1 | 2 次ページ >> ▼ /
2008年12月25日

25日からお休みです

テーマ:こんな時どうする

サードプレイスの年内の営業は24日で終了。

私も、O講師も、クリスマス&お正月の休暇に入りました。


といっても

私は一足先にシンガポールに来ておりますが。。。(笑)



さて、

今年のサードプレイスでの大きな出来事を紹介します。


1番は

私ではなく

O講師が

研修会社から仕事をいただく派遣講師から

少しずつ

直接企業様と取引できる講師になってきていること。


O講師の頑張りもあって、

直接取引をすることで

サードプレイスの強みの源泉でもある

自社コンテンツを

頑強な講師力によって提供できる

企業様が増えています。


これはとてもうれしいこと。



サードプレイスのコンテンツは

クライアント様

受講生様

そしてそれを行う講師にとっても

鉄板」です。


それだけの工夫が

長い時間をかけて組み込まれています。


ただし、

講師力がないと、使いこなせない。


その辺が、

世の中にある研修プログラムとは違うのです。




誰にでもできるように作られているカリキュラムは

いろんな妥協を重ねることで成立しています。


カリキュラム開発者がいくら

誇りと熱意をもって作ろうとしても

それを使いこなせない講師が行う場合がある、

という1点だけで

カリキュラムのレベルは大きく下がってしまうのです。



研修を提供する身として


汎用性のあるカリキュラムを作り

クラス数を増やすことで売り上げをあげる、

という方向と


あくまでも講師育成にこだわり

数を増やすことよりも

いいクラスの成立をめざす


サードプレイスは躊躇なく後者を選びます。


そしてうれしいことに、

O講師に続く人たちが出てきそうな感じです。



講師の「教えたい、役に立ちたい」

という願望を100%発揮できるプログラム


その代り、


時間等の細かい制約がない分、

高い講師力が求められることに対応できるだけのスキルを磨いてもらう



これが

講師としてのあるべき姿

私はずっとそう考えてきました。






「それは五十嵐さんだから、できるんでしょ?」



その問いかけに、

ずっとまともに答えられなかった。


「そんなことはないと思います」

その当時から思っていたけれど

証明する手段がなかった。


でも、

O講師が頑張ってくれることで


それに対する答えを出せる。


私は

相変わらずO講師にすごく厳しい面があるけれど

O講師が頑張ってくれることで


「自分にもできる」

と後に続く人が自信を持てる。



そうなると、

講師力のある講師が、研修を行うという

サードプレイスの理想に近づける。





今、海外におりますが、

そんなことを考えながら、

来年のコンテンツ作りに思いをはせています。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年12月14日

講師育成

テーマ:ファシリテーターに関すること

今年も、少しだけ、個人向けに講師育成をすることになりそうだ。


去年の今頃は

12名を対象に

「プロ講師養成講座」 春の新人研修デビュー編と称して

4回の講座を行っていた。


12名ほどエントリーがあったが、

実際に研修会社から選ばれたのは6名

そして、

今もその研修会社から仕事を定期的に得ているのは2名


まさに狭き門


もちろん、

一つの研修会社と相性が悪くても、

他でやったり、

自分で直接企業に売り込んで講師をする手はある。


だから

研修会社派遣講師になれなくても

道はあるのだが、

これからは

独立講師にとっても派遣講師にとっても

厳しい環境が続くだろう



何しろ、内定を取り消したり

期間従業員を解雇せざるを得ない状況で

研修が拡充されていくとは考えにくい。



だから、

サードプレイスは今年は、

講師育成のための講座を開くことはしない。


ただ、それでも、

講師という仕事にチャレンジしたいという人は、時々いて


話は聞くのだけど、

今は、可能性のある(つまりは仕事をゲットできる)人だと思える場合のみ


個人レッスンという形で引き受けている。



講師デビューしたいなら

ここ数年を考えると

来春は最後のチャンスかもしれない。


今ならまだいける。

でも

再来年は全くわからない。


採用数を絞るだろうし

そうなれば、クラス数も減る。


今の講師数で足りないということはないから

実績があったり

安定している人が選ばれてしまう。




ただし、



サードプレイスがいま育成している、しようとしている人は


おそらく、強い講師になれる。


まだ先のことは保証できないけれど、

私の直感で


かなり強い講師

2-3年の経験者を軽く1年で抜いていくような

強い講師になるはず。


そういう才能を感じるから

私も強く育てようと思う。



サードプレイスは今

2クラスまでの研修なら弊社に!!

と名刺に書いているが


そのうち3クラス、4クラス、5クラスくらいまでにはしたい。


規模はそれくらいで十分だろう。


それより多い数は

春などの一次的にしか需要がないから


楽しく稼ぐにはそのくらいの数まででいい。


で、

全員強い講師で揃えるのが夢だ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年12月13日

3年目社員研修

テーマ:セミナー考察

とある業界のリーディングカンパニーの

3年目研修を行ってきた


2日間の2セット


3年目と言えば、25歳前後

若いだろうなと思っていたら、結構大人だった。


聞けば、

この会社では3年でもしっかりとした仕事を与え、

その責任も予算もズシリと重い3年生なのだそうだ。


そのせいか


研修冒頭では大人しかった彼らが

研修が進むに従って、

覚醒していったのか、

プレゼンをさせてみても、どんどん話す時間が長くなっていった。



話したいことがたくさんあるのだろう。


もちろん、

そんな彼らに対してでも


「さあ話しなさい」

というだけじゃだめだ。


ちゃんと伝わる環境を作って

ちゃんと聞いてあげないと

彼らの声は聞こえてこない。


彼らが語るのは

3年目の社員が感じている現場のリアル


それが単なる愚痴ではなく

前向きに発せられることで


研修は、

何かを学ぶ場でありながら、

会社を変革していく議論の場にもなり

そこでひき起こる感情は

単なるモチベーションアップの世界にとどまらず、

仲間への、上司への、会社への提案の場にもなる。



「今回の研修が今まで受けた研修のなかで一番ためになった」


そんな声が重なり、


「4年目研修、5年目研修もやってほしい」


と受講生から要望が出されると


事務局の担当者がうまいことを言った。




もうこれ以降、同期研修を企画するのは難しい。


成長は人それぞれ。


頑張る人、そうじゃない人で差が出てくる。


だから今後はどうしても、役職や役割に対して研修が行われることになる。


もしどうしても同期研修がしたいのなら


ここにいる皆が同時に○○長になれるよう頑張ってほしい。


もしそれが実現すれば、○○長研修が、皆さんの同期研修になるのだから。




そのとおり。


今後はさらに「差」が付いていく。


「差」が生じるのは、「人」が「仕事」をする以上避けられない。


「差」があるから、その会社は業界ナンバーワンになったのだ。



同期の皆が

その差を付けようとし、その差を埋めようとし

切磋琢磨することで、会社はその価値を高めていく。


いいな、そんな同期。




ある受講生が言った。



「僕たちは、2年目社員に対しても、

先輩社員に対しても、刺激を与える存在になろう」



いいこと言うなあ。



確かに

一生懸命仕事をしていたら

確実にそうなっていくからなあ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年12月09日

慌ただしい12月

テーマ:なんとなく思うこと
プロ講師の「こんな時どうする??」

門司港ホテル前(雪が降っている)



先週博多で水炊きを食べた。

久しぶりに、

博多でKさんとOさんに会った。

3年以上

というご無沙汰でした。


でも全然変わっておらず、

懐かしいというよりは

時が止まったような気がしました。


私は、ずいぶん体重が増えましたが・・・。(笑)



東京に戻ってからも、

弊社スタッフのO講師のプログラムの相談を受けたり

年末調整や税金などの対応に追われたり

それ以外も

健康診断など


今週は平日5日間のうち

4日間が研修


その合間を縫って

さまざまな手続き


実家にも顔を出さなければならないし、

クライアントの資料にも返事をしなければならないし、

弊社の望年会もある。


さらには

今月の後半には

久しぶりの海外。


相変わらず

慌ただしい日々を過ごしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年12月06日

3泊4日の中国、九州

テーマ:セミナー考察

広島と、山口で研修を行った。


本社と工場。


受講生の感じも少し違う



工場がある町は

駅前がだだっ広く、

商店街のような賑わいではなく


大きなショッピングモールが一つ


曇り空のせいか

とても静かな印象だ。


駅からタクシーで20分あまり


工場はさらにのどかな場所にあった。


古い学校か病院のような棟で

研修を行った。


最近の経済事情

この工場でも

契約を更新できなかった労働者がいるのだろう


全体に

重い雰囲気がある


それを断ち切るような明るい研修


面白くて楽しくて

前向きになれるような研修


それを心がけた。


あまりカジュアルになりすぎないようにはしたが

「会社にも面白人がいるな」

「研修もつまらないものではないな」

思ってもらいたかったし、

そうできたと思う。



研修が終わって、

実はもう一泊


その日のうちに帰ることもできたが、

さすがにここから新幹線に5時間近く乗る気力はなくて

翌日飛行機で帰ろうと、

とある町にやってきた。


初めて訪れた、

古いタイプの地方都市。


ホテルにチェックインしたあと

飲み屋街に出かけてみた。


直感で入った店

カウンターに座る


お勧めのお刺身などをつついていると

隣のカウンターに初老の紳士が座った。


どこかで飲んできたらしく

割と上機嫌


そして、隣の私に話しかけてきた。


私も一人だったので、

ここは上手にコミュニケーション


そしたら、

その方は家族の話、

仕事の話


京大をでて

日本興行銀行

ある時期スパッと退職されて

それから弁護士を目指し

70歳の今でも弁護士として活躍されているという。


「今日は久しぶりにとても楽しい」

そんな言葉を連発されて、


いい時間だから帰ろうとした私の

伝票を握りしめ



「今夜はとてもいい時間だった

今度会うときはおごってね」

といって、笑った。


思わず、御馳走になってしまった。



こんな夜も楽しいね。



明日は、博多で水炊きです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。