みこみこ*すまいる

晴野 未子《はるの みこ》


みこのみこみこすまいる!!!

晴野未子 株式会社AVILLA(アヴィラ)所属 お芝居のこと、グラビアのこと、ただの日常などなど毎日更新中です!!
NEW !
テーマ:

{FD2EBFA6-DF2D-4E36-9DCD-877CD1FEB68B}

晴野です!!
夜の雨の中の撮影は素敵ですね☆
(この時の脳内BGMは「最後の雨」)(名曲ですよね)




さて、城ブログを書かなきゃならんのだが、
どこまで書いたのやら💦って状態です。笑

てな事で、
この夏の四国攻め!の話を書かねばです☆



地元高知への帰省に合わせて、
四国の城を巡ってきました☆

{F8A7B84D-2245-4781-BCFC-D436BC73FFC5}

高速バスで、「東京⇨徳島」の旅。
徳島城に寄り道してから高知に帰るためです。

久々の高速バスは、腰にはくるものの安いしどこでも眠れる私にとっては最高の乗り物です。
もはや、どこでもドア!!
海老名あたりで記憶をなくし、起きたらそこには瀬戸内海が広がっているわけですから。

四国の海は青く綺麗です。
キラキラと陽の光を浴びて輝くんです。


さて、朝早く徳島に着きました。
とりあえず腹ごしらえと、朝早くからやっている駅前のホテルのモーニングを食べに行きます。
四国では都内の様に24時間やってる店とかは少ないから、事前に調べとかなきゃ痛い目をみます。笑
さて、腹ごしらえが済むものの、
城に行くには早い時間なので、スパに行ってお風呂やらサウナ、岩盤浴を楽しんで、
いいお時間になってきたら、城を目指します。

徳島駅方面に戻るため川を渡ると、見えてきた小高い丘。

{CB591D0B-44E0-46F3-BC23-01851F257E20}

あ!あれ多分徳島城だ!

地図を見ずとも分かるレベルに達してしまいました。
大体はこういう地形の場所に城は築かれるのです。
戦国初期の城はメチャクチャ高い山の上にあるわけですが(攻めにくく守りやすい)、
江戸時代に近づくにつれて山から下りてきます。大体。


なぜかと言うと…。

一説には、戦というものが過渡期であったため、
戦の戦法が変わるにつれ、城も変わっていったと言われています。

山の天辺に城を築き、中腹から麓にかけて家臣や兵を住ませたのが山城。

それが、
「やぁ、やぁ!我こそは!」
みたいな戦から、
隊列組んでバーン💥
の戦に変わるにつれ、山だけじゃ屋敷が足らんぞ💦ってなったのと、
万が一の時、麓の家臣が山を登り、
「お館様!城下に敵が侵入してきた模様!」
「敵は?」
「あの旗印、○○かと。」
「なに!?○○であるか。是非に及ばず!」
みたいなことをせずとも良くなったと言うわけです。(鉄砲戦だと侵入してこないから)(逆に平らの方が、こっちも隊列を組みやすい)

ま、でも、一概には言えません。
戦の時代が終わったのに、不便にも山の上に城を建てた御城主も沢山います。(ま、攻め込んで来た時に守りやすいよね)



さて、徳島城は平地の中にポツンとある小高い丘に建てられた平山城です。
上図の様な地形は大体が城です。

例えば、王子の飛鳥山公園。
もうちと高い山だけど、こんな地形だよね。

その昔、飛鳥山城という城でした。
古城です。


さて、徳島城。

徳島城は、現在では当時の遺構は殆ど残っていません。
石垣があるものの、近年、積み直したものも多いです。

徳島城は、豊臣秀吉の四国征伐後、
四国征伐で武功のあった蜂須賀家政に阿波が与えられます。
そして、建てたのが徳島城。

蜂須賀家政というと、
豊臣秀吉がまだ信長の草履を懐で暖めていた頃から友であった蜂須賀小六のお孫さんですね☆
蜂須賀小六は川の海賊で、秀吉とは幼馴染だったとか。
そんな間柄だから、秀吉にとっても家正は孫みたいなもんじゃないのかな?(知らんけど)

そして、この徳島城は大政奉還まで蜂須賀家の城でした。


が、しかし。

明治に入り、廃城令が出されると、
鷲の門という門以外、全て取り壊されてしまいました。

更には、その鷲の門も空襲で焼失。


現在ある鷲の門は、復元されたものです。

{BB2A1F2F-4C0D-464C-8B97-8266C8511903}

こちらが鷲の門。
(因みにポケストップでコダックがいっぱい出てきた事はここだけの話)


さて、

{328C75AB-0B3D-4C52-B869-2916AD09C419}

こちらが蜂須賀家政さんです。


阿波といえば阿波水軍が有名です。

川並衆の長である蜂須賀小六を大事にした秀吉。
海賊衆である阿波水軍を大事にした蜂須賀家。

何とも不思議ですが、
やはりあの時代、船を出せるという事は凄く重宝したのでしょう。


城内にある徳島城博物館には、
阿波水軍の船などが展示されており、
当時の生活なども勉強する事ができました。
楽しかった。

{9CB09E70-442F-463F-978F-E1D9C88406D6}


さて、
この徳島城博物館を探すために、城内(現在はだだっ広い公園)をスマホ片手にウロウロしていたところ、
おじさんに「城でポケモン探すんじゃない」と言われました。

東京から来てて、城観光してる事。
徳島城博物館に行きたい事。
ポケモンしに来たわけじゃない事。

を、説明したら謝られて親切に徳島城博物館を教えて下さいました。



ポケモン世代だからポケモンGOもやってる訳だけど、
確かにお城とか神社とか、仏閣とか、
そういう場所は大事に大事に思っている人がいて、
ポケモン探すのも良いけれど、確かにルールは守らんとなぁと思った訳です。

城ってやっぱり街のシンボルだから、その土地に住んでる人にとっては神聖な場所だったりするのでしょう。

ルールは守ってポケモンを捕まえたいですね!
と、学んだポケモン世代・晴野でした。



城好きとしても、
城のポケストップに行く際には、城の観光もして欲しいなって思ったり…。


そして、今回はグルリと城の周りを歩いたので、
地形が良く分かりました。
丘のすぐ下を川が流れ天然の堀になっており、三方は人口の堀。
ここを攻めるのなら、やはり正面からで、守備が絞れる。橋を落とすのだろう。
やっぱり城=地形だなと思いました。



そんな徳島城。


さて、次回の城ブログは【宇和島城】!!!
現存天守12城の一つです☆
四国は現存天守が多いんだぞ\(^o^)/



▶︎今後の予定

9月3日(土)フェスタソーレ撮影会


▶︎発売中!!

{031E5297-23E3-4CF5-868F-9C94655B82A2}

*1st DVD 「belongs to you」*
ご購入はこちら!


{F07D510A-518B-4A56-8BA1-F632E90FF034}

*2nd DVD 「mico mico」*
ご購入はこちら!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。