読み聞かせママの「絵本大好き!」

絵本や本の紹介、感想、読み聞かせについてなど





テーマ:


私は滅多に熱を出さない。
だがこの3連休はずっと、風邪引いて伏せっていた。
平熱が低いため、37℃の微熱でも結構しんどくて、今回は他の症状も重なり寝込むレベルだった。日頃の睡眠不足が祟ったのか、昼間も夜も割と眠れたが、その代わり奇妙な夢を見た。
以後夢の話…


{FC8BF6C9-C5DE-4B08-95AD-5110DBF8C109}



忘れ物を取りに引き返す途中で私は、卒業以来一度も連絡を取ってなかった高校の同級生、あやちゃんに会った。
彼女はえらく美人でスマートに変身しており、話の流れで近くの店へ一緒に行くことに…。店へは狭く細い階段を上がるのだが、あやちゃんはあろうことか階段の途中、私の目の前で、


{3D5B6700-42A5-4FC8-8DC7-BFE1E4BF367A}


立ち止まりポーズを取って踊り始めたのだ。通行の邪魔になると思った私は、後から通る人に謝ったりしていたのだが、人は黙ってあやちゃんを跨いだり避けたりしながら普通に通って行く。そこであやちゃんがひとこと
「私はいつでも私のしたいようにするの。それでいいんだもん。」と。


{0167D9AA-96F0-4FC1-8163-EB4303573F8F}


呆れた私は、当初の自分の用事を思い出し、あやちゃんに別れを告げて引き返し、道を渡ろうと横断歩道で信号待ちをしていた。いざ渡ろうとすると、対岸は果てしなく遠く、おまけに思うように歩けずカタツムリの歩み…(>_<)
何故?辿り着くまでに信号が変わったらどうしよう?と思いながら、


{5C945FC8-7401-4019-B89D-4AAD16069F11}


仕方なく、歩みの遅いのを焦りながらも一生懸命歩き始めた。半分くらい来たところでいつの間にか隣に知らないおじさんがいて、こう言った。
「もっと自分をアピールしてええよ。自分はここにおるって堂々としてたら、何もドライバーかてワザと引いたりせぇへんよ。そんまま進め!」


{5407182D-C6FE-4D1D-A556-0F02968EEBF2}


おじさんは私が渡りきるまで少し後ろにずっと居てくれて、左折の車も私を待ってくれた。信号も、渡りきるまで点滅を始めなかった。「あんなに遅くてなかなか進めなかったのに、渡りきることができた…」私はホッとして、おじさんにも車にも信号にも、心からありがとうを言った。


{88A355C8-4DEA-46E4-8DDE-1222CBDB5044}


〜という夢だったのだが、目覚めてから、あやちゃんとおじさんが、今の私に必要な言葉を残してくれたような気がして、忘れないようにそれをここに留め置きたいと思った次第である。

初夢じゃないけど、寧ろ微熱に浮かされて見た夢だったけど、なんか不思議な体験でした。


{92FE1736-ADBA-4ACA-981B-D7F1651AE912}




人や周りに気を使うことは、ある程度は必要だけれど、それ以上に気にし過ぎても良くないんだろうな…
周りは案外、自分のことをそこまで気に留めてもいなくて、自分のしたいようにしたって、全然構わないのかもしれない。
もっと自由に、そして自分の存在や能力を、自分で堂々と発信して良いのかもしれない。

そんなことを感じた出来事でした…


明日からはスッキリと調子よくなってたいなぁ…
自信を持ってね(^-^)♪


{83A1EDC6-9ACC-433F-A6BB-525574319784}

酉年にちなみ、鮮やかなルリコンゴウインコ。






それにしてもあのおじさんはいったい、誰だったんだろう?

( ´艸`)…




{1EFF5721-DEC9-4A94-981B-3064AF37EDFA}










AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


部屋の明かりを消す

窓を開ける

もうエアコンは要らない

静かだ…






{C04EAE34-9396-447C-B834-964EDB6E3509}






隣家の屋根が

穏やかに映し出されている

 
月の光が中まで差し込む




身体を解放して目を閉じる…




静寂が果てしなく奥行きをもち

耳の奥でシーンという音ばかりが

頭の中に広がると思いきや…






小刻みに羽を振るわせては、休み

休んではまた繰り返す、複数の虫の声
 


ボーッと霞む彼方から

度々話しかけるウシガエル



時に、足早に去りゆく遠くのサイレンは

一刻の猶予も惜しむが、

此処ではその一瞬の断片でしかない…





風もなく、熱気とは無縁の

月明かり降る夜更けは


夏の終わりの音で

溢れていた…











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



最近のとある日、近所のお店に
夜、家族で歩いて外食に出かけた帰り、
道を渡ろうとしてふいに、娘に手を取られた。

私を導くようにして小走りで渡りきった後も、
娘の手はそのまま…

学校での友達との出来事の続きを話しながら、
歩くリズムに合わせて
ちょっと大袈裟にその手を振ったりして、
久々に母とのつながりを楽しんでいるよう…



思えば小さい頃、その手を握って
毎日幼稚園へ歩いて通ったっけ…

どこへ出かける時も、
自由奔放に振る舞うあなたが危なくないよう、
いつもその手を取っていたっけ…



過去に何度かこのブログにも登場してる
我が娘…
白く細いその指先が
もうあの頃とは違う心配を呼び起こすほど
あなたは大きくなった。

母に庇われ守られていたのはもう昔…
危なくないようにと、
今度はあなたが母の手を取るようになったのね…

華奢で滑らかであたたかい
その手を感じながら
愛おしさが目頭の奥をじんわりさせるのを
こらえて夜空を見上げた…




月、きれいだね…







{886841DD-B77D-43C8-A9B7-85392A25C0D3}




今日の月
もうすぐ、満月…













AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。