35歳社労士開業を目指して!

35歳での開業に向けて、今は基礎能力向上!


テーマ:

こんばんは、コウです!






試験で大した点数も取れていないので偉そうなことは言えないのですが、今回は1年間社労士試験の勉強をしてみて感じた勉強の仕方について。






1年間勉強して終盤にようやく気付いたのが、




社労士試験は暗記試験だ!!







ということ。




僕はTACに通っていて、10月から4月までは各科目の授業があり、5月から答練が始まりました。授業の期間はひたすら復習だけでした。各科目の終わりにはテストがあり、復習したおかげで毎回70点~80点は取れていました。






しかし4月も終わりひと通り各科目の授業が終わり、2巡目の勉強に入ると愕然としました。。






な、何も覚えていない・・・。(;°皿°)






確実に覚えていたはずの部分が全く思い出せないんですよ。。






社労士試験は覚える量が膨大のため、次から次にインプットすればするほど、覚えたところがこぼれ落ちるようですo(;△;)o






教科書をしっかり読み込んで一度理解すれば身に付いているだろうと思い込んでいたのですが、自分の記憶力を過信していました354354






そこでようやくこの試験は暗記なのだと気付きました。






教科書を読んではすぐ忘れ、読んではすぐ忘れ、、、このままではヤバイと思い、とにかく重要な語句から覚えなければと、5月に単語帳の作成を開始。






単語帳を作りながら覚えていき、7月頃にようやく全科目1巡目終了。2巡目に入るとまた最初に覚えていたところは忘れていましたが、とにかく覚えなければと再び単語帳を暗記。そして8月初旬頃に2巡目が終了。さすがに過去問に取りかからないといけないと思いつつも、確実に知識が身についていないことに不安を感じ、一大決心・・・






過去問を捨て、暗記のみで試験を迎えることを決意( ̄ー ̄;






中途半端に問題に取り組むよりも、確実な知識を身につけることを選択し、3巡目の単語腸の暗記に賭けたのでした。⇒試験の結果は過去の記事で






結局時間が足りなかった訳ですが、この一年で勉強の仕方は分かりました。






短いスパンでとにかく何度も繰り返す!!








各科目の量が膨大のため、忘れては覚え、忘れては覚え、少しずつでも知識を定着させる必要があるのですね。最初は細かいところは覚えなくてもいいのでとにかく繰り返すというのが大事なのだと感じました。






1週間で1科目こなすと8科目終わるまでに2ヶ月、1年間で6巡しか回せないんですよね。終盤は過去問を解かないといけないので、1年くらい勉強時間が取れる方は、長くても1科目1週間程度で何度も回すのがいいのではないかなと思います。






    にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


   にほんブログ村


なるほど! ブログ村に参加しましたなるほど!


色んな社労士の方の情報があります(^∇^)

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード