「ビジネスでも、家庭でも幸せになる方法」を提案します。ステーション長のブログ

はぴあのコンセプト
働くことで豊になりたい女性の方にTAW理論(現象学)+心理学+脳科学を駆使して「ビジネスでも家庭でも幸せになる方法」を提案します。 

カウンセリング・オフィス はぴあ
ビジネス・心理学研究所併殺

テーマ:

こんにちは。

はぴあの新垣真治です。


これが今年最後のブログになります。

皆様この1年お世話になりました!

また、来年もよろしくお願いします!


本題に入りますね。

 アメリカではマシュマロテストの結果から、

自制心を持つことは人生において

いい状態をもたらすと信じられています。

 

それを知った大人達は自制心を

持つことの教育を始めました。

ところが、2014年にジョージア大学の

ジーン・ブロディ博士が

血液を調べたら、年齢に比べて細胞が

若いの学生と老化している学生

がいるという大変興味深いことが

わかったんです。

 

ちなみに、自制心が強い人ほど細胞が

若いことが分かりました。

しかし、これには前提があるんです。

それは、

「比較的豊かで家庭環境が恵まれている」

という条件です。


逆に「貧しく生活が苦しい家庭環境」

の学生は、自制心が強いほど細胞が

老化していることがわかったのです。

 

このことを知ったわたしは、

すぐに孫娘のことが頭に浮かびました。

孫娘は第一子で非常に我慢強いです。

 

子どもなら泣くであろうと思われる

注射でも2歳当時(現4歳)の孫娘は

泣かなかったのです。

担当の看護師さんもとても

驚いていました。


 弟のやり取りでも、自制心を働かせて

いるなと思うことが多々あります。

自制心が高いのは、孫娘が

生まれながらに持っている性質だなと、

成長の様子を見ていてそう感じます。

それが彼女だということです。

 

ここからは、

わたしの仮説になるのですが、

さきほどのジーン・ブロディ博士の

結果を相似形で考えると、

自制心がある孫娘にとって

いい結果が生まれるのは、

「比較的豊かで家庭環境は恵まれている」

状況を作らないといけないのだろうと

思うわけです。


 「比較的豊かで家庭環境は恵まれている」

というのはエッセンスで考えると、

孫娘が

「愛情豊かに、安心、安全の場に

                                 おかれている環境」

だと考えることができるでしょう。

 

⚫︎「愛情豊かに、安心、安全の場に

おかれている環境」←(これは変えることが出来る条件)

⚫︎「高い自制心」←(今はまだ変えられない)

⚫︎「細胞が若い」←(結果)


孫娘と同じように自制心が高い

性質の子が良い結果を生むには、

環境作りがキモなんですね。


子育て真っ最中には見えなかったことが、

今は見えてくる。

還暦を迎えてから思うのは、

「来年もさらに人の役に立つ人間になろう」

なんですね。

それでは、本年はここまで。

皆さま良いお年をお迎えください!


新垣真治  

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 こんにちは。

はぴあの新垣真治です。

 

とても残念なことがありました。

ボーダーラインの知的障がいの子がいました。

障がいの程度はかなり軽度だなと思っていました。

その子が一般企業に就職したのです。

一般的に、障がい者にとって一般就職できたのは

「やったねー」というものだと思います。

 

親は心配しながらも、就職できたことに喜びを感じていました。

第三者のわたしもそう思ったんです。

 

34年たったころから異変が出始めました。

それに最初に気づいたのは、その子のお姉さんでした。

 

「お母さん、○○言っていること変だよ。

病院につれて行った方がいいよ」

しかし、お母さんは姉の言っていることを

あまり気にしませんでした。

 

そのことに危機感を感じた姉は

妹を自ら病院につれて行ったのです。

診察を受けると即入院、強制入院という診断です。

 

もちろん親はビックリです。

「何事!」って感じです。

状況をちゃんと受け入れられませんでした。

 

その後の彼女はもう以前の元気な彼女じゃないです。

精神の病だけではなく他の病気も患っています。

もう取り返しがつかない状態です。

人生がガタガタになりました。

 

彼女は娘の友人でもあり、わたしも期待していた子でした。

お母さんから聞いた彼女の言葉が耳からはなれません。

「お母さん、なんでわたしこうなったの?」

「、、、、、」

 

この状況を聞いてわたしはお母さんを責めることはできません。

ただ、ちょっとでも今後このようなことが起きないことを

願うので、わたしの考えを話します。

 

今日のテーマにも書いてありますが、どんなにいいと思われる

目標だとしても、人が中心です。

何のための目標、誰のための目標かなんです。

目標中心主義ではなく人間中心主義でなければ、

ならないと思います。

 

例えです。

あなたの目標が「ひまわりを元気に咲かせる」だとします。

隣の人のひまわりの芽がすくすく伸び、10センチくらいに成長している。

しかし、自分の芽は3センチほどしかない。

焦った自分は3センチの芽をつまんで、ひそかにひっぱる。

引っ張りすぎて根をだめにして、結果、枯らしてしてしまう。

 

これを聞いて「そんなこと、しないよー」

と笑うかもしれませんね。

 

それを聞いて安心しました。

では、人を育てる時もそうしてくれますね。

愉快な話ではないのに、ここまで読んでいただき

ありがとうございます。

 

新垣

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

はぴあの新垣真治です。

 

自己啓発系のある講師が今あるものを

壊さなければ、

新しいものは生まれない。


これは人生を変えるときも同じと

ピカソの言葉を引用して言っていたのです。

 

「あらゆる創造活動は、まずなによりも破壊活動である」
                              パブロ・ ピカソ

それは、結果的にはそうだよなー。

でも変化しなければと思うから抵抗も生じるんじゃないか。

大きな変化には抵抗してしまうんです。

「俺はピカソじゃないー」

っと、思わず言いたくなります。

 

こんなこと平然というから自己啓発は胡散臭く感じる。

 

そんなこと言われたら、理想と現実の自分のギャップに

悩んで、よけいに動けないですって。

 

意志力(自制心)をフル活動させなくても

行動できるようになる方法はあります。

 

人が動けない(変われない)時には2つの理由があります。

1つはやり方がわからない。

2つ目はやり方はわかっているが継続することができない。

 

これがわかれば誰だって行動できるようになります。

「やる気がない」から変われないのではないです。

問題はやる気ではないのです。

 

 

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

意志が強いというとイメージとして「耐えることができる人」みたいな感じです。
そうすると、続けることができない時自分は意志が弱いと自分を責めちゃいませんか?
 
こういう風に考える事は自分の利益につながるとは思えません。
 
だからこんな風に考えてみると良いですよ。
意志力が強い人とは自分の意志力の程度をよく知っているので、むしろ意志の力だけに頼るのではなく、続けられそうな環境を作ること(行動)をした人といえるでしょう。
 
あの有名なスタンフォードのマシュマロテストみたいにね。

 

意志が強くなくても大丈夫です。

ちょっとした行動をとれば、いいんです。

 

 

例えば、マシュマロでいうとこんな行動。

 

 

●マシュマロから気をそらす、気をまぎらわす

じっとしていると執着してしまうので、他の楽しみを見つける、というやり方です。他のことに意識を向ける。

 

●マシュマロを食べてしまったあと起こることをつぶさに想像してみる

その後どんなことが起こるのか、想像力を駆使して考えてみます。

起こるだろうと予想されることをノートに書いて文字化するとなおいいです。

 

●マシュマロを自分の目の見えないところに置く

食べたくても食べられないようにする方法です。

ケーキが大好きな人の前にケーキを置いて我慢させるのは挫折を呼びます。

物理的にケーキから遠ざけるのです。食べる行動がすぐにできない状況をつくる。

禁煙だとタバコ、ライター、灰皿などをぜんぶ捨てる。

●「マシュマロを食べないでいることは楽しいことなのだ」と思い込む

人間の脳はメリットが大好きです。そこで、「マシュマロを食べないでいることが快感」と

思い込むように仕向けます。たとえば禁煙に成功するとすぐに自分に褒美を与える。

別のメリットに置き換えて習慣化させる。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
こんにちは。
はぴあの新垣真治です。

父性について話そうと思っていましたが、
その前にとてもためになるインドの民話ありますので、
それを先に紹介したいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

インドのある水汲み人は2つの壺を持っていました。
天秤棒の両端にそれぞれの壺を下げ、
首の後ろで肩にかついで彼は水を運びます。

壺の1つにはヒビが入っています。
もう一つの完璧な壺が小川からご主人様の
家まで一滴の水も壊さないのに、ひび割れ壺は、
水汲み人が水をいっぱい入れてくれても、
ご主人様の家に着く頃には半分になっているのです。

完璧な壺は、いつも自分を誇りに思っていました。
なぜなら、彼が作られたその本来の目的を
いつも達成することができたから。

ひび割れ壺は、いつも自分を恥じていました。
なぜなら、彼が作られたその本来の目的を半分しか
達成することができなかったから。

2年が過ぎ、すっかり惨めになっていたひび割れ壺はある日、
川のほとりで水汲み人に話しかけました。
「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている」
「なぜそんなふうに思うの?」
水汲み人はたずねました。
「何を恥じているの?」
「この2年間、私はこのひびのせいであなたの
ご主人様の家まで半分の水しか運べなかった。
水が漏れてしまうから、あなたがどんなに努力をしても、
その努力は報われることがない。私はそれが辛いんだ」
と壺は言いました。

水汲み人はひび割れた壺を気の毒に思い、
そして言いました。
「これからご主人様の家に帰る途中、
道端に咲いているきれいな花を見てごらん」

天秤棒にぶら下げられて丘を上っていく時、
ひび割れ壺は、お日様に照らされて美しく咲き誇る
道ばたの花に気づきました。

花は本当に美しく壺はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人様の家に着く頃には、また水を半分もらしてしまった
自分を恥じて水汲み人に謝りました。

すると彼は言ったのです。
「道端の花に気づいたかい?花が君の側にしか
咲いていないのに気づいたかい?
ぼくはきみからこぼれ落ちる水に気づいて、
きみが通る側に花の種をまいたんだ。
そしてきみは毎日、ぼくたちが小川から帰る途中、
水をまいてくれた。
この2年間、ぼくはご主人様の食卓に花を欠かしたことがない。
きみが、あるがままのきみじゃなかったら、
ご主人様はこの美しさで家を飾ることができなかったんだよ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

生まれてから母性に包まれることで
自己肯定感を持つことができます。
そして同時に万能感も持つという事は前回も書きました。

万能感とは自分は何でもできると言う感覚です。
しかし、私たちは何でもできるわけではありません。
完璧ではありません。
ここに登場してくる完璧な壺にしても、
ひび割れ壺のように水をまくことはできません。
完璧な壺も壺として限定された中で完璧に見えるだけです。
いずれにしてもこの世界は何かを得れば何かが得られない
トレードオフの法則があるのです。
すべてのことを同時に得ることはできないのです。

ですので、自分を限定的な世界で見ると不完全さが目立ってしまい、
恥という感情に飲み込まれてしまいますが、
視野を広げていくと、自分は不完全でいいんだという等身大の
自分を認めることができるようになります。
万能感を手放した自己肯定感です。
ここからが人生の再スタートだと思うところです。
今後壺として状態を良くして生きていくのか?
それとも、種をまく人に感謝し、水を与える存在になっていくのか?
どう生きるのか自分で選択をするのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。