さえずり通信ぴyっぴよブログ2nd!

癒し・ヒーリングライフを応援する、さえずり通信メールマガジンのバックナンバーなどアップしていきます。
画像や音楽など、にのまえが創ったもの、撮ったものも、少しづつ紹介したいな〜、と、考えています♪


テーマ:

みなさん、こんにちは。

制作部のN氏、こと

一吉成(にのまえよしなり)です。

 

あなたは「元気」ですか?

 

元気の意味。ちょっと考えてみましょう。

 

元気とは「原気」

気の元になるもの。

生命活動の原動力となるエネルギーのこと。

 

そして「源気」。

気の源(みなもと)。

 

「気」の元となり、原動力であり、源である。

気の発する根本は、あなた。です。

 

「元気」「原気」「源気」

これは本来のあなたを意味している。

と思うのです。

 

人間は本来、気が循環し満ち満ちている

「元気」な状態、ということではないしょうか。

 

すべてはエネルギーである。

そう考えると、様々なものが

違った形で見えてきます。

 

我々の臓器を動かすエネルギーは「臓気」

意識を動かすエネルギーは「意志気」

世界の経済を動かすエネルギーは「景気」

地球の生き物を宇宙の紫外線から

守ってくれるエネルギーは「空気」

 

漢字遊びのようになってきましたが

「き」のつく言葉を探すのも楽しいです。

 

日本には「気」のつく言葉が

たくさんあります。

これを言いたいがために

調べていくうちに

いろいろと出てきたので

気がつけば

長くなってしまいました。

 

3回のメルマガで何回「気」を

書いたでしょう。

時間のある方は数えてみてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

制作部のN氏、こと

一吉成(にのまえよしなり)です。

 

あの人が気になるわ。

 

気をつけて行ってきます!

 

やる気出していこう!

 

あなたも一度くらい

いや、かなりの頻度で

「気」を使っていませんか?

 

相手の気持ちを読み

親切丁寧に対応するあなたは

「気遣いがある人」

つまり、気の使い手なのです。

 

こじつけだよ、といわないで

なぜ多くの先生が「気」をテーマにしているか

考えてみることが大切です。

 

「気」は本来、中国からきたもので

道教や中医学(漢方など)での用語です。

 

中国では「氣」と書き

「気」は日本での略字。

 

「気」は「〆る(止めるの意)」

と書くので好ましくない

という考えもありますが

このメルマガはもっと「気楽」に

読んでいただきたいので

「気」で統一します。

 

「病は気から」という言葉も

日本では気持ちや気分として

扱われることが多いようですが

本来はエネルギーの意味合いで

使われていたものです。

 

生命力が低下しているぞ

エネルギーを正しく使い

生命力をしっかり保ちなさい

そうすれば病など治ります。

という意味だったのです。

 

雰囲気に流され浮気してしまう人は

恋人の殺気も平気で流してしまうのでしょう。

 

弱気で陰気な人は

覇気がなく、いつも眠気に襲われている。

 

気がつきましたか?

わたしたちは「気」に囲まれているんです。

 

邪気や狂気を気にしてはいけません。

 

あなたの生命力である「気」について

次回もうちょっと考えてみましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

制作部のN氏、こと

一吉成(にのまえよしなり)です。

 

気が変わりました。

そんな気がします。

 

本気。根気。勇気。元気。

正気。病気。短気は損気。

 

日本人は【気】というものが

日常的に取り入れられている

そう思いませんか?

 

気というのは、一般的に

目には見えないエネルギー。

流動的であり、物質や肉体に

なんらかの作用を及ぼすもの。

と定義できるでしょうか。

 

ラテン語では【spiritus

昨今のSpiritualの元になっている

言葉ということです。

 

また、サンスクリット語では

prana(プラーナ)】といい

生命力や聖なるもの、その気息という

捉え方をされています。

 

息の概念、生命力という概念から

大気の中にある生命的エネルギーが

「気」である。と解釈します。

 

難しく考えようと、考えまいと

見えようと見えまいと

わたしたちには生命エネルギーが

流れています。生きているのですから。

 

ですから、誰でも「気」を持っている

といえるのではないでしょうか。

 

では「気」をイメージしてみましょう!

 

というと、なかなかできるものでは

ないと思います。

 

気のイメージ、実はわたしは

簡単にできてました。

 

鳥山明先生の漫画「ドラゴンボール」

そのど真ん中世代のわたしは

まさにその漫画そのものの

エネルギーが自分のカラダを覆っている

イメージは少年の頃から妄想してたのです!

 

。。。これが正しいか正しくないかは

ちょっと置いておきまして。

 

「気」が身近なものである、ということ

次回はふれてみたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。