1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年11月28日

ブログの読者

テーマ:なんとなく思うこと

研修を依頼する前に、

実際にその講師のセミナーに出席して

その力量を確かめる


そんなクライアントは素晴らしいと思う。


講師も、気合が入るに違いない。



それと同じように


このブログを見て

連絡をしてくれる同業者がいる。


結構いろんな人に読まれているみたいだ。


ここに書いてあることは

まさに私の思いそのものなのだけど、


それを理解し、

共感して、

連絡をくれる人たちと

会うのは楽しいし、


何かを進めるにしても

話が早い。



思いがなければ教育はできないが、

思いだけでもすべきではない


とか


自分軸ではなく相手軸


とか


そういったベースになる価値観を

共有できると

本当に楽だ。


ここは、

譲るとか合わせるとか

そういう問題ではないので、


それを信じてやっている

のだから、


そこは共感できる人じゃないと

仕事にならないと思う。



というわけで、

これからも

自分の思いを書いていきます。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年11月27日

教え子

テーマ:なんとなく思うこと

私は、学校の先生ではないから

厳密にいえば「教え子」なんていないのだが、


アタッカーズビジネススクールで講師をやっていた時以来

自分が何かしら「教えた」人に対して、

教え子のような感情を持っている。


そんな教え子だが、


以前は、

たくさんの人数を相手にしていたし

自分の能力も発展途上だったので、

上手にケアしてあげることができなかった。


今も、完璧とは言えないが、

昔よりはよっぽどケアできるようになったと思う。


そんな

私から何かを学んだ人たちだが、

現在、かなり頑張ってくれている。



独立後一緒にいたのが

守山さん

彼は今、月の半分は海外に遊びに行っているほどの余裕のある暮らしをしている


石井さん

トヨタ関係の本を出してベストセラー

今では、講演も難なくこなすようになり、

東京のオフィスの他に名古屋に豪華なマンションを借りている。

http://www.effec.jp/


そして

折口さん

彼女の講師としてのデリバリースキルはグングン上達し

彼女の講師フィーは2年前の倍になっている!!

http://ameblo.jp/pro-facilitator/



さらに今の生徒さん達は、


市川さんが長野でファシリテーション講座をしているし。

http://shinfaci.naganoblog.jp/


谷渕さんも高松で順調に講師の仕事を進められている。

http://plaza.rakuten.co.jp/2911jp/



彼ら以外にも

仙台や沖縄など、全国各地で

それぞれの強みを生かし頑張っている。


皆に共通するのが

デリバリーがうまくなっていること。


自分軸から相手軸に変わっていること。



皆好きなことをして

暮らしているとしたら、最高だと思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年11月22日

東海テレビスラジオセミナー 私の感想

テーマ:なんとなく思うこと

これは、東海テレビから正式にサイトで紹介される記事の原稿の一部



さる19日に開催された第1回東海テレビスタジオセミナーは70名を超える参加者があり

盛況のうちに終了しました。



セミナーでは有限会社サードプレイス代表取締役の五十嵐 健講師による

第2部「講師のオモテとウラ 全部見せます!!」が圧巻!

さすがプロ講師、プロファシリテーターと感じさせる展開となり、

テーマにそってグングンと参加者に迫り、

講師人が自己アピールする機会を作りつつも、適切なアドバイスを繰り出す見事なものでした。



参加者のアンケートの中で

「好感の持てる話し方」「人間性の豊さを感じた」「一体感が持てた」「参加意識が高まった」

という感想は参加者の皆さんに五十嵐講師の真摯な情熱が伝わっていたことを物語っています。



東海テレビの磯野さんが書いてくれたのだと思う。


とても褒めていただいて、恐縮している。


と同時に、

この文章からも、

私のパートの反省点が浮き彫りになる。



今回の話、

当初は

東海地域のこれからの講師に向かって、

私が様々な問いかけを通してスキルアップさせ、

その模様をクライアント企業に見せながら、

講師のすごさ、大変さを見せると同時に、

一人ひとりの講師の特徴を分かりやすく紹介し、

企業が仕事を依頼しやすいように持っていく

という企画だった。


テレビ的には、バトルが起こった方が面白いということで

さんざん煽られたのだが、

おそらく、参加する講師はバトルなんか望んでいないだろうから、

対戦ではなく、あくまでも彼らの本音を引き出す、という部分にフォーカスしよう

その上で、アドバイスできるものがあれば、突っ込みながら行っていこう

と考えていた。



ところが、

集まった講師は、 これからの・・・どころか、若くない。。。(笑)

50代60代・・・

わたしがなんら教えることなんてない。。。というか、

おそらく受け取ってもらいずらい年代の方々。


しかも、

当日初対面。


彼らの様子を観察し、

説明時には反応を確かめ、

誰にどのくらい負荷をかけられるかを見極める。


本番、

目の前にはあまり温まっていないクライアント企業の顔


この状態で、

講師に「本領を発揮してみろ」というのは酷。


で、急きょ内容を変更

最初に私がアイスブレークをして、

場を作るとともに、講師のスキルを見せていこうと考えた。



私が言いたいことは単純明快


講師は講演家じゃないのだから、


自分の話したいことを一方的に話すのではなく、

相手軸に立って、相手の知りたいことを話そう。

相手を見ていれば、指名すべき人が見えてくる。

傾聴でなく、開聴をすることで、大勢を巻き込める

など


それを

参加講師にいろんなパフォーマンスをしてもらいながら、

その場その場で、

講師にも、クライアントにもためになるようなアドバイスをしていった。




結果的に、アンケート結果は、

当日内容を変えるなど、あわただしかったにもかかわらず、

かなり良いものになった。



が。。。



中には、

「結果的に五十嵐講師のうまさが引き立っただけだったのが残念」

というような、

講師にとってはあまりおいしくなかったんじゃないのか、

という声が聞こえた。


私としても、

そうならないように、

かなり意識して、気を使ったつもりなのだが、

結果的にはそうなってしまった感も否めない。


確かに、

60名の企業の方々を前にして

誰もが自分の力を100%発揮できるものじゃない、

そういうふうに思ってしまう講師がいてもおかしくない。


それが

今回の心残りの一つだ。


私としても、もっと面白いやり取りをしたかったのだが、

立ち上がって、話をしてくれるのは50代60代の男性で

女性や30代の男性の積極性を引き出せなかった。


「もっと内容をきちんと事前に説明してくれればよかったのに」

という声もあった。


その通りだと思う。


が、

初めての試み、私自身もすべて確信をもって行えていたわけではなかった。


また、講師になるなら、そいういう不確定な状況の中でも

自分の能力は発揮できないといけない、とも思う。



いろいろあるだろうけど、

状況は、そこにいる人皆同じだった。



私も、

何が起こるか分からない、

つまり、

講師がどんな話をするか分からない状況下で

そこに適切なコメントを挟むことは容易ではない。


しかも、

講師を盛り上げ、スポットを当てながらも、

目の前の企業人を温め続けなければならない。


今回は、

皆、そういう環境下でこのイベントに立ち向かっていたのだと思う。


そして、こんなイベントが可能だったのは、

講師という特別なスキルを持っている方々によるものだったからだ。



終わってみれば、

結果は成功


でも、

消耗は激しく、

かつ

反省点の多いイベントだった。


おそらく

今回のロードのなかでも

もっともしんどい環境だったと思う。


そして、結果的に

独立して5年間で初めての

ボランティアの仕事となった。



元教え子で元スタッフの石井さんのためにやった。

名古屋で研修を一度もしたことがなかったからしたかった。


大学を出て初めて働いた商社で

名古屋に何度も出張する機会に恵まれた。

名古屋の先輩方に、商売を教わった。

それが今でも、忘れられない思い出となっている。


だから

名古屋の人たちのために

役に立てたのなら、うれしい。



このイベント、

来年の2月に、いろいろ見なおして、

また行うという方向になっている。


その時にまた

役に立てるといいなと思う。



名古屋からの帰り道

新幹線から美しい富士山が見えた。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年11月22日

名古屋で講師VSクライアント イベント終了

テーマ:なんとなく思うこと

ここでも紹介していた

名古屋でのイベント


東海テレビさんとエフェクトの石井さんが


東海地域の企業と講師のためのマッチングのイベントの開催を企画して

私のその現場でのコーディネイトを頼まれたものだ。


当日の内容を振り返ってみよう。



タイトルは

「東海テレビスタジオセミナー」


■趣旨説明


『これは、企業担当者と講師の ビジネスのStudio Doramaです』


東海テレビ 社会人フェローの会 事務局長 磯野正典



今回の仕掛け人の一人である磯野さんが、東海地域の現状を話す。

企業はもっと貪欲に研修の質をあげるべきだし、

講師はそれに応えられるように努力すべきだと、熱く語られた。

五十嵐さんが講師とのバトルをとおして講師の本音を引き出してくれると、

場をもり上げようと結構大げさに話してくれた。


「バトル」はともかく、

彼の、この場を盛り上げたいという気持ちは伝わったと思う。






■第1部 

『一度で何度もおいしい講師の活用法!!』


講師 東海テレビ 社会人フェローの会講師株式会社エフェクト代表取締役 石井住枝 

 

 

第1部は、良く知っている石井さんの話。

冒頭は、講師の方たちに趣旨説明するため別室にいたのだが、

やはり石井さんの話は聞いておかなければと会場に戻る。


実は、石井さんがブレークしてから、

彼女の講演など、ほとんど聞いたことがない。

だから、

どんなふうに成長されているのか、興味があった。



60名ほどの企業人を前に、堂々としていた。

昔の緊張と焦りでいっぱいいっぱいだった彼女の姿はそこにはなかった。

まあ、

人を巻き込むテクニックは昔とあまり変わらなかったけど(笑)

あとで聞けばそれが東海地域では適切なのだときいた。

つまり、あまり激しくないのがいいのだと。


私から見たら、シーンと静まり返った会場は、何とも気持ち悪いのだが、

時折起こるかすかな笑い声、頷きが、東海地域の普段の姿なのだという。




でも、

次は「バトル」を期待されている。

この雰囲気では、バトルなんて無理だ。


もっと会場を温めないと・・・


磯野さんは15分

石井さんは45分


さて、私、ひとりで2時間弱


この雰囲気をどう変えようか・・・




で、いよいよ私の出番に。。。




■第2部 

『講師のオモテとウラ 全部見せます!!』


講師 有限会社サードプレイス代表取締役 五十嵐 健



内容は、次回に続く。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年11月21日

若手研修

テーマ:セミナー考察

この間行ったプレゼンテーション研修は


初めてのクライアント

初めてのエージェント担当者


ということで、

事前のやり取りが頻繁となった。


参加人数の変更

講義回数の変更

内容の変更

連絡事項の変更


当日も、

参加人数が大幅に変わった。


今話題になっているニュースにかかわっている人がいたそうで、

参加者が当日になって半数になったのだ。


結果的に、若手研修になった。




私としても、当日の人数半減はきつい。

まして、実習型の内容であればなおさらだ。




とはいえ、やるしかない。

現場で内容を作りかえることはできないから、

時間配分を考えて、

いろいろ調整をする。


結果、

短時間の超参加型の研修となった。




担当者は恐縮していたが、

さすがにフットワークはいい。


すぐにアンケートと感想をメールしてくれた。

(翌日関西出張だったので、ここには書けなかったが…)


担当クライアントをたくさん持っているといっていた。

きっと信頼されてのことだろう。



さて、その内容だが、




いつもお世話になっております。
○○の□□です。
本日は△△不動産販売様の研修、本当にありがとうございました。

4時間研修という短い時間にもかかわらず、非常に実のある研修を
実施いただきましたことを心から御礼申し上げます。
企画・運営段階では大変ご迷惑をお掛け致しましたことをあわせて
お詫び申し上げます。

早速ではございますが、受講者の方々、事務局様ともに大変ご好評
を頂きましたので、生の声を取り急ぎフィードバックさせて頂きます。
-----------------------------------------------------------------------


■事務局様
テンポのよい研修進行と、受講者のレベルに合わせた内容を柔軟に行っていただき、
本当に有意義な研修を実施頂けたと思います。
特に、受講者同士のフィードバック並びに五十嵐様からのポイントをついた補足コメント
は受講者にとって非常に有益であったと感じております。
さすがに、どんな研修も外さない、受講者に合わせた研修を実施されるプロの講師で
あると実感しました。


■受講者
○五十嵐様に対する評価・・・3段階中全員が最高点
○研修内容に対する理解度・・・3段階中全員が最高点
○実務への活用イメージ・・・1名を除いて最高点(××様のみ中間点)
○その他コメント
・会社説明会はもちろんのこと、学生と話すときに活かす
・自分を客観的に見ることができるとともに、他者との比較ができて有意義だった
・コンテンツの部分をもっと勉強したくなった

・グループ化意義での業務報告やお客様への保険提案で活用したい
・すぐに実行できるものばかりで、営業で常に活用したい
---------------------------------------------------------------------------


以上、私自身も非常にワクワクする研修会でございまして、今後の自分の提案に
活かすとともに、また他の機会でも五十嵐様とご一緒にお仕事させて頂ければ
本当にうれしく思います。






手短にまとめられた見事なメールである。


思わず感心した。


こういう切り返しをされると、

こっちも、余計に力が入るというものだ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。