気がつけば5時間

テーマ:

昨日の夕方にフエルトのような生地を買ったので、

昨夜はそれで何を作ろうかと考えながら寝ました。

そして今朝晴れ 朝食もそこそこにミシンの前に座り、

まずはスカートを作りました。

サイズも図らず、目見当で布を裁断したので、

出来上がりは少し大きくなりましたが、そこはご愛嬌♪

それから今度は小さな布でポーチを作り、

次にティッシュケース、そして眼鏡ケースを作って、

最後に小銭入れを作りましたクラッカー

 

お腹が空いて時計を見ると、5時間が経過していました時計

勉強や読書をしているとすぐに飽きたり、眠くなったり

しますが、手芸には集中出来るようです。

そうは言っても、人様に見せられるようなものを

作れるようになるまでにはだいぶかかりそうです汗

 

長男が見に来ましたネコ

 

布はまだだいぶ余っています。

次は何を作ろうか?

長男ネコの腹巻でも作ってみようかな♪

AD

また旅行代理店...

テーマ:

先日すったもんだがあった父の避寒生活計画。

1月の台北行きを予約した直後、「バンコクにだけ行く

ことにしたから予約はキャンセルして欲しい」と言われていました。

とりあえずバンコク行きの手配は済ませたものの、

きっと父はまた「台北にも行く」と言いだすだろうと見越して、

予約は維持していました。

 

そして今日、やはり「台北に行く」と言いだしました。

ただ、沖縄滞在中の2月に那覇から行くというので、

確保していたJALの羽田=台北(松山)ではなく、中華航空の

那覇=台北(桃園)に変更しなくてはいけませんから、

結局キャンセル料発生ですがま口財布

 

父は私にも同行して欲しいというので、自分の航空券も

探しています。

航空会社を選ばなければ安いチケットは色々あるのですが、

夫は「中国の会社は駄目。中華航空もLCCも駄目」と言います。

せっかく海外に行くのなら海外のエアラインを利用したいので、

そうなると選択肢はEVA AIRかCATHAY PACIFIC飛行機

すると夫が「前者は駄目」と...汗

しかしCATHAYは成田=桃園しか無く、効率が悪すぎる...

なんだか行く前から疲れてしまいましたガックリ

AD

初雪♪

テーマ:

今日は義両親と一緒に義父の実家へ行ってきました。

実家を継いでいる夫の従姉妹たちと食事をしてから

お墓参りをして、伯母のお見舞いに行きました。

 

お寺では雪が少し舞い、真冬のような寒さでしたが

久しぶりに夫の先祖の墓前に立ち、とても清々しい

気持ちになりました。

故人の誰とも面識のない私でさえそう感じたのですから

義父は本当に気分がすっきりしたようです。

 

帰りの高速道路は何ヶ所か渋滞があったために

帰宅が遅くなりましたが、その分だけ義両親と

長い時間を過ごし、色々な話をすることができました。

AD

慶應色の結婚式

テーマ:

今日はパレスホテルで甥の結婚式・披露宴が執り行われました。

甥の表情はこの上なく晴れやかで、「一目惚れした」という

まるでお人形のように美しい彼女との結婚が嬉しくて仕方がない

様子で笑ってしまいました♪

披露宴の席には甥から列席者一人一人への手書きのメッセージがあり、

私へのカードには彼のTOEICの最新スコアが書かれていました。

大学時代のスコアを知っているだけに、彼の急成長ぶりが

誇らしかったです合格

 

甥側の挨拶をしてくださった方は会社の上司で、甥と同じく

中学から慶應かつ、大学では蹴球(ラグビー)部にいらした

ということもあり、スピーチは慶應愛に溢れていました。

さらに慶應ラグビー部出身の友人達と先輩の総勢40名ほどで

披露してくれた伝統の歌は圧巻でした。

新婦も有名私大出身なのですが、大学のカラーは全く出さず、

対照的なところが面白かったです。

 

披露宴の後は義両親と姪が泊まる部屋に義姉夫婦と集まり、

楽しかった余興やスピーチの話をしてまた盛り上がりました。

皆でたくさん笑って、とても幸せな1日でした。

無事に提出

テーマ:

今日は仕事の後に書道教室へ行きました。

家で書いた作品を保険として持参して安心して

いたからなのか、仕事でエネルギーを使って

しまったせいなのか、いつになく不調だったため、

結局持参した作品の中から先生に選んで頂きました。

 

残念ながら絶賛!とはいきませんでしたが、

先生に褒めて頂け、無事に期日前に提出することが

できました。

ただ、自分としては「もうこれ以上は無理ですガックリ

というレベルの渾身の作を提出したかったので

この点は反省しています。

 

まぁ今回は初めての参加ですし、挑戦することに

意味があったと思いますし、今まで考えなかった

ことに目を向ける良い機会となりました。

ただし、来年はきちんと準備と練習をしたうえで

納得の一枚を書き上げたいと思います。