1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年11月30日

新人研修、やってくれる人いませんか?

テーマ:セミナーやります!!

講師のデビューには新人研修がいいと思う。


4月はどこの企業も研修を開催しているから、

講師の数が足りなくなる。


幹部研修と違って、高度なスキルが要求されない。


ということで、

実はとある企業の新人研修の話が出ている。


まだぜんぜん決まっていないのだが、

面白い仕事。

でも、

ハードルが高い。


3月に8日間

4月に約20日間

朝8時から夜7時まで拘束される。

講師をやり続けるというよりも、

クラス担任をやるイメージ。

クラスには50名ほどの新入社員がいる。


それを、社員さんと2人3脚で、

心のケアから、研修のサポートまで

仕事は多岐にわたる。


まとまった仕事だから、

サラリーマンがもらう1ヶ月の給与よりも高い報酬が得られるし、

やりがいのある仕事。


ただ、講師として新人研修をたくさんやる人にとっては、

そちらのほうが割りはいいだろう。


でも数こなせる人は少ないだろうから、

稼げる額はこの仕事のほうが高くなるはず。


で、

講師経験は問わない。

新人レベルの講師スキルは1~3月で僕が教える。


問題は

長い拘束時間に耐えられること。

つまりは、定職についている人は無理。

かつ、

新人研修なので少なくとも25歳よりは上じゃないと。


そういう人を探さなければならない。

東京に5人、大阪に1名。


詳しいことは、未決定のことなのであまり書けない。

なんとなく興味がある人は連絡してほしい。


こちらまで

igarashi@3rd-place.jp





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年11月28日

自分の意見

テーマ:なんとなく思うこと

自分の意見を持つ。

それをいつでも表明する覚悟を持つ。


別になんていうことない、当たり前のことなんだけど、

できない人が多い。


個性的な意見なんて、

表明してもいいことないからだろう。


その場の雰囲気に合わせて

適当な話を適当にあわせてしておいた方が、

周囲と仲良くできることが多い。



そんな中で、

ちゃんと自分の意見を持っている方と食事をした。


本業のほかに、

素敵な自分の趣味を持ち、

社会貢献もしている、

その人は、

いつまでも若く、精力的に動いている。


なぜかその人の前では、

僕も自分の意見を何のフィルターも通さずに話すことができる。


僕が研修をやっている鉄道会社の

「鉄道命、みたいな若い社員が事故のことを重荷に感じているのが切ない」

と言うと、

「鉄道好きと運転がうまいのは別よね。いつでも2重3重チェックは当たり前よ」

と返される。


その方の仕事は人の命にかかわるもの。

部下がミスれば、下手したらお客さまが死ぬ可能性がある。

だからミスは、なくならないものだけど、許されない。


確かに・・・。

僕は、自分の生徒に甘い傾向があるから、

健気にがんばる姿を見ると、つい情が出てしまうのだけど、

命を扱う現場では、その甘さが許されない。


そういう話を聞くと、ドキッとする。


そして、


自分がやっていることの責任と面白さを再確認する。


そして、


自分らしくあることを

そのために努力することの大切さを

改めて思い知る。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月27日

ほっとする日曜日

テーマ:セミナーやります!!

久しぶりに熟睡できた。

昨日の仕事がよっぽど楽しかったんだろう。

自分でも不思議なくらい、「よく寝たー」って思えた朝だった。


やることはたくさんあっても、

人前に立つ用事がない日は、のんびりしたものだ。


午前中を贅沢に使い、

洗濯したり、ご飯を作ったり。

当たり前に日常業務を、ゆっくりやった。


午後1時に何気なくネットを見ていたら、

今日は以前参加表明していたドリームゲートのイベント の日。


すっかり忘れてた。

何時から?


あれ、2時開始だ。

今1時過ぎ。

よく見たら、仙台からアドバイザーとして大塚さんも来るらしい。


じゃあ、顔くらい出さないと。。。。

と思って、急いで着替えて、支度。


半蔵門線で渋谷まで20分。

道玄坂を登り、会場のフォーラム8へ。


ちょっと遅れたけど

吉田さんの講演には間に合った。


席に着く際、顔が見れたのでちょっと会釈。


久しぶりの吉田さんの話。

実は、1時間まともに聞くのははじめて。


いつも隣で話していたり、

彼が司会で僕が解答者というようなことばかりなので

彼の成功術なるものをはじめて聞いた気がする。


テーマは、

「売り上げを10倍する7つの方法」


ベタなテーマだけど、吉田さんが話をすると結構面白い。


大阪弁の強みもあるだろうけど、

吉田さんの言葉には体温があるような気がする。


で、内容は、とても面白かった。

それに、参考になったし、自分ができていないところも

指摘され、襟を正すような気持ちになった。


教えてもらった紅茶のサイト は、とてもよくできているし、

「物語を作る」とか、「ちゃんとする」という話は

早速やらなきゃと思うものだった。


これで参加費無料とはありがたい。


でも

いいことばかりではない。


そのあとのタイムショックという企画はいただけない。


吉田さんといとう伸さんという実演販売のプロの方が、

用意された質問にとっさに答え、1分でまとめ、

2人の話を聞いた会場の客さんが

どちらに共感したかを拍手で決めるもの。


とっさの質問に答えるというのは、簡単じゃないから、

二人とも、大して答えられない。

特に、いとうさんの方は、吉田さんを師匠と呼んでいるくらいだから

遠慮もあって、ますます話に切れがない。


ドリームゲートのセミナーで高評価だったと聞いていたから、

どんな話をするのか楽しみにしていたのに、ちょっと肩透かし


せっかくなら、

ちゃんと考え練られた、用意したネタを聞きたかったな!!


タイムショック企画終了後

5分だけ実演販売のデモをやるっていうので、

期待して聞いてみたら。。。


ご本人の本を実演販売。(笑)


ただ残念だったのが、

1300円に送料で1800いくらかのものを、

今回限り1000円でOKみたいなセールス。


それじゃ、ただの安売りじゃん!!

実演販売の絶妙トークで定価でも買わせてしまうというプロの技が見たかったのに。


その前の吉田さんの話で、

ベンチャーは絶対に安売りしちゃいかん!!みたいなこと言っていただけに

余計にむなしい・・・。



帰り際、いとうさんの本を売っていたので、

ただで聞かせてもらうのもなんだから、

買いますといったら、

「サインつけます。本人着替えて戻ってきますから」

といわれて、10分ほど待っていたときのこと。


ある人が、 

「講演料はいくらですか。1時間くらいなのですが」

といとうさんのスタッフに聞いていた。

聞くつもりはなかったけど、思い切り聞こえた。

「30万円です」


えーーーーーーー。

30万円!!!!


ドリームゲートではぜいぜいもらえて、数万円。


そうか、ここで名を売って、ほかで稼ぐのか・・・。

まあ、よくあるパターンだし、ビジネス的には正攻法だな。


ドリームゲートでアドバイザーをやって、

セミナーやっても、もらえる報酬はごくわずか。

でも、多くの人がやりたがるのは、宣伝になるし、

お客さんをゲットできると期待するから。


それはいいんだ。


でも、

僕はどこかで、

お客さんによって自分の売値を変えることに抵抗がある。


取れるところからはとってやれというのは、

やっぱりどこかで引っかかる。



うまく説明できないんだけどね


10万円の仕事だからって、

いつもより手を抜くなんてできないし、

もし内緒で引き受けたとしたら、

定価で仕事を依頼してくれる人に悪いと思う。

だから、

条件が同じなら、いつも同じ金額で引き受ける。


料金に関しては、

いろいろ考えていかなければならないんだろうけど、

気持ちはいつも、ここにある。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月26日

仕事はともに作るもの

テーマ:セミナー考察

大阪の有名な企業でプレゼンテーション研修を行った。

今回で何回目だろう?


自主的に応募した社員に対して研修を行う。

プレゼンテーションを日常的に行っている者は少ないし、

何より若い人の応募が多い。


今回も21歳から47歳まで20名弱の参加者。


たいていは2日間研修になるところ、ここは1日。

だから、フルスペックで研修はできない。


レクチャー項目を減らして、

できるだけ参加者にプレゼンテーションをする機会と

大量のフィードバックをしてあげることにフォーカスした。


フィードバックとは、

プレゼンテーションのアドバイスだけにとどまらない。


僕の場合はその人の「在り方」にまでいたる。


言葉では

「目を見て話せ」

「表情をやわらかくしろ」

と言っているかもしれない。


でも、

本当のメッセージは、

「お前の今のカタチを変えろ」


  自分を暗いとかオタクとか言うな。

  「自信がない」」と逃げるな。

  斜に構えるな。

  遠慮せず、ピュアな部分を見せろ。

  「できる」って信じろ。


ひとりひとりにメッセージを送る。


プレゼンテーションが上手になることなんて、

自分の人生をよくする手段のひとつでしかない。

(なんていったら仕事こなくなっちゃうか。。。)


面白い、って思えたら、勉強なんて自分でもできるだろう。


自分に自信がついたら、もうちょっとがんばってみようって思うだろう。


だから、


僕は、


一期一会の生徒たちに、

心からのメッセージを送りたいと思っている。



で、

それが

時に

反響するときがある。


周りの参加者が、意図を汲んで

一緒になって、共鳴しあってくれること。


誰かを、一緒になって勇気づける。

誰かを、一緒になって激励する。

誰かが心を開いたとき、一緒になって拍手する。



そういう生徒たちにめぐり合えると、

講師は、

とても幸せな気持ちになれる。


普段は、

「ここまではすることない」

と思うようなことでも、してあげたくなる。


そんなふうに、

お互いがもっともっと何かしてあげたい、

と思える「場」が作れたことをうれしく思う。


やっぱり仕事は、

自分ひとりのがんばりでできるものではない。


講師、生徒、事務局、いろいろな人と

一緒に作るものなんだって、

改めて思った。


そういうときの心地よさや面白さ

だから講師はやめられない。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年11月25日

今度は大阪

テーマ:セミナーやります!!

あまりたくさん仕事をすると、

声がかれる心配とか、体調とか、

いろいろリスクを負ってしまう。


週に1,2回程度がいいなあ。


今週末は久しぶりの大阪。

3ヶ月ぶり。


とある企業で、2年以上も繰り返し行っているプレゼンテーション研修


レクチャー型ではなく、

フィードバック型の研修スタイルが受けているらしい。


参加者が行う5から10分のプレゼンテーションに対して、

その場で多種多様なアドバイスを行い、

よいプレゼンテーションに変えてしまうというもの。


題材が自分の用意したプレゼンテーションだけに、

参加者の目の色が変わるのがおもしろい。


コンテンツが決め手なのではなく、


つまり何を伝えるかが重要なのではなく、


誰が伝えるか

どんなふうに伝えるか

プレゼンテーションはまったく違ったものになることを

人数分証明してしまうのだから。


でも、

それを行うためには、

僕自身が万全じゃないとならない。


頭の切れが悪いと、

そんな芸当はできない。


ということで、

体調管理がとても大事なのだ。


ホテルも、ちゃんとくつろげるところを選ぶ。

明日は、阪急インターナショナル に泊まる。


今回始めて利用するので、

どんなかんじだろう。


ヒルトンよりよかったら、定宿変更となるかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。