311岐阜ネットワークのブログ

2011.3.11をきっかけに岐阜県内に避難・移住してきた方への様々な情報などを書いています。


テーマ:
いまだ放射能が出続けている福島原発。

多くの方が、高濃度の放射能の中で、避難するか、しないか

移住するか、しないか、迷いと葛藤の中にいると思います。

その迷いには
(1)仕事の不安(移住先で仕事があるのかどうか)

(2)生活の不安(土地勘もない土地で、暮らせるのか)

(3)その土地の“お国柄”の不安(いわゆる岐阜県の人々の人柄)

などがあると思います。


その中で、福島とは違う岐阜の土地のことを、少しでも知ってほしいと思い情報を発信していきます。

まず今回は
【岐阜人のお人柄】

岐阜県の人々は、ちょっと“人見知り”だと言われています。

でも、私がお会いした岐阜人は、わりと明るく、元気がよく、“世話好き”です。

本当に、福島から避難してきた私たち家族に親身になってくださいます。


ただそれは私が出会った人々が、心があたたかい方ばかりなのかもしれません(笑)。

でも、東北で起きた大震災と原発事故に心を痛めている人が多いのは事実です。

そして(西日本の方は、もしかしたら“対岸の火事”と思っている方もいるかもしれませんが)
こちらは大丈夫じゃない!?と思っている方もいます。


ちなみに
物価は、スーパーによってはとてもリーズナブルなところもありますし

なにより、西日本産の野菜やくだものが多いので

放射能汚染の心配は、福島より少ないと思います。

名古屋に近いですが、そんなに福島と物価は変わらないと思ってもらって構いません。



水もおいしいです。

長良川というきれいな川が街中を流れ、夏には浅瀬で子ども達が遊んでいます。

もちろん、季節になれば“鵜飼い”も行われています。


映像がないのでわかりずらいかもしれませんが、徐々に市内の映像などもアップしていきますね。。。





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
福島原発からは、いまだに放射能が漏れ続けています。

長崎大学から福島県立医大の副学長になった山下という人は、去年の春
「100ミリシーベルトまで大丈夫。人体への影響はない」と、福島県内で言い回っていました。

しかし5月。
「10ミリシーベルトだった」と訂正。

科学者が、そんな間違いをするはずがありません。

つまり、福島県民を、福島県にとどまらせるための方便だったということでしょう。


その一方で。

御用学者ではない
小出教授や、岐阜の松井英介先生は
低線量の放射線の影響をしっかりと訴え続けています。

もし、お子さんがいて避難や移住を迷っている方は。


まよわず避難・移住してください!!


子どもは、大人の何倍も放射線リスクが高いのです。

かくいう私も、ホールボディカウンターで、身体の中の線量を計りました。

私の身体の中にも、セシウムがある、という計測結果が出ました!

ということは、私の娘も内部被曝しているということです。


多くの福島県の子ども達が、今もなお、福島県内で生活を続け
内部被曝と外部被曝をし続けています。

食べ物や飲み物に気をつけるだけではダメなのです。
私たちは
呼吸をやめるわけにはいきません。

毎日、何万回もの呼吸をし、空気を吸い、そして身体の中に放射性物質を取り込んでいます。

身体の中に入ってしまった放射性物質は
半永久的に放射能を出し続けます。

そして、細胞の中のDNAを傷つけます。

傷つけられたDNAは、修復されることもありますが、
たいていは修復されなかったり
間違って修復されたり、します。

すると
身体の免疫力が低下して、病気をしやすくなったり
甲状腺に異常をきたしたり

するのです。

経済的な不安・仕事の不安・人間関係の不安など、
心配はたくさんあると思います。

私も妻も、悩みました。迷いました。葛藤しました。

何ヶ月も、迷って迷って、悩んで悩んで
岐阜へ移住することを決めたのです。


お金よりも、子どもの命の方が大事です。

どうぞ、お子さんの身体のことを考えてください。。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。はじめまして。

前任のこのブログ管理人さんから変わりまして、新たにこのブログの管理人になった
“えいき”と言います。

よろしくお願いします。

前任の方は、宮城の仙台に家族で移られたのですが、私はその逆で
福島から岐阜に移住してきました。

それは、愛娘をこれ以上、放射能のある福島で生活させたくない、という思いからです。


あれから一年。
野田首相は「冷温停止宣言」をしてしまいましたが、未だに
30キロ圏内は高濃度の放射能に汚染され続けています。

そして原発から50~60キロ離れた福島市や郡山市も。

私は、子どもをもつ親として
このブログを、避難や移住に迷っている皆様へのメッセージとして
作っていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。