まよねーず工場
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年10月19日

MD寮

テーマ:三重県

        MD寮

 

三重県にある寮の廃墟です。寮とトレーニングセンター、そして経営母体が同じだった保育所が併設されておりましたが、保育所は固く閉ざされておりましたので今回探索したのは寮とトレーニングセンターのみとなりました。

早速内部へ。

寮長もしくは警備員がいた受付です。

玄関には靴箱。靴の数だけ生活しておられる方がいらっしゃったのでしょうが、そのまま大量の靴が残されており、不気味さを感じさせます。

入ってすぐに探索したのは受付にいた方が生活していた部屋です。かなり荒らされていますね。

自転車。

現役だった当時から置かれたままとなっているようで、そのまま住人だけが消えてしまったような雰囲気があります。

隣の部屋も室内は荒れ、足の踏み場に困るほどの遺物が残っていました。

受付の窓のすぐ横は台所となっていました。

部屋を出てよく目に入る玄関の装飾。

それでは部屋を見ていきます。まずは廊下。建物内は異臭が漂い、あまり長くはいたくないなと思わされる空間でした。

部屋の番号はシールで貼られた簡易的な物。まずは01号室からです。

室内。

次は02号室。明らかに閉鎖後に野良人が生活していた痕跡がありますね。

03号室です。

次は04号室です。ホテルなどでは欠番となるので欠番かと思いましたが、そうでないのでさほど気にされていないようですね。

室内には新聞などが散乱。野良人は部屋が汚れたら次々と部屋を変えて生活をしていたようです。

次は05号室。室内にはごみが散乱し、無残な状態でした。異臭の正体はこれらの残留物が発生させているのは間違いないでしょう。

階段を上って2階へ。

2階の廊下です。

廊下が既に凄まじい量のゴミが散乱していました。1階よりも異臭が凄まじく、ここまでゴミだらけの物件も随分と久しぶりです。

探索した順番に掲載しておりますので、順番は前後しますが、15号室。1階と同じく部屋番はシールで表示されております。

2階の室内くらいは綺麗ではないかとも期待しましたが、室内は同じような惨状でした。しかし、建物は近代的で良い建物ですね。

山のように備品が積まれた14号室。もしかしたらこの部屋は現役だった際は倉庫となっていたのかもしれませんね。

やはり室内はゴミだらけの状態の13号室。

12号室です。ハンガーに服などが掛けられたままとなっていました。

11号室です。この部屋はベッドがありませんでした。

次は10号室です。

9号室。

廊下にはこのような備品が置かれていました。元々室内にあったものだと思われますが・・・。

さらに廊下にはこのような貼り紙が。愉快に働く法十ヵ条の内の三ヵ条目だと思われ、その十ヵ条は王子製紙初代社長であった藤原銀次郎氏によるものです。

引き続き部屋を探索します。次は8号室です。

最後に6号室。部屋はこれで最後です。

最後に2階廊下部分を撮影。次は食堂へと向かいます。

もう書き足されることが無い予定表。

食堂は1階部分の入って右側の奥にありました。

窓が大きく取られ、非常に心地良さそうな空間なのですが、ゴミが全てを台無しにしており、この部屋も異臭が漂っていました。

ペットボトルや缶詰の殻などがそのまま放置され、また弁当殻などが袋に詰められたまま放置されている状態です。野良人による仕業ではないかと思いますが、それにしても凄まじい量ですので、相当長い間滞在していたのではないでしょうか。

別のアングルより。

室内に残されたカレンダーは2009年のまま止まっており、物件的には比較的新しい廃墟です。

台所も設置されており、寮で生活していた者はここを共同で使用していたのでしょうね。

そして最後は浴場へ。

浴場内部です。

蛇口などは金属盗の被害に遭っているようですが、蛇口が3つあり、寮にしては3人以上が同時に使用できる十分な広さのある浴場ですね。

洗濯機も置かれ、寮生活には困ることのない十分立派な寮だと思います。

建物を出て、併設されているトレーニングルームへ行きます。

軒先で遭遇した近隣住人。

当然入口でトレーニングシューズへ履き替えたりします。

寮と同じく、比較的新しい建物ですが、寮に比べてガラスや照明が割られ、内部は結構荒らされています。

室内の壁には完成予想図が掲示されており、完成してから使用されなくなるまでの期間は物件的には早かったのではないでしょうか。

埃が積もり、ガラス片が散らばった室内。

壁にはダンベルトレーニングの説明がガムテープで貼られています。

天井が出来るだけ高くなるようにという配慮か、変わった天井の建物ですね。

遺品の一部。

室内は禁煙です。

空気が抜け、ひび割れたバスケットボール。

室内には様々な器具が残っていました。

一輪車。

そろそろ出ます。

横には保育所が併設されておりましたが、こちらは固く閉ざされていたので今回はパス。

山の中で埋もれる寮などの建物。現在は管理されている気配は無く、このまま荒れるに任されているのでしょうね。

   ↓クリックお願いいたします↓

      にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ

     にほんブログ村

(他の同業サイト様へ行くことも出来ます)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「三重県」 の記事
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。