福猫舎のブログ

2011年3月11日。東日本大震災、東京電力福島第一原発の爆発事故による避難で、人のいない町に取り残された犬や猫などの被災どうぶつのハウス型シェルター「福猫舎」の日々の徒然を綴ります。


テーマ:
今日、飯舘村でふたつのいのちが保護された。

ひとつはこの数年ずっと居着いた餌場で生き抜いてきた三毛猫うーちゃん。

{E0A7A126-7207-4EF3-B754-1FFB0FB8312C}

餌場の面子がある子は消え、ある子は保護され、移り変わっていく中で、寄り添い生きてきた二匹。

サバシロのいっちゃんも保護したくって、hibiさんが引き続き頑張ってくれる。

他のボランティアではきっと保護することは出来ないけれど、毎日のように通い続けてくれたhibiさんだからこそ保護出来ると信じて、いっちゃんの保護も待ち望んでる。


そしてもうひとつは、飯舘村の高線量地域に隣接する最奥の蕨平で、最近監視カメラに良く写っていたサビ系の猫さん。

{4B27E0D9-E9DB-4124-B17F-7B37057368F2}

何度も何度も捕獲器をかけても空振り続きだったけど、今日hibiさんが行った時に顔を覗かせてくれて、保護し連れ出すことが出来た。

だけどカメラの映像で予想していた猫さんでは無く、耳カットがされてない子だったから、どうやってここに辿り着いたのか…。

その餌場にはこの子と一緒に写ってる似たような柄の子が来てるのが分かってる。

雪が降る前になんとか連れ出さなくては…。



ヒトの居ない村で必死に生き抜くいのちを引き受けてくださる方はいませんか。

皆、ヒトの姿が消えた村で必死で生きてきた子たちばかりです。




もう、必死に餌を探さすに済むように、

もう、いつ来るか分からない餌を待つこともないように、

安堵と安心の日々を与えてくれる方を探しています。


おひとりでも多くの挙手してくださる方が見つかるように、拡散ご協力、宜しくお願い致します!!


ーーーーーーーー


今日は薄い青空が広がって、風は心地良さを含んだ感じで穏やかに吹き抜けていた過ごしやすい天気の一日。


体力が足りなさそうで行けるかどうかギリギリで悩んでいたけど、先週休んでしまったし、今朝もなんとか起きられたから、やっぱり行かなきゃ…と身体に鞭打って、今日は圏内にレスキューへ。

{8140D989-6A13-4A12-B462-DD2DC7177BFC}

先週ギャラリー・エフの仁義箱からご支援頂いたフード積んであったままの重い車を励ましながら朝の高速を走ってた。



穏やかな空の下、ヒトの居ない町ではまた新たに黒い袋の仮置き場が出来てたり、それらを管理するための建物が着々と姿を現していく。

{DFFBD592-B7FA-41E9-B100-170DAC6FC10C}

{8E663C3D-8CBA-4829-9676-5BF64F1FAC1A}

ふるさとを追われたヒトたちの想いを汲み取ろうとも知ろうともしないヒトたちが作り上げたい誰のためか分からない町を作るための作業が粛々と進んでる。



双葉駅の時計はあの日から時を刻まずにそこに在り、2000を超える朝と夜をただ佇んで見てるだけ。

{2B847F38-9AF7-4918-85E1-89BA043D7FD1}

心をふるさとに置き去りにされたヒトにとっても、あたしのような部外者にとっても、長い、長い、2000もの日々。

その中で必死に生き抜くいのちが、今も尚在るっていうのにね。


捕獲器をかけて給餌に走り回ってる最中、まさかそんな場所までも…という裏通りを入った細い道の奥にも除染準備が始まった証のピンクのテープが張られてた。

{57A3882F-B163-4EC1-804F-435A12FC6D9C}

連れ出したい気持ちがどれほどあっても、作業が始まってしまえばどんどん難航するばかり。


心の底に溜まった澱が、どんどん嵩を増していく。


タイムアップの時間が近づき、捕獲器の回収に回っていたけれど、どこの捕獲器も空っぽで、溜息を吐きながら走り回ってて。


空の捕獲器を見る度に重さを増していく心を、どうすれば良いのか持て余し始めた時に寄ったポイントで、綺麗な紅葉の絨毯を見て心を慰められていた。

{EEC83E0B-7336-4F18-BD8B-0D91A23AC30E}

ふぅ…ホント悔しいな…。


様子を聞こうと今日も東京から来てくれているMさんに電話を入れたら近くに居たから、少し前にAさまから送って頂いた寅さんのザッハクッキーを届けに行って、少し立ち話してお互い空振りで落ち込んでる気持ちを誤魔化して。

{2EDE5D3A-8204-47CB-899A-41F50562227E}

ザッハクッキーを渡した時のMさんの笑顔、めっちゃ嬉しそうだったw。


重い身体と重い気持ちを抱えながらとぼとぼと車を走らせるのは、とってもとってもしんどくて。


目に入るのは黒い袋の山ばかり。

{6032874D-DBF9-435E-AFE2-A5F5E008E239}

心の底が重さを更に増すけれど、諦めてしまえば連れ出すことも叶わないから、きっと次は…と想いを抱き締めながら、帰りの高速へと向かった。


また来週来るからね。



姉貴の誕生日のお祝いを母に伝言を頼みつつ電話して、眠気を誤魔化しながら高速を降り、ガソリンを入れシェルターに戻る途中、病院の電気が点いていて。


まさかムクになにかあったりしないよね…とドキドキしながら病院のドアを叩いたら、夜の治療をしてくれていたから、少しだけ会わせて貰った。

{A8475D0E-8DBA-4288-89ED-E6ABBC6F10CC}

目やにと鼻水は減らないけど、起きてる時間が増えてきたよ。と言われ少し安堵しながらムクを撫でてたら、ちいさくゴロゴロが聞こえてきたから、あまりの嬉しさに思わず抱っこしちゃったよw。

{16CD13F5-2B4D-4035-A22B-48FD3195343C}

甘えっこのムクが名前を呼んでも撫でても無反応だったこの数日が怖くてたまらなかった…。


デッカいゴロゴロもっと聞かせてね。

待ってるから。



圏内も、飯舘も、全てを網羅出来る程の人手はもういない。


だけど負けず嫌いで頑固なあたしは、やれることを探し続けるのだろう。


だってまだやれることは残ってる。


ヒトにしか出来ないことだから。



だからやれることがある限り、あたしは前を見つめ続けよう。


絶対に諦めたりなんてしない。



明日も頑張ろう。







のんちゃん50歳おめでとーーー❤︎


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(6)

福猫舎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。