福猫舎のブログ

2011年3月11日。東日本大震災、東京電力福島第一原発の爆発事故による避難で、人のいない町に取り残された犬や猫などの被災どうぶつのハウス型シェルター「福猫舎」の日々の徒然を綴ります。


テーマ:
昨日と今日は、連続でレスキューへ。

二日連続で活動するのは、本気で身体がしんどくて。

昨日はなんとか頑張れたけど、今朝は仮眠するにも起きられるかどうか不安になって、結局あまり眠れずに、だけど昨日のレスキューで、先週に続いて誰も保護してあげられなかったから、それをバネにしてえいや!と自分に喝を入れ。


昨日全てのポイントにフードはいつもより多く届けてきたから、今日は捕獲器の設置と給餌器の補修や固定に電動工具を持参して。

それに加えて、せっかく諸々の作業が休みの日曜日だから、浪江町の請戸にも捕獲器を設置しに。


ちょっと欲張りなのかもしれないけど、シェルターからの距離が遠くて、まめに通えない訳だから、行けそうな日は少しでも更に無理をするしかなくて…。


結果として、昨日は誰も保護してあげることが出来ず、空っぽの捕獲器を見て大きく溜息をついて。

帰りの高速でも気持ちと一緒に身体がどんどん重くなり、帰宅して着替えているときにはずしんと身体が疲れきり、それでもそれはみんにゃさんには関係ないから、ヘロヘロしながらみんにゃさんのお世話を終え、またもやうまく眠りにつけないままに仮眠して。


なんとかアラームの音で目を覚まし、不満顔のみんにゃさんのケアやお世話を終え、追加して置きたいポイント用のフードを積み込み、請戸用に捕獲器を追加で積み込んで。


ヘロヘロを通り越しそうな身体の重さに抗いながら、なんとか車を走らせて。


レスキューを始めた頃からそうだけど、どれだけ疲れていても、レスキューをスタートすると、頭も身体もシャキッとするのが、我ながらなんとも不思議な事実w

いつも以上にの距離を走って、圏内に捕獲器をセットしていたら、いつも捕獲器を置くのを悩んでたポイントに、小振りな茶トラの猫さんの影を発見し、速攻で車を止めて捕獲器を置いて。


少し待っていたかったけど、そうも言っていられないから、請戸へ向かって車を走らせて。

年末年始の作業休みを終えてから、請戸のいろんな作業はどんどんピッチを早めてて、年末にはまだまだうず高く積み上がっていた瓦礫の山々は処理施設へと移動され、

{E58B623C-7322-44CD-9643-5BAD7C8DC095:01}

すっかり平地になっていて。

もう、本当にどこに捕獲器を置いたら良いのかさっぱり分からなくなっている。

それでも絶対生きてる子たちはいる筈だし、年末以降、あたし自身が目撃してる猫さんたちもいる訳で…。

途方に暮れつつ、ゆっくり車を走らせながら、捕獲器をセットしていたら、遠くに見えた、もう四度目の目撃になる黒白の猫さんの姿。

通り道を予想して、ゆっくり近づき捕獲器を置いて。

最後の一台をセットし終わって、それでも設置場所がそれで良いのか不安が拭えなかったから、もう一度各捕獲器の場所を見回ろうかと車を発進させたらば、

{C4597E36-7AA4-4CDA-8190-47968E7B622C:01}

ふと目に飛び込んできたのは、茶トラの猫さんが寝そべってる姿…。

うわ…と思って、車を止めて、精一杯のズームで確認してみたら、

{E4605726-C5BF-46CF-8002-E76941E85AB3:01}

顔は丸っとしてるけど、身体の線は細い、多分男のこと思われる茶トラさん。


一番近い捕獲器の場所へと戻り、ゆっくりと戻って近くに捕獲器をセットして、祈る気持ちで請戸を離れ、またもや圏内へととんぼ帰り…。


必要な箇所への給餌を終えて、壊されかけていた給餌器を直したりしてたら、そろそろ出なきゃならない時間が近づいて。


走って走って捕獲器を回収して回ったけれど、どこの捕獲器も今日も空っぽのまま…。

もう、泣きそうだ…と独り言ちながら、最後に小振りな茶トラさんを見かけた場所へと向かったら、

{D20F415F-D6A6-4458-9A28-2399F58DDE25:01}

痩せた若い茶トラさんが捕獲器に入ってくれていた…。

怖いよね。
ごめんね。
でも、保護させてくれてありがとう!と、思わず泣きそうになりながら、急いで捕獲器を車に乗せて、圏内を後にして。


そしてまたまた請戸へ向かい、捕獲器のチェックをしてみたら、見事に全て空っぽ…。

嘘でしょ…と小さく呟いて、天を仰いで大きく溜息を吐いて。


{40B2B9C4-9F03-43DE-A305-3CE3A8F5FE5A:01}

見渡す限り何もない、あるのは黒いフレコンバッグや重機だけのこの場所から、ひとつでもいのちを連れ出したいのに…。

どうしても諦めきれずに、一旦おやじさんのシェルターへ立ち寄り、茶トラさんを預け、ご支援頂いた毛布を渡し、少し話をしながら時間を見て請戸に戻ってみたけど、それでもどこの捕獲器にもネコの姿は無くて。

もう、さすがに帰らなきゃならない時間だから、諦めて捕獲器を回収しに回ったけれど、茶トラの猫さんの居た場所の捕獲器を回収しようとした時、耐えきれず涙が溢れてた。

悔しい涙なのか、悲しい涙なのか、自分でも良く分からないけど、少し立ちすくみ、涙を抑え、その場所に念を送り込み。

また、来るから。
諦めないから。
だから絶対生きていて。

と、必死に念じてそこを離れ、帰り道へと向かって。


もう、東京以西はすっかり桜が満開なようで、SNSなどを見てるとお花見真っ盛りなようだけど、福島はまだ暖かい浜通りでも梅が満開になったぐらい。

{1597028A-EB7A-47B1-A692-D16803F4CE7E:01}

桜の時期を迎える前に、なんとかひとつでもあんな場所からいのちを連れ出して来れるよう、ジタバタ足掻いてるだけかもしれないけど、それでも頑張るしかないもんね。


二日間で450kg余りのフードを届けてくることが出来ました。

本当にありがとうございます。


そして二日間で750kmを超える走行距離になってしまったけれど、レスキューの度に必要なガソリン代や高速代だって、ご支援があるから出来ること。


一人じゃなにも出来なかった。

ちっぽけすぎて、チカラが無さすぎて、今も大したことは出来てないから、いつも虚無感に襲われるけど、それでもたくさんの方の力を借りて、こうして四年を過ぎた今でもレスキューに通い続けることが出来ています。

本当に、本当に、心の底からの感謝の気持ちにいつも包まれています。

帰宅したらば、さすがに疲れすぎていて、身体に言うことを聞かせるのが大変だったけどw、なんとかみんにゃさんのお世話を終えて、泥のように眠りについて。


諦めの悪いあたしらを、頑張って生き延びてくれてるちいさないのちを、応援してくれる方たちがいる限り、絶対諦めたりなんかしないから。

また、行くから。
絶対、行くから。

待っていてね。



明日も頑張ろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

福猫舎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。