ねずみのチュー太郎のブログ

より簡単な方法で、中国語がグングン上達する(「事半功倍」)方法が無いものかと、日々「取らぬ狸の皮算用」をしています。

現在、SLA(第二言語習得)、心理言語学、異文化コミュニケーション、通訳論・翻訳論等に興味を持っています。


テーマ:
本日2月6日(土)大阪・淀屋橋で、第二回中国語筋トレ学習会を開催しました。

第一回東京開催後の勢いだけで計画した第二回大阪開催でしたが、少数精鋭の参加者4名に恵まれ、充実した活動が行われました。

コーディネーターの私がしゃしゃり出るまでもなく、話題はどんどんいろんな方向に展開していきました。

予定時間を10分ほどオーバーしてしまいましたが、3時10分に無事所定の活動を終了しました。

以下は今日の活動の概要です。

【目的】「中国語筋トレ 100読練習法」を進めるに当たり、
 1.ノウハウの紹介や悩みの相談を通じ、各自の学習効果向上を狙う。
 2.今までにない「学習方法」に積極果敢に挑戦するきっかけづくりを行う。
 3.中国語の楽しい勉強を通じ、知識の和や人と人の和づくりを行う。

【プログラム】
 1.自己紹介
   ・事前に提出いただいた自己紹介シートを通じメンバーの横顔を知る。
 2.「中国語筋トレ 100読練習法」各自の取り組み状況紹介
   ・この本は発音と声調の基礎ができていないと、使い方が難しいとの指摘がありました。
   ・発音と声調チェックのために、書き取りを重点的にしている人がいました。
   ・ストーリーが面白いので、ラジオ代わりに中国語を聞いている人もいました。
   ・途中まで著者の指図どおりに課題を進めていたが、現在進め方を再考中の人もいました。
   ・誰にでも共通のベストな学習方法はこの世になく、自分に合ったベストな方法は自分で考えるものとの意見もありました。
 3.「『達人』の学習方法」(竹内理先生)のエッセンス紹介
   ・メタ認知の考え方が紹介されました。
 4.中国関連の情報交流
   ・米国で英語を通じて中国語を勉強した方の経験談が紹介されました。 
   ・テレビドラマを使った中国語の勉強方法が紹介されました。  
   ・外国語の勉強は、計画性が重要だと強調されました(計画7分、実行3分)
   ・インターネットで中国語小説を無料で見たり聞いたりできるサイトおよびアプリが紹介されまhした。
   ・中国や米国でのKindleの著作権の状況が紹介されました。 
 5.ミニ・ビブリオバトル … 各自が気に入った、あるいは、現在注目している書籍
   ・”挪威的森林” 村上春树
   ・“中国人容易写错的字 不做别字先生” 李问渠主编
   ・“茶馆” 老舍
   ・“从你的全世界路过” 张驾佳 等
 6.まとめ … クール・ダウン

(※参加者の皆さん: 上記の記載に間違いや漏れがある場合は、ご一報ください。)

とても名残惜しかったのですが、予定の時間を10分過ぎてしまいましたので、そこでお開きとしました。次回の開催はまた状況を見て考えさせていただきます。

折角の機会でしたので、交流会終了後、有志で近所にある緒方洪庵が開いた適塾の見学に行きました。

↑江戸時代末期に蘭学医の緒方洪庵が開いた適塾(いわゆる蘭学塾)

司馬遼太郎の小説「花神」に出てくる村田蔵六(後の大村益次郎)もここで医学勉強しました。

忍者でも登るのが難しそうな、とても険しい階段を登ると二階に上がれるのですが、そこには小さなズーフ部屋がありました。

ズーフ部屋とは当時の日本では極めて貴重で、適塾にも一セットしかなかったオランダ語=日本語辞典(オランダ人ズーフが作成)が置かれていた小部屋で、塾生たちは夜な夜な列をなして順番待ちし、解らない医学の単語を調べたそうです。

※家の中は撮影禁止でしたので、残念ながらズーフ辞典等の写真はありません。

いまの世の中は非常に便利で、電子辞書でもインターネットでも簡単に外国語の単語が調べられますが、江戸時代末期の塾生さん達が外国語を勉強するのがどれだけ大変だったか身に染みて感じられました。

古人の苦労を肝に銘じ、これからも外国語学習に邁進したいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

ねずみのチュー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。