地球二周 ~ピースボート体験記~             ラクダの背中でアームレスリング ピースボートの実態とは?

学生時代には地球一周なんて思いもつかず! かといって定年後まで待つのは嫌!                                                                 2010年に北回り航路、2012年に南周り航路で世界二周!


テーマ:
今日で帰国してから2週間が経つ。 ホント時間が経つのは早い!!

帰国してから会う人によく聞かれる質問として

「どこの国が一番良かった?」や「船の中って退屈じゃないの?」


というのを以前挙げたが、この他にも

「費用はいくらくらい掛かったの?」

という質問も時々受ける。

確かに検索で「ピースボート 費用」でこのサイトに来る人も結構多いしね。


そしてこれを読んでいる人の中には、今後世界一周を考えている人もいるだろうから、参考になれば良いかなと思って、自分の場合のピースボートでの費用を大まかにまとめてみた。


まず結論から言うと費用合計は 1,422,524円くらい。

これを大きく4つに分類すると↓こんな感じ。  
                       
1 旅費、交通費、諸経費など 1,173,006円
2 オプショナルツアー費用     27,000円
3 小遣い(主に寄港地で使用)  157,000円
4 船内でIDカード使用      53,918円

そしてそれぞれの内訳は、↓こんな感じ。


●旅行費用、交通費、諸経費、雑費 合計1,173,006円(★はIDカードの欄の合計に含めた) 
 
・旅行代金 フレンドリータイプ(一番安い部屋) 990,000円(※注)

・ビザ取得代金合計 10,750
・ポートチャージ合計(本来は37,800円だがギリシャの1,700円は後で返還) 36,700
・チップ合計 43,000

・パスポート5年用 10,000
・海外旅行保険 34,000
・仙台から横浜までの交通費 高速バス4,000円×2 で 8,000円
・宅配便郵送(家から船へ) 2,630円×3個 ★IDカード10月分へ (7,890円)
・デジカメのSDカード 16ギガ  5,000
・風邪で船内診療室へ 初診料と診断書と薬 ★ID 10月分へ (5,694円)

・宅配のお土産 37,656円
・宅配便伝票(船から家へ) 2,630円×2個 ★IDカード1月分へ (5,260円)
・宅配便伝票(船から家へ) 1枚は余ってた人から買った 2,500
・その他諸経費(余分に掛かった携帯代、イダキ、誕生日プレゼント分割分、ネット費用分割分など) 7,000


●オプショナルツアー費用 合計27,000円
 ・エジプト 14,000
 ・エクアドル 1,000
 ・イースター島 12,000


●小遣い(基本的に寄港地で使用したもの) 合計157,000円
 ・米ドルへ両替 10万円分が1,190ドルに(50ドル余った) 96,000円
 ・ユーロへ両替 10万円分が850ユーロに(365ユーロ余った)61,000円


●船内でIDカード使用 合計53,918円
 ・10月分(宅配便、診察、Tシャツ、フルーツパーティー、お酒など) 22,832円
 ・11月分(飲食費など) 4,592円
 ・12月分(飲食費、写真プリント、DVD-R,お菓子、ビンゴカードなど) 5,664円
 ・1月分(Tシャツ、ステッカー、飲食、宅配伝票、記念DVDなど) 20,830円


☆これらのトータルの費用合計は 1,422,524円。


って訳で、俺の場合の大まかなトータルの費用は、約142万円くらいだったようです。

その分、得たものはプライスレスです!!ヾ(>▽<)o


横浜までの交通費や、宅配の費用、パスポートの費用や、全てのお土産、全ての飲食代など、本当に全てを費用の合計でこれなので、けっして高くはないと思います。


もちろん掛かった費用は人それぞれなので、この費用はあくまでもホンの一例です。

あとこれは旅の最中に書いていたノートを参考に作ったんだけど、ノートに記入漏れやミスもあると思うし。


ちなみに俺の場合は、オプショナルツアーをあまり取っていないし、オーバーランドツアーも取ってなく離脱もしてないから、平均よりは安いような気がするけど、どうだろうね?


●↓参考までに、各寄港地での費用と大まかな内訳も載せておきます。(※主にドルとユーロで計算)

 ・香港 40米ドル。これが290香港ドルに。120香港ドル余った。
  内訳(全て香港ドル) 地下鉄の合計34 バス合計10 遊覧船20 ブルース・リーTシャツ40 カフェ13 スーパー40? など。 

 ・ベトナム 60米ドルくらい。10ドルを19万ベトナムドンへ。5,5万ドン余った。
  内訳 タクシー20米ドル 民族服30米ドル、食事代など

 ・シンガポール 150米ドルを190シンガポールドルへ。36シンガポールドル余った。
  内訳(シンガポールドル) ケーブルカー24、バンジージャンプ60、スカイタワー12、マーライオンタワー8、夕食8、地下鉄、Tシャツ、食べ物、など

 ・スリランカ 20米ドルを2160スリランカルピーへ。
  内訳(ルピー) 昼飯700、スラムダンクのトランクス800、トゥクトゥク180、電車80。他に民族衣装のサリーを5米ドル。など。

 ・エジプト 88米ドル 他にオプショナルツアーの費用1.4万円。
  内訳 初日 民族服とか20ドル。トランプやマジックグッズ10ドル。夕食7ドル。酒9ドルなど
   2日目 スフィンクスのところの写真少女5ドル マグネットとか置き物のお土産19ドル 民族服とか帽子18ドル

 ・キプロス 71ユーロ
  内訳 タクシー22.5 昼食8 夕食9 タンクトップ10 ワインとかお菓子9 遺跡やお城とかの入場料6.8など

 ・イタリア 23.3ユーロ
  内訳 電車往復で7,6 バス2回で2.2 昼食10 ブドウ0.5 電気ガム2 ジェラート1など

 ・チュニジア 90ユーロくらい
  内訳 初日 タクシー2ドル? 夕食6ユーロ お酒3.5ディナール? ホテル11ユーロなど
  2日目 朝食4ユーロ タクシー14 民族衣装35ユーロ 昼食7 夕食9 電車0.4ディナールなど

 ・モナコ 22ユーロ
  内訳 バス往復2ユーロ エズ村3 昼食11 カフェ3 バスのフリーパス3など 

 ・マルセイユ 93ユーロ
  内訳 タクシー計15 TVG(新幹線)55.6 バス計3.9 メトロ1.5 昼食20など

 ・バルセロナ 98ユーロ
  内訳 シャトルバス3 地下鉄1日フリーパス6 サグラダファミリア12 お土産9 昼食23 カンプノウ入場23 写真12 タンブラー5 ビール1.56 サンドウィッチ4.5 タクシー3など

 ・ラスパルマス 81ユーロ
  内訳 ダイビング60 マジックグッズとか11 お酒とかお菓子9 ガチャガチャで腕時計1など

 ・ドミニカ共和国 90.5米ドル
  内訳 タクシー20 お土産(服とかサングラス)37.5 スーパー23 昼食5 スウィーツ4 シャワー1など 

 ・コロンビア 38ドル
  内訳 サングラス5 タンクトップ8 パン3 バス20 ビール2など

 ・パナマ 米188ドル
  内訳 タクシー11 キャノピー36 ピザ3 パナマハットとかお土産34 服28 スーパー・お土産76など

 ・エクアドル 80米ドル
  内訳 タクシー9 帽子30 Tシャツ15 昼食10 マジックグッズ11 サングラス5など

 ・イースター島 初日115ドル 2日目60ドル 計175米ドル 更にオプショナルツアーで1.2万
  内訳 初日 モアイグッズとか50 Tシャツ40 モアイ酒25
   2日目 Tシャツ32 モアイ20 装飾品8 大阪ピーセン作のモアイタオル10など

 ・タヒチ 152米ドル
  内訳 フェリー往復32ドル バス4 夕食40 朝食とか14 タクシー15と5 スーパー37 ジュースとか5など


寄港地で使った大まかな費用は
 ・ドル合計1085ドルくらい  
 ・ユーロ合計470ユーロくらい


上に書いた、小遣いの欄との誤差は、余った現地通貨が手元にあるっていうのとか、計算ミスとかかな!


全ての寄港地が楽しかったんだけど、こうして各寄港地で使った費用を見ると、特にコストパフォーマンスが高かった寄港地は、ベトナム、スリランカ、イタリア、モナコあたりなんだね~。


ちなみに本当に切り詰めようと思えば、まだまだ節約出来たね。 

シンガポールでのバンジージャンプとか、フランスでのTVG(新幹線)とか、ラスパルマスでのスキューバーダイビングとか、あとはオプショナルツアーとかかな。 

でもそれぞれが楽しい思い出と経験だけどね。


長々と書いたけど、とりあえずホント行って良かったと思うヾ(>▽<)o

これから行く人や、検討している人の役にたてば幸いです。


※注

 ・「旅行代金」は部屋によって値段が変わります。 フレンドリータイプ・バジェットは、3~4人部屋で最も安い部屋でした。

 ・部屋の費用はクルーズによって異なります。第74回クルーズからは、最も安い部屋の代金が128万円くらいになります。その分、旅の日数も2~3週間ほど長くなり101日位になります。(その後、また99万円のクルーズが復活したりもしてます。)

 ・「旅行代金」は、早めに申し込む「早割り」などの割引を利用すると数万円~数十万円安く抑えることも可能です。


 ・「旅行代金」は、出発前にポスター貼りなどのボランティアスタッフの活動をすることによって、その活動量に応じて割引されます。

 自分の場合は10万円近く割引されたし、人によっては99万円全額割引にしていた人もいます。

 大げさな言い方をすればある意味、「無料で地球一周出来る!」とも言えるかも!?


 ボランティアスタッフ制度のことについては、以前↓こちらの日記で書いたことがあるので、参照してみてくださいb(*^ー゚)

「無料で地球一周する方法!?」


 それと世界一周する方法には、飛行機で世界一周する航空券もあり、値段だけで言えばその方がずっと安く一周出来るし、色々な所に行けるんじゃないかなと思います。

 ただ個人的には「世界一周」と「地球一周」は別々のものだと思っています。

 なんとなく飛行機での一周が世界一周で、船での一周が地球一周かなと勝手に思ってます。

 世界一周と地球一周には、それぞれのメリット・デメリットがあると思います。
 
 このことに関しては、また別に記事を書こうと思います。

ピースボートの費用(78回クルーズ)

71回クルーズのサイトマップ
PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード