なでしこ万歳!!byデニスの思いつくままに

なでしこジャパン、なでしこリーグ、女子サッカーをメインに思いついたことを適当に綴ります


テーマ:

先週末2013年度のなでしこリーグが終了しました。










そんな中で来年度のなでしこリーグの大会形式が変更されるとのマスコミ報道がありました。










マスコミ報道による来年度の大会形式は次のようなものです。






10チームによる2回戦総当たりのリーグ戦(仮称:レギュラーシリーズ)のあとに上位6チームと下位4チームによる2回戦総当たりのリーグ戦を行う。





ということで今回はこの形式にした場合にどのような形式になるかを勝手に考察したいと思います。









前述のような形式に変更した場合に一番問題となるのはレギュラーシリーズの勝ち点をその後の上位、下位リーグにどのように反映させるかだと思います。








まず今回なぜこのような変更を行う最大の理由は優勝争いを終盤まで持ち込ませることでなでしこリーグ全体を盛り上げて観客動員数を増加させたいということだと思います。事実として巷ではINAC1強状態でつまらないという声もありますからね。








そこでどのような形でレギュラーシリーズの勝ち点を反映させたらいいのかを考察してみます。










まず1つ目としてレギュラーシリーズの勝ち点を完全にリセットしてしまうパターンです。





このケースは上位、下位リーグは完全にリセットした状態で始まるので盛り上がるかもしれませんが、レギュラーシリーズの焦点が6位争いのみになってしまうので非常に問題があり、採用されることはまずありえないと思います。









次に2つ目としてレギュラーシリーズの勝ち点をそのまま持ち越すパターンです。





このケースはレギュラーシリーズが混戦状態であればそのまま上位、下位リーグも盛り上がりますが、ここ数年のようにINACがダントツ状態であれば結局優勝争いは起こらずにシーズンが終了してしまいます。また6位のチームが優勝するという可能性(2013年度の成績に当てはめるとINACと浦和は勝ち点27もの差がついた状態であり逆転はほぼ不可能)も限りなく低くなります。よってこのパターンも採用される可能性は低いのではないかと思います。







次に3つ目としてレギュラーシリーズの順位に応じてボーナス勝ち点を与えるパターンです。




このケースはレギュラーシリーズで獲得した勝ち点はリセットした上で、例えば1位は勝ち点10、2位は勝ち点9というように順位に応じてボーナス勝ち点を与えてその状態で上位、下位リーグをスタートするというものです。このパターンの問題点はレギュラーシリーズで順位が早々に確定してしまうとレギュラーシリーズのその後の試合で無気力試合を行う可能性がある(特に最下位チーム)ということです。







次に4つ目としてレギュラーシリーズの獲得勝ち点に応じてボーナス勝ち点を与えるパターンです。




このケースはレギュラーシリーズで獲得した勝ち点に応じてボーナス勝ち点を与えます。例えば勝ち点5につきボーナス勝ち点1を与えるといったものです。2013年度の成績に当てはめるとINACは9、ベレーザは7、岡山湯郷は6というようになります。このパターンは勝ち点によってボーナス勝ち点を付与するので前述のように順位が確定しても無気力試合を行う可能性は低くなります。









というようにざっくり考察してみました。(本当は勝ち点のみではなく、得失点差及び総得点をどうするのかという議論も合わせて必要です)










ちなみに今回のようなスプリット形式のプレーオフは2006年度に一度だけ行われています。(2006年度は全8チームで総当たり2回戦のリーグ戦を行った後にレギュラーシリーズの勝ち点をそのまま持ち越して、上位4チーム、下位4チームで総当たり1回戦のリーグ戦を行った)2006年度のみの形式であり、翌2007年度は行われませんでした。












また今回発表されている内容で明らかなのは上位リーグと下位リーグの年間試合数が異なることです。このことからレギュラーシリーズで7位以下になったチームは下位リーグでどんなに好成績をあげようとも6位以上にはなれないということです。(得点王はどうするんでしょうね?)












果たして実際にはどうなるのでしょうか?来年のリーグからの正式発表を待ちましょう。。。。。


















ペタしてね 読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりの女子サッカー記事です。










今週末チャレンジリーグ昇格決定戦が開催されます。









予選会を勝ち抜いたアンジュヴィオレ広島とASハリマアルビオンの2チームが戦い勝利したチームが自動昇格し、負けたチームはジュブリーレ鹿児島との入れ替え戦にまわります。










私は2チームを生で見たことがないのでそれぞれのサッカーそのものについては何も語れませんが、2チームがどんなチームなのかを以下に簡単に紹介します。








まずはアンジュヴィオレ広島についてです。




アンジュヴィオレ広島は2012年に発足したチームです。商店街をベースにしているクラブチームです。本年度の主な成績は中国リーグ全勝優勝、皇后杯中国予選優勝です。要するに本年度の公式戦を全勝しています。




チームの特色としては24名の在籍選手の内、なんと20名もの選手が広島県出身者です。ここまで地元の選手で構成されているというのはすごいと思います。(ちなみに中国地方で最も女子サッカーが普及しているのは広島県です。岡山県は岡山湯郷ベル、吉備国際大学、作陽高校などの強豪チームがありますが、残念ながら普及度はまだまだというのが現状です)





またひょっとこでおなじみのドラゴンこと元日本代表久保竜彦のご息女が在籍しています。(チーム最年少の中学生でしかもサッカー歴が1年くらいのためまだ出場機会は多くありません)







つぎにASハリマアルビオンについてです。






ASハリマアルビオンは兵庫県姫路市をホームタウンとして2013年に発足したチームです。姫路日ノ本短大を母体にしたクラブチームです。(愛媛FCレディースと同様のチーム形態といえるでしょう)本年度の主な成績は関西3部リーグ全勝(現時点で全日程を終了していません)、皇后杯兵庫県予選3位(日ノ本学園高校に1-2で敗戦)、皇后杯関西予選ベスト8(バニーズ京都に1-2で敗戦)です。





元なでしこリーガーを4名擁していて、皇后杯本戦出場は叶いませんでしたが、強豪相手に接戦を演じています。いわゆる飛び級でここまで勝ち上がってきました。






監督が元INAC神戸監督でもありますね。









と簡単に2チームの紹介をしました。












今週末の11月9日(土) 13:00キックオフで広島県のコカコーラウエスト広島スタジアムで試合が開催されます、入場無料なのでお近くの方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?(サンフレッチェ広島はアウェー柏戦なので柏に行けないというサンフレサポーターの方は是非会場へ)












上手い下手は別としてどんなカテゴリーでも入れ替え戦は熱い試合がみられるのでおススメですよ。


















ペタしてね 読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さてさてまたまた久しぶりの更新です。










ただし女子サッカーの話題ではありません。










題名のジャパンカップですが、普通思いつくのは競馬だと思いますけど今回は違います。










女子野球のジャパンカップです。










以前に女子野球の記事を書きましたけど、今回もたまたまチャンネルをザッピングしていたら女子野球中継に遭遇しました。










試合終了直前だったので試合そのものはほとんど見ていないのですが、いくつか驚いた点があります。









まず今回のTV中継がナイターの生中継だったことです。日本シリーズは別として、この季節のナイターを生中継するのってすごくないですか?










あとジャパンカップという大会が女子野球の日本一を決めるオープン大会だったことです。サッカーでいえば天皇杯と一緒でカテゴリーを問わない大会です。野球でオープン大会をするのを聞いたことがないので新鮮でした。(ちなみにサッカーのオープン大会である天皇杯が一番有名ですけど他のほとんどの団体スポーツもオープン大会を行っています。オープン大会を行っていない野球が例外ということになりますね)










でも残念だったのは観客がほとんどいなかった(おそらく100人くらい?)ことです。この季節のナイターということを考えると仕方ないかもしれませんけど。。。。。











ここのところ女子サッカーを見ることができていないのでブログが開店休業状態になっています。











一応、なでしこリーグ入れ替え戦と皇后杯の準決勝は観戦予定なのでその際は記事を書きたいと思っています。。。。。














ペタしてね 読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょー久しぶりの更新です。










生観戦はおろか映像さえもろくに見ていなかったのでブログが開店休業状態になってしまいました。











今後も頻度は上がらないかもしれませんがぼちぼち更新しようと思っています。












というわけで浦和対吉備国大を生観戦してきました。












結果は皆さんご存知の通り3-2で浦和の勝利。











ざっくり試合内容を書いてみると











立ち上がりから一方的な浦和ペースで試合が進み、さくさくっと3点を取ります。その後もボールを保持するのは浦和ですが、淡白な攻撃が多くなっていきます。









吉備国大はボール保持ができない中で少ないチャンスを確実に得点していきますが、反撃も2点までで浦和の勝利となりました。












浦和についてですが、個人的にメンタル状態を心配していたのですが何の問題もありませんでした。立ち上がりから絶対に勝つという意思のもとで圧倒的に攻め立てます。3点取った後もボールは保持しているのですが淡白な(というよりはお上品といったほうが適切かも)攻撃が多くなります。おそらくほっとしてしまったのでしょう。少ないチャンスを吉備国大にものにされてしまい、後半41分からはコーナーでの時間稼ぎを何度も繰り返して勝利をもぎとりました。






内容としては5点差以上つけて勝っていてもおかしくないものだったと思います。






しかしいずれにしても残留争いの中で今日の試合は内容よりも勝ち点3という最優先の結果を得たわけですからとりあえずOKではないでしょうか?







課題はいろいろとありますが、個人的に直近の課題はセットプレーの守備と強引にフィジカルで押し込まれた時のひ弱さかなと思います。







これで浦和は吉田監督就任後負けなしです。サッカー自体も確実に改善されていると思います。しかし残留争いはまだまだ続くので一戦一戦気を引き締めて戦ってほしいですね。











一方吉備国大についてですが、めずらしく硬くなっていたと思います。いつものような運動量はほとんど見られませんでした。今までは大学生という身分を利用して挑戦者魂を常に持って戦っていましたが、やはり残留争いの直接対決ということで硬くなったのでしょう。







2点をとることはできましたが、ほぼ90分通して浦和に試合を支配されてしまいました。







次の大阪高槻戦でもメンタルがどのような状態になるかで結果は決まるのではないかと思います。














試合とは関係ないですが狭山の選手や浦和のOGも観戦に訪れていました。













ちょっと暑かったですけどやはり生観戦はいいですね。。。


















ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々のブログ更新となります。












なおしばらくは更新頻度が下がると思いますので読者の方々はお含みおきください。











リヨンを退団した大野が狭山に移籍することが発表されました。












個人的に狭山が1部にいれば十分考えられた移籍だったのですが、2部では可能性は低いかなと思っていたので意外でした。













狭山は今年荒川、伊藤、山郷と大型補強をしましたが、最大の要因は松田監督就任のようです。














松田監督はベレーザ監督時代に相当選手に慕われ、信頼される人物だったみたいです。













女子選手はアマチュアとういうこともあり、チームの強さと環境以外に人間関係が所属先を決める大きな要素になっています。












よってベレーザ系の選手が今後も狭山に移籍してくる可能性は高いでしょう。(東スポが澤獲得の記事を書いたのもあながち嘘ではなかったということですね)













ちなみにあくまでも噂ですが、長野パルセイロの本田監督も雇用環境を整えたうえでベル系選手の獲得を目指しているという話もあります。














しかしこうなると狭山というよりベレーザという感じになっちゃいましたね。。。。。
















ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

なでしこリーグカップ第4節が明日、明後日と開催されます。











対戦カードは以下の通りです。







6月15日(土)



・ベレーザ-千葉




6月16日(日)



・吉備国大-大阪高槻


・仙台-伊賀


・INAC-新潟









今節にて代表活動のため約1か月なでしこリーグカップは中断されます。是非お近くのスタジアムに足を運んでみてください!!
















ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し時間が経ちましたけど男子日本代表がW杯出場を決めました。













そんな中でやはり本田圭祐はすごいなと思います。












私が本田をすごいと思うのはサッカーのプレーではなく、メンタルです。













世間的にはビッグマウスだのなんだのと言われている本田ですが、私は向上心の塊だと思っています。













現在の男子日本代表は実際にできるかどうかは別として明らかにW杯優勝を狙わなくてはいけないレベルにあると思っています。












本田はオーストラリア戦後もほとんど笑顔をみせませんでしたが、W杯優勝を目指しているからこそオーストラリア戦のパフォーマンスに納得してないのだろうと思います。













他の選手達も本田のように高みを目指していかないと今後成長はしていかないでしょう。














ところで日本女子サッカー界にも本田のようなメンタルを持った選手に現れてほしいと思っています。女子で本田のように振る舞うことがとても難しいことは承知していますけど、もしもそんな選手が現れたら大きな変化が起きるのではないでしょうか。。。。。
















ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日、明後日となでしこリーグカップ第3節が開催されます。











対戦カードは以下の通りです。






6月8日(土)




・伊賀-INAC





6月9日(日)




・新潟-岡山湯郷


・千葉-浦和


・大阪高槻-ベレーザ













どうしてもリーグ戦と比較すると注目度が下がるカップ戦ですけどリーグ戦と同様の熱い試合を繰り広げてくれるので是非お近くのスタジアムに足を運んでみてください!!




















ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日、明後日となでしこリーグカップ第2節が開催されます。












対戦カードは以下の通りです。






6月1日(土)




・千葉-大阪高槻





6月2日(日)




・仙台-岡山湯郷


・新潟-伊賀


・吉備国大-浦和












梅雨入りして天候に不安がありますが、お近くのスタジアムに足を運んでみてください!!














ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

岡山湯郷対伊賀をなでしこTVで見てみました。












結果は皆さんご存知の通り3-0で岡山湯郷の勝利。












岡山湯郷については特にコメントはありません。













伊賀についてですが、相変わらず悪癖が直っていないですね。伊賀の悪癖とは以前にもこのブログで書きましたが、自分達の実力を過信し、さらに慢心することです。この状態に陥ると伊賀の生命線であるハードワークをしなくなります。(ただし昨年は棒立ち状態にまでなりましたけど、今年は2歩くらい出足が遅れる程度なので改善されたといえば改善されたのかもしれません)












実は浦和戦で既にこの状態に陥っていました。浅野監督がそのあたりのことを言及していたので修正してくるかなと思いましたけど、できなかったみたいですね。











伊賀はこの悪癖が直らないかぎりタイトルを取ることは難しいでしょう。。。。。















ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。