2リットルのCBR

2011年にCBR1100XXからGSX1300Rに乗り換えました。


テーマ:

ダッチウェザーに翻弄されたMotoGP第8戦「オランダGP」


いやぁ、見応えありましたね~~


マルケスのマシンチェンジでの牛若丸のような身のこなし。


やっぱり彼はフィジカルが抜群だね。


それにストラテジー(戦略)まで持ってるんだから・・・。



中上くんは雨の中、スリックを履いた無謀者(一発狙い)に


スタート直後の第一コーナーで押し出されて、まさかの順位転落。


予選5位のグリッドだっただけに本当に残念でなりません。


運も大事なのだな、と強く思いました。



次戦はドイツ、二週間後です。


それが終わったらヨーロッパは終了でサマーブレークに入ります。


そして、3か月後、私の誕生日には日本GPです!!!




AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

江口さん、唐沢さんのコンビが懐かしい。


とても良いドラマでしたが、最終回が変。



ドラマ見てない人は以下、スルーしてね。




帰ろうとするキド社長を引き留めるために


賭けを提案した細川社長と青島会長。


しかし、その賭けの条件がおかしい。



「青島が勝ったら」という前提で話が進む。


結局、青島会長は「(青島が勝ったら)私の株をあげる」と言い出す。


普通、「青島が負けたら、私の株をあげる」じゃないの???



とても気持ちが悪かったので、ググってみたら


同じことを言ってる(書いてる)人がいた(笑)


知恵袋



単なるセリフ間違いなのかな・・・・


でも、あのシーンでそりゃないよな。



見た人いたらコメントよろしくお願いします。





AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オランダGPのクオリファイ(予選)は
ダッチウェザーの神様の悪戯により
オープンクラスのアレイシ・エスパロガロが
ポールを取りました。
我らがロッシはまさかの12番手からのスタートとなります。
8戦連続優勝の記録が掛かるマルケスは
二番手スタートです。
決勝はドライレースになることを願います。

タカ君は開幕カタールに次ぐ
五番手スタートとなります。
ここらで本領を発揮して欲しいです。
シングルフィニッシュ、
いや是非ポディウムに!



Android携帯からの投稿
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のハスラー試乗に続き、今度はスイフトです。


営業の方はハスラーよりもスイフトを強く薦めてきます。


SUZUKIは今、黙ってても売れるハスラーよりも、


小型車(普通車)への乗り換えを推奨するキャンペーンを張っているようで


値引きも頑張ります、と言われました。


まずは試乗へ。


「RS」に乗りたかったのですが、生憎、試乗車がなく「XL」に。


でも、ディアルジェットなのでOKです。




まず、クルマの良し悪しはドアを閉めた「音」で分かるといいますが


これは、ハスラーのそれとは比較になりません。


「バフッ♪」という、重低音、さすが、普通車です。


そして、開発に一億円掛けた、というインパネが美しい。


エンジンも静かで、室内の遮音も素晴らしい。


この辺りはハスラーとは比べ物になりません。



まずは、ベタ踏み。


おぉ、NA(ノンターボ)でもグイグイ加速していきます。


左右に振ってみますが、足もいい。



ただ、アイドリングストップは私との相性がよくありません。


私は停止寸前にブレーキを抜く”癖”があるので、それがスイフト側からは


「まだ走る」と判断されたのか、肝心のアイドリングストップが為されないことが多かったです。



続いて、車内の広さ。


前席は”囲まれ感”がいいです。


コクピットも綺麗にまとめられていて、走る気にさせる室内です。


ただ、後部座席の狭さには、正直、落胆。


シートを一番後ろまで下げるとこの様子。


実際に私が後部座席に座ろうとしましたが、足が引っ掛かり、スムーズに乗り込めませんでした。


まぁ、2シーターと思い、後部座席は荷物だけと、割り切りが必要です。


また、ハスラーのように後部座席はスライドしないので、それも不満でした。



走りは素晴らしいけど、レジャーで使うことを思うと、私には「無い」と断言。


試乗出来て良かったです。


これでは、RSもスポーツもありません。


やっぱり、クルマは「居室内」の広さが重要ですね。




試乗を終えると、売約済みのお客のハスラーが届いていました。


これから納車準備をしてナンバーが付くそうです。


ピンク2トーンのハスラー、可愛いですね。


ホイールが白なので、Gグレードだと思われます。







そして、隣りには昨日、試乗した白青のハスラーと


これまた納車準備中の「RS」が並んでいました。


う~ん、まったく別物のクルマですね(笑)


そもそも比べることに無理があるのか。






ハスラーの居室内スペースを改めてみてみます。


このように、後部座席が左右で別々に16センチまでスライドできます。


やっぱり広いなぁ。




最低地上高が高いので、コンビニの入り口など気にせず、使える点もポイントです。


やっぱり、ハスラーだな。


特に後部座席に人を乗せるわけではありませんが、この広さは魅力です。


相棒と二人で出かけることを考えても、この使い勝手は絶対に魅力です。



ということで、私のスイフトへの欲求は無くなりました。


家が建って、2015年の自動車税増税までに乗り換えたいと思います。


いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

母の誕生会をカラオケボックスで行いました。


カラオケなんて、5年は行ってないので、食べ物などが持ち込みOKで驚きました。







甥と姪はカラオケに来てもこの様子・・・


自分の番が来ると唄い、終わるとまたネットの世界に戻って行く(爆)




母は今、カラオケ教室に通っていて


近々、テストがあるらしく、同じ曲を何度も練習していました。


文字通り、人生を謳している様子で安心しました。



100まで生きて欲しいと思います。



帰りに、初めて「隼ハウス」の”土地”を見せました。


静かで良いところだと褒めてもらいました^^





いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日も梅雨の中休み。



今、私の一番の興味は、何といっても SUZUKI「HUSTLER」


クロカン・ジムニーと、乗用・ワゴンRの”いいとこ取り”で


納車はもっぱら半年待ちと言われている


スズキ自動車のイチオシ”ドル箱カー”です。




カタログは既に取り寄せていて、


YOUTUBEのレビューも飽きるほど見ました。


ヒルディセントコントロール、グリップコントロールなど


HUSTLERに関する機能、スペックも理解しました。




ということで、後は乗るだけ。


でも、ただ、ダラっと乗っても仕方ないので一応、テーマを決めていく。


私が体感したいのは以下の点。


①2WDと4WD


②サスペンション


③NAとターボの違い


④ブレーキの利き


⑤CVTの変速


⑥アイドリングストップ(■エアコン作動 ■減速時13km/h以下の状態)


⑦エネチャージ


⑧運転席および後部座席の硬さと広さ


⑨ハッチバック全開時に180センチの私が地面から立てるかどうか




早速、試乗です。


横のデカールがちょっと恥ずかしい(笑)


2WDのGグレード。NAです。


色はサマーブルーとホワイトの2トーン。


鉄チンホイールまでホワイトです。



シートにはブルーのパイピングが施されていて


車内がスッキリして見えます。




では、走りは?


まぁ、NAなのでこんなもんでしょう、というのが正直なインプレ。


通勤メインで使うならコレ(NA)を買うと思いますが


レジャー(特に雪山)で高速に乗ることを考えると、間違いなく登坂車線行きは決定なので


私はターボを買うと思います。




シートは思ったよりしっかりしていて、長距離でも大丈夫でしょう。


180センチの私で、シートを一番下げると、ハンドルまで十分なクリアランスが生まれました。


よって、問題なし。




そして、後部座席が驚きの広さ。


画像は私が運転した後なので、運転席を一番下げた状態です。


また、後部座席はここから更に16センチ下げることが出来ます。


しかも、左右独立式です。




16センチ下げた状態で座ってみました。


やや浅く腰掛けた状態(膝を突き出した)でも、膝の先には20センチ程度のクリアランスがあります。


足を組んでも余裕でした。


これいいなぁ。マジで欲しいなぁ。


そう思っていると、営業マンが商談席に誘ってきました(笑)


とはいえ、最近、数千万円の借金をしたばかりなので


車をローンで買う気はありません。


ということで、本日は完全なる”冷やかし”です。



一応、アンケートに答えて、1店舗目を後にします。




続いては、ターボ車を置いてある店舗へ移動。


またしても、サマーブルーです(笑)


こちらは、サイドにチェッカーフラッグのデカールが入っていました。


でも、Xグレードなので、ホイールは鉄チンではなく、アルミが履かされています。


やっぱ、アルミホイールはカッコいいね。




Xグレードの特典、ディスチャージのヘッドライトもいい感じです。


フォグも付いています。



早速、試乗へ。


新人の営業マンだったので、余計な薀蓄その他、マシンガントークもなく


私のやりたいようにやらせてくれました(ラッキ~♪)


まずは、国道に出て、アクセルをベタ踏みに。


おぉ~速ぇぇぇ~~~。


NAとは別モノです。


この瞬間、NAは100%無い、と確信。


ベタ踏みすれば、2リッタークラスの普通車をシグナルダッシュで軽くリードできます。


また、60キロ程度からもキックダウンでさらに加速。


予想以上に速くて驚きました。


Kカーもここまで来たか、という感じ。


アイドリングストップも時速13キロ以下でエンジンがストールするので


変なショックを感じることなく、いつの間にかエンジンストップ。


また、再始動(ブレーキペダルからアクセルペダルに乗せ替え)も大変、スムーズでした。


ハンドルを軽く切ることで、アイドリングストップをさせない”裏ワザ”も覚えました。


そして、アイドルストップ時のエネクールもよく利いていました。


真夏の35度以上の中では、1分以上の信号待ちでは少し厳しいかも?


とも思いましたが、


3段階からアイドリングストップのシチュエーションを選択することも出来るので


それは、使っていきながら調整すればOKでしょう。


とにかく、ターボはいいです。


あとは、4WDだけですが、そもそもがフルタイムだし


雪山などで前輪が滑る状況などを作り出さないと、グリップコントロールなどの機能は


体感できないと思うので、これは何とも言えません。


ただ、FFベースではあっても、オンロードで後輪にもある程度の駆動は掛かっているそうなので


雪道はもちろん、走破性は4WDの方が少し優れていると言えると思います。


ターボは必須、4WDは気休め?


とにかく、ツルツルの道などではグリコンが利いて恩恵はあると思いますが。


それより、クルーズコントローラーを付けて欲しかった。




試乗後に、営業マンから頂きました。


ミィの「イヒ」という声が聞こえてきそうです(笑)






まとめ。


①2WDと4WD

今回は2WDのみの試乗だったが、グリコンとヒルディの恩恵はあると思う。

②サスペンション

腰高感はない、軽いワインディングで左右にハンドルを振ってみたが

ロールは最小限に抑えられていた。

ミニキャブとは雲泥の差(笑)

③NAとターボの違い

これが一番、体感できると思う。

街乗り、通勤メインならNA。

高速に乗ったり、他車を少しでもリードしたい人は絶対ターボ。

④ブレーキの利き

今の車の特徴かな?

利き始めが遠い。

深く踏み込まないと利かない。

ミニキャブの感覚で踏んだら、最初は利かなくてドキっとした。

でも、5分乗ったら慣れました。

⑤CVTの変速

エンブレは普通のオートマと比較して、明らかに弱い。

その分、変速ショックも感じない。

また、上り坂での停止からの発進はヒルホールドコントロールがあるので

ペダルの踏み替え時の後退を防いでくれます。

⑥アイドリングストップ(■エアコン作動 ■減速時13km/h以下の状態)

これは素晴らしい。

止まったことを感じさせず、再スタートもノーストレス。

停車時も畜冷剤のおかげで涼しい風が出ていた。

⑦エネチャージ

13km/h以下でエンジンが止まり、更に空転するタイヤの回転を使って

発電を始めるなんてお利口です。

助手席下のリチウムイオンバッテリーは5年保障、10年交換だそうです。


⑧運転席および後部座席の硬さと広さ

適度に硬く、長距離も行けると思います。

また左右独立式のベンチシートは、運転席と助手席の行き来がラクです。

フルフラットを始め、多彩なシートアレンジも良くできています。

中でも、リアシートの16センチスライドは感動。

⑨ハッチバック全開時に180センチの私が地面から立てるかどうか

雪山などでの降雪時に、簡易的な屋根とした場合

楽に立てるかどうかは大事なのですが、これは残念ながら私の身長では

ハッチバックに頭が当たってしまいました。

ミニキャブや相棒のスパイクは当たりません。




いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月19日(友引)


ついに土地の引き渡しが完了しました。


と、いってもローン完済までは一番抵当を銀行に打たれているので


車をローンで買った場合のいわゆる「使用者」という立場ではありますが(汗)






家づくりは、ここから一気に加速していきます。


明日はいよいよ工務店の選定作業に取り掛かります。


仕事終わりで、都内から駆けつけて来ると合流し、ファミレスで打ち合わせです。



週明けには工務店を決めて、いよいよ来週末は「地鎮祭」


そして、工事着工日が決まったら、今度は建物分の融資プランを銀行と打ち合わせ。



一般には、以下の3回のタイミングで工務店に支払いを行うそうです。


①着工 → ②上棟 → ③完成


これは、つなぎ融資(前貸し)を行い、工務店の体力維持(倒産させない)を図るためです。



設計もいよいよ大詰め。


建ってからでは簡単に変更が利かない部分を詰めていきます。


床暖房、壁紙、コンセント、配管・・・まだまだ詰めることが山積。




絶対に後悔しない家を建てるぞ!!!



いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の金消契約を経て、ついに建物部分の一回目の見積もりが出ました。


正直、オーバースペック気味な金額です(汗)


とはいえ、


まだ競合3社のうち残り2社の見積もりが出ていないので希望はあります。


それに、そもそも一回目の見積もりは余剰部分を多く含んでいるそうなので


ここから匠の腕の見せ所といったところでしょうか。


正直、素人の私が見ても、何が余剰で何が必須なのかよく分かりませんし(笑)



金額的に折り合って、何より、モチベーションの高い工務店と


工事請負契約を結びたいと思います。







シビアなお金の話のあとは、匠夫人の手作りカップシフォンを


テンコ盛りホイップと共に頂きました。


いつも美味しい珈琲とデザートをありがとうございます。






地鎮祭は29日(日曜日)の友引になりそうです。


匠夫婦(設計士)と工務店関係者、


そして、土地を売って頂いた不動産会社の担当者と両家の親族で行います。


晴れるといいな。






いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

梅雨の中休み、のぶ兄と


茨城・栃木へツーリングに行ってきました。


美味しそうな名前?の「ビーフライン」


ヘアピンなどなく、割と初心者向けの道かもしれません。







休憩場所を求めて、のぶ兄チョイスの「シャンピニオン」へ。


「営業中」という札が出ていて、窓も空いていたのですが


入り口のドアが閉まっていて中に入れません。


数回、声を掛けるも無しの礫。







時刻は11時30分。


画像奥にある、お隣のお蕎麦屋が丁度、開店したので少し早いお昼にしました。







茨城って、お蕎麦が盛んなんですね、知らなかったです。







「冷やし狸蕎麦をチョイス」 @800円


ホントは7月からのメニューでしたが、お店側が無理矢理?作ってくれました。


よって、キュウリなど定番のトッピングはありません。


茄子とネギと揚げ玉のみのシンプルな冷やし狸です。


しかし、粘り気のある十割蕎麦は食べ応えがありました。


大食漢の私でもお腹が一杯に。


どうやら、一般のお蕎麦屋さんの1.5倍くらい、蕎麦の盛りが良いようです。







腰はそんなにありませんが、粘り気があり、新潟のヘギ蕎麦を思い出します。


天ぷらはまるでポテトチップスのようにサクサクでした♪


家庭では出せない技術ですね。







ビーフラインは北海道のようなまっすぐの一本道があります。


晴れた日は気持ちがよいですね。






ビーフライン上にある「山桜」というお土産屋でデザートのソフトクリームを頂きました。


「やぶきた茶」と「バニラ」のミックスをチョイス。


甘すぎず、美味しかったですが、のぶさんが食べていた「木いちごソフト」の方が美味しそうでした(笑)






ツインリンクもてぎを目指す道中、よさげな道と思い、入った道が酷かった。


狭い上に所々に濡れた苔(こけ)があり、それはもう走れたものではありません。


湧き水が道路を濡らしていて、「これはもう限界」と思ったところで


都合の良いUターン場所を見つけ、私が恐る恐る足付きUターンを終えた瞬間


ガシャーン!!!


のぶさんがまさかの転倒。


登り坂の極低速Uターン。


危険なニオイがプンプンするシチュエーションです。



私は両足を着いてのフルステアUターンでしたが


のぶさんは果敢にも足を着かずにUターンに臨んだのが敗因だったようです。


幸い、ジュラコン製のエンジンガードならぬカウルガードが着いているので


90%の着地をそのガードが引き受けてくれたようで、殆ど被害はなし。


やっぱり「転ばぬ先の杖」は大事ですね。


私のハヤブサにも是非、検討致します。


激しい転倒時はジュラコンの接続ボルト部がフレームを強く押してしまい


フレーム側のボルト受け部分が舐めてしまう恐れもあるようですが


このような極低速時の転倒(立ちごけ)には大きな効力を発揮するようです。







ツインリンクもてぎの北口です。








茂木エリアはどこもガラガラでとても走りやすかったです。


日本GPの時しか知らない私には、違う茂木の顔を見た気がします。


どこも長閑で静かでとても良かったです。






帰りは水戸北スマートICを入り、柏ICで下車。


しかし、その両方でハプニングが発生。


まず、水戸北ではのぶ兄のCBRがETCの入り口で認識されず


4輪を従えてプチ渋滞を作り、


柏では私の直ったはず?のETC車載器が再びトラブルで通過できず。


最後の最後で少し凹みましたが


やっぱり一度でも不安定になった機械モノは


人間の身体のように自然治癒することはないのだということがよく分かりました。


今夏の1万5千円のETC助成金が下りたら、新しいETCを購入しようと思います。



次回ツーリングは「梅雨明けの伊豆」を予定しています。


のぶ兄、お疲れ様でした。













いいね!(2)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。