2008-06-02 04:30:37

重要!【「食材三品目法’08」仮施行概要】 特別規定・登録規定・食材選択規定・食材交換規定

テーマ:委員会

施行期日:2008630日(月)000分 ~ 200876日(月)000




<「食材三品目法’08」仮施行・特別規定>

・「食材三品目法」仮施行の期間中は、

 各人が選択した三品目の食材

 自由に食すことができる食材<食材詳細項目>を参照)、

 食材交換<食材交換規定>を参照)によって得た食材しか食すことはできない。

・食材の調理、加工は自由である。

「選択していない食材を食すこと」「食材を食べ残すこと」は、違反行為である

1回の違反につき、「減点1」として罰せられる複数の食材であれば、その数の分だけ減点となる

減点の合計が「5」となった時点で、選択した食材の中から、一品目が没収される

 (「食材停止」(食停)処分)

選択した三品目以外の食材を購入することは、原則的に許されていない。

加工食品(調理済みの食品、冷凍食品、乾燥食品、レトルト食品)は、

 選択した食材、及び自由に食すことができる食材が原材料となっている場合のみ、食すことができる。

加工食品を購入する際は、原材料を確認の上、各自の判断に委ねることとする

 但し、明らかな違反行為があった場合は、「減点1」として罰せられる。

外食の際には、違反食材を除いて調理してもらう必要がある。食べ残しは減点対象となる。

食事を同席している者(被験者ではない者)に、違反食材を食べてもらうことで、

 食べ残し(違反)を免れることは可能である。

加工食品に含まれている違反食材を取り除き保存をし、仮施行終了後に食すことで、

 食べ残し(違反)を免れることは可能である。

栄養素を補うための、サプリメント、プロテイン、医薬品、栄養ドリンク等の摂取は自由である。

・釣り、狩猟、栽培等によって得た食材も、選択していないものは食すことはできない。
 農業、漁業を営む者も、仮施行の期間中は規定に準ずる必要がある。

・正式被験者は「食材三品目法’08・仮施行ブログ」にて、

 食事報告(画像、食事内容、使用されている食材)を行う。

違反行為があった場合には、報告の際に自己申告をする必要がある。




<登録規定>

今回の仮施行では、「個人登録」、もしくは「グループ登録」によって行われる。

同じグループに登録した被験者同士に限り、食材交換が認められる

 別グループ、及び個人登録の被験者との食材交換は認められない。

個人登録の被験者は、食材交換をすることはできない

登録内容を仮施行の期間中に変更することはできない。

グループ登録の場合、1グループの定員数は最大5名までとする。

登録グループからの退出、別グループへ加入することは認められない。

血縁者、同居人と共に参加する場合は、「グループ登録」をする必要がある。




<食材選択規定>

被験者は、仮施行の登録の際に自身の三品目の食材を選択する。

個人登録の被験者は、自由に食材の選択を行うことができる。

グループ登録の場合、グループ内での食材の重複は認められない

グループ登録の被験者は、グループ内での「食材ドラフト」により、選択を行う

 (「食材ドラフト」とは、グループ内での食材選択を公平に行う為の制度である。)


● 「食材ドラフト」の方法

グループ内の被験者が、一品目ずつ、自身の選択希望食材を紙に記入する。

全員の記入が出揃った時点で、選択希望食材を発表する。

発表により、他者と重複がなければ、希望食材を選択できる。

食材が重複した場合は、抽選により食材の選択権を決定する。

抽選により、希望食材から外れた者は、新たに別の食材を選択する。

 但し、再び重複した場合は、同じ手順により抽選となる。

・全員の一品目めの食材が決定したら、同じ手順により、二品目めの食材の選択を行う。

 以下、全員の三品目の食材が決定するまで、これを繰り返す。

・「食材ドラフト」は、公平に行う必要がある。

 その為、自身の選択希望食材を、同グループ内の被験者に公表してはならない。




<食材交換規定>

食材交換は、同じグループに登録した被験者同士に限り、認められる

食材交換は何度行っても良い。

食材交換をする為には、食事を同席する必要がある

「同席しているが、食材を提供するだけで食事をしない」などの行為は認められない。

食事の場所以外での食材交換は認められない電話、メール、口約束などでは認められない

食事を同席していれば、各々が選択している食材を共有して食すことができる

違反行為により、「食停」処分となった食材は、交換に使用することもできない。


● グループ登録した者同士が共同生活を行う場合
・食材交換(食材の共有)を行うことができるのは、食事を同席する時に限る。
 例え住居の中であっても、各人が個別に食事をする時には、食材の共有は認められない
食事を同席することを前提としていれば、
 「食材を共有した上での調理」や、「相手の食材を購入する」といった行為も認められる
 但し、食事は全員が揃わなければ認められない


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

食材三品目法特別対策委員会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。