おかあさんってすごい

テーマ:
先月、ひょんなことから
10年ぶりくらいにプールに入ることになった。

私は泳げないながらも娘を海に連れて行ったりプールにも連れて行ったりもしました。

泳げないながらでも下手っぴに25m進みます。

それが、だめなんですっっ
泳げないっっだめっっやだーーな状態になって、早々にお風呂ゾーンにて温まりました。

前は、楽しく下手っぴでも遊んでいたのに、ちっとも楽しくありませんでした。

何が違うのか、
娘のいるいないです。

娘がいる時は楽しい風情でいようとしていたんだと思います。

娘と一緒でない、その事が私を正直にしたんだと思います。

で、おかあさんってすごいんだなぁと思った次第です。

昨日、娘に通っている大学の保護者向け就職セミナーでした。

採用育成・人事コンサルタントの小島貴子さんの講演はすっごいよかった。
就活とは『自律・自立した個人が社会生活を営み、自らが独立した個人として社会に認知されること』などと定義付け、
子どもたちが
『こんなに短期間でこんなにたくさんの正解のない試験を受け、わずかな自信も打ち砕かれて帰ってきた時に』『子どもの表情から気持ちを察して落ち着かせる』
『子どもの気持ちを落ち込ませるから子どもと一喜一憂しない』『どうだったの?は禁句』など、
就活生の妨げとなるようなことを事例をあげて説明してくれました。
そして、就活を通じて成長する子どもたちの様子に涙ぐちゅん☆

産業省の『社会人基礎力』を知っておくようにと言われました。

講演の後の学科別説明会で、文科省から、就職活動を視野にいれたカリキュラムを導入するよう指示されているとのことで、
最近の採用職員と私たちの違いをこの数年感じていたのだけど、その理由がよくわかりました。


ところで、先ほど、娘が卒業後、就職したい会社名を言いました。

講師が仰っていた親が言いがちな『こんな小さな会社』であり、『採用後フォローが充実している』会社であり、プロ意識の高い会社だと思います。

あの子がその会社で生き生き働いているのが目に浮かびます。

価値観は、親からもらったものだと講師はおっしゃいました。

セミナー後に、教員の方と話す機会があったのですが、
娘は、社会に出るという意識が高いのだそうです。
あの子の価値観の一つだと思うし、
今までの私とのやり取りから、
私が及ぼした影響が大きいとわかります。

あの子には、後悔するようなことをずいぶんしてきましたが
やっと、プラスマイナスゼロにまで戻せたような気がします。

ここから、親としてあの子に何かをしてあげることができると思います。

私の娘でいるのはあと少し。
(働き始めたら、いよいよ自立した個人と個人の関係になります)

私の娘に生まれてきてくれたお返しをするのは今しかないと思うのです。




iPhoneからの投稿
たまったら洗う私のやり方に口出ししないでと、生意気なことをいう娘を尊重し、洗い桶に何らかの食器があったり、お鍋やらでいっぱいになってるシンクを毎日見ていた。

まぁ、このくらいゆるくてもいいのねと思い始め、鍋が空いてない日は娘の食事を作らなくていいと思うようになった。

娘も私も帰宅時間が遅い日が続き、娘の夕食を作るのは無理して時間を作る状態になった。
無理しなくていいと言われたので、それに甘えていたら、娘の経済状態がピンチになった。

で、これはおかしいと娘は思い、食事代を出して欲しいという交渉が数日に渡って続いた。

うちにあるものを食べればいいでしょう、作ればいいでしょう、と返すもどうも、納得いかない様子。

変化は昨日、起こった。

『本来なら、お前は一人暮らししているんでしょう。』の一言がきっかけだった。

娘の表情が一瞬で変わり、『そう、本来なら!』と言葉がすごい勢いで続いた。

私が学んでるコーチングというものでは、本当のあなたならどう思ってる?本当のあなたならどうしていた?という質問が有効とされているのだが、こんなにもパワフルなんて!

それは朝のことだったので途中で終了したのだが(途中でやめるのもその人の考えを促進させる効果が期待できる)帰宅後、最近の疲れているような様子と違った様子の娘がいた。

食事代について考えを述べ、(採用)
私が『鍋が足りないから、買い足そうと思うんだけど、洗い物担当の意見も聞きたいんだけどどう?』の置き手紙に反応して、毎日洗い物をすることを考えたと言った。

私にしてみればやらない言い訳として溜まったらやるとか、言ってたのだろうが、それをあえて無視して洗い物担当としての立場を尊重した事が、自分のしていることを見つめ直すきっかけを作ったと自負している。

洗わないから、ご飯を作らないといった懲罰的なことで仕事を促進させてもいいことないと身に染みていた私が見つけた方法だ。

それは、仕事を通じて学んだのだと思う。

未熟で完成度の低い同僚がいたとして、だから任せないというわけにはいかない。
その人にも働いてもらわないと有能は人に負荷がかかり、有能な人のパフォーマンスが落ちるのを繰り返し見てきた。

能力の低い人の最大限を無理なく発揮するには、その人のやる気に点火することが大事。
その方法が、私のフィールドでも有効だと、コーチングの先生が実際に見せてくれた。

で、娘にも応用して成功した。

私の気持ちも考えてくれてるのを口にするという嬉しい副産物もあり♩

さて、これからどうなっていくかな。乞うご期待な感じだ。



iPhoneからの投稿
『がんばらなくていいんだよ』
よく聞くし、そう言いたい場面はたくさんある。

でも、どうしたらいいのかよくわからない。

わからないから、取り敢えずやってみた。

どうすればがんばらないのかわからないので、とにかくやめてみた。

がんばってでもやらなくちゃいけないくらい大切なことだから不安だったけど
がんばってもできていないのだから同じことと言い聞かせて続けた。

3~4年くらいそんな暮らしを続けたと思う。

で、気がついたこと

① やめるのは愛情がないとか、見捨てたとか、そういうことではない。
愛情たっぷりで見守るという態度があった。
見守るというという態度を支えるのは信じるという気持ちだった。
想定される事態が起こっても、危険を回避して私の想定外の方法で乗り越えていく、と信じる。

② がんばらないで、がんばってでもやらなくちゃいけないくらい事を実現したい時に私が何をしていたか、それは楽な範囲でやっていたということ。
がんばるエネルギーは、がんばるのをやめる方に注いだ。

だから、これからは(がんばらないでできるような、今のあなたが)楽にできることからやってみるというのはいかが?って言ってみたい。





iPhoneからの投稿
『がんばらなくていいんだよ』
よく聞くし、そう言いたい場面はたくさんある。

でも、どうしたらいいのかよくわからない。

わからないから、取り敢えずやってみた。

どうすればがんばらないのかわからないので、とにかくやめてみた。

がんばってでもやらなくちゃいけないくらい大切なことだから不安だったけど
がんばってもできていないのだから同じことと言い聞かせて続けた。

3~4年くらいそんな暮らしを続けたと思う。

で、気がついたこと

① やめるのは愛情がないとか、見捨てたとか、そういうことではない。
愛情たっぷりで見守るという態度があった。
見守るというという態度を支えるのは信じるという気持ちだった。
想定される事態が起こっても、危険を回避して私の想定外の方法で乗り越えていく、と信じる。

② がんばらないで、がんばってでもやらなくちゃいけないくらい事を実現したい時に私が何をしていたか、それは楽な範囲でやっていたということ。
がんばるエネルギーは、がんばるのをやめる方に注いだ。

だから、これからは(がんばらないでできるような、今のあなたが)楽にできることからやってみるというのはいかが?って言ってみたい。





iPhoneからの投稿
娘が家事の役割を分担することになりました。

『なにか、役割を持ってほしい。なにする?』
『じゃあ、(食器の)洗い物』

初日、完璧。
朝、出勤前にすべて済ませる必要がなくなって、助かりました。

二日目以降、手付かずのまま放置。
初めのうちはこういうものよね、
それなのに、今までここでぎゃんぎゃん言って、結局、あの子から役目を取り上げてきたなぁと振り返りました。

初めのうちは不出来でもOKにして続ける、続けるうちに手慣れてきて楽しくもなってくる、そのうち習慣になってる…といったことを
遅まきながらでもやろうとしているのだけど
どんな風に誘導したらいいのか、わからないのです。

今までの娘への、我ながらひどい仕打ちを思い出すばかりです。

とりあえず、今日も放置状態なので聞いてみました。

『洗う?』『やるよっっプンプン
なに言ったか忘れましたが『やってって言えばやるよ』との返事に
『あれ?一回毎に頼むんだっけ?』『やるよっっメラメラ』『一回毎に頼むんだっけ?』『やるよっっ爆弾』『一回毎に頼むんだっけ?』『なにが言いたいのっっ』
『どういう話だったか、確かめたいのよ』『…いつもやる』『じゃあ、(今日も)お願いね』

このくらいでちょうどいいでしょうか。
今までと違ったやり方、やってみることが出来ました。

娘が家事の役割を分担することになりました。

『なにか、役割を持ってほしい。なにする?』
『じゃあ、(食器の)洗い物』

初日、完璧。
朝、出勤前にすべて済ませる必要がなくなって、助かりました。

二日目以降、手付かずのまま放置。
初めのうちはこういうものよね、
それなのに、今までここでぎゃんぎゃん言って、結局、あの子から役目を取り上げてきたなぁと振り返りました。

初めのうちは不出来でもOKにして続ける、続けるうちに手慣れてきて楽しくもなってくる、そのうち習慣になってる…といったことを
遅まきながらでもやろうとしているのだけど
どんな風に誘導したらいいのか、わからないのです。

今までの娘への、我ながらひどい仕打ちを思い出すばかりです。

とりあえず、今日も放置状態なので聞いてみました。

『洗う?』『やるよっっプンプン
なに言ったか忘れましたが『やってって言えばやるよ』との返事に
『あれ?一回毎に頼むんだっけ?』『やるよっっメラメラ』『一回毎に頼むんだっけ?』『やるよっっ爆弾』『一回毎に頼むんだっけ?』『なにが言いたいのっっ』
『どういう話だったか、確かめたいのよ』『…いつもやる』『じゃあ、(今日も)お願いね』

このくらいでちょうどいいでしょうか。
今までと違ったやり方、やってみることが出来ました。

娘がお友だちと回転寿司と思って入ったお店、回転しないお寿司屋で
『場違い~~』とびびりながらサーモン4つとたまごをひとつ頼んだそうです。
1,000円なり。

98円からという表示を見て、回転寿司と思ったとのこと。

で、出てきたのがこちら。



5つぶほどのシャリにミニミニたまごがちょこん

板前さん、にやにやしていたそうです。

女子高生二人、びっくり⇒大爆笑




『入ってよかった~~♪美味しかった~~』と嬉しそうに話してくれました。


よかったね。
素敵な板さんに会えてよかったね。


大人になるってすてきだね。

多分、こういうことが幸せってことなんだと思う。

こういうこと、話してもらえるおかあさんになれて、うれしいよ。



Android携帯からの投稿
水仕事よりも洗濯物をたたむ作業が悪く影響してるのでは?と、思い至り
調べてみると対策を施している人がすでにいることを知りました。

で、私も購入。



スーパーで見つけられず『通販で手に入れるかな』と思いかけたとこで薬局コーナーで発見♪

この上にゴム手袋して食器を洗ったりもするらしい。


嬉しくて贅沢にも、カフェでホットチャイを楽しんでいます。

Android携帯からの投稿
これまで、痩せたのはつわりとインフルエンザ等体調不良によるものばかりだった私。
例外は、ママ友との夕食の支度後ウォーキング&ネットを通じての報告会。

そして、またダイエットの仲間ができて一緒に始める事ができました。わーい!

私自身の課題、人と一緒だと合わせたくなってペースが乱れてしまうのも
コーチングで解決方法を見つけたから
次の食事から早速効果絶大!

不思議なほど、食べてることに集中していました。

今まで、例えテレビを消しても
食事に集中していなかった自分に気づきました。

毎月100gずつ減らしていきながら
生活習慣を変えていこうと思っていましたが、
納得できる知識と素敵な仲間、具体的な目標を得て
6キロ減から足踏み状態を保っていましたが、次の段階に入りました。

家族といい関係で体調管理もばっちりな日々が始まりました。

がんばりますラブラブ



Android携帯からの投稿