10/22のきままなガンスミス

素人おっさんによるきままなエアーソフトガンいじりです。暖かい目で見てやってください。

NEW !
テーマ:

5月17日、奈良県・ブッシュマスターにてウチのチームの定例サバゲが行われました。

この日は本当は行くか行かざるべきか、かなり悩みました。実は職場の人事異動で思わぬ部署に異動となり、頑張ってはみたものの自分に全く合わず、精神的病のうつ病を発症…

これがかなり厄介な症状で、職場内に入り職務を遂行しているとだんだんと症状が出てきて、最後には自分でもコントロール不能に陥ってしまい、動くことができなくなってしまいます。しばらく休憩をすると動けるのですが、目眩が激しく業務どころではなくなってしまいます。ただ、自宅に帰ると症状はかなり軽減され仕事のことを考えないと、至って普通な日もあり、周囲からは仕事をさぼりたいだけと思われ、家族からも罵声を浴びたことがあります。なので、仕事にはしばらく行っていたのですが、どうしても症状が出てしまい、自分でも頑張ろうとするのですが、食べた昼食はすべて嘔吐したり、簡単なPC操作をミスしたりと仕事の足手まといになる日々…

どうしょうもないので9年ほど前に職場でパワハラを受け、自律神経失調症を患った時にお世話になったクリニックに行くと新型うつ病と病名が…

しばらくは自宅療養をしなさいとのでした。新型うつ病とは職場等のストレスが掛かる場所に居てると症状が出てしまい、自宅などストレスが無い場所だと症状が無いという病気で、周囲からはどうしてもサボっているだけとか怠惰しているだけと思われがちで理解を得るのに苦労する病気らしいです。なので今は仕事に行ってません。自分がまさかうつ病になるとは思っていなかったので、しばらくはショックで自宅の自室で引きこもり生活で起き上がることもできず、布団に入ったまま日が登り、陽が沈むのを窓から見るだけの生活でした。

今回のサバゲ参加もクリニックの先生とも相談し、気の合う趣味の方々と合って話をしたりするのもいいことですよと、アドバイスをもらったので、参戦はできるか分からないものの行ってみようと思い参加してみました。

フィールドに到着し、メンバーの顔を見た瞬間、嬉しいのか悲しいのか分からない感情がこみあげてきてしまい、思わず泣いてしまいそうになりました。

齢40を超えたオッサンの泣く姿など見せたくないので必死にこらえ、久しぶりに会う同趣味のメンバーに合えた嬉しさをかみしめました。

あまりゲームには参戦せず、観戦だけと思いましたが、やっぱりフィールドに立つと参加したくなるもので、ほぼフル参戦してしまいました。ただ、自分の状態も考えセーブしての参戦ですが…

メンバーにはいろいろ悩みを聞いてもらい、メンバーの方々の苦労話など、人生での参考になる話ができたので大変有意義な一日でした。

ただ、今の私の職場はかなり恵まれた職場であるなと感じ、皆さん苦労されているのだと思い頑張らなければなと思いました。

一日、楽しく過ごせ、早く仕事に復帰できそうに思え、次回は仕事にも復帰し胸を張って参加してみたいと思います。

ただ、帰りの道中ですが、やはり無理をしていたのでしょうか、自動車専用道路を運転中に精神的にしんどくなってきたので、すぐにサービスエリアに入り休憩。30分ほど運転席の椅子を倒しそのままの状態で横になっていると、落ち着いてきたのでトイレに行き飲み物を買いました。このサービスエリアはかなり高い場所にあるため眺望が良く市街地や山々が良く見えます。その風景を見ているとトラックの動きや市街地の明かりなどが見え、働く人々が居てることが分かります。それを考えると自分が情けなくなってきます。しかし、これからどうしていいのか、今後どうするのか先が全く見えません。今の職場はやめたく無い。でも今の部署に居てると本来の能力が出ないどころか、精神的におかしくなってしまい足手まといになる存在。自分でも考えが甘いからだということは分かっているのですが、自分でもコントロールが全くできないのでどうしていいのか分かりません。同期からも「自分の考え一つ。頑張るしかない!」とは言われますが自分でも頑張ってます。クリニックの先生からは「頑張らないでいきましょう。頑張ってもいまは自分を傷つけるだけです」とは言われるのですが、ふと、今後を考えると感情がこみあげてしまいます。

サービスエリアのフェンスを握りしめ思わず泣き崩れてしまいました。多分、周囲からはおかしな人に見えたであろうとは思いますが、実際におかしな人です。

30分ほど動けませんでしたが、そのままの状態ではいてられないので、一度車に戻り先程買った飲料水を飲み、気持ちを落ち着かせます。

気持ちが落ち着いたので、車の運転に支障がないかの確認のため、車外に出てストレッチを行い体の各部に異常がないかを確認。

そして車内に戻り「今後のことは後で考える。今は安全運転で家に戻る!」と声を出し自分に言い聞かせ、好きな曲を少し大きめの音量で流しながら帰路につきました。

今後、どうなるか分かりませんが時間はあるのでじっくり考えてみたいと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

3月15日、三重県・松阪市の松阪演習場にうちのチームの定例サバゲに行きました。

いい感じのフィールドでセミでもフルでも楽しめる十分な広さがあります。

今回はこの前に作成したMGCブラックパンサー改を使用してみました。

この時期は、まだ寒くフロンガスのリキッドチャージでは厳しいのでグリーンガスで初速安定を図りました。初速は大体88~90m/s程度。

ガスガン特有のスーっと伸びる弾道とサイレンサー装着による消音性で結構ヒットを稼げました。

温くなればフロンガスで使用可能になるので、グリーンガスレギュレターが要らなくなるのでもう少し機動性が上がりそうです。

ずいぶん古いエアガンですが、今でも第一線で活躍できそうです。

また次のゲームが楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MGCのルガー10/22スペリオルをカスタムして可変ホップアップを搭載しマルイの電動スコーピオンのマガジンを使用可能にしたカスタムをしていたのですが…

某オークションでフォールディングストックタイプのブラックパンサーというモデルも安く手に入ったので…

ほぼ同仕様でもう一丁作ってしまいました。

スペリオルの方が木製ストックでスナイパーらしい感じなのですが、ブラックパンサーはピストルグリップでなんとなくタクティカルな感じです。

内部のメカはほぼ同じなので気分次第で使い分けですね。

明らかに性能は今の電動ガンに劣るのですが、昔高くて買えなかった銃がやっと手に入り、なんとか今のフィールド環境に適応させることができたので使っていこうと思います。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月に入ったので気分転換にブログの背景を変えてみました。

まだ寒い日が続きますが、日差しが温く感じる日も多くなった気がします。

そろそろガスブロも使える日もあるのではないかと思えます。

早く温くなってほしいものです。

気分転換ついでにニックネームの改名もしました。

ルガー好きなので10/22に…(^~^)

そろそろガスも使えそうなので次回のゲームにでも持って行ってみます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月15日、チームの定例サバゲに参加してきました。

場所は和歌山県橋本市のバトルランド…

この日の前日まで寒波の影響で雪の中でのサバゲになりそうな勢いでしたが、当日は日差しが強く穏やかな天候に恵まれ、良い環境の中でのゲームとなりました。

この日は貸切でなく一般参加という形なので、多数でのゲームとなり非常に面白い展開で楽しめました。

最初は電磁SR-15やHK417などの長く重い銃を使っていましたが…

結局、後半のほとんどは軽量で短いKAC PDWばっかり使ってした…

年々、銃を長時間構え続けるのが厳しくなり、軽量で短い銃を好む傾向になりつつあります。

しかし、できるだけ前半だけでも長く重い銃を使っていきたいものです。

何度も山を駆け上がり、そして下るを繰り返したので次の日の筋肉痛が心配でしたが、今回は筋肉痛にならず済みました。

ちょっと、足腰の弱りを防ぐため低い山でありますが、暇な時間を見つけては登山をするようになったので、その効果が出ているようです。

いつまでこの趣味をできるか分かりませんが、身体を鍛えて末永く頑張りたいものです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月21日、奈良県・ルートアイリッシュに今年最後のサバゲに行ってきました。

週刊天気では雨の予報でありましたが、当日はなかなか良い気候の中、サバゲを行えました。

写真はゲームに夢中で忘れてしまいました(汗)

CQB系フィールドということもあり電動ハンドガン系が活躍するフィールドですが、電動ハンドガンの弱点ともいえる、給弾不良に悩まされる方もしばしば…

そして、チームメンバーからまた電動USPの給弾不良解消の依頼を受けてしまいました。

症状は電動USP特有のフルオートは出るが、セミオートだと弾が出ないです。

まぁ、考えられることは以前に依頼を受けた時と同じ原因だと思われます。

とりあえず、初速を測定し状態を把握。

やはり初速を計測しようとしてもフルでないと弾が出ません。

あとちょっと初速が遅い感じもします。使い込んだ物なのでバネのヘタリも原因かもしれませんが…

メカボックスを取り出し、機関部の状態を見ます。

メカボックス内部のギアに摩耗とかは見られませんので、そのまま使えます。

 

給弾不良で考えられるのはノズル後退量の不足なので、それに関するパーツをチェック…

するとやや摩耗している感じのパーツがあります。タペットロッドの上面がやや削れています。

電動ハンドガンは構造上、フルサイズの電動ガンみたいにノズルを取り付けたタペットプレートを直接ギアのカムが後退させる単純な構造ではなく数個のパーツで構成されたノズル後退システムなので複雑かつ精密に作られているので、ちょっとパーツが摩耗するだけで、ノズルの後退量不足に陥ってしまいます。

タペットレバーも摩耗しているかもしれません。

ノズル後退量をかせぐサードパーティーのパーツも売ってはいますが、今のところ私は家にある物で何とか間に合わせています。

包装に使われているプラを使います。

私のもう一つの趣味の釣り糸のパッケージを今回使用しますが、別に何でもいいと思います。

使う量はほんのわずかでタペットロッドの上面のタペットレバーに接する面に張るだけです。

写真では分かりずらいですがタペットアーム上面にプラのパッケージの切れ端を接着しています。

これで組み上げるだけですが、初速低下はグリスの劣化も考えられるので、メカボックス内部すべてのグリスを新しくします。

ついでにギアも古いグリスを取り除きます。

ギアにはギア用のグリスを使い、シリンダー関係は主にシリコングリスを添付し組み上げると…

初速が2m/s上昇。

内部はノーマルなので整備だけでこれだけ上昇すれば上出来です。スプリング等を交換すれば80m/s程度まで上げることはできますが、今回は給弾不良解消だけの依頼なので、ここで終了…

電動ハンドガンはどうしても構造上、給弾不良に悩まされるようですね。私の2丁のUSPもこの症状になり、この解消法で何とか快調に作動しています。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと思うところがありステアーHCを購入しました。

ステアーは従来型を所有しているのですが、10年以上使い続けているのでガタがきているので購入しました。

私の所有しているステアーはショート化しておりフォアグリップはフリーダムアートのステアーHC用 新アンダーレールを搭載しています。

なので、ノーマルの折り畳みフォアグリップではありません。ただ、ステアーのフォアグリップは強度的に問題があり、付け根の金属部品がサバゲ等でハードに扱うと折れてしまいます。よく某オークションサイトで出品されている物でフォアグリップが欠損しているのは、そのせいです。

で、ステアーHCはもともとアンダーレールを搭載しているのに、わざわざサードパーティーからパーツが出ているのかというと、ノーマルのアンダーレールの位置だと構えずらいという理由らしいのですが、私的にステアーHCのアンダーレールの位置は小柄な体格のせいもあり、いい感じでジャストな位置です。フリーダムアートのアンダーレールやノーマルステアーのフアグリップ位置は少し遠くて構え辛い感じがします。

ノーマルステアーが発売されたのが1997年でステアーHCの発売が2011年なので14年の差があります。ただ、ハイサイクルメカボックスを搭載されただけでなく、ノーマルステアーが発売当初から問題であった、アッパーレシーバーとストックフレームとのガタが改良されほとんどなくなっています。経年劣化もありますが、上のし写真でも左側のステアーはアッパーレシーバーとストックフレームの間に隙間が少しあるのが見えます。

レシーバートップレールも改良され、ノーマルステアーは20mmレール幅ですがピカティニー規格ではないので溝の位置が悪く、スコープ等を搭載する際に取付位置や搭載物に制限がありましたが、ステアーHCでは改良されフラットトップ化されているのでスコープ等の取付位置や搭載物の制限がなくなりました。20mmレールは樹脂製ではありあすが、ガラス繊維入り強化樹脂らしいので強度に問題はなさそうです。

そして樹脂を多用することにより軽量化されアッパーレシーバーだけで200g近く軽量化されています。

これにより以前のステアーで違和感のあった高重心が解消され構えた時の安定感が非常に良くなっています。

フロントもガスレギュレター等が無くなり軽くなっています。

全体的に軽量化されており、ステアーで問題であったガタが少なくなり全体的な剛性感が向上しているので、ただHC化されただけでないのでマルイの企業としての好感が持てます。

実射性能は初速85m/s程度で十分な性能で、フルオートはHCモデルらしくノーマルを陵駕しセミの切れも良いので箱出しで十分ゲームに使える仕様ですね。

少し私仕様に改良し次のゲームにでも投入予定です。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

骨董品級のMGC ルガー10/22を何とか今のサバゲで使える状態にまで復活させようと努力してみたものの、やはり20年以上前の製品なので何かと苦労の連続…

それでも何とかホップバレルを搭載し初速も現行の法規に合わせた仕様とすることができたのもつかの間…

数ゲームでサイレンサーを取り付けるM14逆ネジがポッキリと…

元々、KM企画のM14逆ネジ バレル外径8.5mm バレルホールド メタルタイプを流用したので本来の使い方ではなかったのですが、金属製なのでそれなりの強度はあると思っていましたが、銃を反転させた際に軽く障害物にサイレンサーが当たっただけでポッキリといとも簡単に折れてしまいました。

やはり根本的に改良するしかないと思い、MGC ルガー10/22のアウターバレルの構造を良く観察すると、樹脂パイプの中に真鍮製のパイプが入った構造となっています。

この進駐パイプはドライバーなどで押せば動くので簡単に抜けそうです。

私のルガー10/22は少し高級版なのでヘビーバレルを意識した感じになっています。重量感を増すために真鍮製パイプを入れることにより重量増を目的としていたようです。

ドライバーのマイナスで押し、軽くプラハンマーでたたくと真鍮パイプが出てきます。

真鍮パイプは外径が手持ちのノギスで測定すると14.7mmです。それに合う、M14逆ネジが付いたアウターバレルを樹脂アウターバレル内に挿入できれば十分な強度を確保きます。

何か条件に合いそうな物はないかと物色していると、某ネットオークションにてM14ソーコムのアウターバレルが出品されていたので落札…

アウターバレルの外径が手持ちのノギスで測定すると14.7~14.8mm…

測定位置によって数値が若干変わります。樹脂アウターバレル内に入れてみようとしますが、入りそうで入らない状態です。見た目は真鍮パイプと同寸なのですが、塗装の被膜の厚さ分ぐらいですが少し太いようです。

なので塗装を耐水ペーパーではがしました。

すると、丁度良い感じで樹脂製アウターバレル内に入りました。

マルイ規格のインナーバレルを使っているので、今まではスペーサー替わりにテープを巻いていましたが、アウターバレルがマルイ製になったのでテープの必要もなくなりました。

一応、完成…

今回のM14逆ネジはマルイM14同等の強度になったので、ちょっとサイレンサーを障害物にぶつけただけで折れることは無いでしょう。

やっと気兼ねなく使えるようになったと思ったら、季節が進んでしまい、これからガスガンにとって厳しい季節となるのでグリーンガスかエアタンでの運用を考えないといけなくなってきました。

次回のゲームぐらいまではホースレスで使ってみたいです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月19日の定例サバゲに参加するため調整を続けていたルガー10/22ですが、スコープマウントが貧弱でかつ、20年以上前はトイガン用でも販売があった10mm幅のマウントも使用できる仕様になっています。

このマウントが曲者で20mm幅の上に10mm幅が乗るような形になっているので現在販売されているマウントリングを取り付けようとすると10mm幅マウントが若干干渉してしまいます。

10mm幅マウントが無ければマウントリングの爪がしっかり噛み込むのですが…

それに20mm幅のマウントも樹脂製のフレーム一体物なので何だか頼りなく、重たいスコープを載せるとゲーム中に振り回した際にもげそうな感じがします。

それに最近のスコープマウントと違ってマウントリングの位置となる溝の数が少なく、取付位置の調整幅が少ない欠点もあります。

なのでアチコチサイトを調べていたら、某ネットオークションで便利そうな物があったので落札…

10mm幅のスコープマウントを20mm幅のマウントに変換するアダプターです。

金属製でガッチリ固定できそうなので安心感があり、何より最近のマウントと同じく20mmレールとなっているのでスコープを取り付ける際に調整しやすいのでアイリリーフによって取付け位置を変更しやすそうです。

しかし、取付けると元の20mm幅のマウントが邪魔して若干浮いた感じになります。

これでは10mm幅マウントへの噛み込みが甘く、何かの拍子に外れてしまうかもしれないので元の20mm幅マウントを少し削ります。

20mmレール変換アダプターに隠れてしまうので、ざっくりとカッターで削りました。

しっかり元の10mm幅マウントに噛み込むようになったので強度的にも安心です。どうせ取り外すこともないパーツなので接着剤で固定した方がより強度が増すと思いますが、また次回の機会に…

取り付けた感じは若干ハイマウントになりましたが、低めのマウントリングを使えば問題なしです。

近代化が完了し、10月19日のサバゲへ…

前回は予想外の雨数ゲームして終了だったのですが、今回は晴天で最終までガッツリゲームができましたが…

途中でサイレンサーアダプターが折れてしまい、結局ルガー10/22は数ゲームしか使えませんでしたが、消音性が高く、ブッシュからの狙撃では撃たれた相手がどこから撃たれたのか分からない様子でした。サイレンサーアダプターが折れるのはこれで3回目です。色々試すのですが、PDI等から発売されているサイレンサーアダプターはアウターバレルとの接合がうまくいかず、外れてしまいます。今回はKM企画のM14逆ネジ バレルホールド メタルタイプを改造し使ってみたのですが、本来サイレンサーアダプターとして売っている物ではなかったので強度不足で折れてしまったのだと思います。銃本体が過去の遺物なので何かを流用するしかないので今後の課題となりました。

ゲームを楽しんだ後は月の輪ラーメンで晩飯…

結構ボリュームがあるのでこれ一杯で十分おなか一杯になります。

また来月までに何とかルガー10/22を使えるようにしたいと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9月21日、所属チームの定例サバゲが松阪演習場で行われました。
しかし…

生憎の雨…
当日の天気予報は台風一過で曇りの予報でしたが、なぜか雨が残り、昼ごろから雨足が強くなり午後1時に中止となりました。
雨の中、やれないことはなかったのですが、足場が悪くなり転倒や予期せぬ事故、エアガン自体への雨によるダメージを考慮して中止となりました。
天気だけは仕方ないです。
でっ、前回カスタムしたルガー10/22ですが…
試射はできたのですが、試射時にサイレンサーを何かに軽くぶつけただけでサイレンサーアダプターがもげるアクシデントで出番なし…
ハンドガン用のサイレンサーアダプターを流用したのですが、2液混合エポキシ接着剤ではうまくいかず軽い衝撃で外れてしまいました。今根本的にサイレンサーアダプターをアウターバレルに結合する方法を変えないといけないかもしれません。
まあ、1987年に登場したエアガンをレストアして使おうというのですから、困難は当たり前ですね。
また次回のゲームまでに改良してゲームに使えるようにしてみようと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。