惨敗の大磯大会

テーマ:
ガチでブロックを取りたい大磯大会(C日程)
マスターズのクラブメイトからは、乗りに乗ってるかんちゃんと水戸の刺客棟梁さんがエントリー。初日にグッチさん、翌日ノムタケさんがブロック権利を獲得し、その波に乗れるか!?と浮き足立っていたが。。。


ゼッケンはブルーの49。ダッシュしながら、旗間際の葛川奥まで。

スタート10分前に到着しヘロヘロで準備。

本日のタックル

ロッド DAIWA tournament caster AGS35-405
リール DAIWA tournament surf 45
ライン DAIWA surf sensor +si 0.4号
シンカー DAIWA ドラゴンシンカーTG 30号  改造TG30号
仕掛け DAIWA 投魂T-1 6号

一投目はノーシグナル。

二投目に沖でかなりいいアタリ。
やったぜ!と心でガッツポーズ。
しばらくステイして錘が流れはじめたかな?ってことでさらにシグナル。

これで確信しまきあげるものの、フッと軽くなり取れちゃった感じ。

案の定、空。

気をとりなおして、フルキャスト。

しばらく流そうとするが、あまり流れず、さびこうかなーと動かした途端にまた強いアタリ。丁度9色と8色の境目。

確約のアタリを待つがその後アタリなく回収。
餌は全部取られてる。。。


隣にいたT重さんに「巻き上げ早いよ!」と突っ込みが。

少し移動して、再び投げ込みしばらくして同じような距離でいいアタリ。

でも空。確かに当たるんだけど。。。

Lからブラテンにし送り込んでみる作戦へ。

次第に流れが右にきつくなり始めるとアタリが少し遠退き、チョロチョロ移動。
久しぶりにアタッターと思っても空。

4発見逃し。。。

葛川際でかんちゃんが二恋で釣れたみたいなのでポイントを教えてもらって4色程でようやく一尾。

22グラム。

一回戦終了しボーダー25グラムで脂肪。
そのまま反省会もせず、帰宅しました。

そして今週、背水の陣が失敗し、満身創痍で挑むは島尾海岸。

はたしてどうなることやら。。。
AD



レジャーでしか使わないのに年2万キロも走ってくれたミラちゃんと一緒に今年も伊豆半島修行へと出掛けました。

金曜日、無理やり定時で仕事を終えて荷物の積み込み。



キャンプ道具にブッコミ用のタックル、キス釣りのタックル、神さんのタックルに35リッタークーラー、10リッタークーラー、山田君(8リッタークーラー)を携えて23時に自宅を出発。



車内はこんな感じ(笑)
運転怖かったです。はい。

逸れでもやはりミライース。リッター25をマークし2時に宇佐美到着。
そのまま仮眠をして5時ちょい前に釣り開始。




波がそこそこあってサーフィン日和。かなりのサーファーが5色帯に陣取っていて投げ辛いです。

いつもの駐車場したからエントリーして投げ込みます。

本日のタックル

ロッド DAIWA tournament caster AGS35-405
リール DAIWA tournament surf 45
ライン DAIWA surf sensor +si 0.4号
リーダー DAIWA saltiga sensor 5号
シンカー DAIWA TG 25号 チョリソー天秤 27号
仕掛け 市販仕掛け50連結いろいろ

3色から2色でアタリが入る感じ。
久しぶりの宇佐美。やはり起伏があまり感じられない。それでも砂の質感が変わるような所で、じっくり誘うと当たる感じ。

ただやはり横の移動が肝になるのだけども、サーファーの兼ね合いでなかなか移動もままならない。




3色に瀬があるところが多く、水量も多いので、手前のプールに魚がいるか?と思うもののそのポイントはアタリが疎ら。

瀬のカケアガリが一番アタル感じ。



結構浅くて仕掛けが揉まれる。

移動しながら結局右端まで。
かなりのサーファーで打てるポイントも限られてる。

やはり瀬のカケアガリのようで




ポロポロと

7時に飽きてしまって伊東へ移動。

伊東の港へ久しぶりに行ったけど、堤防の様子がガラリと変わっていた。
アタリがあるけどもなかなか乗らない。
そんなこんなでチョリソー1尾。神さん参戦で2尾。
お次に赤沢へと移動。手前のゴミに神さん悪戦苦闘。それでもアタリは断続的に入る。しかもトルクフルな感じで申し分ない。


でも結局ツ抜けするかしないか程度で熱川へと転戦します。

続く
AD







寝ずの旅でございました。非常に楽しくリフレッシュ出来ました。ただ、赤沢ではもうちょい釣れたはず。。。課題です。

また行こっと。

詳しくはまたあとで
AD