2004年12月08日

不完全さから成る完全

テーマ:涙き虫
感動のブログを発見。
そしたら彼女はもう辞めてしまったあとでした。
すごく心に響いた部分があるので引用させていただきました。
青字はすべて引用です。 

東照宮で有名な「陽名門」

あの門を支えている何本かの柱のうち、たった一本だけ
模様が逆になっている事に気が付きました。
何度も何度も東照宮は訪れているのですが
今回の旅行で初めて気が付いたのです。

「はて?」

私はとても不思議に思い、近くの管理人らしき方にそれをお伺いしたところ


何でも完璧にすると、「魔」が差します。
※邪念とも仰っていました。
それを取り除くために、この柱のたった一本だけ
わざと不完全にした状態で建築されました。
悪「魔」が来ない様に、不完全にして門から先のものを守っています。




なんだか不思議と涙が出ました。
いえ、本当ですよ。泣きましたよ。わたし。
父も母もいる前で、普通に感動してボロボロ泣きましたよ。


要するに、人間とはそういうもの。
全ての出来事はそういうものなんだと。
私の考えていた事は、やはり間違っていなかったと、妙な自信を抱きました。


完全という言葉がこの世にせっかくあるのだから
それを使ってみると
ひょっとしたら不完全こそが、本当の完全なのかもしれないと
その時に感じました。

ある意味、寂しさも完全である証だと。


私は出会いにはタイミングがあると信じている。
この文章をかいたChielyさんは、文章中にあるように、発見した日までに何度も東照宮を訪れていた。だけど、今回出遭った。
言い換えれば、今回まで出遭わなかった。

多分、この出遭いがふさわしいタイミングが、これまでには無かったのだろう。

多分、私がChielyさんのブログにこの記事から出遭うということにも意味があるのだろう。
上の引用部分を読んで私は涙を流した。
あり得ないと分かっていても、完全に向かって私の日々は動いている気がする。自分の汚さを罵りながら、変えられない悔しさに泣き寝入りする。
そんなことが、少なからずある。

だけど完全は怖い。ゴールがなくなってしまうから。
そしたらその後は、「魔」を呼ぶ以外に出来ることはなくなってしまうのかもしれない。
天井にぶつかったら落っこちてしまうものね。
私はそんな風に解釈した。

そしてChielyさんは更に、だからこそ、不完全が完全であるはずだ、と書かれている。
そうかもしれない。人間が行くべき最上が、それでも不完全ならば、私達はそれを「不完全」と不名誉なイメージで呼ぶ必要は無いのだろう。「不完全」万歳ってChielyさんは言っているような気がする。


恋愛も同じ。頂点や終わりを見たくない。完全なんて相手にも自分にも欲しくない。
ふたりで欠点をかばいあいながら生きて行きたいから。ずっとずっと刺激しあって、成長し続けたいから。



追思考:

「完全」と思い込むことの怖さ。
ウヌボレルことの怖さ。
待っているのはきっと「失敗」だよね。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

3216kumaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「涙き虫」 の記事

コメント

[コメントをする]

6 ■あっ♪

またまたありがとうございますv
弁慶さんのところでも、さりげなくコメントのタイトルに私の名前があって照れました^^

これからも、がんがん遊びに来て足跡残してくださいねv

5 ■再び!

ヨカッタァ~
ここの卒業じゃないのですね??

ではこれからも記事、拝見させていただきますわ!なんだか嬉しい!

kicoさんこそ、彼と素敵な人生を!
そして、お体には気をつけてくださいね!
レス、どうもありがとうございました\(^o^)/

4 ■>Chielyさん

コメントありがとうございました!!

実は私もChielyさんのことは、ボーゲンさんのところでも、弁慶さんのところでも、よくお見かけしていたのです。
感動屋さんなんだな~、というのが印象でした。泣いちゃったっていうコメントが目立っていたから。^^

気になる存在だなー、と思っていたのに訪ねなかったのには意味があるんでしょうか。

それでもやっぱり、もっと早くに交流を始めたかったなーというのは賛成です。Chielyさんからもっと学びたかったです。感動一緒にしたかったです。
でも、また遊びに来てくださいね。


恋愛って楽しいです。私はカレとの付き合いがもう6年になって、始めのころとは違う付き合い方になってきました。今はお互いが刺激になって成長しあっている段階。将来を見据えて、お互いの穴を埋めながら。
我がまま、私もたくさんいうんですが、カレの大人っぷりに反省しきり。^^;


あ、卒業なんですが。実は大学院を卒業するのです。このブログでも始まりのころはそれについて結構言及したんですけど、今となっては何のことやら分かりにくいですね。

このブログは、不幸せにならない限り続けたいと思っているんです。

だからまた来てくださいね。

Chielyさんのことも応援しています。素敵なコメント本当にありがとうございました。いい人生を!

3 ■>Fairwayさん

ビッグオーは読んだことがあります。いいですよね。私も日々欠片を探しているような気がします。必ずしもパートナーと言うのではなくて。
気づきであったり、感動であったり。

自分が成長して変わっていく楽しさを、ここ2年ちょっと味わっています。

2 ■kicoさん、はじめまして。

ひどく恐縮しております。
私の拙い文章をこうして記事として取り上げてくださって、本当に光栄です。
素直に嬉しいです。ありがとうございました。

そして・・・・・
どうしてもっと早くに、kicoさんと交流をしなかったのだろうと、今はそんな複雑な心境です。

kicoさんが仰っている通りに
私にも「タイミング」があると思っています。そして、全ての物事に意味があって、全ての起こる事に自分に対してのメッセージがあると思っています。

kicoさんともっと早くに交流をしておきたかったと言いながらもよく考えると、
追記で少し触れていますが、私は今のBLOGを閉じようとしなければこの「陽名門」のネタはあげていなかったかもしれません。長く続けていればいつかは記事にしていたかもしれませんが、
また別の言い回しでこの陽名門の話を取り上げていたような気がします。

という事は、これでやはり良かった・・・
という事なのでしょうか。
いや、この出会い方で良かったのかもしれません。
なんだかとっても不思議ですが・・・。

実はね、kicoさんのお名前はボーゲンさんのところや弁慶さんのところで
度々お見掛けはしておりました。

わたくし、リアルでは正直者で有名なので言ってしまいますが、お見掛けしていたにも関わらず、一度も訪問したことがありませんでした。
しかし、不思議なきっかけですが、私はここに自分の言葉を残すことが出来た。kicoさんのところに、自分の足跡を残すことが出来た。
なんだかそれだけでも、私はとても心の通った現象を手にしたような気がしています。

そして、私も今、恋愛をしています。
ちょっと恥ずかしくて内容はお伝えできないのですが(笑)
その恋愛そのものが、私にとって不完全です。もう情けない自分を相手に見せまくり、泣きまくり、我がまま言いまくり・・・です。
そんな感じで、毎日自分の色々な感情と向き合っています。
でもね、意外とそんな日々が楽しいです。なんだかんだ言っても。
相手とそういう時を過ごしてる時間(空間)が、なんだか生きているという実感があって、とっても幸せです。

山の頂上には何があるか、私には分かりません。
分からないから、これからも登り続けようと思っています。
大切な人と・・・・・。

kicoさん、
kicoさんらしい、kicoさんなりの
暖かい愛情を育てて、ゆっくりでいいから、大切な人へ、そのスペシャルな愛情をずっと贈り続けて下さい。
陰から見守っております。

それと・・・・あと3日ですか。
それは、ココの卒業なのかな?やっぱり。
もしそうだとしたら、早くココに来れて良かった!kicoさん、私を見つけてくれて本当にありがとう。
このご縁、忘れません。

最後にね
「不完全万歳!それでいいじゃん!何が悪い!」

意外と暴言を吐くchielyでした!\(^o^)/

どうかお体にはご自愛下さいね。

kicoさん、忘れないよ。貴女を。

1 ■「ぼくを探しに」という絵本を知っていますか?

この柱のお話を読んで真っ先にこの本を思い浮かべました。シルヴァスタインという人の書いた絵本で、原題はTHE MISSING PIECE。主人公は丸い物体なのですが、ひとかけらが欠けていて、それを探しに行くお話です。続編の「ビックオーとの出会い」もいいですよ。お暇がありましたら、読んでみてください。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。