会社員・OLのためのお金が簡単に貯まるマネー力アップ実践講座

お金のカウンセラー文丘雄清が、会社員・OLのお金の不安、お金の悩み、お金のブロックを手放し、好きな事・ライフワークで簡単にお金をためる、収入をふやす方法、夢を叶える秘訣を大公開。FP、ファイナンシャルプランナーの文丘は、サラリーマンを応援します。


テーマ:

● ネルトリンゲン 進撃の巨人好きなら一度は訪れたい街?!

 

こんにちは。文丘雄清です。

 

5月のドイツとフランスの旅は、ドイツからです。

 

ミュンヘンといえば、ドイツ博物館。ヒルトン・ミュンヘン・シティのすぐ近くにあります。

 

 

また、車好きなら、BMW博物館ですね。

 

理系男子(おやじ)にとっては、気になるところが結構あります。

 

しかし、そんなところには見向きもせず、今回目指した場所は、こちら。

 

 

進撃の巨人のモデルになったとか噂されている、ネルトリンゲンです。

 

(画像はおかりしました)

 

ここネルトリンゲンは今手元にある2011年版の地球の歩き方ドイツ編にはたった1ページしか記事が載っていまっせん。しかし、ここ数年、とても人気です。なぜなら、大人気漫画の「進撃の巨人」のモデルにもなった街という噂が広がったからです。

 

楽しみですね。

 

ホテルを出て、ドイツ博物館をとおりすぎ、街中を抜けて、中央駅へ向かいます。

 

 

中央駅はさすがに人が多いですね。

 

 

駅に着くと、そこにはもういろんな列車が並んでいます。

 

親切な方に助けていただいて、無事に切符を買うことができました。

 

 

ホテルのコンシェルジュさんに、列車や乗り換えのことを聞いておいてよかったです。

 

 

無事、電車に乗り込んでかんぱーい!

 

地ビールに舌鼓。あ、私はノンアルコールで^^

 


 

途中、ドナウワースでのりかえて、ネルトリンゲンに向かいます。

 

 

ネルトリンゲンの駅に着きました。

 

もっと、大きな駅かと思ったら、駅前に何もありません。

 

どーんと、ネルトリンゲンへようこそ、みたいな地図があるかと思っていましたが、、、何もなく、感覚を頼りに、右側に進みます。

(左に進んでも、結果的には大丈夫です)

 

 

そうすると、塔がみえてきました。

 

そして、なにやら巨大な壁も見えてきました。

 

 

壁の一部が空いています。

 

 

Deininger Torと書いてあります。デイニンガー門でいいのでしょうか。

 

ここから、壁の中に潜入します。

 

 

門を抜けて、振り返ると、ぐるりと壁がつづいているのがわかります。

 

入場料とかは、いらないのかなーと思いながら、階段があるのでのぼってみます。

 

 

3階建てくらいの高さで、廊下というか、道がずーっと続いています。

 

右側は壁。左側が街です。

 

 

右側の壁は、ところどころ、外がのぞけるようになっています。

 

お城の天守閣にある、狭間のようですね。

 

 

なかには、このような細いものもあります。弓矢ようでしょうか?

 

 

300mくらい歩くと、塔が見えてきました。

 

Lopsinger Torにあるこの塔、実は博物館になっているようです。

 

こちらは、入場料が必要です。

 

 

たしか3ユーロくらいだったと思いますが、支払うとパンフレットももらえます。

 

パンフレットの表紙には、航空写真がのっており、ネルトリンゲンの全体図がよーくわかります。

 

 

この、ネルトリンゲンは、1500万年前に隕石が落下してできたリース盆地の中にあります。

 

隕石によってできた跡がこれはどはっきり残っているのは世界でも珍しく、かつれはアポロ14号と17号の飛行士もフィールドトレーニングに訪れたとか。

 

別の塔にある博物館には、月の石も展示されているとか。

 

後で知ったのですが、5つくらい、博物館があるそうです。

 

 

塔に上ってみると、狭いですが、階数が多いです。
 

 

7階建てくらいでしょうか(うろ覚えです。)

 

 

塔の断面図もあります。

 

 

ネルトリンゲンの歴史についての博物館のようです。

 

戦争があったとか、当時の様子が絵画や展示で説明されています。

 

 

立体の模型で、街の様子も展示されています。

 

中央にある一番高いのが、聖ゲオルク教会でしょうか。

 

 

 

窓からのぞくと、中世の様子がそのまま残っているだけでなく、旧市街をぐるっと囲みこむ城壁の様子がよくわかります。

 

博物館をでて、街の中心地に向かいます。

 

 

途中でカタツムリのオブジェ?を見つけました。

 

 

町全体が、カタツムリのようですね。面白いです。

 

 

街の中心には、聖ゲオルク教会があります。

 

 

15世紀に建てられた後期ゴシック様式のこの教会の中は、荘厳な雰囲気です。

 

 

おもわず、お祈りしてしまいます。仏教徒ですが。

 

 

この教会には、高さ89.9mの塔があります。

 

この塔は、街のシンボルとして、ダニエルの愛称でしたしまれているそうです。

 

 

せっかくなので、登ってみます。

 

 

最上部は、一方通行です。

 

ドイツの街は、だいたい中心部にこのような塔があり、普通に登ることができますが、基本は自分の身は自分で守る、です。

 

日本のように、安全柵が付いていないところもあります(ここは大丈夫です)。ルールは守りましょう。

 

 

塔の上に上ると、直径約25kmのリース盆地の素晴らしい眺めが一望できます。

 


ぐるっと、城壁で囲まれているのが、よくわかります。

 

教会のまわりでは、なにやらイベントが開催されていました。

 

 

見ていると、こちらもお腹もすいたので、ランチにします。

 

 

途中、不動産屋を見つけました。

 

物件は、やはり壁の内側と外側で値段がだいぶ違うようです。

 

 

ダニエルの近くにあった、雰囲気のよさそうなレストランを見つけました。

 

 

 

やっぱり、ビールです!

 

 

そして、料理はお魚料理。ツァンダーフィレ(だったような気がします)。

 

白身魚です。

 

 

お肉は、唯一料理名を知っている、ヴィーナーシュニッツェル(仔牛肉のカツレツ)

 

 

たいがい、ドイツのカツレツは、これでもか!というボリュームという印象がありますが、このお店は小ぶりでした。

 

味は大満足!

 

今回、ネルトリンゲンをおとずれた全員、だれも進撃の巨人を読んだことがなかったのですが(笑)、街の雰囲気や料理に大満足でした。

 

 

そして、また電車に乗って、ミュンヘンまで帰ります。

 

電車を一本逃すと、次は3時間遅れになるところでした。

 

行かれる方は、気を付けましょう。

 

 

ミュンヘンに帰ってきて、ホテルに戻る途中で素敵な雰囲気のレストランを見つけたので、ここで晩御飯です。

 

 

やっぱり外せない、地ビールと、ブレーツェル。ドイツのパン屋さんの看板にもなっているパンです。

 

ビールのおつまみにもいいですが、塩分取りすぎに要注意です。

 

 

この地ビールは、陶器のジョッキです。

 

お味は、、、、、、賛否両論でした^^

 

 

お店の雰囲気は結構いい感じです(この写真では、わかりませんね)

 

 

お店の一押しは、やはりこれ。ホワイトアスパラとベーコン。このシーズンは、はずせないですね。

 

 

これは、鶏肉です。名前は忘れました・・・・

 

 

こちらは、ハンバーグ。かなり塩味がきつかったです^^

 

 

ビーフステーキも注文しました。見るからに、美味しそうですが、、、

 

お味は、美味でした~。

 

 

いろいろ料理が並びましたが、どのお皿にも、ポテトが。

 

ドイツ人は本当にお芋さんが好きなんですね。

 

ポテトを食べているとさすがに、食べ過ぎになるので、控えめにして、いよいよ、明日はフランスへ。

 

次回のお茶会(初めての場所を考えてますので乞うご期待!)や、お得な情報はこちらから先に行います^^

 


神戸、大阪など関西だけでなく、名古屋、名古屋、東京などからもお越しいただいております。スカイプ相談もございます。

投資、貯金、節約、お金のブロック、悩み、お金の不安や相談がある方、初心者の方もご参加いただいております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

お金のカウンセラー、ファイナンシャルプランナー 文丘雄清さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります