三回まわってわん

とろけろ三輪の日々のことをつらつらと書き連ねるスペース。


テーマ:

いや更新しちゃうのかよ!


みんなブログ消したり凍結したりしてるのに!

最後にあんだけ書いたのに!


でも文を書くというのは悪いことではないですから。

良いことも悪いことも、文に書いた方がいいらしいですよ?


良いことはなんとなくわかりますが、悪いことを書くといいというのはちょっと不思議ですね。


これは、

不満やら愚痴やら、自分の失敗やら恥ずかしかったことなど、

心にため込んでしまうよりも、

吐き出してしまう方が良い方向に働きやすいということなのです。

これは文に書くことはもちろん、声に出して言ってみるのも良いそうです。


これを「エモーショナル・ディスクロージャー」といい、

1日10分でもいいから不満を吐き出す時間を作ってあげれば、

ストレスをため込まずに生きていけるそうです。


ただし、不満を人にぶつけたり、他人の悪口を言いふらすのはやめましょう。

あくまで心がいっぱいいっぱいになるのを防ぐための方法です。

秘密の日記帳とかにつけるなどがおススメだそうです。




そんな感じで心のことがたくさん学べる面白いマンガがこれ!

マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)/少年画報社

¥680
Amazon.co.jp


『漫画でわかる心療内科』!


上に書いたことなど、下ネタ多めで面白くメンタルが学べます!


1話10ページのオムニバスなので、どの巻から読んでも大丈夫!

表紙にその巻で紹介している心療内科としての症状が書いてあるのでそれで選んでも大丈夫!




これがこのブログの方向性!

漫画を読んで紹介します。なるたけ知られていないいい作品を発掘したいと思います。

週1くらいで更新したいねー。



それではまた来週ー!


あ、来週ドラえもんミュージアム行くかも!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

うわあ。卒業か。

3月31日ともなると。色んな思いが込み上げたりして。

ブログなんか更新したりして。

今まで言えなかったことや、ここまでに言い尽くせなかったことを、できるだけたくさん書きたいと思います。きっと長くなります。先にお風呂でも入ってください。


さて。

まず、僕はサークルに現れません。なぜならお別れだから。

卒業は決定的なお別れなのです。

明日から僕は「木曜会の三輪」ではなく「OBの三輪」なのです。

そんなこといいつつ今日も企画に参加しましたが、次に現れるときは「OBの人が来た」のであって、木曜会の人ではないのです。

えげつないこと言ってますね。他のOBも行きづらくなっちゃうじゃん。でも、こうでもしないと僕は木曜会から離れられそうにないのです。

それくらい僕は木曜会が大好きだったのです。

まだまだずっと木曜会にいたいです。木曜会がなかったら僕は何もない人間になっていたし、こんなにたくさんの思い出を持って卒業することもなかったです。一番木曜会にしがみつきたい人なのです。

でも、木曜会はまだまだこれからも成長していくサークルで、そこに卒業生がしがみついていてはいかんのです。

だから僕は木曜会には現れません。

サークルにはもちろん、企画にも。

こんなにも思い入れの深い場所から卒業するとき、何を言えばいいのかわかりませんが、とにかく、これから書くことは、僕が木曜会とお別れするための言葉です。さよならです。



さて。

これからもう会うことはないだろうから、恥ずかしいことも書けますね。恥ずかしさでいえば結構攻めてると思います。



僕は結局どんな人だったのでしょう。

爽やかで変態で、優しくてかわいこぶって腹黒で、ロリコンで紳士でアニメ好きでアイドルで普通の人で、最終的にはわけがわからない人だったのでしょうか。色が強すぎる五期生の中で、埋もれないようにもがいていた気がします。

それでもなんでもなんにしろ、泣く人ではないと思っていました。

泣かない泣かないと言いながら、実際卒業ライブの打上げの二次会終了直前まで泣く様子もなかった僕は、五期生が卒業の言葉を語りだした途端に泣いてしまいました。
僕が泣かないと言っていた理由は、僕は、自分が泣きそうなとき「泣くシーンだから泣いてるのか」と自分に客観的に問いかけてしまうからなのでした。難儀な性格です。
そんな僕も泣いてしまいました。なんで泣いてるのかもわからず泣いてしまいました。あれが、僕の気持ちなんですね。気持ちがあふれてしまったんです。キャラを作って一生懸命に強がっていた自分が、最後に決壊してしまったのです。

かっこもつけず、かわいこぶらず、ふざけもしない、あれが僕でした。

僕にとっての卒業は、考えうるかぎりの最高の卒業でした。

木曜会の皆さま、ありがとうございました。本当はひとりひとりに感謝を述べたいのですが。それではひとつの記事にはとても収まりきらないので。

いただいたアルバムはやはりとても嬉しくて、メッセージカードはひとつひとつ暗記するくらい読んでいます。全部みんなの声で脳内再生されることが、みんなとたくさん話してこれた証として、最上に幸せです。

持論として、自分がどういう人間かは、周りからの評価でしか決まらないというのがあります。自己評価がどうであれ、相手にとっての僕は相手によって決められるのです。でも、嫌われたくないなとか、こう思われていたら嬉しいな、という、こっそり目指していた自分像みたいなものが僕にはありました。そしてそれが達成できたのかはわかりませんが、メッセージカードの中には確かに僕の目指した僕がいて、そこには誰かが僕を優しいと思ってくれたり、別れを惜しんでくれたりしたんだと思うと、それはそれはもう、大層な宝物です。

本当にありがとうございました。





とろけろとして。

卒業ライブはまさかのアドリブ漫才でした。

しかしながら、とろけろの集大成としてふさわしいネタだったのではないでしょうか。途中の、内藤の「四年間ありがとうな」での拍手笑いで、とろけろは本当にみなさまに愛していただいたコンビだと思えました。とろけろはみなさまのおかげで成り立っていたコンビです。本当に感謝感謝です。

ライブ後に、たくさんの人にお疲れ様と言ってもらえました。さながら漫画の最終回のように。これが漫画だとするならば、登場人物がこれだけ多いことはとても幸せです。そして漫画とするならば、このシリーズは、笑楽祭のワタナベ編、芸人さんたちとライブに出たサンミュージック編、何度も何度も練習をして学園祭でMCをした吉木りさ編、たくさんの同期がいた呉越同舟編、内藤が持ってきて番組を作ったグーグル編、びっくりするくらい仲良くしてくれたナショグル編、強いやつらとテレビに出れたわらゼミ編、内々戦からZ々戦まで駆け抜けた五期生編。すべてを通した木曜会Z編。それぞれでたくさんの人に出会って、友達になって、他の場所で会ってもたぶん友達で。きっとこれからも友達で。たくさんの場所でとろけろをやって、たくさんの人にとろけろを知ってもらえて、僕がこの先いなくなっても、誰かがどこかでとろけろを思い出してくれるかもしれない。大学お笑いとはすごい世界です。


そもそも、僕がお笑いを始めたのは。

高校の先輩から木曜会が面白いサークルだと聞いて、サークルに出たらその日にとろけろ(四人組)が結成され、あれよあれよとライブに出たのが始めでした。

そのあと内藤さんとコンビになったわけですが、僕は本当に素人芸でした。今でもそうですが。僕はどこまでも普通の人でした。

そんな僕がたくさんの人に笑ってもらい、たくさんの人に知ってもらえるなんて、そんなこと、考えてはいたけど信じられません。

最後まで素人芸で普通の人だった僕が、それでもここまでこれたのは、足を止めずにがんばってきたからこそではないかと思います。その足が前に進んでるのか後ろに下がっているのかわからなくても、とにかく歩き続けました。内藤さんが手を引っ張ってくれるので。

結局内藤さんの気持ちとか聞けずに終わってしまったけど、どんな場所でも二人だからがんばってこれたし、内藤だからがんばってこれました。この世で一番感謝しています。


がんばったなぁ。たくさんたくさんがんばったなぁ。でも、がんばった100倍くらい楽しかったなぁ。


色んな人に会ったなぁ。色んな人に助けられたなぁ。


きっとこれからの長い人生でも返しきれない恩をこの四年間でいただいた気がします。


この恩を返すために、僕は一生がんばっていきます。


これからも色んな人に優しくできるように、できれば色んな人の力になれるように、がんばっていきます。




さて、もうすぐ最後ですね。

なるたけたくさん書いて時間を稼いできたけど、それでも終わりの時間は訪れてしまうのですね。

わああ、やだなあ。この記事アップしたら終わりじゃないですか。

終わりたくないです。お別れしたくないです。ずっとここにいたいです。ずっとしゃべりたいしずっと笑いたいです。

でも、そうですね。お別れですね。はじめに書いた通り、去るべき者は去らなければならないのです。
花見にいちご狩りと、こんなにエピローグがたくさんあったことは幸せなことなのでしょう。

笑ってさよならを言えてよかったです。

もうすぐ本当に終わりです。

誰が読んでいるのかはしらないけれど、最後まで読んでいただけて僕はとても嬉しいです。

もういなくなります。

空の上から見守っています。ですからなにかあったら呼んでください。

僕はいつだって、どこにだって飛んでいきます。前言を撤回することになっても、かっこ悪くても、僕が力になれるのなら、なにがあっても、絶対に駆けつけます。僕は絶対に裏切りません。全員からもらったたくさんの恩も返していないので。


木曜会Zとろけろ三輪はここで終了です。




これまで関わったすべてのみなさま、本当にありがとうございました!

幸せになってください!




さようなら!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:







姉から借りたかばん。

少しかわいすぎたかもしれない。ちょっと恥ずかし。

今日はこれから高校の忘年会です。

ひさしぶりなので緊張しています。

家出る瞬間が一番おなか痛かった。登校拒否の症例発症です。

ぼっちの飲み会とか耐えられないけど、今後のためにここらでハートを強くするのもありかもしれない。



行きたくね~



昨日の部活の人たちのは全然いけたんだけどな。楽しみだったし。

今日のはポジションとかわかんないしな。

しかして。

最近お堅いパーティーやら大人の飲み会に参加させていただいて、大人でも、老人ですらぼっちが存在することに気づいたのです。

やはり耐久をあげなければ。

楽しそうな顔して、「今日楽しかったねー」なんて言ってきます。


とか言っても、僕と同じ考えで臨んでいる人は意外といて、その人たちを見つければ意外と楽しめそうな気がします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


そういえば。


エヴァ見たんですエヴァ。


エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル。


(赤松健の漫画作品『魔法先生ネギま!』およびその関連作品に登場する架空の人物。麻帆良学園本校女子中等部2-Aおよび3-Aの生徒で、出席番号は26番。愛称はエヴァ。)


嘘です。


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観たんです。


すでに二回観てきましたよ。


作品の感想とかネタバレ回避しつつ考察とかしなきゃならんので適当に軽くいきましょう。


実はエヴァというものを初めて映画館で見たんですよ。だから迫力に驚きました。映像と音楽がものすごい。

映像に関してはスケールのでかさがたまらないですね。元々大きな物好きなので、広い場所をでっかい物が高速で動いてるのが素敵です。

音楽も心情にズンとくる。今作を観て心が沈んだという人は、音楽がそれを加速させていると思います。ピアノがいいですね。

そして真希波(真希波・マリ・イラストリアス)が可愛い。




彼女の乳が揺れたときに僕は胸が踊りました。

以上。




関西旅行の途中の小田原駅で撮った写真。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最高にうまいという冷凍食品のピザを買ったけど、「一旦常温に戻してからチン」と書いてあって、さすがひと手間かけるんだなー冷凍食品の利点を投げ捨ててまで美味しさを追求してるんだなーとは思えずにただムカついた。


これをツイッターに書き込もうとしたけどブログにしたよ!

客観的に見たらどうでも良かったので。

これは一旦このピザを食べてみないとつぶやきにくいなと思ったので。

このブログ誰が見てるんだろうか。

更新通知に登録してる人がいるんだろうか。

だとしたらこの地獄の更新ラッシュはびっくりなんじゃないか。

ついにAmebaがトチ狂ったと思ったんじゃないか。


昨日、25日はあからさまに更新しなかったけれど特に関係ないですよ。

なにもしてなかったですよ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。