感謝とお詫び

テーマ:
昨日の記事に対し、
先輩方や同期の皆さんから
温かいメッセージを頂き、
心から感謝しています。

ブログに書く内容としては
いかがなものかと思いつつも、
せっかく与えられた機会(!)ですから、
微力ながら啓発活動をすることが
私に課せられた任務だと
考えてのことです。

しかしながらオブラートに包んだ
書き方によって混乱させてしまった
ようで申し訳ありません。
(最近オブラートって見かけませんね目)

何しろ初めてのことですので、
分からないことばかりです。
けれども、今は目の前のことを
一つ一つこなしていくしかありません。

落ち着きましたらお一人ずつに
きちんと報告します。
皆様もどうかくれぐれも
お身体を御自愛下さい。

catsrus
病室よりスマホにて
AD

テーマ:

先週の試験を見送ったのも、毎年恒例の義姉宅での新年会を欠席したのも

今年に入ってから書道教室を休んでいるのも、人との接触を最小限にして

体調管理に努めてきたのは全て目の前に立ちはだかる壁を越えるための準備です。

 

その壁を私が上手く越えられるよう、私を肩車で持ち上げ続けてくれている夫、

そして私を励ましながら色々と教えてくれる職場のAさんには本当に感謝しています。

自分の置かれた状況を考えれば、暗い気分になってもおかしくないのですが、

実際は自分でも不思議なほどに明るい気分でこの二ヶ月半を過ごしてきました。

 

目の前の高い壁を削って低くしてくれるのは医師ですし、その壁を最終的に

乗り越えるのは私自身。

でも、夫の献身、Aさんの励ましと義母と義姉の声援があるから大丈夫虹

 

学友:リエさんの癒しの世界をバッグに忍ばせて行って来ます♪

AD

三浦海岸

テーマ:

今朝も早く起きて、最近気に行っている広尾のカフェで

朝食をとりました。

日曜日の早朝からお洒落をして一人で英字新聞を読んだり

本を読みながらマーカーを引いている人などを尻目に、

私は顔を洗っただけでコートも脱がずに着ぶくれた状態で

夫との会話を楽しみました。

 

そしてその足で三浦市へ向かいました車

三浦三崎は子供の頃によく訪れていた思い出の場所です。

そして新鮮な野菜と美味しい魚が買える場所。

今日もたくさんの野菜とマグロを買って帰りました。

(そしてなぜかいつも鮭も買います)

 

三浦海岸

 

今頃は試験の真っ最中だろうな... と思いながらも

青い海と空を満喫しました晴れ

 

 

 

 

AD

試験の時間に...

テーマ:

試験勉強をしようにも、やりようが無いのがAcademic Writing。

せめて試験当日の午前中にテキストをちょっと見ておこうかな本

思っていたのは、Academic Writing1の時とまったく同じです。

でも、朝食を食べながら考え直しました。

 

このところ咳をしている人が多く(そういう人にかぎってマスクをしていないむかっ)、

インフルエンザだけでなくノロウィルスも流行っているところに今日の寒波雪の結晶

先月から出かける時には必ず首からクレベリン(携帯用)を下げた上に

マスクを着用して感染を防いでいますが、100名以上の人が集まる部屋に

1時間座っているのは危険では...? と怖くなり、今日の試験は棄権しました。

本当は早く単位を積み上げたいところではありますが、今はどうしても

体調を崩すわけにはいかないのです。

 

と言いながら、1日中家にいたわけではなく、試験が始まる時間には栃木にいました。

朝食の際、夫が「昼食には餃子を食べたい」と言うので、午前中に都内で用を済ませ、

その足で宇都宮に向かったのです車

二人とも初めての宇都宮でしたし、急に決めたことですのでどのお店に行けば

良いのか分からないながら、ネットで調べたお店に行きました。

その後、とちおとめいちごを買い、帰りは茨城のサービスエリアで藁に包まれた

納豆と練り梅、そして大好きな干し芋を買って帰りました。

 

明日の試験も既に棄権することを決めています。

また単位の取得が停滞してしまいましたが、その時々の優先順位が大切。

明日からは次のレポートの構想を立てます。

その前に何の科目に取りかかるかを考えなくては...汗

 

 

 

 

一人一人へ

テーマ:

私が担当するクラスは少人数制ですので、1クラスの生徒の数は

最高でも9名までです。

しかしながら少人数とはいえ、なかなか一人一人に声をかける

機会がありません。

ですから今週は仕事始めという良い機会でしたので、

一人一人にメッセージを書いたカードを渡しました。

 

内容は勉強方法のアドバイスや今後の課題、また資格試験へ

挑戦するようにと背中を押すものなど、日ごろ私なりに皆さんを

見ていて感じていたことを短く書きました。

 

大人の皆さんがどんな反応をなさるか想像できませんでしたが

カードを手渡すと一斉に「嬉しい」と声をあげてくれました。

中には「一生の宝物にします」と大袈裟に喜んでくれた

サービス精神の旺盛な生徒もいました。

 

今後もグループレッスンながらも個々の生徒の抱える問題や

目標内容をきちんと把握して、やる気を引き上げられるような

クラス運営をしていきたいと思います。