どうもチョリソーです。今年最初の例会でございます。
寒波が押し寄せるなか、修行が脳裏を過り、あまり行きたくないけど(爆)頑張って愛しい布団から脱け出し、一時に起床。

外気温はマイナス3度。
地獄です。集合6時でしたが、4時過ぎに到着~。ちょっと早かった。

前原の駐車場から、ガクガク震えながら支度をします。流石に短パンはやめました(笑)




ツーンと突き刺さるような空気です。
6時45分に例会スタート。歩ける範囲とのことでしたが、東条海岸に向かうものはおらず。。。

駐車場前のテトラ右側に釣座を構えます。

本日のタックル

ロッド DAIWA スカイキャスター35-405
リール DAIWA トーナメントサーフ45
ライン DAIWA サーフセンサーII+si 0.4号
リーダー DAIWA ソルティガセンサー 5号
シンカー DAIWA ドラゴンシンカーTG30号 FUJI デルナー33号 宮嶋23号
仕掛け DAIWA 投魂T-1 5号 2~8本

朝イチ勝負だと思われるので、アオイソ、ジャリメ、寒さで若干ぐったり気味ですが、良く動く奴を厳選して投入。

テトラ手前15メートル程から、ゆっくり、じっくり探ります。
3色に入ると、少し違和感が?

隣でチェリーさんがアタリが入ったと



ばっちし2恋でキャッチ。がーさすです。

チョリソーは下バリが盗られていた。おそらくフグの仕業であろう。

そのあと、すぐにチャンプもアタリがあったと。。。



三恋でございます。

左側でやっていた、ウルフ
にも一尾釣れた!との情報が。

こりゃ~モーニングの波に乗らねば!と餌を替えて打ち返すも、餌が盗られる、ハリが盗られる、餌がそのまま返ってくる、というパターンのどれかしら。

周囲の人達も釣れないので、移動をしていきますが、芳しくない様子。

遠投に切り替え、フォローに乗せてカケアガリで置き竿。ブラックサンダーを頬張り、去年の1月例会も修行だったなぁと思い出した。嫌な記憶だ。

餌すら盗られず回収、数回遠投をしてみたが、今度は仕掛けがボーズになって返ってきたので、少し移動してテトラ前に落とすもフグ。
小さいフグだと、もはやピンギスのようなアタリと錯覚、いや願望からか?慎重に回収し始めると、重くなり、回収するのも気も重くなります。

結局キスは釣れず例会終了。
釣果有りは、最初の3名のみ。チェリーさんは一尾追加するという神った釣りをしておりました。

お昼も風が冷たく、投げ恋をしようかなー?と思ったけどそのまま帰宅。
来週はフィッシングショーですね。





AD
伊豆からそのまま横須賀にワープ。
釣り場にはかなりの釣り人、ほとんどの人は電気浮きのカサゴ狙い。ライトルアーのアングラーもちらほら。これは期待できるか?

釣り場に出ると、人と人の間隔が結構狭い。風は穏やかで釣りしやすい環境。
ただ潮位が低く、潮のタイミングはややイマイチという感じ。潮のいい時間までは粘れないので短期決戦でございます。

メバリングタックル

ロッド DAIWA 月下美人79UL-T
リール DAIWA セルテート2004
ライン DAIWA 月下美人line 月の響き0.15号
リーダー DAIWA Dフロンα 1号
ジグヘッド DAIWA SWJH0.8g 1g
ルアー DAIWA 月下美人 ビームスティック1.5inch

エントリークラスの月下ロッドですが、潮の低い今日の状況ではピッタリ。今シーズン、メバルのアタリはかなりシビアですが、ウルトラライト調子の穂先でいち早くアタリを捕らえ、更に繊細なラインにより非常に小さなショートバイトでもラインテンションで拾えます。

やや空いてるスペースから、ジグ単で探って行きます、表層、中層は反応なく、魚の活性はあまり高くないよう。。。
まわりは、カサゴは釣れてるけどメバルは見えません。
ボトム付近までジグを落としスローリトリーブするも、カサゴっぽいアタリ。

ちょこちょこ移動して探るけど反応イマイチ。丁度、護岸の先端付近が空いたのでそこに入り表層を探るとバイトが。
しかし、ちょっと不意討ち気味で合わせ遅れてしまいフッキングできず、痛恨のニアミス。あぁもったいない。。。

次も違和感を感じて合わせるも、フッキングできず、そのあと無反応。中層にレンジをおとしてスローリトリーブするも見切られてしまった模様。

ちょっと移動して違う場所で竿を出すけど、こちらはアタリすら無し。激シブでも信頼できるポイントも生体反応無し。

ボトム付近をゆっくり探る釣り変えると



チビカサゴ。

ボトムをネチネチやれば、カサゴは釣れるけどメバルはお留守のようでした。

最後にチビメバポイントで遊ぶもののこちらもお留守のようで1時間程で終了。

潮のいいタイミングに再チャレンジします。
AD
悔しい初釣りリベンジのため、伊豆、下田へと行って来ました。2時30分に自宅を出発し、下道をひた走り6時40分に到着。
釣り人皆無。ちょっと不安になります。

本日のタックル

ロッド DAIWA スカイキャスター35-405
リール DAIWA トーナメントサーフ45
ライン DAIWA サーフセンサーII+Si 0.4号
リーダー DAIWA ソルティガセンサー5号
シンカー DAIWA 自作天秤33号
仕掛け DAIWA 投魂T-1 5号

かみさんのタックル

ロッド DAIWA キャスティズム 20-365
リール DAIWA カルディア3520
ライン DAIWA サーフセンサーII+Si 1.5号
リーダー DAIWA ソルティガセンサー5号
シンカー 自作天秤20号
仕掛け DAIWA 投魂T-1 5号

前回、みんなからたんまりもらったジャリメを一匹掛けで投入。

一投目から、かみさんに激震。



チョリソーにはハゼ。。。たまーにアタリを感じ取って回収してもメゴチ。
やはり水温が低いのかな。。。



無風だったが、次第に横風が吹くようになり、飛ばないが遠投でようやく初キスをゲット。アタリなぞ取れず(笑)





ピンギスですがめちゃくちゃ嬉しい。

そのあともう一尾追加して

下田公園へ。
ここはキビナゴ餌の浮き釣りの人で賑わってました。

2色で結構アタリが入り、グッドサイズをゲット。そのあとはアタリがあるものの、なかなか乗らない。しかもピンスポットでしか当たらず、しばらくすると生体反応がなくなってしまった。

次に浄水センターに移動するも、釣り人が多く、外浦海岸へ。




いつ見ても、綺麗な砂浜です。ここはアタリすらなく、しばし投げ恋。
ひとしきり投げた後、伊東港へ寄り道。カマスがバコバコお祭り状態。ちょっとやってみたかった。







夕マズメにラストシュート。港内側にちょい投げすると、プルルっとアタリが入り


ピンギス
こんな時間帯でも船の往来激しく、じっくり探れず。3投で終いました。
帰り道は意外とスイスイで、このまま横須賀メバリングを敢行することに。
つづく。


AD