1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年05月31日

元気でいるか?

テーマ:なんとなく思うこと

先日、知り合いのコンサルとランチを食べたとき

懐かしい女性にあった。

昔一緒に講座をしたことがある

聞けば私より10も年上の

だけど

今でもスマートでエネルギッシュな方。


その方曰く

久しぶりに私の元気な姿を見れた、と。。。


あ、私

いま元気なんだ、

って思った。


実はここ数年

自分の人生でたぶん「底」というような

そんな時期だった。


独立してそれでなくても変化が多いのに

友人が会社を畳んだり、

知人経由で購入した金融商品が崩壊したり

一番は

憧れの同性の先輩の事故死


で、

しばらくは元気がなかった・・・らしい。


それが

やっと復活してきたのだろう


以前の私を知っている人にとっては

昔のまま、というところまできた。



さて、

そんな私に戻れたせいか


いろんな人に対して


「元気でいるか!!」

って思う余裕が出てきた。



独立して会社を作った人たち

元気でいるか?


一緒に仕事をした人たち

元気でいるか?


私の講座で学んでいた人たち

元気でいるか?


旅先で出会った人たち

元気でいるか?


みんな元気でいるといいなあ!!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年05月29日

サードプレイス研修体験会

テーマ:セミナー考察

初めて、

企業の方に

サードプレイスの研修のやり方を紹介しました。


しかも、

ただ研修を受けてもらうのではなく

仕掛けの部分を披露しました。


なぜ、

受講生が引き込まれるのか

なぜ

テンポよく研修が進んでくのか

なぜ

リーダーを持ち回りにしても成り立つのか

なぜ

最後に受講生が素晴らしい「まとめ」を話すのか

なぜ

受講生とのやり取りが途切れないのか



サードプレイスの研修を受けた人なら

または

それを見た人事の方は知っているこれらの秘密

短い時間ではありますが

お見せすることができました。


また弊社の

折口のファシリテーションぶりも

紹介することができました。



講師力って、何?


瞬時のフィードバックって何?


負担と負荷の違いって何?



参加された方は

いろいろわかったと思います。


体験会でこんな感じなのだから

実際の研修はもっとすごいです。


私は今回2時間の担当でしたが、


1日研修であればこの3倍のボリュームで

「あの時間」が続くのです。


受講生がいかにいじられるか

そして、高められるか

想像ができると思います。


もちろん

研修は生ものですから

完全はありません。


仕掛けも、すべて成功するわけではありません。


でも

あれだけ裏で考えていたら、

成功確率が他よりもうんと高くなることは

ご理解いただけたでしょう。


プロ講師は、

研修の裏側で

その場で

あれだけ考えているのだということ。


今回は人事の方だけということでしたが

実際は

受講生の多様性

という変数が加わります。


さらに講師の力量が問われます。


あのレベルで研修を進めようとしたら、

講師にそれなりのスキルがなければ無理です。



もはや研修をプログラムで選ぶ時代ではないのです。

世の中には似たようなプログラムばかりです。


研修は、講師で選ぶ方が、結果の満足度は高いと思います。




サードプレイスでは

今回紹介したようなような研修がやりたくて

講師を育成してきました。


折口をはじめとして

ぜひ

ご活用下さい。



共によい研修を作っていきましょう。





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008年05月27日

ブログの頻度

テーマ:なんとなく思うこと

プロ講師養成講座の生徒さんたちに


ブログを書くことを勧めている


アウトプットの量を増やす練習になるし

講師として何を大切にしているかを

発信することができるから


ところが、

なかなか更新しない。



理由は


1 書くのが苦手

2 書くことがない


この二つだと、

講師としては致命的


カリキュラムを書く

テキストを書く

報告書を書く


講師という仕事は書くことが意外に多い


書くことがないというのも、

モノを見る目とか感じる力の欠如を意味しているのだから

ブログも書けないということは


そもそも伝えたことがない、ということかもしれない。



3 書くことに意味を見いだせない


これは、ブログを書くということの優先順位が低いということなので


師匠に対する反発か(笑)

師匠が言っていることを受け止められないか

のどちらか



まあ、いいか。(笑)



ブログが書けない時


というのは確かにある。


忙しい時


てんぱっている時



身近にいる人でもある。


ブログがぴたりと止まる。


「ああ、今それどころじゃないんだな」

って思う。



私は

ブログを書くことは苦にならない。


そもそも大した内容を書いていないし

ことこまかに調査して内容を考えているわけでもない


だから

10分もかからずにこの程度の文章は書けてしまう。



ブログを書くことのメリットもデメリットも

わかった上で、

訓練だと思って書いている。



私が研修の場で、

瞬時のフィードバックができるのも

こういうことの積み重ねなんだけど・・・。


特に

てんぱっているとき

やばい時こそ、

平気でアウトプットできるように

訓練しないといけないのだけど・・・。





と、

メッセージ

伝わるかな

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年05月26日

頼もしい

テーマ:プロ講師の考え方

周囲の人たちが頼もしい


最近そう思う



例えば、

エージェントのIさん


Iさんの作る私の研修の企画書

実に私の研修の中身を分かった上で書かれている。


付き合いも長いが、

それを考えても素晴らしいと思う。


そんな企画書で受注をとってきた仕事は

ミスマッチが少ないだろう。


とても頼もしい。




私は

本気のクライアントさんと付き合いたい

本気で思っている


だから時に、

本音をぶつけることがあるのだが、

その真っすぐな球を、

しっかり受けとってくれる担当者がいる。


例えば、

研修のあと、

受講者が再度交流する機会を作ったり

MLを立ち上げて情報交換の場を提供したり

なかなか面倒なことを

でも

やればうれしいし、効果が上がることを

当たり前にやろうとする


とても頼もしい





とある研修企画で

アセスメント+αをやりたいといえば、

興味深い試験とその結果を見せてくれるコンサルがいる



体験会を開くといえば、

わざわざ沖縄から参加してくれる友人がいる



自分が出会った人たちを

家族のように面倒を見る仲間が北にいる。



社員をこよなく愛するがゆえ

心配事が絶えない経営者が、

大きな仕事を紹介してくれる。



学生の生の声が聞きたいといえば、

その機会を一生懸命セッティングしてくれる人がいる




皆、頼もしい人たち




本気で

教育を考えている仲間たち


彼らも

それぞれの場所で一生懸命頑張っている



だから

私も絶対にへこたれない



期待に応え続ける



その意思は

揺るがない




この3か月で


那覇2回

札幌1回

広島1回

福井2回

大阪3回

神戸2回

和歌山2回

名古屋1回


皆さんの住む街に

パワー全開で訪れます。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年05月25日

本当はわかっている

テーマ:プロ講師の考え方

今の研修の問題点

本当は皆分かっているはずだ。


研修会社に丸投げをすれば、

それなりの結果しかでない。


遠慮して何も言わないと

寄せ集めの講師がやってきて、

とりあえず、当り障りのないコメントを残して

帰っていく。


いい加減な人事部は、

それがいかに損失なのかを考えようともしない。


しかし、

本気の人事部は、

そんなことは許さない。


予算にも

成果にもシビアになる。


講師にとってはやりにくい。


が、

本当に楽しいのは、

彼らのような本気の人たちと仕事をすること。


講師が初対面の生徒に向かって

全力をぶつけられるのは

普段の人事部の、社員に対するケア

すなわち

愛情があればこそ。


そうじゃないと

負担に感じるレベルが低すぎて

ちょっと何かやれば、

拒絶反応が出てしまう。


だから、


本気の講師は、

本気の人事と

本気のエージェントとじゃないと

仕事にならない。


「こんなもんでいいだろう」

とか

「これ以上やると、他のクラスと差が出るから」

などといって

チカラの加減をするのは


なんとも、気持ちが悪い。



小学生の徒競走じゃないんだから

一緒に手をつないでゴールを!!

なんてことは必要ない


クラスに差が出たっていい!

生徒に差が出たっていい!



気づき→挑戦→承認

のプロセスさえちゃんとできていれば



違いは個性として立派に世に出ていくのだ。




全力で研修をやりたい。



そう思ったら、



自分でやるしかない、って



今は、そういう結論。




幸い

6月からも

初クライアント

初チャレンジ

の仕事が続く



今日、

そのために

スーツを新調した


名前もバッチり刺繍してもらった。


気合い十分



今年の夏も面白くなりそうだ。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。