小松台東

こまつだいひがし、と読む。

覚えた!

小松台東「山笑う」

三鷹市芸術文化センター 星のホールにて

 

*作・演出

  松本哲也

*美術

  泉真

 

マリアの首では長崎弁。

今回は宮崎弁。

私の観劇月間では、今、九州が熱い。なぜか。

 

この間、九州の県名を順番に言っていたら、九州は8県だということが分かった。

9県じゃないんだなぁ。

そっかぁ。

 

お葬式というのは、どうしたってドラマチック。

何かを常に堪えているから、

ツン!とされた途端に、噴き出す。

涙も、笑いも。

 

舞台美術、綺麗だったな。

入り口から客席に行く空間の床が特に綺麗でした。

 

静かだけれど、とても面白かったです。

 

***************************

クリアファイルを持っていかなかった日は、どうしてもチラシが折れちゃう。。

 

M&O plays「少女ミウ」

下北沢 ザ・スズナリにて

*作・演出

  岩松 了

*美術

  原田愛

*衣裳

  戸田京子

 

最初「すごく難しかったらどうしよう・・・」とドキドキしたけれど、観ていくうちにグッと入れる所があって、よかったぁと思った。

 

このグッと入れる場所って、人によって違うと思うんです。

そこが面白いなぁ。

 

私の場合は、台詞やストーリーはもちろん、

その合間合間の仕草で、グッとなることが多いような気がします。

 

「あ、それ、やるわ。こういう時」

 

より生活に密着している仕草だと、グッときます。

 

面白かったです。

衣裳も、素敵でした!