友人と梅まつり

テーマ:

今日は朝から友人と湯島天神の梅まつりに行ってきました。

梅を見たいと言ったのはアメリカ人の友人。

まだ20代ながら風流な子です。

 

青空に梅の花が映えてきれいでした

 

その後、お茶をしながら私は入院していた時の話をし、

彼女は年末年始にアメリカに帰っていた時の話を

してくれました。

 

そして本題へ。

彼女には昨年から卒論の相談にのってもらっていたのです。

そして彼女だけでなく、彼女の家族も協力してくれるという

話になっていました。

しかし私が病気になったことを機に、卒論のために何度も

アメリカへ調査に行くということに不安を感じ始めました。

それは自分の体調ではなく、これ以上家族にゃーネコブタネコに迷惑を

かけるべきではないという思いからです。

夫は「気にせず行ってくれば良いじゃない飛行機」と言ってくれますが、

にゃーネコブタネコ達がどう思うかも分からず、気乗りがしないのです。

そのことを彼女に会って伝え、率直な意見を聞きたかったのです。

 

彼女は「その気持ちは理解できるけど、応援するから頑張ってみたら?」と

言ってくれました。

まだテーマを決めるまでには時間がありますので、もう少し考え、

その先の状況と相談しようと思います。

でも、彼女の理解が得られて安心しました。

そしてそれ以上に、今までに見たことのないほど幸せそうな彼女の

様子を見て、とても嬉しくなりましたラブラブ

AD

双子ちゃんから

テーマ:

昨日は仕事の後に友人宅へ遊びに行きました。

そのイギリス人の友人とは10数年来の付き合い。

以前はよく悩みを相談し合い、互いの結婚式にも

出席した仲です。

そんな彼女も今や5歳になる双子(女の子)の母。

私よりも二回りほども小さな体なのに、双子ちゃん達の

物凄いエネルギーにも負けず、頑張っています。

 

久しぶりに会った双子ちゃん達は以前よりも語彙が増え、

まるで大人のような話しぶりで可愛かったです女の子女の子

しばらく話をした後に友人が彼女達に

「Auntie 〇〇(私)に日本語で話をしてみたらどう?」と言うと

一人が「なんで?」と訊き、友人が「彼女は日本人なのよ」と

言うと二人が不思議そうに私を見つめました。

しかし、「恥ずかしいからイヤよ」とあっさり却下されてしまい、

私がいた2時間ほどの間に彼女達の口から聞くことができた

日本語は「おばあちゃん」と「芝生」だけでした汗

 

驚いたのは彼女達の記憶力。

二人ともまだ three letter words しか読めないのだそうです。

それなのにたくさんの歌を暗記しています。

子供用の歌ならば分かるのですが、大人の歌をフルコーラスで

完璧に歌えるのです。

 

一番ウケたのはLady Gagaの “Million Reasons”です。

音程も難しい曲なのですが、上手に歌い、サビの部分は

四人で大合唱をして盛り上がりました音譜

Taylor Swiftの “Love Story” も可愛く歌ってくれましたし、

Adeleの曲も歌えるそうです。

 

彼女達の第一言語は英語ですから、もちろん耳だけでも

正確に歌詞を聞きとれているようです。

でも、YouTubeのプロモーションビデオを観ながら歌っている

彼女達を観察してみると、歌い手の口元が映るところでは

より正確に歌えていることから二人とも読唇術を使っている

ということが分かりました。

その様子から、文字が読めるということは文字に頼ることであり、

文字が読めなければ耳に頼る... という、当たり前と言えば

当たり前のことに感心しました。

 

そして先ほど友人からLINEで動画が送られてきました。

昨日も歌ってくれた“Love Story” を今日は2人で私のために

練習してくれたのだそうです。

一人はおもちゃのドラムでもう一人はエアギターというDuoで

とても上手に歌えていましたラブラブ

 

彼女達がいつデビューするのか?

Auntie はとても楽しみにしています 目

 

AD

英会話の仕事...

テーマ:

今年度の仕事は残すところあと5週。

その5週は放射線の治療をしながらの仕事です。

後半にいくにつれて倦怠感や疲労感が表れるとか...。

若干不安ではありますが、幸いにも家から病院までは

歩いて行けますし、この治療を受けることで生存率が

高くなるのですから、「大変」とか「面倒」という言葉は

封印することにしました。

 

そして今日、来年度から上のクラスに移るべき生徒に

意向を尋ね、色々と調整をしていた際、

「英会話のクラスはどうなりました?」と訊かれて我に返りました。

昨年の秋に一部の生徒から「外国人ではなく、先生(私)から

英会話を習いたい」という要望があり、スタッフとも相談を

重ねていたのですが、病気のことがありすっかり忘れていました汗

 

当初の状況を考えればやらないわけにはいきません。

TOEICの授業ならば断ります(※)が、英会話は時事英語と同じくらい

大好きな仕事ですので、私もやりたいとは思っています。

しかし、放射線治療後の弱った体で休憩することなく連続4時間の

授業を行うというのは、今の私にとっては勇気がいることなのです。

でも、以前「前向きに考えます」と言ってしまった以上、やらなくちゃあせる

 

 

※TOEICのクラスには「会社から命令された」というタイプの生徒が

多いので引き受けません。(あくまでも自主性の問題です)

AD

英語を学ぶ上で

テーマ:

「英語を学ぶ」と言っても、一人一人の目標や目的は異なるので

何をすべきか? という問いに対する答えも様々です。

でも、英語で会話を楽しむためには英語を知っているだけでは

不十分なケースが多々あるのです。

 

例えば世界情勢。

深いところまで知っていなくても、最近のニュースには通じていたいですし、

その分野の単語や言い回しは理解しておきたいところです。

そして文化。

常に流行を追う必要はないとしても、大まかな動きは知っていた方が

話はスムースですし、盛り上がります。

 

今日の上級のクラスでのこと。

「今週グラミー賞の授賞式がありましたよね」と言いましたら

「そうなんですか?」という答えが返ってきました。

これは音楽に関心の無い人や自宅にCATVが入っていないと

無理もないのかもしれません。

 

でも、James Cordenを知らないのは無理もないとしても、

せめてAdeleの存在くらいは知っていて欲しい... と思うのです。

そして出来れば彼女の曲を数曲はカラオケで歌えるようにして欲しい。

これを50代、60代の方にお願いするのはおかしいでしょうか...はてなマーク

ホノルルの父から

テーマ:

父のホノルル避寒生活も半分が過ぎようとしています虹

心なしか今年は例年よりも私へのメールが少ないような

気がします。

っとそれは病気の私にストレスを与えないように

父なりに気を遣ってくれているのでしょう

 

そんな父から今日、「バッグを色違いで二つ送ったから

〇〇(姉)と好きな方を選んでくれ」とメールがありました。

気持ちは有難いのですが、バッグに関しては自分で拘って

吟味して長く使えるものを選びたいです。

あらかじめメールで写真でも送ってくれれば、こちらの希望を

伝えることも出来たというに...。(先日、姉はそうしてくれました)

それをわざわざ異国から国際郵便で送ってくれたとは...

父の好意をよそに、とても残念な気持ちになりました。

 

どんなバッグが届こうが、文句を言うべきでないということは

分かっているつもりです。

でも、それがストレスになってしまいそうな気がします汗