1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年10月30日

読書の秋

テーマ:なんとなく思うこと

ということで本ばかり読んでいる。


本は、短い時間で他人の知識を自分のものにできるから、

とてもありがたいものだ。


最近

読んでしまった一つの言葉が

頭から離れない



エフェメラリゼーション


自分ができることを機械や物にやらせて、

自分がしなければならないアクションを1回限りにすること



何度も同じ話をしたり、

同じことを繰り返すのは時間の無駄だ


という考え。


そういえば、昔のボスの大前さんも

同じようなことを言っていた。


だから彼は衛星放送を始め、

自分の講義を記録し始めた。


「同じことは言わない。

必要な人は、ビデオを見てくれ。」


僕はそのとき、

教育は、対面してナンボだと思っていた。


ビデオを流すだけじゃ

寂しいじゃないか。


そう思っていた。


もちろん、今でも教育の基本は対面だと思っている。

でも、

それは、どちらかを否定するものではなく

本当は

保管しあうものはないかと思っている。


僕も、

同じことを繰り返してちゃダメだ。


そう思う。


そういう時、

本はとても役に立つ。


読書の秋。

いいね。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年10月28日

心理学

テーマ:セミナーやります!!

心理学に興味をもったのはいつからだろうか?

人の気持ちを考える学問。

人の心をくみとれるようになるための学問。


人間が人間である限り、

きっとすごく大事な、学ぶべき学問なのだろうと思っていた。


Oさんの紹介で

とある心理学のセミナーに出てみた。


すごく身近でおもしろかったから、

早速本を何冊か購入してみた。


セミナーの講師の本と、

それ以外のちょっと敷居が低そうな心理学者の本も。


他の人の本は

やっぱりなかなか胡散臭くて、

「ふーん」というものが多かったけど


1冊の本が結構しびれた。




それは実際は漫画なんだけど、

読みやすい上に、

「あるある!!」

「え?もしかして、自分もそうかも」

と、

結構、衝撃。


その本のタイトルは、

「マンガでわかる上司と部下の職場系心理学」




話すスキルセミナーは多いのに、

聞くスキルセミナーは少ない。


本当にその通りだと思う。

僕も「話す系」だし。


聞く、という部分では、

僕は、観察する、拾う、ということでカバーしているけど、

相手をわかってあげる上で、すごく大事なことなんだと思う。


そういうことも含めて、

わかりやすい本。


マンガなんて、

「戦争論」以来久しぶりに読みました。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年10月27日

モーターショー

テーマ:セミナーやります!!


が華やかに開催された。

平日に出かけてきた。


そんなの入場者数がいなかったせいか、

なんだか華やかさにかけた気がした。


ショーの開催も、

コンパニオンの踊りとかがメインで、

大掛かりな仕掛けが少ない


全体的にお金をかけていない感じがありあり。


そういえば、

環境を歌っている自動車メーカーが

あまりにエネルギー消費量が大きいことや、

無駄なゴミが出るようなことは、

しにくくなってきたということなんだろうな。


ぼんやりいろんなことを考えた。


今年は万博もあったし、

室内装飾の会社の株は上がったんだろうな。

乃村工藝社とか。


帰りに幕張アウトレットモールに寄ってきた。

この間北海道で買ったナイキのシューズが、全部もっと安く売っていた。(哀)

しかも品揃えもなかなかで、

これでは街中のシューズショップで買うのは馬鹿らしいなと思った。


そういえば

モーターショーに行っても、

コンサートに行っても、

なかなかドキドキすることがないなあ。


どうしてだろう

期待が大きすぎるのか、

内容がしょぼいのか。


と考えたとき、

自分が提供する商品についても考えてみた。


相手の期待のその上をいっているのかどうか?


いや、僕のやり方は、

自分と参加者との格差を見せ付けるやり方じゃないから、

相手に合わせてものを言うやり方だから、

期待を大きく上回るというのは、ない。

相手が受け取れないレベルのものまでは提供しないから。


でも、

本当は提供できるんだぞということも、

明確にわからせなければいけないこともある。


相手をびびらせるくらいの・・・



そういう場合は、受け手のレベルも求められるのか。。。


もしかしたら、今回のモーターショーもすごかったって

気づけた人もいたのかもしれない


わからなかったのは、僕のせいなのかもしれない(笑)


まあ、よくわからないけど。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月26日

ミリオネアの教え

テーマ:セミナーやります!!

八重洲ブックセンターで、知人の本を見つけた。


河本隆行さんの「ミリオネアの教え、僕の気づき」


カラフルな表紙が目に入った。


彼は、去年サードプレイスで主催したシンガポール金融視察ツアーに参加してくれた

英語が堪能なパフォーマーだ。


彼を知ったのは、

スカイクエストという、ネットワークビジネス的な商売の、

売り子というか、宣伝マン、いや、なんていうんだろう。。。

とにかく、説明会とかで、

「幸せになりましょう!!」的な話を、とても情感たっぷりに披露しているのを見たのが最初だ。


「幸せ、愛、成功・・・」と続くと

なんだか胡散臭くなるのだが、

この本を読むと、彼のその胡散臭さは消える。


とても真面目で、がんばり屋だということがわかる。


とても読みやすくていい本なので、本屋で立ち読みしてよかったら、購入をお薦めします。



本の内容は、

5人のミリオネアのセミナー内容の一部を紹介したり、

河本さん自身の身の上話を披露したりしている。


ミリオネア5人は

ロバート・キヨサキ

アンソニー・ロビンス

ジョン・グレイ

アラン&バーバラ・ピーズ

ジョン・フォッピ


彼らのセミナーの内容を知るだけでもおもしろい。


他にも裏話的なものがある。

例えば、

「金持ち父さん 貧乏父さん」がフィクションで

キャッシュフローゲームを売るための仕掛けだったとか。



「誰それを知っている」的な話題で自分を高く売る人は世の中にはたくさんいるが、

じゃあ紹介してくれるのかといえば、出来ないわけだから、

僕はあまり、そういう話には興味がない。


でも、河本さんの場合は、

彼らの教えを、もっとも身近で紹介してくれる日本人というポジションで

話をしてくれているように思うから、好感が持てる。


このままでいくと

ミリオネアの教えの紹介から、

実際の自分コンテンツや、セミナー術を作っていく段階になったときに、

彼らとのギャップに悩むことになるのだが、


彼の場合は、ミリオネアの言葉を紹介していくだけも、

仕事を続けていけるような気がする。


本田健さんも、ユダヤ人だ、スイス人だとメンターの言葉を紹介しているが、

河本さんの場合は、実名だ。しかも有名人。

その効果は高いだろう。

ロバートキヨサキブームは去ってしまうかもしれないが、

その次はアンソニーだったり、他にもいるだろうし。。。



彼が本の中で自己紹介しているように、

背が小さくて、目がパッチリしていて、髭が濃くて、

漫画のキャラクターのような外見なので、

一度見たら忘れないだろう。

そういう意味では、素晴らしい容姿をしているが、

もし彼が、速見もこみちのような容姿であったら、

みのもんたさんを一気に抜いて、

女性達のアイドルになれたかもしれない。

それくらいのパワーを持った人です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年10月24日

新潟に行ってきた

テーマ:セミナー考察

2回目のプレゼンテーションゼミナー


あいにくの雨模様だったけど、

講座自体はとてもよくまとまったとおもう。


参加者一人一人に個別にアドバイスをしながら、

それは全員に対するメッセージでもある。


人のフリ見て我フリなおせ

的な濃密な時間


その後の懇親会も

2次会もみんな楽しんでくれたようでなによりでした。


事務局の皆さん

お世話になりました。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。