She has already come back.

テーマ:

帰ってきました、かみさん、無事。

でも、私の家事のペースが変わらないのはなぜ?


で、4月からの勤務先が決まりました。

なんと、新潟県ロードマップにも載っているT町。

そうT子倉ダムの、あの町です。

「なんだ、新潟じゃん」と哲風氏にからかわれそうです。


新潟のみなさま、またよろしくお願いします。


AD

翻訳ソフト

テーマ:

今日は朝から何に興奮していたかと言うと、
実はネット上から「24」の英語版スクリプトを手に入れた。

もちろんこのままだと私の英語力では役にたたない。

で、思いついた。
「ネット上の翻訳ソフトを使えば、いいじゃない。」
なんで、こんなこと思いつかなかったんだ!
で、対訳見ながら、勉強すれば、うふふ。


早速、exciteの翻訳ソフトで翻訳する。
最初、全部訳そうと思ったら、字数制限あり。
うーん、やはりタダだと使い勝手が悪いか?

訳せることには、訳せたが、なんかいまいちって感じ。


で、やっぱり、欲しくなってきた、翻訳ソフト!
調べたら、あるじゃないですか、ソースネクスト「本格翻訳4」 1980円。
おー、安い!値段の割には訳はOKらしい。日常会話問題なし。
しかも、英文は音声化してくれて、日本語はマイク録音で自動的に英文に!
おーーーーーーー!
すごいじゃないか!ソースネクスト!


速攻、藤原拓海ばりに4輪ドラフトかまして、買いに行く。
(この時点でまだ朝10時)
そして速攻インストール。


で、比べてみたんですが…。
確かにexciteの翻訳ソフトより優れているところもあるのですが、そうでないところも。

例えば
The camera pans over the two towers in Kuala Lumpur.
なんて文は
「本格翻訳4」だと
「Theカメラはクアラルンプールの2つのタワーの上で選鉱なべで選別する。」
exciteのネット翻訳ソフトだと
「カメラはクアラルンプールの2つの塔の上で撮影されます。」
になる。
明らかにexciteのネット翻訳ソフトの勝ちだ。


2000円払ったから、すべてにおいて性能が上だということはないのである。
ま、両方見比べてみて楽しみます。

AD

イルカに腕を噛まれた

テーマ:

いるかに腕を噛まれた


夢を見た。

噛んだイルカはその後悠然と沖に向かって泳いでいった。


Hさん、名誉のためにいいます!

字はきちんと読めます。(そうでないと届きませんから)

ただ、ここではHさんの名字は珍しく、

そしてなにより一部簡体字になっていました。

フォローになってないかな?

AD

ちょっと小噺

テーマ:

中国に住んでいる妻の友人から、DVDが届く。

旧正月旅行で日本に帰国するところ、お願いして送ってもらった。

帰宅したらペリカン便の不在連絡票があった。
送り主の名がなく、連絡欄に

「名前 よめません すいません」

と書いてあった。
私、早とちりして

「名前 よめいません すいません」

と読んでしまい、
「なんだうちと同じか。」と妙に納得した。

ペリカン便!

彼らの名字ぐらいちゃんと読めよな!、って感じですが。
字がきれいかどうかは、この際問題にはいたしません。
どうもありがとうございます。

ウィリー ワンカ

構造主義

テーマ:

なんか「24」の影響でちょっと動きが「ジャック・バウアー」してます。
世の中陰謀だらけに見えます。
でも、現実に「ジャック・バウアー」ような人がいたら、かなりヤダよね。
だいたいあの手のタイプって大勘違いが多いから、まわりは大迷惑ってやつです。


ふとしたことから、構造主義を解説している本が読みたくなって、橋爪大三郎の「はじめての構造主義」を借りてきて読みました。
前、上野千鶴子を読んでたときに、構造主義の話が出ていて、どうも読んでいると私が大学でやっていた数学によく似ている。
戦後フランスに「ブルバキ」という数学者集団がいて、これまでの数学の再構築をして、その後の数学に非常に大きい影響を与えたのですが、構造主義がもろにその影響を受けているようなのです。
なるほど、自分がやっていた数学は社会学に影響を与えていたのか。うーん、何の役にも立たないと思っていたんだけど。けっこうすごかったのね。
入門書なので、そう詳しくは書いていないのですが、自分がやっていた数学を考えれば、なるほどアレを社会学でやりたいのね、とちょっとわかった気になった。