準備完了

テーマ:

今回の旅行はバンコクですので帰りの荷物は大して増えないでしょうし、

泊まるのは姉の家ですから私の大中小のスーツケースの中サイズで

行くことにしました。

今は雨期ですので、折りたたみ傘にレインコートに雨用の帽子に...と

詰め込んだら結構な量になりました。

そこに姉から買ってくるように頼まれた日用品を入れて準備完了です。

 

ところが一つ悩んでいることがあります。それが本。

機内では映画三昧でしょうし、滞在中は姉と父と一緒ですから

本を読む時間は無いかもしれません。

でも、飛行機の出発が遅れて空港で待ちぼうけの時には

何かあった方が良いかな...?

仕事の教材を持っていくべきか、大学のテキストを持っていくべきか?

本は重いのでなるべく持っていきたくないですし、一度もページを

開くことなくテキストを持ち帰る自分への苛立ちは経験済み汗

とりあえず明日の気分で決めましょう。

 

留守中は朝晩の次男猫への投薬や諸々で夫に負担をかけることになります。

そこへさらに彼に青虫の世話(1日2回の餌やりとケースの掃除)は

お願いできないので、青虫を明日マンション内の庭に放そうと思っていたら、

昨夜から蛹への準備を始めたようです目

これで安心してベランダにいてもらえます♪

私が帰って来るまで羽化せずに待っていてくれるかな?

大相撲の結果と共に青虫、いや蛹の様子も夫にLINEで教えてもらいます。

AD

慶應通信のテキストを読んでいて可笑しくて笑ったことがあります。

例えば以前にも書きましたがAcademic Writing2の第2章。

イギリス人の先生が英語で書いた章ですが、ところどころに

可笑しさが散りばめられていて読み物としてとても楽しめます♪

少し笑いの質が違うところでは日本美術史も面白いです。

先生の仏像愛が感じられて笑顔になります。

 

大学の勉強とは関係ありませんが今日こちら(左の2冊)を

読んで夫と爆笑しました。

ニュースでも話題の小学生用漢字ドリル

 

ニュースで観た時には「ヘンな発想ダウン」という感想を持ちましたが

実際に手に取ってみて感心しました。

細部までとてもよく考えられていて大胆かつ勇気ある企画です。

私が小学生の頃にもこんなドリルがあったら良かったのに。

 

今回このドリルを買ったのは姉への手土産にするためです。

姉の会社の外国人は日本語を勉強しており、多くの人が

JLPTを受けています。

姉の仕事は外国人に日本語を教えることではありませんが、

きっとこのドリルをタイ人とのコミュニケーション手段として

活用してくれると思うのです。

 

そして彼女の勉強用に英作文の練習ノートも買いました。

驚きの低価格で薄いノートながら、内容はかなり充実していて

英語を勉強している人にはお薦めです。

受験生時代に同じシリーズの本を持っていた記憶がありますが、

こちらは上智大学姉妹校の中高一貫高校の先生が書いている

ということもあってか、対象者は高校生でありながら大人でも

中級レベル以上の方が対象のようです。

 

アマゾンのレビューでは「難しい」とか「説明が少ない」というコメントも

ありますが、目の付け所が素晴らしいので、英語力をアップさせたい、

でも英語学校に行くことなく自力で頑張りたいとお考えの方には

是非読んで頂きたいです。

今日時点でのアマゾンの在庫はあと10冊ちょっと。

全て買い占めて職場で生徒に配りたいくらいですが、まずは一冊

自分用にも買って授業で活用しようと思います。

AD

贈り物選び

テーマ:

この先、夫の家族にはお祝いごとが続きます。

義母の米寿、義姉の還暦、甥の結婚。それぞれに何を贈るか?

 

義母は5年ほど前に贈ったバッグをとても気に入ってくれていて、

「最近こればっかり使っているのよ♪」というくらいで、さすがに

ちょっと傷が付いてきましたので、またバッグを贈ろうと思います。

そこで思いついたのが、先日姉への手土産にしようと注文した

簡易オーダーのバッグ。

 

その際にこれを貰いました↓

17色の革のサンプル

(17頭の牛の皮膚サンプルでもあります汗)

 

姉にはトリコロールのショルダーバッグを作ってもらいましたが、

義母にはトートバッグを贈ろうと思います。

私が「米寿だから色はベージュにしませんか?」 と言いましたら

夫が「それはちょっと年寄っぽいよ」と...。(でも、十分にお年寄りよね?)

でもまぁ確かにお祝いの品ですから華やかさは欲しいところですので

抑えた色と鮮やかな色を組み合わせることにしました。

 

次に義姉の還暦祝い。

彼女は見た目も心も本当に若く、私より年下と言っても通用するほどの

驚異的な若々しさを保っています。

そんな彼女にいかにも還暦!! という物を贈るのはちょっと気が引けるので、

薄いグレーの本体に赤い取っ手とチャームを組み合わせたトートにして、

取り外し可能な大きな赤いリボンを追加で注文しようと思います。

 

一方、すぐに決まったのは甥へのプレゼント。

昨年結婚した彼の兄と同じ商品の2017年版を贈れば良いからです。

しかしここにも問題がありました。

そのブランドのネットショップでは既に在庫切れだったのです。

彼の兄に贈った2016年の商品はまだあるというのに...あせる

AD

青虫

テーマ:

午前中、冷蔵庫からレタスを取り出すと、そこに青虫がいました目

どうやら日曜日に茨城から連れ帰ってしまったようです...。

ずいぶんお腹が空いていたようで、レタスの葉をたくさん食べていました。

しかし、途中からはあまりの寒さに困ったのか、丸くなっていたので

少しの間私の掌で温めてからレタスのベッドに寝かせました。

 

すると、

元気になりました晴れ

 

ネットの情報によると、モンシロチョウの幼虫のようです。

育てる際は直射日光を避けた温かいところに置くこと。

湿気には弱いけれど水は必要で、ケースをこまめに掃除して

新鮮な餌を与える... と、若干大変そうな感じです。

 

少し前にやはり茨城からついて来てしまったのは蟻だったので

マンションの庭に放しましたが、そこに青虫が好むような

葉っぱがあるかどうか分かりません。

とりあえず、今夜のところはベランダの陽の当たらないところで

寝てもらうことにしました。

夫が帰ってきたら飼っても良いか相談してみます女の子

夜の銀座へ

テーマ:

昨夜の段階ではまだ構想すらおぼろげだったアメリカ文学の

レポートですが、今朝8時頃からまた参考文献を読みあさり、

13時頃からようやくパソコンに向かいました。

課題は3つの作品について言及しなければいけないので、

気持ちとしては3本のレポートを書くような感じでしたし、

それぞれの出だしがなかなか思い浮かばなかったり、

その先が続かなかったりで、途中何度も諦めそうになりました。

でも何とか夕飯後にスパートをかけて、予定(21時)よりも早い

20時前に完成しましたクラッカー

 

まずは一緒に取り組もうと約束していた学友に完成の報告をし、

駐車場に向かいながら、昨夜励ましてくれた同期に感謝を伝え、

夫の運転で銀座の郵便局まで連れて行ってもらいました車

たかが、レポート1本。

それなのに今回は周りを巻き込んでしまったことを反省しています。

 

いつもの通り、スタートが遅いのです汗

昔よく祖母に「やることをやってから遊びなさい」と言われていて、

今でも祖母のその言葉が脳裏に響いています。

でも私は一生馬耳東風馬馬馬