれど、

40代で逆転をするのは

そこからオリンピックに出るくらい難しい。


ならば、

30代の今、

自分に鞭を打たないとだめだと思う。





Sスーパーバイザーは何度も言った。

「半年くらい寝なくたって大丈夫。今はそいう時期なんだ」



頑張るなら今だよ!!


その言葉は、


頑張った人にしか理解できないのかもしれないし

40を過ぎて、今の自分と向き合わないと気付けないのかもしれない。



でも、

Sさんも私も、

性格なのか何なのか


何とかしてあげたい


って気持ちが強い。



ちょっとしつこい?

過剰?

でも

やっぱりわかってほしい。




今はまだ、100%うなづけないかもしれないけど、

だったら、だまされたと思って話を聞いて


今自分が「できる」

って思っているなら

その天井をもっともっと上げておいて


「自分はだめだ」

って落ち込むのは、あと10年後でもできるから

今は根拠がなくても自分を信じてあげて







また研修の季節がやってくる


企業の担当者の方々もすごく真剣

メールで、さまざまな要望が届く。


研修は

時間と受講者の数で、制限がかかる


だけどその中で、

精一杯のこと

やってあげたい





継続中の研修受講者の方々へ


ゴールまであと少し

それまで、できる限りアドバイスします。


サードプレイスの事務所に来ていただいても構いません。


私が事務所にいる日を書いておきます。


1月

28-31日

2月

4-7日

11-12日

16-18日


2月の頭は広島に

中ごろは新潟にいます。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。