実家のお寺参りを無事に済ませて、
本家の叔父の所へも寄ってきました。

昨年叔母が急死して、
その後顔を出していなかったのもあり、
仏壇に手を合わせてホッとしました。

タクシーから降りてピンポン鳴らしても
ウンともスンとも言わず、
すぐ傍の姪の家へ行き、叔父が留守なのか聞くと、

そんな筈無いと言い、一緒に叔父の家の中へ。
叔父さん、寝てましたぁー。
最近は耳も遠くなってるらしい。

叔母さんのお参りもしたけど、
叔父に聞きたいこともあったの。(父の弟)
それは目の事。

叔父は目が不自由で手帳も持ってるの。

今、白内障で眼科に通っている事、
緑内障になる可能性が大きいと言われている事。

Dr.から言われたので・・
叔父の目の病名を聞いたんです。
叔父は快く教えてくれました。

左目はぶどう膜炎を発症し失明しました。
右目は昔の事故が原因で視神経萎縮症から緑内障に。
今はほとんど見えてないです。

も一人の叔父(父の弟)も目が不自由です。
常に奥さんが傍で助けています。
彼は糖尿病からの緑内障って事でした。
今思えば、父も白内障だったのかも。
処方された点眼薬してましたから。

あー・・・
と思ったけど、何かはっきりして良かったです。
叔父が分らないことがあったら電話して、
と言ってくれて気が楽になりました。

「お昼食べた?」と聞かれたけど、
「あ、たまには都会の札幌で食べたいの。」
と、お断りしちゃいました。笑

JRの時間になったので、
姪っ子夫婦が駅まで送ってくれました。
ありがたいことです。

6,7年前は、遠くに住む父の事で
この姪っ子からの電話で
何度もパニックになり、欝状態が最悪だった私。

でも、今思えば、私の過敏な反応だったのかも。
姪っ子は私を好いてくれてる。
ここが意外だったし、私の誤解だったんだね。

今回のお寺参りは本当に良かった。
それに、お寺から本家まで行く時、
タクシーの運転手さんが、たまたま実家の前を通った。

今は見知らぬ人が住んでいる。
綺麗好きな方らしく、玄関フードも
外回りもとてもきちんとされていて、嬉しかった。

もう両親もいないけど、
家が残っているって、こんなに嬉しい事。

今更だけど、
本当に今更だけど、
この実家が懐かしいと心から思えるようになった。














AD