「ビジネスでも、家庭でも幸せになる方法」を提案します。ステーション長のブログ

はぴあのコンセプト
働くことで豊になりたい女性の方にTAW理論(現象学)+心理学+脳科学を駆使して「ビジネスでも家庭でも幸せになる方法」を提案します。 

カウンセリング・オフィス はぴあ
ビジネス・心理学研究所併殺

テーマ:
 
こんにちは。
はぴあの新垣真治です。

父性について話そうと思っていましたが、
その前にとてもためになるインドの民話ありますので、
それを先に紹介したいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

インドのある水汲み人は2つの壺を持っていました。
天秤棒の両端にそれぞれの壺を下げ、
首の後ろで肩にかついで彼は水を運びます。

壺の1つにはヒビが入っています。
もう一つの完璧な壺が小川からご主人様の
家まで一滴の水も壊さないのに、ひび割れ壺は、
水汲み人が水をいっぱい入れてくれても、
ご主人様の家に着く頃には半分になっているのです。

完璧な壺は、いつも自分を誇りに思っていました。
なぜなら、彼が作られたその本来の目的を
いつも達成することができたから。

ひび割れ壺は、いつも自分を恥じていました。
なぜなら、彼が作られたその本来の目的を半分しか
達成することができなかったから。

2年が過ぎ、すっかり惨めになっていたひび割れ壺はある日、
川のほとりで水汲み人に話しかけました。
「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている」
「なぜそんなふうに思うの?」
水汲み人はたずねました。
「何を恥じているの?」
「この2年間、私はこのひびのせいであなたの
ご主人様の家まで半分の水しか運べなかった。
水が漏れてしまうから、あなたがどんなに努力をしても、
その努力は報われることがない。私はそれが辛いんだ」
と壺は言いました。

水汲み人はひび割れた壺を気の毒に思い、
そして言いました。
「これからご主人様の家に帰る途中、
道端に咲いているきれいな花を見てごらん」

天秤棒にぶら下げられて丘を上っていく時、
ひび割れ壺は、お日様に照らされて美しく咲き誇る
道ばたの花に気づきました。

花は本当に美しく壺はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人様の家に着く頃には、また水を半分もらしてしまった
自分を恥じて水汲み人に謝りました。

すると彼は言ったのです。
「道端の花に気づいたかい?花が君の側にしか
咲いていないのに気づいたかい?
ぼくはきみからこぼれ落ちる水に気づいて、
きみが通る側に花の種をまいたんだ。
そしてきみは毎日、ぼくたちが小川から帰る途中、
水をまいてくれた。
この2年間、ぼくはご主人様の食卓に花を欠かしたことがない。
きみが、あるがままのきみじゃなかったら、
ご主人様はこの美しさで家を飾ることができなかったんだよ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

生まれてから母性に包まれることで
自己肯定感を持つことができます。
そして同時に万能感も持つという事は前回も書きました。

万能感とは自分は何でもできると言う感覚です。
しかし、私たちは何でもできるわけではありません。
完璧ではありません。
ここに登場してくる完璧な壺にしても、
ひび割れ壺のように水をまくことはできません。
完璧な壺も壺として限定された中で完璧に見えるだけです。
いずれにしてもこの世界は何かを得れば何かが得られない
トレードオフの法則があるのです。
すべてのことを同時に得ることはできないのです。

ですので、自分を限定的な世界で見ると不完全さが目立ってしまい、
恥という感情に飲み込まれてしまいますが、
視野を広げていくと、自分は不完全でいいんだという等身大の
自分を認めることができるようになります。
万能感を手放した自己肯定感です。
ここからが人生の再スタートだと思うところです。
今後壺として状態を良くして生きていくのか?
それとも、種をまく人に感謝し、水を与える存在になっていくのか?
どう生きるのか自分で選択をするのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
はぴあの新垣真治です。

以下の話しは複数のクライアントの問題をエッセンスで捉え
まとめたものになります。

女性の方が相談にいらっしゃいました。
その方は子供を持つお母さんです。
ご主人は地位があり経済的にも恵まれた家庭です。

そんな世間一般からは憧れるような家庭において起きやすい現象があります。

「裕福なためヘルプしようと思ったらずっとヘルプできる」
このことが後に大きな問題となって家族に帰ってくるのです。

女性の悩みはご主人や子供のために人生を捧げたとまでは言わないまでも、
多くの時間を家族のために費やした。
子育てに一段落ついた今、自分のこれからの人生について考えたとき、
霧がかかった状態だと言う。

そして子育てに一段落ついたとは言え、長男・長女に問題があると言う。
つまり自立していないのだと…

この問題の始まりは女性の母親に対する勘違いから生じているのです。

「母は私に厳しかった」そんな思いが心の奥底にくすぶっているのです。
自分自身が母親になったとき「甘やかすのはいけない」と思っていても、
それは頭で理解している程度にとどまっている場合が多い。
だからある程度、母親が自分に対して厳しかったのは理解できるとしても…
という具合です。
ある気質を持つ人は、とても母親に執着します。
そのような気質が母にたいする被害者意識を大きくさせます。

さて、そんな女性が子育てをする時、頭では厳しくすることが必要と
わかっていても被害者意識の感情から厳しくできない。
そんな葛藤状態で子育てをするわけですから、当然悩むことが多くなる。
自然体で子育てできないのです。

ここで母性というものについて考えてみましょう。
母性とは何でしょうか?

甘えを受け入れて、優しく包み込んでで安心感を持たせてくれる。
一体感を持たせてくれるものが母性と言えるでしょう。
ありのままを受け入れてくれる母性が、子どもの自己肯定感を育むのです。
そしてそれと同時に万能感も一緒に育ちます。

話を元に戻すと、「母は私に厳しかった」という被害者意識から自分はそうしない。
つまり反面教師として親を位置づけるんです。

すると母親に意識を多く向ける女性は、自分の中の母性を増大させ、
子どもをヘルプし続けるのです。
この状態が長くなれば長くなるほど親子ともいろいろな問題を抱えることになります。
また親がヘルプをし続けるため、子ども自身が自分で自分の欲求を満たす
経験が少なくなります。
「自分でできる」を体験しない子として育つわけです。

年齢が増すにつれ「できない自分」という劣等感へと繋がってきます。
自分は何でも手に入れられると思う「万能感」と
自分は何もできないとい「劣等感」の同居は本人を幸せにはしてくれません。

ある女の子は経験が少なくても劣等感につながらない状態で育ってきました。
それは、その子の成績が良い場合です。
頭が良い事が優遇される社会では、成績が良いと言うことで、
全てに関して「これで良し」と言う風潮があります。

親も先生も良い成績を維持してもらうために、子どもにかしずき、
子どもの万能感をますます育ててしまいます。
しかしどんなに成績が良くても、万能感プンプンの傲慢な人は、
人間社会に受け入れてもらえないものですから、
やがてはその子も劣等感にさいなまれることになります。

もう母性だけではどうにも対応できません。
この世界は二極の世界ですから母性に対し父性と言うものが存在します。

家族の中に父性と言うものを取り戻さなければ全体のバランスがよくなりません。
家族は幸せにはならないのです。

このことは、いち家族に起きている問題ではないのです。
今や日本全体が抱える問題となっていることは、
これを読んでいるあなたも感じているのではないでしょうか。

次回は、今後必要になってくる父性について話します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。
はぴあの新垣真治です。

何処まで行っても、どれだけ成長しても、
人生の「悩み」はなくなりませんね。

ただ、「悩み」の質は変わってきます。
若いころは、「悩み」=「問題」と感じていましたが、
はそうでもないのです。

いろいろ人生経験を積むと、その「悩み」と
がっぷり四つになって闘わなくなりました。
取り組み方が変わって、闘うのではなく、
受け容れてみるようになったのです。

何故、そのんなことが出来るようになったかというと、
年をとったから!

冗談です。
イヤ、半分は本当かな。

人間は本来成長し続ける生き物だと考えています。
その成長に必要なものが、「悩み」です

しかし、「問題」と思うと、それは厄介なもので
避けたくなりませんか?

だから、こう考えみましょう

自分の思考が現実を作っていくわけですから、
その「問題」を作ったのは自分ということです。

ということは、「問題」ではなく「課題」
と考えることが出来るのはないでしょうか。

新しいパラダイムとして「悩みは問題じゃなく、
成長に繋がる課題だ」と考えてみましょう!

あなたが悩んでいて、八方ふさがりだと感じていたら、
成長のチャンスなんです。

が、、自分だけで抜けだせない場合は、
どう抜けすといいかを
知っている
専門家の力を借りてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

はぴあの新垣真治です。

 

ストレスは人生のスパイスだという言い方もありますが、

どちらかと言うと悪者扱いしていた事は否めまないと思うんです。

しかし、意識が変わると、全く違う情報が入ってきますね。
今日は、そのような話です。


スタンフォード大学の「自分を変える教室」で有名な

ケリー・マクゴニガル教授がストレスに対するご自身の

価値観においてパラダイムシフトを迫られた出来事についての話しを、

最新作の「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」

という本の中に書いてあります。

ケリー・マクゴニガル教授もこの10年間ストレスは、

悪いものだと考えていたし、学生にもそう教えていた。

しかし、それが間違いだったのです。

そしてその、パラダイムシフトは私にも起こりました。
まさに思考が現実化するというデータ。
外側に悪ものはいないんですね。
自分は被害者だ!
相手が悪者だ!
そう思っていると自分がそうなるということです!
思い込みが人生を作っていきます!


~~~~~~~~~~~~~~~~


1998年にアメリカで3万人の成人を対象に行われた調査で、

参加者に対して次の2つの質問が行われました。


「この1年間でどれくらいのストレスを感じましたか?」
「ストレスは健康に悪いと思いますか?」


8年後の追跡調査では、3万人の参加者のうち誰が亡くなったかを、

住民情報等によって調査しました。
まずは悪いニュースからお伝えしましょう。

調査の結果、強度のストレスがある場合には死亡リスクが

43パーセントも高まっていたことがわかりました。


ただし、死亡リスクが高まったのは、強度のストレスを

受けていた参加者の中でも、「ストレスは健康に悪い」

と考えていた人たちだけだったのです。


強度のストレスを受けていた参加者の中でも

、「ストレスは健康に悪い」と思っていなかった人たちには、

死亡リスクの上昇は見られませんでした。

 

それどころかこのグループは、参加者の中で、

最も死亡リスクが低かったのです。

ストレスがほとんどない人たちよりも死亡率が低かったのですから、驚きです。


研究者たちの結論は、「人はストレスだけでは死なない」と言うことでした。

ストレスを受け、さらに「ストレスは健康に悪い」と考えていると、

死亡のリスクが高まるのです。

 

推定では、「ストレスは健康に悪い」と思い込んでいたせいで、

寿命よりも早く亡くなった人の数は、その8年間で18万2,000人にも上りました。

年間2万人を超える計算になります。

 

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の統計に当てはめれば、

「ストレスは健康に悪い」と言う思い込みのせいで死亡した人の数は、

皮膚がんや、エイズや、殺人による死亡者数をも上回り、

全米の死因トップ15位に相当することになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタンフォードのストレスを力に変える教科書より一部抜粋

 

悪いと思えば、そうなるだけ。

ほんと、そういうことです。

 

ですから、自分に必要なパラダイム(価値観を)

持ったほうがいいということですね。

もし、自分のことがよくわからないので、

必要なパラダイムもわからないという方は、

はぴあにお出でください。

一緒に、探すお手伝いが出来ます!

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。
はぴあの新垣真治です。

今日のテーマ完璧主義って
だいたい、いいイメージではないですよね。

しかし、完璧主義のすべてがダメだと
いうわけではないという
ことを知っていてください。

完璧主義にも健全な完璧主義と
不健全な完璧主義があります。

例えると健全な完璧主義は
こんな印象じゃないでしょうか。

・完璧を目指して、コツコツと
  頑張っていく人

・プロ意識を持って、言い訳せずに
   仕事をして行く人

人間国宝と言われる人たちも
そのようなイメージですよね。

今の自分と言う人間(生き物)
の限界を認識している。
だとしても上を目指し
自分を磨き続ける。

この完璧主義はプラスの
イメージですよね。

「ここまでできた。さらに良いものにしていこう」
と、
このように考えているようです。

その反対の不健全な完璧主義と
言うものは、自分が考える

「完璧らしきもの」

あくまで、らしきもの。
これは妄想ですが。

その、らしきものがあって、そこから足りない
部分ばかりを気にする。

「ダメだ。まだこんなにできていない」

という不足のところに
フォーカスしています。

何か自分に対して「引き算」
をしているようです。

健全な完璧主義は「足し算」を
していますよね。

ちょっと話しは変わりますが、
人が行動するときにどういう
指示を与えると早く目標に
到達できるかとう実験がありました。

AさんとBさんは何が目標に
なっているのかわからない状態で
2人には違う指示が与えられます。

Aさんには目標から遠ざかると
「ブー」という指示。

一方Bさんには目標に近付くと
「ピンポン」と言う指示を与える。

どちらが早く目標に近づくことができたでしょう?

想像つきますよね。

もちろんピンポンと言う指示を
与えられたBさんの方が
早く目標に到達できました。

Aさんは動くたびに
「ブー」「ブー」と言われるので
しまいには動けなくなってしまいます。

「引き算」の不健全な
完璧主義はこのように
自分にいつも
「ダメ出し」をしながら進んでいる
状態なので、目標に到達したい
気持で頑張るが、結局のところ
動けなくなるということです。

あなたが自分は完璧主義なところが
あるなーと思ったなら、
自分の完璧主義の動機が
人間国宝のように今の自分認め、なお自分を高めたいという
「情熱」
から出たものではなく、
「不安感」
から出ているものならば自分に
「ダメ出し」
をしながら進もうとしてるので
自己評価はどんどん
下がっていく結果に、、

そうすると、負のスパイラルに
取り込まれることになりますよね。

自分のパラダイムを

「ここまでできた。
さらに良いものにしていこう!」

という「足し算」に
変えくと健全な完璧主義
を楽しむことができます。

パラダイムは急には変わらないので、
コツコツと変えていってくださいね。


 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。