希望のブログ

実力派治療家を目指すなら自然形体療法創始者直伝が最高です。
治療の最先端の技術はここまで来ています。
立った状態、座った状態で患者に軽く触れるだけで歪みも捻れも6~10秒で改善し、患者は全く無痛で何をされたのか判らない内に症状がなくなり健康になります。


テーマ:
19.痙攣痛
  

これはもっと前に位置させるべきかも知れない程一般的に知られている痛み
です。

筋肉を弛緩する方向に動かすと発生する緊張痛の1種です。
緊張痛になる前段階の状態と言えます。

前記の不随意緊張痛との違いは筋肉を牽引すると痛みは解消する点です。

この点は比較的誰にでも出来る方法で一時的には治ります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
18.不随意緊張痛

18.不随意緊張痛
間欠剥離痛に似ているが痛み方が全く違い、緊張痛の痛みであり、これも突然起こり、自然に解消します。

突然ある部分の筋肉が緊張し、緊張痛そのものの痛みが発生します。

しかも自分の意思では止める事ができないのが特徴です。

攣る痛みに似ているが、その筋肉を弛緩させれば治るので、痙攣とは全く違います。
この点が引き攣る痛みとは全く違う点です。

通常、引き攣る痛みは牽引すると痛みはなくなり、程なく痙攣も解消するのですが、この不随意緊張痛は何もしない動作時にも発生し、それもつかみ所の無く、対応も難しい痛みです。

解消の手法はあるのですが、今のところ短時間で解決とは行きません。
今後の課題です。

不随意緊張痛の特徴は、緊張させても弛緩させても時間が経てば痛みは発生
します。

だから、長時間同じ姿勢を維持する事が出来ない状態に陥ります。

曲げていれば痛くなり、伸ばせば治るがそのまま伸ばしていると又痛くなる。
そこで、曲げて弛緩させるとすぐに痛みは解消します。

記憶の上書きの方法でも解消しません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
17.間欠剥離痛


突然痛みが発生し、自然に?治る。

前触が無いので現在は治療不能、効果的な手法はまだ未発見ですが、こうした症状は間違いなく存在します。

筋肉の動作転位かもしれないが、同じ方法で治らないので別な原因であると
考えています。

かろうじて、それに近いと言う感触だけです。

ただ現時点では、挟定又は指撫法の効果があると考えています。
横引き法も効果のある手法です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
15.損屈痛

損屈とは身体の組織が潰れた状態を言います。
ですから、椎間板ヘルニアも損屈の一種であり、それ以外にヘルニアではなく
椎間板損屈と言う現象もあります。

医師がレントゲン写真を見て、椎体との間が狭くなっていると言う事がありますが、それがヘルニアではない損屈なのです。

損屈痛も検査機器では発見できない物があります。

例えば足底の痛み、痺れの原因が損屈である事があり、こうした現象はかなり多いと言えます。

今までのあらゆる治療法ではこれを神経痛の1種と考え、腰椎が原因だとか、
椎間板ヘルニアが原因だとか、又頸椎が原因であるとか色々と言われて来
ましたが、8割程度がこの損屈です。

損屈痛は良く使う場所に多く発生します。

身体には強組織と弱組織がありますが、強組織と強組織の中間に位置する弱組織は強い組織に挟まれて常時強い圧迫を受けています。

この疲労が身体の回復力の限界を超えると組織が劣化して潰れた状態から
簡単には回復できない状態に陥ります。
この状態が損屈です。

細胞自体の問題なので器質的損傷です。
この損屈はそのまま放置していては治りません。
損屈と言う状態を把握してそれに対する治療を行わないと治る道理が無い訳
です。
疲労が原因でなったのですから、十分な睡眠と休息を取る必要がありますが、それだけでは発生する場所にも問題があるので治りません。

回復する為には損屈の状態を解消する必要があるのです。

この方法が損屈法です。この治療法は別に解説します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
15.損屈痛

損屈とは身体の組織が潰れた状態を言います。
ですから、椎間板ヘルニアも損屈の一種であり、それ以外にヘルニアではなく
椎間板損屈と言う現象もあります。

医師がレントゲン写真を見て、椎体との間が狭くなっていると言う事がありますが、それがヘルニアではない損屈なのです。

損屈痛も検査機器では発見できない物があります。

例えば足底の痛み、痺れの原因が損屈である事があり、こうした現象はかなり多いと言えます。

今までのあらゆる治療法ではこれを神経痛の1種と考え、腰椎が原因だとか、
椎間板ヘルニアが原因だとか、又頸椎が原因であるとか色々と言われて来
ましたが、8割程度がこの損屈です。

損屈痛は良く使う場所に多く発生します。

身体には強組織と弱組織がありますが、強組織と強組織の中間に位置する弱組織は強い組織に挟まれて常時強い圧迫を受けています。

この疲労が身体の回復力の限界を超えると組織が劣化して潰れた状態から
簡単には回復できない状態に陥ります。
この状態が損屈です。

細胞自体の問題なので器質的損傷です。
この損屈はそのまま放置していては治りません。
損屈と言う状態を把握してそれに対する治療を行わないと治る道理が無い訳
です。
疲労が原因でなったのですから、十分な睡眠と休息を取る必要がありますが、それだけでは発生する場所にも問題があるので治りません。

回復する為には損屈の状態を解消する必要があるのです。

この方法が損屈法です。この治療法は別に解説します。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。