ひとりごと

The game, Mrs Hudson, is on!


テーマ:
上司に人柄を褒められて嬉しかったです。
でも、仕事ぶりで褒められたいと思いました。
この人に認められたい、と。



てにをはばっかり言ってると、肝心なことを見失うよ、とその人は言います。

肝心なことって、なんだろうね。


ここにきてくれたお客さんに、気持ちよく出ていってもらうこと。
つまり安全性、快適性の維持向上。
そのための対策を立てること。

そして会社に入ってくるお金をいかにして増やすか、
出ていくお金をいかにして減らすか。
その策を練り、実行し、検証すること。

なんだな、多分。シンプルに。



人の粗探しばかりするのは自分に自信がないからだよ、とその人は言います。

人の粗が見えてしまうのは、これは仕方ない。
(それに比べて己の粗を見つけ改善することの難しさときたら。。)


その人に10個粗があるとして、見つけた粗を10個全て指摘するのは、果たして良いことなのだろうか。

そんな職場、息が詰まりませんかね。
失敗するのが必要以上に怖くなりませんかね。

粗が10個あったら、肝心なところだけ、たとえば7つを、改善するよう伝えるので良いのでは。


私は最近思うのです。
7割できてたらそれでいい。あとの3割は、個人の好き嫌いの範疇だと。
つまり3割はやり方をその人に任せたらいいのでは、と。


たとえば文書の書き方、レイアウト。

直されて、あー、そこは個人の好みの範囲だなーと思うときがあります。

それで身に付くのは校正者の好みに合わせる技術です。

文書の型さえ大きく外してなければ、肝要なことが伝わる書き方で書かれてさえいれば良いのでは、と。


社外に出す文書に誤字脱字は許されない。
VS
重要なことが伝わりやすく書かれていれば少々の誤りは問題ない。


どっちなのかね。


サラリーマンやってると、異動で上司が変わりますよね。
上司が変わると、仕事の方針が変わります。
そこで下の人間は、上司に合わせる方法を学びます。
上司のやり方が嫌なら、自分が上に行くしかない。
それが組織。
なんだけど、下にいるうちにできることは、上司の仕事を見て、
いつか自分が上に立つことがあれば、
これは真似しよう、ここは反面教師にしよう、とメモを取ること。
なんだなあ。


えーっと、何の話だっけ。




「組織にはいろんな人がいたほうがいいんだよ。
向いている方向が同じであれば、やり方は人それぞれでいいんだ。

だってそうだろう。
同じ考え、同じやり方ばっかりの人が集まっていたら、何かあったとき、全員が倒れるよ。
だからお前はお前の色を出せ。自分の強みを生かせ。」


「自分の下に付く人にイエスマンを選んだら上司としてはおしまいよ。
自分の判断が間違っていたときに、周りが誰も止めてくれないよ。
自分の考え方が正しいと思い込んでしまう。
そしてだめになっていく。」


「上司の言うことは絶対ではない。
上司のやり方が絶対正しいなんてことはない。
間違うこともある。」



こんな金言言えるようになりたいわ。

いい上司に恵まれました。ありがたいことです。




写真はエキスポシティで食べたフローズンヨーグルト。最高に美味しい、最高の食べ物。発明者神。ノーベルフード賞を贈ります。

万博記念公園の桜はどえらい綺麗でしたわ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


お天気最高のみなとみらい!
ジョギングしたら最高だろうな~(*^^*)




赤レンガ倉庫が楽しすぎて5時間くらい遊べそうでした。

私の住む町と違って、平日なのに若者がたくさんいたよ!(笑)

近くでは外国人モデルらしき男性が撮影してたよ。
さすが都会、、、絵になる、、
と、びびりまくり。
なんせ首都圏を歩くのは8年ぶり?くらいの田舎者でして(笑)

逃げ恥のロケ地だ!と目を輝かせるくらいにはミーハーでしたw
何しに言ってんだ(仕事に行ってんだ)。



で、帰り前に羽田空港国際線ターミナルで遊んでたら、
気になってた「日本橋だし場」があるではないか!!

1杯100円。飲まないわけはない!
見てこの黄金!



うーまー(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)


何かの番組で取り上げられてるのをたまたま見て以来、
削り節を選ぶときは原材料のとこに「かつおの枯れぶし」と書かれたやつを買うようになったよありがとう!

ごちそうさまでした。


で、それから
国会議事堂と羽田空港にしかないメニューらしい吉野家の「牛重」を食べて、
(周りは海外に旅立つ前に日本の味を食べとくか!みたいなご夫婦ばかり)、




日本橋とかドンキとか見て



帰りました。
飛行機はJALだったんだけど、往復class Jでした!プチ贅沢~
乗りたかったんだ~
飛行機手配してくれた人ありがとう!



そういえばリクルートスーツ着てたら行きの飛行機のCAさんに「就職活動ですか?」と話しかけられましたww
中途採用の面接かなにかと間違われたんだろうか。
新卒には見えんわなww




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おじいちゃんが退院しました。
長い闘いだったね。
元気になって良かったね。
なにより母とおばが、介護から少し解放されたね。
おめでとう。
祝福するかのような、今日の青空です。





夫婦で同じ病院に同時期に救急車で運ばれるなんてね。入院したフロアも同じなんてね。
仲良すぎかよ。ってね。





いとこは就職が決まりました。
別のいとこも大学に合格しました。
おめでとう。おめでとう。



みんな、よく頑張ったね。
痛かったし、苦しかったし、辛かったし、我慢したし、悩んだし、後悔したでしょう。
みんな泣いて、でも前を向いたでしょう。
だから、おめでとう。おめでとう。



家族にとっての試練の冬が、
長い冬が終わろうとしているよ。






友達にもらった結婚祝いのマリメッコの鍋敷き、
大活躍してるよ。

鍋しないときはリングピローにしてる。笑


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Bってつまりばあちゃんなのだけど(笑)


はよ帰りたい~  はよ帰りたい~  と嘆いていたばあちゃんは、
病院でよく食べよく動き、自主的にリハビリしまくった結果、
めきめきと回復し、
この度めでたく退院できました!


2回の手術と毎日のリハビリによく耐えた81歳!
桜の季節までには退院するぞー!と意気込んでいたので、
間に合って良かったね|^▽^)

で、さっそく山のように溜まった洗濯、掃除、農作業も再開して、
右腕ないけどそれなりに料理もして、

もう働きすぎ!ありがと!

ばあちゃんは畑に入ると野菜をいじりたくなるので母から畑入場禁止令が出ていますが
昨日ふつーに畑入ってた(笑)


あとはじいちゃんが退院すれば、家族で旅行でも行けるかな。





昨日のごはん
お手軽レンジしゅうまい


添加物がないとこんな素朴な味なのですね。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
祖母が肘から先の右手を失いました。
でも本人は前向きです。
一日でも早く家に帰りたいと、リハビリを頑張っています。
ご飯もたくさん食べるよう頑張っています。

本人は、事故のことを思い出すのはやめようとしています。
幻肢という、ないはずの腕があるような錯覚があるけれど、
腕はもうないんだ、と言い聞かせるようにしているそうです。
ないものはないのだから後悔しても仕方ないと。


でも私なら、1ヶ月は落ち込んで、泣いて立ち上がれないかもしれません。
自分を恨んで、呪って、嘆いて、周りに当たり散らすかもしれません。



ばあちゃんは事故の3日後には義手を付けると言い出しました。
同じことが私に起きたら、きっとそんなことはできません。

やさしく親切にしてくれる病院スタッフの皆さんや
次々にお見舞いに来てくれる人たちに
毎日感謝の言葉を伝えています。
これも、私にできるか疑問です。


おばあちゃんは本当に強い人です。


事故の7日後には、おばあちゃんは自分の腕の傷を見ることが出来ました。
紫色にあちこち鬱血して、腫れて、くまのプーさんみたいな先のまるい腕でした。

今は抜糸して、丸く滑らかな皮膚になっています。腫れも引きました。


病院のご飯は、食べやすいように楊枝に刺してあります。
白米はおにぎりにして、海苔を巻いてくれています。
左手で食べるのにも少し慣れてきたようです。
(ただ、おにぎりに味がついてないらしく、持ってきてもらったわかめごはんの素を振り掛けて食べています)


退院したらお箸をマスターして、大好きな拉麺を食べに行こうと話しました。
春には桜を見に行けるかもしれないし。


私は平日のお休みが多いので、土日が休みの母とうまく分担して病院に行きます。
妹や母の妹も交代で祖母に付き添っています。

こういうとき、子供や孫が女の子で良かったとみんな言います。
男は来てくれん(笑)と。
でも何より良かったのは、娘も孫も県内の近いところで暮らしているからだよね、と。
こうして病室に集まる親戚たちでわいわいガヤガヤ。

おばあちゃんとは、一緒に相撲中継を見たり、
いとこの大学受験の話をしたり、
休憩室で景色を見ながら他愛ない世間話をしたり。

皮肉なことに、怪我をした今、人生で一番暇になってしまったおばあちゃんと、
一番たくさん会話をしているかもしれません。


おばあちゃんはとにかく働き者で、
朝から晩まで家事、農業、子育て、と激務の人生を送ってきました。
幼い頃は第二次世界対戦で食べるものは少なく、結婚後は家族の世話で随分苦労をし、
とても我慢強い人になりました。

思い返せば野菜はほとんどうちで作っていたため、買ったことがなく、
私はおばあちゃんの野菜で育てられたようなものです。

共働きの両親に代わり、全ての家事をしていたのもおばあちゃん。
農業をしつつ、学校から帰った孫の面倒も見てくれていました。


そんな真面目に生きてきた働き者のおばあちゃんに、
神様はなぜこんなひどい仕打ちをするんだろうと、
恨んでいたのは私だけのようです。
本人は驚くほど前向きでした。



持ち主の肉体を離れた右手は、火葬しました。
焼いたあとの骨は小さい骨壺にいれて母が持ち帰りました。
本当に、本当に、よく働いてくれた右手でした。
母や母の妹や私や妹を育て、美味しい野菜を育ててくれた、働き者の右手でした。

感謝しかありません。



おばあちゃんの命があることに、心から感謝します。
また私たちはおばあちゃんと話したり、一緒に美味しいものを食べたり、旅行に行ったりできるのですから。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夫と暮らし始めて半年、
初の外泊中(ひとり)。

今日は夫は街へ仲間と飲み会に、
私は会社の人と郊外へ晩ごはんに。

明日は私は雪のなか、仕事へGO!です



寂しいので
写真で最近のできごとを振り返ります

まずは
クリスマスディナー






ハート型ピザは
真ん中で裂くよね(笑)


つづく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご飯を食べていても
お風呂に入っていても

彼女はもう 前みたいには
生活できないんだ

さぞ悔しかろう



はがい

彼女は弱々しく言った

見上げる天井はただ無機質に 白いだけ




命があっただけ良かった

本当にそうかしら

このまま逝かせてくれたらいいのに と
彼女は呟いた

どうか そんなこと 言わないで


死ぬより 生きるほうが
よっぽどつらいのかもしれない

悔しさは 本人しか知り得ない



後悔の念は 幾何か



神様  どうして
これ以上の試練を与えるのですか

その痛みを  1日私にください
彼女の代わりに彼女の痛みを背負いますから
一時でも

こんなになってまで
生きねばならない
運命を呪っても

神様は 彼女に 生きろと言った
命が終わるまで生きろと

だから 生きねばならない




後悔の念は 幾何か


さぞ悔しかろう



なぜこんな目に遭わねばならんのだ

昨日まで普通に生きていたのに
なぜあのとき 私は

なぜ、なぜ、なぜ…

痛い
想像を絶する痛みだったろう
それ以上に心が
鋭利な刃物でグサグサと何度も刺すように
痛いだろう

痛恨の極み だ

ひとりで  背負いきれないほどの
痛烈な自責の念に押し潰されて

顔も心もぐちゃぐちゃにして
泣いてはいないか

自分があまりに情けなくて
人に助けを求められず 苦しんでいないか


つらい
とても



なぜ あのとき 私は


繰り返す問いに 答えは出ない


終わりのない悔恨の波が 押し寄せる



............................................



起きたことは仕方がない
前を向くしかない
そんなこと、軽々しく言えません。

本人が現実を受け入れるまで
どれくらい時間が掛かるでしょうか。

気持ちを切り替えられるまで
どれくらい時間が必要なのでしょうか。



いつまでこの悔しさと
闘わなくちゃいけないのでしょうか。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日までは普通の毎日だった。

それが突然、何もかも変わってしまった。

本人が一番悔しいだろう。

自分を呪うだろう。

あのときああすれば良かった。

何であんなことをしてしまったのだろう。

命があるだけ、まだマシなのか?

生きることはこんなにもつらく、厳しい。

こんなふうになってまで、惨めでも、不便でも、涙が渇れるほど泣いて悔やんでも、

それでも、死ぬまでは生きなければいけない。

好きなタイミングで、好きな方法で、楽に死なせてはくれない。

ああ、神様。

都合のいいときだけ祈る私を許してください。







近所で火事があり、人が亡くなりました。

まだやりたいことや、食べたいものが沢山あって、会いたい人や、観たい映画や、
大好きな趣味があって、家族がいたかも、、、

想像すると胸がぎゅーっと苦しくなります。

まさか自分がここでこんな死に方をするとは夢にも思わなかったでしょう。

昨日まで生きていたのに、今日死んでしまうなんて。

さぞ悔しかっただろうになあ、、、

私がその人なら、悔しすぎ幽霊に化けて出るわ、、、




大変というのは、大きな「変」つまり出来事、世の中が変わるほど大きな出来事という意味なのだと、言葉の意味を考えたこともなかった私は、最近気付きました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


年始のお休みは今日だけでしたので
今日、両家に挨拶に行きました。

5時間と3時間、それぞれ滞在して、疲れました。

結婚するって家と結婚することだって
誰かが言ってたけど本当にそうですね。

相手の人生に責任を持つ覚悟ができたから結婚したけど、
今日まさにその責任を果たしたって感じ。



年末は悩みごとが多くて、疲れました。

ストレスで初めて全身に蕁麻疹が出ました。(いつもは頭痛と唇のただれなのですが)
12月30日に開いてる病院があって良かった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「明日の朝はモーニングコールが6時。
朝食が7時から。
トランクはポーターさんが取りに来ますので、7時45分に廊下に出してください。
ロビーに8時集合でお願いします。」


毎日添乗員さんからこんな指示があったのに、
もうないんだなあ。





イタリアはいい国でした。

世界一世界遺産が多く、海外旅行者数も世界一という。

フルのツアーに参加したのは初めてでした。
今まではホテル+航空券のツアーで海外に行くことがほとんどでした。
私たちは10人のツアーで、私たち以外は割とご年配の方ばかり。



ヴェネチアでは売り物の仮面(カーニバル用)を被って写真撮影して店員さんに注意されたり、
自由時間に船で遠出したりしました。

あらゆる細い路地、水路、橋が絵になる水の都ヴェネチア。
イタリア人が一度は行ってみたいという、憧れの街。
イタリア人に新婚旅行の行き先として人気らしいです。(イタリア人は新婚旅行で国内に行くのが普通だそう)

観光地では必ず銃をもった兵士さんたちが警備をしていて
兵士さんの写真を撮ると撃たれるらしいのでご注意を(笑)



ミラノは街行く人がみんなスリムで(本当に太めの方がいない)、お洒落。
基本ファッションは黒、グレーなどのシックな感じで、
女性はパンツがほとんど、男性はジャケットが多め。
さすがファッションの街。



フィレンツェは街並みがレンガ色とベージュに彩られている美しい芸術の都。
偉大なるメディチ家とルネッサンスの街。
そして赤ワイン「キャンティ」の街。
(イタリアはさすがワインの本場で、どんなレストランで飲んでもだいたい安くて美味しかった)


ウフィッツィ美術館(発音が面白くてフィレンツェ滞在中ハマってた言葉 笑)では、
ボッティチェリのヴィーナス(本物)の絵の前で女神と並んで「美の競演」(写真撮影)ができるのでおすすめです(笑)

ボッティチェリの「春」もあるよ。

これらは1400年代に描かれた絵画ですよ。本物ですよ。美術の教科書に載ってるやつですよ?(笑)


ミラノでは「最後の晩餐」も見たし(30人ずつしか入れない)、
イタリアすっごいね。歩けば世界遺産に当たる。というか、世界遺産の中を歩ける(笑)



ローマはさすが大都市。
ふるーーーいものだらけで圧倒されます。

特にバチカンは素晴らしかった。
世界一大きなカトリックの教会、サンピエトロ大聖堂の中には、
真剣に祈りを捧げる人たちがいて、讃美歌みたいなのを歌う集団もいて、シスターがいっぱいいて、
そんな荘厳な雰囲気に浸っていたら、出口に、イタリア語や英語やその他の言語の一番下に日本語で「出口」と書いてあって、
サンピエトロ大聖堂に日本語が全然似合わなくて笑いました。
日本人観光客多いのね。笑


なんと2016年は11月20日までカトリックの「特別聖年」で、25年に一度しか開かない門が開いていて、
そこを通ってサンピエトロ大聖堂に入ることができました。


大大大人気のローマ法王フランシスコさんは、
毎週水曜日に執務室の窓から姿を現して
サンピエトロ広場(30万人入る)に集まった民衆に時事を交えながらお話をするそうですよ。

新しくローマ法王を選ぶときは大聖堂の隣のシスティーナ礼拝堂でコンクラーベ(会議みたいなもの)をするんですが、
投票して新しい法王が決まらなければ黒い煙を、
決まれば白い煙を、煙突から出してサンピエトロ広場に集まった民衆に知らせるそうです。
(バチカンから帰って丁度テレビで映画「天使と悪魔」を放送してたから見たけど、めちゃめちゃ面白かった)

システィーナ礼拝堂の天井にはミケランジェロの最後の審判が描かれていますが、
大塚国際美術館のレプリカのほうが礼拝堂が広く、天井も高いように感じました。

礼拝堂のベンチに腰かけて、
はるか昔ミケランジェロがこれを描いたときを想像しながら、上を見上げているというだけの贅沢な時間。
堪能しました。


旅の最後にローマで食べたカルボナーラと海鮮リゾットが最高に美味しくて忘れられない。
そのお店にもう一度行きたい。


イタリア滞在中(5日間)に食べたもの
ピザ  1回
カルボナーラ 1回
ボンゴレビアンコ 1回
イカスミパスタ  1回
ミラノ風リゾット 1回
海鮮リゾット 1回
イタリアンジェラート 2回
ミラノ風カツレツ 1回
ビステッカ(ステーキ) 2回
海鮮のフリット  1回



ピザは軽食で、おやつみたいなものらしい。だから晩ごはんには食べないんですって。意外。


イタリアは見所が多くて、ツアーで効率よく回れたので時間をうまく使えて良かったと思いました。
個人で手配するとなると、美術館の予約や移動が大変かも。





トルコから帰ったとき日本の景色を見て「ジャーミー(イスラム寺院)がない!」と思ったのと同じように、
イタリアから帰ってきたときも「クーポラ(教会の丸い屋根の部分)がない!」と思いました。

余談ですが、ハマったイタリア語は「ドゥオモ」「ウフィッツイ」「サンジョルジョマッジョーレ島」(笑)


あー楽しかった。。

余裕のある人は日程を10日で組んでぜひナポリまでどうぞー。
「ナポリを見て死ね」の評判通りらしいですよ。青の洞窟とか。

私は次にイタリアに行くとしたらぜひ!地理の資料集か何かで見たアルベロベッロに行きたいな(^^)



最高のお天気に恵まれたヴェネチア↓

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。