あなたを起点に世界は動き出す!~40歳からの、人生の歩き方~

40歳を過ぎて迷う時間はもうありません。これからはスピードが大切。
より豊かな未来創造のために、関西唯一のメッセージセラピスト®mikoが、あなたの決断力をUPさせるメッセージを届けます。


テーマ:

 

 

こんにちは。

 

突き抜けて生きるチカラを育む

“ miko♡salon ”オーナーの、miko(みこ)です。

 


・・・

 

フランスに憧れた学生時代。

 

若い頃なので、理由などはあるようでなく

フランス、パリと耳にするだけで心が躍り、

街のスナップや特集を見るたびに食い入るように眺めていた。

 

高校生になって周囲がアメリカやオーストラリアなどへ

海外留学していく横でひとりフランス留学に憧れていた。

 

その頃は、ネットも普及しておらず情報もほとんどなくて

留学情報誌の片隅にちょこんと掲載されているのを見つけるだけで

うれしい気持ちになったのを覚えてる。

 

そんな流れでフランス文学科へと進み、

19歳ではじめてパリ旅行にいったときは感動した。

フランスに住むんだろうとぼやんとした確信をもって21歳で短期留学。

 

なぜかそこで満足してしまった。

 

住むといっても、フランス語を使って仕事もできそうもないし、

英語もできないし、フランスにいる間に日本が好きだと思いかえってきた。


今思えば、自信をなくしたのだろう。。。

 

 

 

 

わたしの人生の中でフランスは青春時代の彩りとなった。

 

 

そんなふうに思っていたのに・・・・

 

 

昨年ごろから、やたらとフランスが気になり出した。

 

 

何も言っていないのに、「フランスに行ったらいい」と言われたり、

最近、ヨーロッパの雰囲気が出ているとか、親からも

「留学しなさい」「しばらく住みなさい」とか奨められるようになった。

 

 

え?この年で? いまさら?と思うが、

 

 

ウキウキしている自分がいる。

 

 

雑誌を開いても、テレビを付けたらパリの街並みだとか

可笑しいくらい、フランスが目に入る。

 

 

意識しすぎ!って思いつつも

 

 

これってチャンスなのか。

 

 

行くべきなのか。

 

 

と、感じている。

 

 

あの頃に感じてた

「わたしはフランスに住んでいる」という

やんわりとした確信は、

 

 

 

今だというのか。。。ぁああぁぁあああ

 

 

 

 

こういうときって、

まともな理由を探してみたり、

とにかく思考が働きまくって

本音が見えなくなる。

 

 

歳を重ねるって

振り切るチカラが鈍るんだね。。。

 

 

と、実感中。

 

 

 

まぁ、ストンときたら、行くけどね。

 

 

 

40歳だからとか関係ない。

 

 

 

自分の思いを客観的に見て見たくて

記事にしてみました。

 

 

お付き合いありがとう。

 

 

 

ペコリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)