2リットルのCBR

2011年にCBR1100XXからGSX1300Rに乗り換えました。


テーマ:

デジカメを新調したので、バッグが欲しくなりました。


いろいろ、検討した結果、選んだのはこちら!


ポーター ショルダードライブ


女子にも人気のバッグのようですが、私のようなオッサンが持っても様になる (と、思う)


2リットルのCBR




HX30Vがしっかり収納できて、余り有ります。


また、周辺機器(モバイルバッテリーなど)も一緒に持参できます。


2リットルのCBR





そして、カメラの収納部に使われている生地もポイントです。


高級タオルのような柔らかい素材なのでカメラの傷付き防止にも貢献です。


もちろん、クッション性もあるので落下などにも大丈夫だと思います。


2リットルのCBR




また、背面は縦にも横にもベルトループが付いているので


ズボンのベルトに着けても良いし、


リュックのショルダー部にもそのまま着けられます。

2リットルのCBR

機能面でも言うことないし、何より可愛くて所有欲を満たしてくれます。


10月のMotoGPに持っていきます♪




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「独り言」 の記事

テーマ:

デジカメを新調しました。


初のサイバーショット!


売りは、


・光学ズーム20倍

・1820万画素

・WiFi

・GPS

・フルハイビジョン動画

・3D


2リットルのCBR

2リットルのCBR






最近、小さいだけのコンデジにはない、この重厚感。


昔持っていた「コンタックス」を彷彿とさせます^^


F値こそ大きいが、そこはSONY。


世界最高峰の手ぶれ補正で、室内でも暗所でもブレることなく撮影ができます。


とにかく動画が綺麗・・・


私的には、これでデジカムとおさらばです。


2リットルのCBR



バッテリーがちょっと心許ありませんが


そこは、以前から使っているパナのモバイルバッテリーが使えるので安心です。

2リットルのCBR



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スマホをバイクにマウントするために買ってみました。


2リットルのCBR




背面とサイド部がラバーになっているので、滑り止め効果が得られます。


2リットルのCBR






閉じたときと、開いたとき。


結構、大柄なものまで行けそうな感じです。


2リットルのCBR






このギザギザのポッチを押すことで、狭(せば)めたサイドバーを解除できます。


2リットルのCBR





galaxy S2 をセットしてみました。


縦にも横にもいけますね!


2リットルのCBR

サイドバーをキツメに挟むと、滑り止めのラバーの効果もあり


かなりしっかり固定できました。


ハヤブサの振動程度では落ちることはないと思います。


これで、安心してスマホで車載動画を撮影出来ます。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

北海道で大活躍した タフザック60 ですが


2リットルのCBR


どうにもこうにも、コードが使いづらく残念でした。


そこで!


ネットを徘徊し便利なものを発見。


それが、こちら!


2リットルのCBR






2本のロープが、真ん中のスタビライザーを介することで


4つの方向にテンションをかけることができます。


1本のロープを順々に這わせていたことを考えると、相当に作業が短縮すると思います。


早く使いたいなぁ。


2リットルのCBR


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついに最終日。


2リットルのCBR






マウントレースイホテルは、この時期、家族連れだらけでとても賑やか(うるさい)でした。


また、部屋のエアコンが壊れていました。


ただ!


従業員の対応がとてもよく、そして何よりも食事のバリエーションがすごい。


「夕張メロン食べ放題」に始まり、刺身、寿司、ステーキ、茶そば、スイーツ・・・


バイキングだったのでつい食べすぎましたが


メロン苦手の私でも夕張メロンはちょっと美味しかった^^


ステーキは目の前で焼いてくれるのでシズル感があって味も良かったです。


2リットルのCBR







夕張といえば、こちら?!


二人とも特に映画を見たわけでも思い入れがあるわけでもないのですが


やたら、道路などに案内が出ているのでちょっと寄ってみました。


が、


肝心なロケ跡の家などへは有料ということで、とっとと踵を返しました。


2リットルのCBR






そして、付近の地図を見ると、


偶然にも以前から興味があった 「快速旅団」 のショップを発見。


バイクの音を聞きつけ、店内からワンコがお出迎え。


店員曰く、「営業担当の豆たん」 という名前だそうです。


無駄吠えせず、愛らしいワンコでした。


可愛さ余って、つい財布の紐を緩ませる作戦でしょうか(笑)


2リットルのCBR


結局、何も買わずに出てしまった @ごめんね豆たん





あとは、帰るだけ。


指定のスタンドでガソリンを抜きます。


ここで、出発からおよそ1000kmに到達しました。



2リットルのCBR






ガソリンを抜いたら、ANA貨物センターへ行き、バイクを預けます。


2リットルのCBR





バッテリーのターミナルを外して絶縁したら、OKです。


あとは、空港へ行くだけ。


新千歳の貨物センターからバス停までは、割と歩くということが往路に分かったので、


帰りはタクシーを呼んでもらいました。


2リットルのCBR






気さくな運転手の方で、空港までの短い時間、少しだけ北海道についてトーク。


しかし、初乗りが470円でビックリ!


結局、空港までは630円でした。


2リットルのCBR



空港へはかなり早く着いたので、辺りを散策します。


ヘルメットは邪魔になるのでコインロッカーへ。


「これ、忘れたら洒落にならないね~」


なんて話しながら・・・


2リットルのCBR






新千歳空港は思いのほか楽しい。


たくさんのショップが入っています。


それこそ、毛ガニの店頭販売から無印良品まで。


花畑牧場でキャラメルソフトを頂きました。

ソフトを食べながら、


「ヘルメット忘れないようにしようね」


なんて言いながら。。。


2リットルのCBR




マルセイのバターサンドや、ジャガポックルなどのお土産を買って


辺りをウロウロしていると、


いい時間になってきたので、搭乗口へ向かいます。


そして、搭乗口の前まで来た辺りで相棒が・・・


「ヘルメット!!!」 とつぶやく。


これ、私一人だったら間違いなく忘れてたと思います(汗)






慌てて取りに戻った感じが写真に出てる?


2リットルのCBR


格言


よほど大荷物でない限り、ヘルメットは携行せよ







北海道を満喫した人たち?で溢れています。


帰りの便も乗車率は100%。


2リットルのCBR






1時間半弱で羽田に着くと、辺りは暗くなっていました。


そして、今度は偶然ではなく、


自らバイクを激写するためにカーゴの出口でカメラを構えます。


ズーム域いっぱいで何とか撮影に成功!?


2リットルのCBR





空港で少し時間を潰し(これポイントです) 西貨物を目指します。

バスの車内はガラガラです。


2リットルのCBR




西貨物へ行くと、他のライダーが3人、うなだれた様子で椅子に座っていました。


なんでも、カーゴの到着が遅れているらしく


3人は既に20分以上は待っている様子。


待つこと数分で私の名前が呼ばれ、残されたライダーからはため息が・・・ (出た気がした(笑))





貨物センターに着き、傷の有無を確認し、バッテリーを繋いだら


あとは帰るだけです!


っと、その前に無料給油の5リットルを忘れずに受けましょう。


そうそう、バイクのミラーにはまた、心温まるメッセージカードがぶら下がっていましたよ。


2リットルのCBR




お台場などを抜け、北海道とはまったく違う湿度にため息を覚えながらも


このジットリ感にどこか懐かしさを感じ、帰宅の途に着きました。


2リットルのCBR


事故も、違反も、湿度も、雨も、”ナイナイ尽くし”の素晴らしい4日間。


そして、今回、スカイツーリングに掛った費用は


273,600円(人間・バイク・ホテル込)


これが安いのか高いのか? は、分かりませんが(笑)


二人は満足しております。



時間がある人は、往復フェリーで40時間を味わうもよし


体力がある人は、往復自走(少しフェリー)で疲労を味わうもよし。


人それぞれの、思い描いた北海道を満喫することができればそれが一番だと思います。



来年は九州あたりを狙ってみたいと思います。










いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


今日は、北海道ツーリングのメインイベント、「宗谷岬」を目指します!


※クリックで大きくなります
2リットルのCBR






ホテルの部屋から「稚内駅」がよく見降ろせました。


2リットルのCBR








稚内全日空ホテルは、まだ新しくとても清潔な感じでした。


2リットルのCBR







せっかくなので、ちょっと道草。

2リットルのCBR





宗谷岬を望むには、宗谷国道で海を回っていくルートと


途中から県道に折れて、宗谷丘陵を通るルートがあります。


我々は、相棒の希望で宗谷丘陵を通るルートをチョイス。


正解でした。


素晴らしいビューポイントに遭遇。


2リットルのCBR




そして、ついに 日本最北端 「宗谷岬」 に到着です。


手前に間宮林蔵の像があります。


観光雑誌や、多くの人のブログで見た風景が広がっています。


ついに来ちまった^^

2リットルのCBR







社会科でこの人の名前だけは絶対に忘れない。


まみやりんぞう


なんか、”音”がいいんだよね(笑)


我らが千葉の英雄、伊能忠敬は、この人に測量の技術を伝授したそうです。


2リットルのCBR








さすが平日です。


いつもは写真撮影の列ができているはずの石碑の前が空いている♪


観光バスもまだ到着していないのでタイミングも良かったのかもしれません。


2リットルのCBR






さっそく、記念撮影を開始。

2リットルのCBR






海の向こうにはサハリンが・・・見えません(笑)


2リットルのCBR







駐車場を隔てて、日本最北端の売店?があります。


気温は午前10時になろうとしているのにまだ22℃。


ホントに涼しいです @北海道




売店では、利尻昆布と、日本最北端の酒を買いました。


また、無料でマイナス10℃の世界が体験できる部屋もあります。


2リットルのCBR






ぼちぼち、ライダーが集まってきました。


なかには、革ジャンを着こんでマフラーをしっかり巻いている、常連?と思しき女性が。


しかも、どうやら一人で来た模様。


世の中にはすげー女性がいるもんだ。

2リットルのCBR






宗谷岬から見える距離に、こちらも日本最北端の「ガソリンスタンド」があります。


皆、ライダーは 「日本最北端給油証明書」と「貝殻の交通安全」が欲しくて、


ここでガソリンを入れることになります。

2リットルのCBR






続いては、少し東に降りて行きます。


「さるふつ公園」には、こけももの花から作った


「こけももソフト」というソフトクリームが有名なそうなので、食しました。


甘すぎず、あっさりとしていて、とても食べやすかった。(溶けやすいので注意)


2リットルのCBR







さるふつ公園は、道の駅と、キャンプ場もセットになっています、さすが北海道。


2リットルのCBR







その「さるふつ公園」をさらに南に出て、数百メートルのところに牛が放牧されていて


かなり近くまで寄れました。


バイクのエンジン音がすると、面白いように牛が集まってきます(笑)

2リットルのCBR

2リットルのCBR


2リットルのCBR


でも、何もくれないと分かると、あっさりと引き揚げて行きました(苦笑)


愛らしい表情で穏やかで、牛はホントかわいい。







ここから一気に、夕張のホテルを目指しますが


道中で、名寄の有名なひまわり畑に寄ります。


以前、このブログでも書いた 星守る犬 の映画のロケ地にもなった場所です。

2リットルのCBR




辺り一面、ひまわりだらけ^^


なんかパワーをもらえます。


ひまわりは、若いころは太陽の方を向くそうですが


成長が終わると、太陽とは無関係のポジションになるそうです。


太陽の方を向いていないひまわりは一丁上がりってわけですね(笑)


2リットルのCBR

2リットルのCBR








続いて、北海道に来たら誰もが寄る?「ホクレン」のガソリンスタンド。


2リットルのCBR







ここでは、ライダー限定のフラッグがあり(今は、有料になってます)


これを荷物に差して走ることで北海道気分を味わえます(笑)


また、色によって、北海道の道東とか、道北とか分かれているそうです。


この時期は、どこも売り切れでしたが、やっと見つけました!


2リットルのCBR







100円の割には、結構しっかり作ってありました。


2リットルのCBR




今夜、お世話になる夕張市内に入ってきました。


辺りには、夕張メロンの看板だらけ。

2リットルのCBR






今夜、泊るホテルは 「マウントレースイ」というホテルですが


石勝線の 「夕張駅」がホントに目の前です。


2リットルのCBR



二日続けて400キロ程度の走行でしたが、相棒はかなり乗れるようになりました。


そもそも、普段あまりバイクには乗っていない相棒なので、”伸びしろ” は人一倍あります。


ある意味、うらやましいです(笑)


この調子で、バイクライフに溶け込んでくれたらいいな、と思います。


いよいよ、明日は最後の北海道です。


3泊4日の旅はあっという間です。。。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は札幌から一気に稚内を目指します!



※クリックで大きくなります
2リットルのCBR





が、外は雨・・・(泣)


と、思ったら9時頃から雨はあがるとの情報が!


2リットルのCBR






とりあえず、朝食を食べてます。


朝からバイキングです♪


2リットルのCBR




天気予報どおり、雨はあがりました^^


札幌全日空ホテル、お世話になりました。


2リットルのCBR






せっかくなので、札幌大通公園で道草です。


2リットルのCBR




とうもろこしワゴンも出てました。

2リットルのCBR







札幌ICから道央道に乗り、留萌を目指します!


そして、海沿いの風車を眺めながら、オロロンラインを果てしなく北上です。


2リットルのCBR








北緯45度の通過点。


2リットルのCBR






利尻島が見えてきました!


2リットルのCBR





そして、夕陽とウニ丼の街(勝手に命名)稚内へ到着です!


こちらは、ノシャップ岬。


午後7時前、空が茜色です。


2リットルのCBR





赤い丸が今、いる場所です。


2リットルのCBR




あっという間に暮れて行きました。


2リットルのCBR








利尻島と月のコラボ♪


2リットルのCBR





そして、ノシャップ岬、もうひとつの目玉 「樺太食堂」のウニ丼。


と、思ったらすでに閉まっていました(泣)

2リットルのCBR




落胆に暮れていると、樺太食堂のすぐそばのお店に明かりが灯っていて


店の前にバイクを止めると、中からタオルを巻いた御主人が笑顔で出迎えてくれました。


あすまた来て 「樺太食堂」で食べるか、それとも・・・


お腹がすでに ”ウニモード” になっていたので、明日まで待てない。


というわけで、「みなとや」でお世話になりました。


2リットルのCBR




ところがこれが大当たり!


ウニが美味いのなんの・・・。


マジでこんなにおいしいウニを食べたことがありません。


しかも、値段がリーズナブル。


私が食べた、二色丼(ウニ・いくら)が2,000円。


相棒が食べた、海鮮巴丼(ウニ・カニ・いくら)が2,500円。


2リットルのCBR

2リットルのCBR





すっかり満腹になり、ホテルまでカーナビ表示で100メートルとなったところで


なんか見たことがある建築物が。


「あ~~!! ○○ドームだ!!!!」


思わず、インカムで叫ぶ私。


相棒も 「そうだね!!!」


2リットルのCBR



実はこれ、「北防波堤ドーム」といって


北海道遺産のひとつなんです。




ツーリング雑誌などにもよく登場する、割とメジャーな建築物。


まさか、今夜止まるホテルの目の前とは・・・。


持ってるな、俺たち(笑)

2リットルのCBR




後ろを振り向くとホテル。


2リットルのCBR






北防波堤ドーム端の港に、稚泊航路記念碑があります。

2リットルのCBR


あとはチェックインしてシャワー浴びて眠るだけ。


そうそう、今日は最北端の「宗谷岬」へは届きませんでした。


明日の旅程プログラムに入れちゃいます^^




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スカイツーリングスタートです!


2リットルのCBR






下見に行ったルートで羽田空港を目指します。


※クリックで大きくなります
2リットルのCBR





指定されたガソリンスタンド(昭和シェル石油)でガソリンを抜きます。


相棒のホーネットは結構、残っていたのでゴッソリ抜かれてましたが


私のハヤブサはemptyランプが点灯していたので


「empty付いてますけど」と申告すると、


「じゃ、抜かないでいいですね!」と、お咎め?なし(*^_^*)


その後、西貨物へ向かいバイク搭載の手続きをします。


西貨物ゲート入口でこのような証明書をもらい、中に入ります。


親指部分の紙にANA受付カウンターでハンコをもらうのを忘れないように!


2リットルのCBR








無事に受付センターで手続きが済みました。


しかし、暑い・・・・


2リットルのCBR






次に受付カウンターを出て、右に行きます(バイクに乗っていきます)


貨物庫群の端っこにANAのブースがあります。


受付センターからすでに連絡が入っているらしく、係の人が手招きしてくれます。


ここで、バッテリーのマイナスを外し、絶縁します。


作業が終わるまで係の人が待っていますので、モタモタすると恥ずかしいです。




相棒は自宅でバッテリーのターミナル外しの練習をしたので


私が手伝うことなく、スムーズにいきました(エライ!)


2リットルのCBR






そして次に、バイクの重量を測られます。(写真はありません)


私が跨った状態で365キロありました(相棒談)


その後、私が秤から降りると、表示が270キロになったので割と精確な秤だと思われます(笑)


次に、コンテナに載せるために台座に固定します。


2リットルのCBR




台座への固定が済み、係の人と記念撮影。


こちらが頼んだわけではなく、


係の人から「記念撮影しましょうか!」と、ありがたいお言葉。


とても、感じのいい人ばかりでした。


2リットルのCBR




無事にバイクの引き渡しも済み、あとは空港第二ターミナルへ行き


人間の搭乗を待つのみです。


西貨物を出たら、左へ行き、空港循環バスを使います。


タクシーを呼ぶ人もいますが、


バスは1時間に3本程度は来るし、受付カウンターでバスの時刻表ももらえるので、


時間を調整していけば問題ありません。


貨物庫からは、歩いて7分くらいです。


2リットルのCBR





未踏の北海道への思いを巡らせ、相棒と会話しているとすぐにバスは来ました。


2リットルのCBR





第二ターミナルに着き、小腹が空いたので食堂街を散策。


ガッツリ食べるほどではなかったので、軽食で済ませました。


2リットルのCBR




喫茶店から外を見ると、海の向こうに千葉・幕張ビル群が見えました。


2リットルのCBR




ちょっと方向を変えるとスカイツリーもよく見えました。


2リットルのCBR




ANA、アナ、あな、穴・・・

2リットルのCBR






ここで嬉しい出来事に遭遇!


なんと、目の前で我々のバイクが積まれていきます。


ちょっと感動しました(*_*)

2リットルのCBR






フライトは正午でしたが、滑走路内のトラブルで20分遅れとの連絡が。


急ぐ旅でもあるまい、相棒とのんびり時間を潰します。


その後、放送で促され機内へ。


お盆は終わってましたが、搭乗率は100%でした。


私の大好きな、離陸の加速を味わい飛行機はグングン高度を上げていきます。


座席は翼の近く。


フラップがチョコチョコ動く様子に少し興奮(笑)


しかし、いい天気です。


2リットルのCBR





14時前に新千歳空港に到着。


2リットルのCBR





降りたって驚いたのは、とても涼しいこと。


ホントに湿気がないんですね~。


気温は30℃近くあるのですが、汗が出ません。


空港内で軽食を食べます。


がっつりウニ丼?とか迷いましたが、それは夜に取っておきたいのでまた軽食に。



たまたま目に入ったところに、モスバーガーがあり


一応、ご当地モノを売りにしていたので、これに決定。


しかし後に、これは本州でも食べられることに気付き失笑。


2リットルのCBR









空港で時間を潰していたのには訳があります。


実は、飛行機から降ろしたバイクは、その後、ANA貨物センターに送られるのです。


つまり、急いで取りに行ってもバイクが未着のケースが多いとのことで


適当に時間を潰していたのです。




では、時間もこなれてきたので


新千歳空港の循環バスを使いANA貨物を目指します。


「28番」 という停留所からバスは出ますが


行き先に「ANAエアカーゴ」とは書いてないので注意です。


一応、バスの運転手に「ANAエアカーゴまで行きますか?」と確認しました。


私たちが乗ったバスは「支笏湖行き」と書かれていました。


2リットルのCBR






7分ほど行ったところに「エアカーゴ前」という停留所があるので、そこで降ります。


斜向かいに、指定のガソリンスタンドがあるのでわかりやすいです。

2リットルのCBR







停留所を降りると、あたりは一面草原です(笑)


ここをテクテク歩いて行くことになります。


と、いっても5分くらいかな?


2リットルのCBR



ひとつ注意点は、


エアカーゴへの入り方が一方通行になっているので


往路は若干遠回りをさせられることです。


進行方向に向かって、手前が出口、奥が入口です。


従って、バイクを取りに行くときは奥の入口を行かねばなりません。



こちらが、奥の入口のゲートです。


ここでも、羽田の西貨物同様に、入構証を渡されるので


忘れずにハンコをもらいましょう!


あと、身分証明書はすぐに出せるように準備したほうがもたつきません。


2リットルのCBR




あとは、エアカーゴを目指し構内を歩きますが


フォークリフトなどの往来が激しいので、轢かれないように注意です(笑)




エアカーゴに到着です。


すでに、バイク2台は降ろされて飼い主の到着を待っていました。


2リットルのCBR




貨物センターで受付を済ませたら、後はバッテリーを繋ぎ直して、いざ、北海道です!


と、ここでバイクのミラーに紙が引っかけてありました。


便名が書かれたタグと一緒に、手書きのメモが。


こういうの嬉しいですよね。


相棒と二人、ほっこりです。


2リットルのCBR





エアカーゴを出たら指定のガソリンスタンドで5リットルサービスの給油を受けて


ここで晴れて自由の身です(笑)


今日はとりあえず、「支笏湖」 と 「札幌時計台」 を回ります。


※クリックで大きくなります
2リットルのCBR




支笏湖は、90年代後半に相棒と二人してハマった ドラマ「青い鳥」で


ヨシモリとカオリが逃げた最果ての場所。


ここで冬彦さん(ドラマが違う(笑))に追いつかれ、カオリは断崖から身を投げてしまう。


ロードムービーが話題になったドラマでしたが、15年越しの夢が叶いました。


支笏湖を快走する相棒。

2リットルのCBR




湖畔をバックに佇む2台のバイク。


2リットルのCBR






羊蹄山を見る為に、支笏湖をグルリ回ろうとするも、意外にハードルが高いことに気づく。


まず、湖沿いに走るといきなり行き止まり。


「丸駒温泉」に行く客専用の道だった。


そして、次に山越えを目指したが、今度もまた行き止まり。


途中でオコタンペ湖という静かな湖で、ヤケクソ記念撮影をしたが


結局、支笏湖を一周することは叶わなかった。


だが、あとでちゃんと地図を見てみると道がないことが分かった。


北海道はやはり一味違う・・・(負け惜しみ)


2リットルのCBR





日が暮れてきたので今夜のお宿、札幌全日空ホテルを目指す。


ホテルのすぐそばには、”ガッカリ観光地ランキング上位”の 「札幌時計台」がありました。


2リットルのCBR





全日空ホテルにはちゃんと二輪専用のエリアがありました(エライ!)


2リットルのCBR









部屋は割と広く、いい感じ。

2リットルのCBR





せっかくの札幌の夜なので、シャワーを浴びて出かけます。


相棒と一緒なので、間違ってもススキノなんて行きませんよ(笑)


ホテルフロントに電話をして


「この辺で美味しい食べ物屋を教えて!」


これ、私の旅の常套句です。


この手の質問は、ホテルなどは客から聞かれ慣れているので、


お勧めの一つや二つは必ず持っているもの。


即答で、「何をご希望されますか?」と。


相棒と目を合わせ「寿司」に決定。


「寿司が食べたい」と告げると


「では、フロントにお店の地図を用意しておきます」と。



そして、ホテル推薦の寿司屋へ出かけたのであります。





やってきたのは、ホテルから徒歩7分の寿司 「なかむら」


2リットルのCBR







徒歩なのて安心して酒が飲めます^^


握りの盛り合わせは、ウニが絶品。


2リットルのCBR






刺身の盛り合わせは、エビがプリプリでした。


2リットルのCBR






かに味噌と、ズワイガニのシューマイは何個でも入りそう。


2リットルのCBR







太巻きも上品、味噌汁は薄味でも出汁がしっかり効いていて


つい、お代わりしてしまいました。


2リットルのCBR




ラストはお店からのサービスということで、メロンのシャーベット。


メロン味が超濃厚でたまりません。


2リットルのCBR




これでしめて15,000円強。


納得の味とお値段でした。


皆さんも迷ったら、ホテルのフロントに聞いてみてください。


絶対、間違いはないと思いますよ。





帰りに、北海道に多数点在するコンビニ「セイコーマート」でお買いモノ。


北海道限定モノを買いあさります(笑)

2リットルのCBR

こうして、一日目の夜は更けていきました。


明日は、北海道最北端を目指します!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年の 日本GP でサイン してくれた


ヤマハモンスターテック3のドビが、来季、ドカティワークスに移籍を発表。


ヘイデンとの2台体制で臨むことになります。


玄人好みのドビが来季どんなライディングを見せてくれるか、今から楽しみです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドゥカティワークスのバレンティーノ・ロッシが、ついに来季の動向を発表。


な、なんと、ヤマハに移籍!!!


古巣です、出戻りです(笑)


まぁ、ホンダに戻ることは絶対にないと思っていましたが。



それにしても、やっぱりドゥカティ(マシン)とは心底、合わなかったんだなぁ・・・と。


とはいえ、イタリア人としてイタリアのメーカーに跨ったということは


それはそれで、ナショナリズムを感じるし、もちろんイタリア人は嬉しかっただろうけど。



来季も目が離せなくなりました。


ロッシは、ヤマハではまたロレンソと一緒。


そして、ホンダは引退を表明しているストーナーの代わりに


M・マルケスがmoto2から昇格し、ペドロサと2枚体制に。


そして、ロッシが抜けたドカティでは


ヘイデンが既に来季も契約更新を発表しているので、あと一人、誰かが入ることになります。


個人的には、職人・ドビチオーゾに入ってもらいたい。


それか、ストーナーが引退を撤回して古巣に出戻って


出戻り対決として、ロッシと再び戦って欲しい。


ストーナーが居ない、GPは盛り上がらないよなぁ・・・きっと。


あとは、日本人だよな・・・。


来季も最高峰には日本人なしかな。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。