東京~千葉で戦う元A1リーガーみぎみぎの「ネット将棋、アニメ、ゲーム」ブログ

元日本プロ麻雀連盟A1リーガ―
2012年2月鳳凰位決定戦で現役最強の荒正義プロに競り負け準優勝次の年引退

毎年トップ率35%以上ラス率16%以下を15年維持
麻雀で得する考え方を公開


テーマ:

プロ野球の場合日本シリーズや優勝争いが面白いけど、競技麻雀は絶対に降級争い卓が面白い

 

鳳凰位決定戦で戦ったことがある瀬戸熊プロと望月プロには思い入れが強い

望月プロは残念だったが、当時セットしてもらっていた石渡プロと、自分の中で勝手にライバルと思っている(失礼)瀬戸熊プロの残留は非常に嬉しい

 

 

そんな最終節の影響で久しぶりにAルールが打ちたくなっていた

 

 

 

ブログの読者君から麻雀教えて欲しいと頼まれていたので

今回の休みはAルールのトーナメントセットをすることに

 

メンツは読者君(プロ)、読者君の連れてきたプロと知人

 

トーナメントだから最終戦トータル3位で迎えたいなと思っていて

その通りの展開となったので最終戦が面白くなってきた

 

 

南1局読者君の親が落ちて勝ち上がりには役満2~3回条件とほぼ勝つ確率がなくなった

 

私は読者君へ

「ここからは誰にも鳴かせず振りこまずの打ち方をしなさい」といった

 

南2局

読者君は序盤に共通安全牌切っちゃうし、中盤以降にポンがかかりそうな生牌切るし、10巡目以降にヤミテンなら刺さりそうな本線の牌を平然と切る

 

 

見かねた私は

「勝ち目のない君の打牌で勝ち上がりの人決めたり、有利になる人が出たらダメだよ。 これが本番だったら他の人に迷惑かかるからしっかりオリないと。

1牌も鳴かせないのは無理だけど、せめて2つ目は鳴かせないとか中盤以降は鳴かせないように今ここでしっかり練習して」

と言った

 

しかし、次の局以降字牌は切らなくなったがまた中盤にポンかかりそうな生牌出てくるし、仕掛けにロンになりそうな牌を切ってくる

 

そうか、今の若い人は鳴かせるなと言われても、序盤からどう捨て牌を並べていいのかわからないのか・・・

 

 

「じゃあまず最初に中盤チーされたりロンになりやすいドラそばを切りなさい。

次に中盤以降生牌だらけにならないように暗刻やトイツの牌を1枚だけ切り、残り1枚は温存しなさい。

とにかく牌の種類を多く持ちなさい」

と具体的に教えた

 

それでもかなり危なっかしい牌が中盤以降に出てくる

 

 

我々の世代でメンバー経験があれば、

プロ1年目で誰に教わらなくても目無しの打ち方をできた

 

でも最近の雀荘のメンバーは規制がないもんな

今後新人のプロにはまず目無しの打ち方を丁寧に教えないとダメなのかもしれない

 

 

結果は読者君の下家で恩恵を受けた私が逆転でトータルトップ目になる

 

オーラス

7700振り込むと敗退になるが下家の仕掛けを3900以下と読みピンポイントに差しこみ勝ち上がり

 

親も仕掛けてテンパイ気配なので、普通親の現物から並べたくなる所だが

親が1500でもアガると3万点を超えてしまい、次局以降下家に差し込みができなくなってしまう状況で1巡たりともヌルく切ってる猶予がない

 

1巡でも早く差し込む必要があったので親の現物ではないが通りそうで下家に最も当たりやすいと読んだ牌を1点で読み、即差しこめたのは自分の中ではカッコ良かった♪

 

 

今回若手プロと打ったが、みんな真剣なので楽しめた

 

昨年はほとんど競技ルール打たなかったが、今年は誘われたら競技ルールのセットにどんどん参加したいと思う

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年は最後の麻雀で大勝ちしたのでいい気になって新年早々ピンジャンに行った

 

東1局おじいさんのハネマンに放銃(ほとんどアガれない上に放銃ばかりのおじいさんへ)

 

しかも私の初アガりはメン祝500Gなのにポンテンの発赤1の2000

4半荘の間に祝儀1万近くとられて大負け

 

2016年は今までの人生で最もツキがなかったので、今年は人並みに幸せでいいから欲しいものです

 

 

 

さて2016年のフリーの成績だが、

打数が少ない上に色々な雀荘で打ったので雀荘別の成績を出し、比べてみることにした

 

 

場代の比率、ルール、客のレベル、場所や地域

それらがどれくらい成績に影響するか?

 

 

本八幡G 

40戦 9-13-10-8 △12500

ピンジャンB

30戦 12-6-6-6 +19400

津田沼R

27戦 8-6-9-4 +4400

スリーアップ(閉店した)

16戦 6-2-3-5 △7300

錦糸町М

9戦 4-0-0-5 △1600

ピンジャンA

7戦 1-3-3-0 +1000

錦糸町Y

4戦 0-3-1-0 △300

千葉W(0.2)

3戦 2-1-0-0 +2100

千葉М

2戦 1-0-0-1 +1300

千葉S

1戦 1-0-0-0 +1700

 

トータル

139 44 34 32 29 +8200

 

打数はかなり少ないので信用できない数字に見えるのだが、

毎年浮いてる店とだいたい毎年マイナスしてる店が存在している

 

まずは改善点を考えるため負けてる店に目を向けてみよう

 

スリーアップは潰れたので問題ないように思えるが、今まで西葛西の雀荘で打つとなぜかツイていない内容で負けることが多い

もしかしたら人それぞれ鬼門の場所と言うのが存在し、私にとっての鬼門が西葛西なのかもしれない。

 

 

本八幡Gは金⑤があるし、嫌いな55終了がある上に箱下精算までない。

箱下がない店は当然ゼンツする客の比率が多いのでダントツやダンラスができやすい

結果細かい技術を使える局面も少ないので勝つ時は圧勝、負ける時は座ってるだけになりやすく運ゲーになりやすいイメージだ。

東場の親が回ってこない55終了が40戦中5回あり、その5回の順位が3着2回4着3回なのが負けている1番の原因だ。(北家スタートで同点ラスや3着が非常に多い)

 

一番負けてる雀荘に一番多く行ってるとか私らしくないのだが、多い理由は家から一番近い雀荘だから仕方ない

 

 

 

逆に勝ってる雀荘はピンジャンBとるみあき

ピンジャンBは金2が入ってる上に55終了の箱下精算無しなので長く打てばまず場代負けすると見ていい。

6回行って2回も大負けしてる

調子が悪い日はホント大負けするので、今後不調な日は3回くらいで帰る決断力が必要だ

 

 

0.5のるみあきで27戦+4400円はアルティマではかなりいい成績である。

トップ率が全然良くないのに4400浮いてるのはやはりルールと場代が良心的だからである。

(コールド無し、箱下精算有り、場代350円)

 

やはり雀荘選びは早回しでないルールの店を選び、

場代が安い店を選ぶのがフリーで勝つためのコツである

 

 

最後に千葉の雀荘3件に目を向けてみる

打数が少なすぎるのだが一応3件ともプラスである

そういえばWとSは昔からずっとプラスしてるような気がする

 

やはり相性のいい場所、悪い場所と言うのはあるのかもしれない

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は負けず嫌いの男だ

負けるような種目のギャンブルは絶対にやらない

 

18才の時フリーデビュー以来、年間で場代負けしたことが1度もない

場代込みでマイナスしたらフリー通いを辞める考えはフリーデビュー以来変わっていない。

 

私は意志の強い男だ

10年以上前、パチンコで月20万以上勝っていた時期があったがあまり勝てなくなった。

その時、「もし5万以上負ける日がおとずれたらパチンコを引退すると心に決めた」

 

ある日「ともえ」のグランドオープンだった

周りを見ると8割以上の客が勝ってる中、

私と隣で打っている彼女2人とも刺さり続け計7万負け(彼女の分は当然俺が出してる)

俺ってどんだけ細いんだよ!!!

それ以降きっぱりパチンコを辞めて一度も打っていない(プラスのまま引退)

 

 

さあ麻雀に話を戻そう

今年はかつてない大ピンチ

12月中旬で場代込みのマイナスが1萬を超えているのだ

 

今の私は勤め人なので平日は打たないし、疲れをとるため日曜日も麻雀はしない

 

私はさみしがりやさんなので知り合いがいる雀荘しか行けない

 

しかも1萬勝つとなるとピンで知り合いがいる近くの雀荘と限定されるため

私の休みの前日で宮本プロがじゃんばか君に入る日しかない

 

と言うことで宮本プロがジャンバカくんにゲストの12月30日がラストチャンスだった

 

 

ピンの1-2で55終了、場代600トップ賞200(当然アルティマ)

これで1萬以上勝たなくてはならないとなると、条件戦としてはかなり厳しい条件だ

 

 

勝負の日

1回戦

席が良く赤がよく入った。 トップスタート!!!

 

しかしそこで場変え

 

2回戦

場変えで「北」をひいてしまい冷えた席へ

当然赤がこない、祝儀めちゃくちゃひかれた上に交通事故の早いヤミ18000に打って箱ラス

 

3回戦

ホントこの席赤こない。 

子方ではほぼ毎局鳴いてトップをとる

 

ここで1回休憩

アルティマの上に、これだけ赤がこないと精神的にもかなり疲れるからね

 

3回戦終了時、1,4,1ながら2000円位負けている

アルティマの祝儀麻雀は本当に理不尽すぎる

 

4回戦

今回はツイてる対面(の席)が親の時のみ何でもいいからとにかく鳴く

好調席にアガらせない作戦が上手くいき小場にしてトップ

 

ここで場変え

明らかにツイている席が1つあるため、引退を賭けた場変えと言ってもいい

 

ここで力強く(?)「南」をひき、赤が入りまくってる席へ

 

ここまで4戦3トップながら2000円ほどしか浮いていなかった(ピンなのに)

ノルマはあと8000円以上だ

 

残り2回はツイてる席の恩恵を受けて、2連勝の上に祝儀も結構ひいてトータル約2萬浮いた

 

 

ちなみにそのツイてる席は私の見た7回で1,1,3,2,2,1,1

やっぱアルティマは席だな

 

 

「メガネ君、引退が延びたな、・・・場変えのおかげで」

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の何切るの続きです

設定は1-1-2 メン祝500G  55500終了有りの店

連勝中の東1局東家 1巡目 ドラ5

七4566789③③東白白

 

私は東を切りました。

この思考としては、白が鳴けない時や47が薄くなった時の為にマンズの受け入れを全否定したくない

ツモ六やツモ八とくればピンフ狙いの白トイツ落としではなく89落としを視野にいれている。 

表示牌含めて1巡目から3枚見えているドラまたぎの47よりは③と白のシャンポンからのリャンメン変化の方がアガりがとりやすいからです。

そして一打目が七と東では、白の出やすさもドラまたぎの出やすさも全然違う可能性があること

 

 

次に鳴きに関してですが、

・メン祝500Gとはいえ親のドラ3なので白は100%ポン

 

・勝負手の時はバックの仕掛けをしない私ですが、この手は1巡目からでも47のチーテンとるつもり

チーテンで残る形は

③③456789白白  

この形なら完全に白期待ではなく、ツモ34567ならばノータイムで打③としてホンイツにします

そこで1巡目の何切るに戻るのですが、

一打目に七切り、さらに③トイツ落としではソーズが極端に出にくい場況になるでしょう

それが1打目ダブ東からだとチーテンのバックに取った時、相手は一番にクイタンをケアするため白の出る可能性が少し高いはず。

 

つまり私の場合白を出して欲しいから一打目が東でないとダメなのです。

 

だからこの手47からチーテンとるつもりが全くない。 白すら鳴きたくないしホンイツにしたいという方が一打目に七を選ぶのはこれも正解だと思います。

 

この手で47を喜んでチーテンのバックにとるという人が一打目に七を選んでいる場合のみ、残念ながら1巡目の七切りは不正解と当ブログではさせていただきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

では~何切る2巡目編~

 

1巡目に東を切ると2巡目のツモが七でした

(1巡目に七切りの人も東を切ったつもりで考えてください)

 

東1局親番2巡目 ドラ5

七七③③4566789白白

河を見ると

南家の一打目が9、西家の一打目も9、北家の一打目が①です

 

さあ何を想定して何を切ろう?

 

コメントする場合は、リーチとヤミ判断に仕掛ける牌も書いてください

 

 

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

ピン雀での実戦譜

 

1-1-2 メン祝500G  55500終了有りの店

 

連勝中の東1局東家 1巡目 ドラ5

七4566789③③東白白

 

まあこんなの七か東しか切る牌ないんだけど

 

 

大事なのは

・どういう構想のもとで何を切るか?

・何が出たら鳴くか?

・何をツモったらリーチか?ヤミか?

 

 

こんな簡単な2択何切るでも少なくともこの3つを考えてから第一打を切らなくてはならない

 

 

フリーでは相手は待ってくれない

いきなり長考すると嫌われるので1~2巡目が一番忙しい

 

 

さて今回の2択の問題だが、何を考えて何を切るのが良いだろうか?

 

メンゼン祝儀ってのも鳴きや切る牌に影響しそうですね

 

 

コメントいただける方は数巡後の構想とともに何を狙うか、

何待ちになったらリーチもしくはヤミにするか

何が出たら鳴くか?

理由までコメントいただけるとありがたいです

 

 

私が何を考え何を切ったかは31日の夜辺りに、「何を切る?2巡目編」で書きます

 

だから夕方くらいまでにたくさんコメント入ると嬉しい

 

 

こんな1巡目のボーナス配牌何切ってもかわらんだろ?って方もいると思うが、

アルティマだとこういう配牌1シャンテンよくあるし

1巡目だからこそテンパイとらずやヤミで手変わり待ちなど様々な変化を考えられると思う

 

 

 

「アルティマは楽」と言う人が多いようだが、

私の場合配牌がいい分1巡目から考えることが多くとても疲れます

 

手取りの卓だと8回くらい打てるが、アルティマだと半荘4回が限界なんだけど・・・

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

この半年間セット7回で6回マイナスしている

今までの麻雀人生の中でこれほど負けている時期はなかった

 

「体力の限界・・・」

「勝てなくなったから・・・」

 

この2つの言葉が頭によぎる

 

 

最近赤がほとんど来ないことと裏がめったに乗らないハンデ戦を強いられているので

今回は1年半ぶりのAルールで挑んでみた

 

 

しかし

 

ルールを変えても結果は惨敗の負け頭。

 

 

1回戦ノーホーラのラス

 

2回戦はこの日唯一戦えた半荘で2着

 

3回戦南3局までノーホーラの1人沈みのラス目からのマンガンツモで浮きの2着

 

4回戦東4局またもラス目

親の仕掛けが入っていたので本来ダブ東を切らずに済むようメンホンチートイにするところだが、

これだけアガりが少ないともはや我慢できる精神状態ではなかった(日頃のストレスが原因)

 

ホンイツトイトイテンパイでダブ東を勝負すると親に鳴かれて、

数巡後18000放銃で箱下に

 

ノーホーラのオーラス、アガラスのマンガンをアガる

 

 

5回戦もオーラスまでノーホーラ

負け頭と沈み3着を受け入れる2000をアガる

 

 

苦手なAルールとはいえ、

打っていて私は格下感を感じた

 

 

「勝てなくなったから・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

休みの予定(平日は仕事)

30    テレビ

31    テレビかゲーム

1     実家へ帰る(さん千葉店に行くかも)

2     テレビかゲーム

3     テレビ

7     テレビ

8     寝る

14    セット

15    寝る

21    テレビ

22    寝る

28    テレビ

29    寝る

 

 

朝起きる

 

仕事

 

誰もいない部屋に帰る

 

クリィミーマミとメジャーを見て寝る

 

疲れててテレビゲームやネット将棋する気力すらない・・・

 

土日すら出かける気力がなく、録画したテレビを見て寝るだけ

 

自由な時間が欲しい

 

死ぬ間際「わが生涯に一片の悔いなし」と言いきれる人生を送りたいものだ

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田VS天龍源一郎、阿修羅原

 

当時全日本のエースタッグ対若手コンビという図式

 

実況解説を聞いていると当時は日本人同士の対決と言うのは夢の試合だったようだ

 

確かに昔見たプロレスは日本人対外国人だった

 

天龍と阿修羅原は天龍革命で龍原砲を結成したように思っていたが

 

今見るとこの当時すでに龍原砲が存在していたんですね

 

 

馬場、鶴田、原はもういない・・・

 

プロレスラーってやはり命すり減らして戦ってたんだろうなあ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近月1ペースになってしまっているセット

 

打っていない理由は仕事で疲れてるのもあるが、

一番の理由は理不尽なほどの不調にある

 

代表的なのは場決めで高確率に北をひくこと

次に赤がこないこと

赤入りで麻雀打ってて赤が人より3分の1もこないとか苦行としか思えないもんな

 

 

 

今年最後の地元セットとなった昨日も今年をの不調の集大成のような展開となった

 

・高め三色の手が4回とも安目でアガり

・赤が1枚すらほとんどこないのに、飛び寸前になった局だけ配牌で3枚まとめて来る(リーチにいけない)

・赤がないので積極的に仕掛けているが、かわし手が一度もアガれない

・半荘7回で危険牌は3枚しか押していないのに、その3枚が全てが親満に放銃

 

 

赤麻雀のセットで4連敗(人生初)

 

昔麻雀放浪記に「勤め人になったら弱くなる」と書いてあった

 

そうか

俺は弱くなったのか・・・

 

 

昔麻雀仲間は負けが混んだ者から麻雀を辞めていった

 

次は俺の番なのかもしれない

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。