1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-27 10:07:57

築地ワンダーランド10/1

テーマ:文化・芸能

{9F3BC512-CBC8-41DC-AEAD-9175C9761E23}


先日久しぶりに友人の尚太郎君と会いました。

かれこれ一年程篭り仕事していたとの事。

彼が三年前から着手したという映画築地ワンダーランドが今週土曜日、101日より築地東劇にて公開されることになりました。

『現代の人にも、20年後の人にも見てもらいたい大切な文化がここ築地にあるよ!この現実を今伝えなくては』と熱く語ってくれました。


映画の舞台は扇屋の工房からもすぐ近く築地です。

土地柄、親戚や地元の友人に築地市場で仕事をする人も多く、子供の頃から馴染みある場所です。とはいえ場内に入った事は一度もありませんが。

映画では場内のシーンも多くあるようです。


決して築地市場が豊洲に移転する映画ではないよって。

しかし、移転がきまり変わりはじめる築地、今しか見られない市場をこの映画を見て訪ねてみてはいかがでしょうか?



101日は舞台挨拶があるとの事で、僕も観に行く予定です。


{DC56D779-D309-489F-B325-3F762C8D88A5}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-25 22:38:05

たびたび、ワイドスクランブル

テーマ:ブログ
今日、放映されたようです。

テレビが無いので見れませんでしたが
おかげさまで多くの問い合わせをいただきました。
ありがたいです。



昨日から、
肘にコブができて大変です、、急に成長してきました。
{5BF70155-D6FB-420A-A4A3-E4ADC001A2C2}

明日病院へ行ってきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-24 20:57:24

盛り沢山な休日の一部

テーマ:ブログ
先日の連休を使い、京都・滋賀・福井を旅してきました。

京都に到着し、滋賀の友人を訪ねて移動、友人より車を借りて福井の若狭和田の浜へ。
オバマさんが大統領になった時に紹介されていた小浜のすぐ近くです。白い砂浜に青い海、沖に小さな島。
素晴らしいロケーションです。
ビーチから沖にある島までシュノーケリング約3時間程楽しみましたが、途中海の中で携帯電話を落としてしまい、どおにも探しても見つからない。。旅のはじまりからやってしまいました。

翌日、もう一つの旅の楽しみ琵琶湖での釣りです。ターゲットは琵琶湖に生息している鱒で、琵琶鱒といいます。生態は未だ解明されてないようで貴重な魚です。
高級魚として取引されていますが、東京ではなかなか口にする事がありません。

マキノの漁村から船に乗り釣りに行くのですが、船出の時間が6:30との事で、前夜はマキノスキー場に隣接する民宿で宿泊。
新築らしい宿は部屋も食事も素晴らしく最高でした。友人3名でいろいろと話し酒を飲み、就寝。
朝5:20に目覚ましが鳴り、友人が『誰かおるで』の一言で目が覚めました。
部屋には3人のはずが、4人います。はて、誰??
パンツにTシャツ姿の男が足元からムクッと起き上がると、そのまま廊下へ出て行きました。しばらくウロウロした後、宿から外へ出て行きました??


準備を済ませ船へ向かい、いざ出船です。
{340E204D-5B62-4523-AB33-1A92F19CAB43}


向かったのは映画『偉大なる、しゅららぽん』にでてきた竹生島、上陸はしませんでしたが立派な建物が立ち、信仰の島だなという感じがしました。
{29C351DB-DAF5-4D1B-858B-FE38C96C2061}

{D039C883-4A01-4455-938B-E088C7F6501C}



琵琶鱒釣りは、船長さんの漁に同行して、掛かった魚を引き上げるような感じで、自分で釣り上げた感の無い釣りでしたが。
船長の腕が良く、大漁でした。
{4FFDF658-6BDF-47B9-9FE8-57098F38F16D}



船から降り、魚を送るのに扇屋へ電話をかけたところ、和田さんから電話があったよ。と伝言が。
もしかしてと思ったら、昨日海の中で紛失した携帯電話が岸に打ち上げられたとの事です。こんなことがあるんですね。でもたぶん水没してるでしょうが。
届けて頂いた方、若狭和田観光協会の方々に感謝です。




晩は友人宅におじゃましてビアパーティ
料理上手な友人がささっと出してくれました。
味はと言うとクセの無い上質な脂、トロサーモンの上を行く美味しさ。
感動しました!
これはまた食べたい。
焼き魚もたっぷりの脂で美味しかったです。
{839CF701-230D-4F3F-9454-84F23E06C935}


その後しばらく京都に滞在して帰宅しました。
家に届けられた小包、直ぐに携帯だとわかりました。水没していると思い、期待しないで電源を入れると普通に使え、データも全く無傷でした。
{BBD52BB6-0D59-471F-9E40-7FE14E9DF1F6}

何もかも、ありがたいとしかいえない。
一生分の運使っちゃったかな?
皆様に感謝です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-27 12:13:52

またまた延期

テーマ:ブログ
ワイドスクランブルに紹介して頂けるの件、再度延期になったようです。

もともと、大きな出来事があれば延期されると聞いていましたが、二週続けてとは。。

次回は未定ということで、お蔵入りしないといいですが。


本日、佃店は臨時休業ですが
新富町の工房では変わらず修復を行っています。

こちらの着物、振袖ですが、順調に綺麗になってます。
焼け直しも終わり、仕上がりまでもう少しです。
焼け直しとは、縫い込みに入って光による退色無い部分を基準の色とし、退色しているところに無くなってしまった染色を掛けて染め直す作業です。
こちらの着物には紫色を掛けて直しました。
斜めから見ると少し色が掛かったのがわかると思います。
{8F62E13C-6A4D-4DCC-B2BE-C8957FCEF519}


{21A4423D-A822-49E7-9CF8-7A660BCF6559}




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-20 09:02:11

ワイドスクランブル放送日延期

テーマ:ブログ
舛添さん会見により、放送日が1週間延期になるとの連絡が入りました。

27日の放送予定ですが、大きなニュースが入った場合、再度延期になる可能性もあるようです。

お時間ございましたらご覧下さい。
よろしくお願い 致します。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-18 10:10:04

6/20ワイドスクランブル

テーマ:ブログ
{ABD5DE75-AE94-41F3-8822-7E8381D450BB}

先日、久しぶりに取材を受けました。
6/20の13時すぎテレ朝のワイドスクランブルで紹介いただけるようです。

今回は事前取材1日、撮影3日と長い時間でした。昼食時や車に乗り佃店へ行く時にも撮影されていたので、どの様な感じに出来上がるのか楽しみです。

日常の工房の風景が撮られていますので
お時間ありましたらご覧下さい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-17 20:30:04

きもの工房扇屋リニューアルオープンから8カ月

テーマ:ブログ

すっかりご無沙汰の更新となりますが、暫く休日もないままバタバタとしておりました。
infoすべきこともなかなか出来ないまま、気になりつつ今となってしまいました。

おかげさまで、きもの工房扇屋は、昨年秋から2店舗となりました。

どちらの店舗にお越しいただいても、作業をする者は変わらずきちんとした仕事を心がけ頑張ってます。

自分と弟子の染色補正作業(シミ抜き)を行っていた
佃店の3階部分が、人手も増えたため去年の10月に引っ越しました。
扇屋全部では無く、シミ抜き作業をする所だけです。

2店舗となり微妙に変わったところがあります。

新店舗(新富町店)では、お預かり時にシミ抜きの作業内容とお見積りお伝え出来るようになりました。
(洗い張り・悉皆等は1週間程)
{576516CE-4A45-4918-85A0-71B8367ADE0E}


佃店では今までと業務内容は全く変わりません。
洗い張り・悉皆の相談を受けてます。見積りは1週間程です。
{ABBB3E67-AC14-481D-9815-F3C2A32D79B2}


どちらの店舗でもですが、ご相談内容によりお見積りの期間に1週間以上かかる場合もございます。
また、以前の様にご来店いただく際は電話かメールにてご予約をお願いしています。

ご相談のお客様が重なると、思わぬ時間、お待ちいただくことになります。お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-09-20 11:32:33

リバーランズスルーイットを観て

テーマ:ブログ
{AB3BDD22-678C-4680-95A1-206DC2B379E7:01}


ちょうど1年ほど前から釣りに興味を持ち、この1年で色々な種類の魚を釣らせていただきました。

釣りを始めるきっかけになったのはサーフィンです。
サーフィンと釣りは関係が無いように思えますが、非常に多くの共通点があります。たぶんサーフィンをしていなかったら釣りもしていなかったと思います。

釣りと言えば、前のブログの祖父太郎は生前3度舟を買い替え、一時は釣船屋さんのような事もしていたとか。
以前家には数十本の竿がありました。しかし、祖父と一緒に釣りをした思い出がありません。
どうにも悔やまれす。

何年振りでしょうか、前にも見た事のある映画です。『リバーランズスルーイット』
英語に弱い僕 は、ずーっと『ランド』だと思っていました。
それじゃ内容と重ならないですね。

こちらはフライフィッシングを通しての物語です。
地球を基準とした時間の中、人が生きていられる時間は一瞬なんだなって改めて思います。
綺麗な映画です。

フライフィッシングといえば、この夏にバラキ湖へ行った時フライフィッシングをする紳士と出会いました。

その紳士は、軽快に竿を振り、竿先から伸びるラインは綺麗な弧を描き、気付けば大物の鱒を釣り上げていました。

あまりに大物だった事もあり、思わず凄いですね!って声をかけさせていただきました。

すると『良かったら、これ使って、これを使えば条件は同じだから』と僕にフライ(毛針)を手渡してくれました。

その時の僕は一般的なフライフィッシングの釣具ではなく、日本のテンカラという釣法で鱒に挑んでいました。

いただいたフライはとても美しく、これを使って良いのかと戸惑いながらも、挑戦したい気持ちもあり、お言葉に甘え自分の糸に結び付けて投げ込んでみました。

そもそも、未熟な腕なので、何度投げ込んでも魚は見向きもしてくれません。

しかし、しばらく投げ込んでいると良い具合に魚の前にフライを落とせたのでしょう、グッと凄い引きで竿を持って行かれそうになりました。

負けじと力を入れた瞬間、プチんと糸が切れてフライ共々湖のなかへ沈んでしまいました。

折角頂いたフライを失ってしまい、申し訳無い気持ちでいっぱいで、ごめんなさいと紳士に謝ったところ、『フライは無くなるものだから』そう笑顔で言いながら新しいフライをまた手渡してくれました。

なんとも言えない、大きな心に包まれた様でした。お言葉に甘え再度結び付けて竿を振りました。


何投かした後、グッと竿がしなり、合わせるように竿先を上げましたが、また糸を切られてはまずいと無理に引き込まないように左右に泳ぎ廻る鱒をしっかりと時間を掛けて取り込みました。
ありがたいです。
{CD426E77-AA50-4555-8831-7CA0D1BA2BF5:01}


お借りしたフライの水を拭い、感謝の気持ちを伝え、お返ししようとしたところ、『そのフライは差し上げますよ』と。

更に他の数多くのフライを僕に下さいました。

どのフライも美しく、また作り方も伝授いただきました。

この出会いで、また色々と勉強させていただきました。

ありがたいです。感謝です!!

リバーランズスルーイットの主人公と何処か重なるような、素晴らしい方でした。

高崎工業高校の飯塚さん、本当にどうもありがとうございました!!



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-09-12 18:52:33

きもの工房扇屋店舗改装中

テーマ:ブログ


すっかりブログをご無沙汰しております。
書いていない間も、いろいろな事の連続で毎日忙しくして居りました。

先月から、扇屋の改装工事がはじまり、今は店舗の解体が終わったところです。


現在改装中の店舗は、僕が中学生の時に作られたもので、今から30年ほど前になります。

それ以前は、木造二階建て4軒長屋の建物でした。
祖父の若い時分に、店舗物件を探し佃を訪れた際、地元の方々が良くしてくれた事もあり、ここに店を構えたと聞いています。

今から79年前の事です。

現在は中央区佃2丁目と住所表示されますが、昔は新佃島西町と言われていた様です。
店を出て、通りの右手奧には石川島造船所、左手には清澄通り(電車通り)に路面電車の駅があり、店前の道は造船所の職工さん達で朝夕と賑わいがあった様です。

僕が物心つく頃には、路面電車は無くなり、代わりにバス停(新佃島)がありました。
その後、地下鉄月島駅が開通し、バス停の名前も月島駅前と変わりました。

町が発展し便利になる一方で無くなる物もあり、嬉しくも寂しい気持ちになります。



中学生の時に建て替えられた扇屋にも沢山の思い出があります。
学校から帰っての楽しみは、3階の子供部屋(今は染み抜き作業を行っている部屋)での音楽鑑賞。
趣味で詩吟を唄う二代目の祖父太郎からレコードプレイヤーを買って頂き、
帰宅後はヘビメタを聞いていたのも懐かしい思い出です。



仕事の形態は、元々個人のお客様相手に営業させていただいてましたが、
後に呉服販売の業者さんを紹介頂き、一時は扇屋の仕事の9割程をその業者さんからいただく様になりました。

しかし、突然の取引先倒産により扇屋に危機が訪れました。

時を同じく、その頃から数々のメディアに取り上げて頂き、個人のお客様が訪ねて来られました。
不思議なもので、本当に多くの皆様に助けて頂きなんとか今に至っています。



今後、更に仕事に精進し、お客様が着物に困った時お役に立てるような技術を
今以上に発展させ頑張っていきたいと思っています。



なお、改裝中につき、ご来店されるお客様には、大変ご不便をおかけし申し訳ございません。
お越しいただく際、お手数ではございますがお電話をいただきます様お願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-07 19:27:49

岩手県ボランティア2・遠野まごころネットへ・・・2012年4月の続き

テーマ:ブログ
だいぶ御無沙汰をしております。
ブログ書きます宣言をしていたのに、全く書けませんでした。

携帯電話(docomoのギャラクシーs)が、5月のブログを書いた後に壊れました。
壊れたと言っても、水没させたり落とした訳ではかったのです。
突然、電話番号が全て消えました。バックアップを取っていなかった為に
ここ一年で知り合った方の番号ば解りません。。。
今回学習したのは、バックアップの重要性ですね。

前回登場された細川さんもなんです。
皆様、お手数ですがこのブログを見られましたらお電話下さい!!
よろしくお願いいたします。
業務連絡は以上です。



最近では、8/4~6まで地元の「佃祭り」が震災の為一年延期の後、
4年振りに開催されました。

同級生に久し振りに会えたり、沢山の方が扇屋へお越しくださいまして
大変賑やかな祭りを過ごしました。
皆様に感謝感謝です。


今日は、祭りの片付けを行っていました。
店としての営業は明日からとなります。
とはいえ、11日から盆休みです。
休み過ぎですね。。。
個人的には工房で何日か作業しようと思っています。


今ようやく書ける時間が取れましたので前回の続きを書きます。
お時間がございましたら、最後までおつきあいください。

だいぶ思い起こしながら、、、




話は4月30日のです。
(花壇の作業が終わった夕方)


活動中に隊長とお会い出来なかってので、電話をかけ
留守電にメッセージを残しました。

電話番号を知っていたらもう少し前に連絡出来たのですが、
伺ったのは前日の細川さんから



今回は会えないかな、そう思いながら向かった先は「天の湯」です。
こちらの温泉は岩手県で2番目にラドンの量が多いとの事です。
疲れも筋肉痛もいい感じに取れるのでオススメです。
ただ、シャワーが1つしか有りません。
洗い場の数も少ないので大人数で行かれるのは不向きですがお湯は良い感じです。

入浴後、隊長からお電話頂きました。
1時間後に宿泊所へ来てくれるとの事に

駐車場で待っていると、ほどなく隊長がいらっしゃいました。
少し顔がふっくらとした様子、嬉しかったです。

晩飯どうするんだ?と聞かれたので、
「ラーメンでも食べようかと思っています。」と答えると
「ジンギスカン行こうか!」とのお誘い。
思わぬ二日連続ジンギスカンwと思いながらも。

隊長運転の車でお店に連れて行って頂きました。
(帰りは運転されてません!)

そして、店に到着。
隊長のオーダーは大ジョッキービール!片手で持つのがしんどい位のサイズです。
軽く1リットルは入りそうな大きさでした。豪快です!
もちろん2杯目も、3杯目も大ジョッキー!

ワイルドです。

それから、ジンギスカンも美味しくご馳走になりました。


自分が電話をかけた時は、熊探しされていたようです。


放送で熊が出たっと聞き出掛けられたんですって。
東京に住んでいると殆どそういう話は有りませんが


話を伺っていた、何か違和感を感じました。
隊長のお話は

「熊の腕の動きは外から内にかき込むような攻撃だから
離れたら殺られる。だから、ふところに飛び込んで耳の後ろを一発入れればイケる!」


・・・・・・



「えーーーー!素手ですか?」って聞いたら

「イケると思うって!」って、やっぱり違います。


人は極めると恐怖心は無くなると聞いた事があります。

極めちゃったんですね。





その隊長が「まごころネット」に居ないのは、クビになったとの噂がありました。
噂では、人を殴ったと聞きましたが謎です。
鹿もヘビ(捕まえるにはハエ叩きが良いらしいですよ)も熊までも素手でしとめようとする人が、
人は殴らないと思いますが。



隊長の人柄は以前に参加させて頂いた時のブログにもありますが。
「男気」「優しさ」を基本に被災から1年以上毎日被災された方の事を、
復興に対して考え、真剣に取り組まれています。
そこには、多くの仲間を震災で失った苦しさも沢山含まれていると思います。
ボランティアが被災地に入る以前から現地入りし、最前線で活動する。
自分の生活を投げ打っても、誰より被災者のために事を起こす。
だから、隊長を支持する仲間も多いんです。

しかし、見た目や発言などから「ヤクザ」の様に見られて、
こわがられているのも事実です。
人柄に触れる事が出来たなら、誰でもがファンになること間違え無いと思います。



殴る→辞める!よっぽどの理由が有るはずですね。



事の全てを隊長から教えていただきました。

真相は次の通りです。

「まごころネット」の活動中の出来事です。


ある方から頂いたトラックを、隊長や班長の許可無く乗った人A(仮に)がいました。
許可無く勝ってに乗られて、事故を起こしたら責任が取れません。
だから、乗るのであれば許可を得てくださいと注意しました。


これが1日目。


しかし、Aは翌日も許可を得ないまま無断でそのトラックを運転しました。
それを見つけた隊長が、「いいかげんにしろ!」と注意をし、頭をはたいたとの事です。
ただ、それだけの話しです。

これが事実だと。

勿論、はたかれた方にも言い分はあると思います。
手をあげる事を悪いと言う人もいるでしょう。

しかし、そこは学校でもオフィスでもなく津波に飲み込まれた町の中なんです。
今も地震が起こり、同じように津波が押し寄せる可能性がある場所なんです。
緊張感のカケラも無く、勝手に振舞ったら、もしもの時に
何人もが命を落とすことになるかも知れません。


チョット話しはズレますが、朝礼で隊長の厳しい言葉があります。
何故ここまで厳しい言い方をされるのか?

それは、参加者が気合いれてガンバロ!って「いきり立つ思い」を感じて
このまま被災地に入ると、判断を誤り怪我をする可能性がある。
だから、強い言葉で注意を促し参加者の気持を押えたと隊長は言われました。
隊長はボランティア参加者に怪我をして欲しくない!って心底思っています。
それは朝礼でも仰られています。


だから、トラックの事は決して怒りに任せてはたいた訳では無いと思います。

私は思います。
良いじゃないですか!言っても解らないならば
頭はたきましょうよ!
ボコボコに殴ったんでは無いですよ。
皆さんはどお思われますか?

そのトラックの頭ハタキがあった日「まごころネット」のミーティングで
一人の女性が「隊長が、Aさんを殴った。」と言ったそうです。



この女性の言葉が隊長を辞めさせるきっかけとなりました。
「まごころネット」もその言葉を鵜呑みにしたようです。
1年以上、公私を被災地に向け、ボランティア活動の隊長として責任を抱え
真剣に取り組んで来た隊長の事を信じなかったんですね。

その話しを聞き隊長は「まごころネット」へ行かれたようです。

1年共に活動してきた人達が隊長よりも、その女性を信用した。

「何か、バカらしくなって辞めたよ。」

隊長の言葉がさみしく思えました。

「まごころネット」から隊長へ、今までの謝礼金が支払われましたが
その金を受け取って直ぐに「まごころネット」へ全額寄付したとの事です。
何故なら、俺は金をもらうためにボランティアをしたわけではないと。

ボランティア団体の中にも仕事として活動されている方もいます。
お金をもらっても、そういった仕事をされる人材も必要なんです。
でも、隊長カッコ良過ぎちゃいます!






「まごころネット」を喧嘩して辞めた訳ではないので
人手の必要な時には、助け合う事も出来ると。
基本は皆同じく、早い復興を目指しています。
だから助け合うんです。





その後の隊長ですが、翌日にボランティア団体を立ち上げました。
その名は「誠心会」
大槌町を拠点として活動を続けられています。
隊長も、隊長と共に、行動する仲間も健在です!!






「誠心会」への支持もあついようです。
神奈川県の真照寺より車の寄付がありました。
隊長の道場に住まわれて居た方(建設会社経営)がモデルハウスを寄付されました。
大槌町の被災者宅を改装して、ボランティアの宿泊所にされているようです。
それから食堂も営業されています。
食べる事、寝る事は出来るようです。
瓦礫や、片付けなくてはならない所がまだまだあるようです。
ボランティアのすることはいくらでも有るんだよって言ってました。






隊長からのメッセージです。

「この東北で起こった震災の事を忘れないでほしい。
まだ、復興と言える状態になるのは時間が掛かると思う。

1日はボランティア活動をして、翌日は観光をして帰る
それでも良い、長い目で東北を見て欲しい。
また、来てくれるか?」
そうメッセージを頂きました。


こんなに大切なメッセージを頂いていながらお伝え出来ずにすみませんでした。




翌日の我々の行動ですが、陸前高田の宿に一泊しまして、海岸線を左手に見ながら南下しました。

まだ、瓦礫が積み上がっている所が有りますが
沢山の方々の力により、急速に片付けられたんだな!って感謝しながら家路につきました。

瓦礫は再度津波が押し寄せると、凶器のように町を襲います。
勿論、努力されている事は重々承知していますが
早く片付けられたらなと願います。


今後とも、東北へ足を運びたいと思っています。

買い物をしたり、食事したり、宿に泊まったり
することも凄い必要だと思います。

町は復興をはじめています。
皆様も是非是非!東北観光へ行ってみてください。




家田貴之

きもの工房 扇屋

扇屋Facebookページ
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。