2リットルのCBR

2011年にCBR1100XXからGSX1300Rに乗り換えました。


テーマ:

ブラックバード時代に覚えた「3点パニア化」


2リットルのCBR


TOP  52リットル

サイド 41リットル×2

合計 134リットル


積載量が乏しいバイクにあって


この134リットルという収納の優越は半端がない。


そして、今、私の隼には55リットルのTOPボックスのみ。


従って、妻とキャンプに行けば


この通り、2台のバイクには



容赦ないバッグが設置されることになる。


2リットルのCBR


でも、これって俺の中では


美しくない。


安定感がない。


設置が面倒。




この3つの理由から、シートバッグの使用は私の中で却下された。



そしてまた再び、3点パニア化計画を思いつく。



遅かれ早かれ。



この座右の銘から、つい買ってしまった。


2週間待って、欧州よりGIVIが届く。


私の28センチの靴と比較して箱が如何にデカイか窺える(笑)


2リットルのCBR


日本は今や、対ドル、対ユーロで超がつく円高。


海外製品を日本で買うなんて、量販店を儲けさせるだけ。




長旅ご苦労。

と、労いながらデカイ箱を開けてみる。


白い緩衝材に包まれた、GIVI・V35サイドケース。

2リットルのCBR





これがV35サイドケースだ!


2リットルのCBR


カラーはもちろん、黒だが


反射板はTOPボックスに合わせ


赤ではなく、クリアレンズタイプをチョイス。


GIVIでは、「TECH」と呼ばれる種類だ。


う~ん、ちょっと切れあがったお尻が素敵。


ブラバに装着していたE41は、どこかモッサリしていたので


今、流行りの”切れあがった”このタイプにして正解だ。


ZZR1400のGTRなどの純正パニアもこんな形だった(と思う)


2リットルのCBR


真後ろから見ると、


アタッチメントと車体のラインに沿う形となっている。






蓋を開けてみる。


上の写真にもあるように、やや複雑(芸術的)なフォルム故に


積載性の素直さは若干スポイルされているようだ(汗)


内部に出っ張りが目立ち、四角いものなどが入れづらい(多分)


2リットルのCBR


まぁ、サイドケースには、


割と柔軟な形のモノを入れようと思っているので無問題。





ところで、GIVIは鍵が進化していた。


なんと、ディンプルキーだ!

2リットルのCBR




ここで一つ、疑問が。


ケースとは別の箱に入っていた、これ。


ケース本体とは違い、ブラックパールに塗装済みのこのパーツ。


2リットルのCBR





分かった!


本体の蓋の上部のパーツだ!

2リットルのCBR



正体は、この艶消しマットな部分の交換パーツでした。


そもそも、このパーツ部分は


購入したユーザーが自分のバイクの車体に色を塗り替えることが


前提となっているのだろう。


だから、クリアなどが吹かれていない艶消しなブラックなのだ。


幸い、私の隼はブラックパールなので


艶ありのタイプに交換するだけで塗装は要らない。




では、本体に最初から付いていた艶消しなパーツを外すため


ケース内側のプラスねじを外していきます。

2リットルのCBR





簡単に外れました。

2リットルのCBR





続いて、艶ありのパーツを本体にあてがいます。


手前の光っているのが艶ありパーツです。


輝きが違うなぁ。


2リットルのCBR





どうですか!


この艶。


一気に高級感が増しました。


2リットルのCBR





フラッシュありで撮影すると


上部艶ありパーツが如何に光沢があるのか分かると思います。


2リットルのCBR

いいぞ!GIVI。



艶あり・艶無しを並べてみました。


上:艶あり  下:艶なし


2リットルのCBR









そして、左右のサイドケースごとに鍵が2つあり


シリンダーは共通なので、


スペアキーが3つあることになります(笑)


2リットルのCBR





そして、シリンダーのスペアまで・・・


この鍵を入れると、スペアキーが5個(爆)どんだけ~。


鍵穴をいたずらされた時用に大事に取っておきます。


2リットルのCBR




続いて、V35サイドケースを隼に付けるための


いわゆる、「ラック」というやつです。


通常は、GIVIケースを装着するのでGIVIラックを使うのですが


生憎、GIVIからは隼用としてはTOPしか販売されていないので


わたしは、未来の3点パニア化を見据えて


TOPボックス用のラックには


SW-MOTECHというメーカーのものを使っていました。


このメーカーのものは


汎用性とデザインが受けて、今や大人気ですね。





隼08~用のサイドケース用ラックです。


2リットルのCBR




型番はこちら。


2リットルのCBR






あとで、「あれ無い」「これ無い」は面倒なことになるので


設計書を見ながら、ネジ一個まで


不足品がないか、チェックします(これ大事です)


全部、揃っていました^^

2リットルのCBR



続いて、こちらは


SW-MOTECHのラックの盗難を防ぐ、ロックです。

2リットルのCBR

さぁ、明日はこのラックを装着して


3点パニア化したバイクで走りに行こう♪



TOP 55リットル

サイド 35リットル×2

合計 125リットル

 

積載量としては、上々ですね!


これで、妻のホーネットに馬鹿デカイBAGを積んで


怖い思いをさせずに済みます。






AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「バイクパーツ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

USヨシムラは見た目、音質、重量・・・・最高です!


しかし・・・


音量 が・・・どうにも・・・(汗)



ブラバの頃は、これの上を行くDevil管なんていう


”基地外”なマフラーも付けていたのですが


四国だの、東北だのに旅に出るようになり


その爆音に後ろめたさを感じ、


やがて「純正コレ一番!」の考えに、行きついたのでした。




しかし、人は学習しないもので


また「リプレイスマフラー熱」が再燃。


結局、USヨシムラを買ってしまったわけです。



それでも、全く学習していないワケではなく


Devil管にはなかった、バッフルという保険を今回は掛けました。




ここ数回、ツーリングに出てみて


USヨシムラの心地よいサウンドに酔い痴れながらも


静かな土地に隼を乗り入れるたびに


あわててギアを高めに入れ、スロットルは出来る限り開けずに


その閑静な道路をそーっと、そーっと通り過ぎる。



やっぱり、気を遣うし、ジェントルじゃねーよな、


という結論に達しました。



結局、マフラーの音ってどんなに音質が上品でも


自分以外の人には、「音質」ではなく「音量」なのだと思います。


つまり、うるさいか、うるさくないか。


K舎会や、バカスクの下品な音も、


ヨシムラやモリワキの重低音サウンドも


第三者からしたら、十把一絡げ。




というわけで


バッフルを装着することを決めました。


2リットルのCBR




まずは、このヨシムラマークのゴムキャップを外します。


2リットルのCBR





外れました。ここまで5秒(笑)


2リットルのCBR



次に、バッフルと本体をネジで固定するために、


ネジ穴をポンチで抜きます(購入時は、穴が塞がっています)


ポンチで抜くと画像のように、綺麗に蓋が取れます。

2リットルのCBR




蓋が取れたマフラーの内側。


2リットルのCBR





さぁ、ここまで来たらあとはバッフルを入れるだけ。


ココまで、3分も掛かりません。


2リットルのCBR



ところが、ここからがちょっと大変。


というのも、マフラー本体とバッフルは


隙間からの排気漏れを防ぐために、かなり密着しています。


手で押したくらいじゃ、バッフルの穴と本体の穴が重なる位置まで


バッフルが入りません。


結局、ソフトハンマーでバッフルを後ろから叩いて


入れるしかないのですが


穴同士の位置がずれて奥まで入った日には目も当てられない。


さっきも書きましたが、かなり密着しているので


穴同士の位置がずれた場合、バッフル自体をグリグリ回しても


穴の位置を調節することは難しい。


つまり、一度、位置を確認したら、コンコン・・・コンコンと


ソフトハンマーでひたすら穴同士がピッタリ合うように


微調整しながら進むしかない。


幸い、左右とも寸分違わぬ位置で


穴同士が無事に合わさりました(*^^)v


2リットルのCBR




なかなか、イイ感じです。


でもこれ、外す時はどーするんだろう(笑)


ソフトハンマーでコツコツ、奥に入れたので


出口側からはとても引っ張っても抜けそうにありません。


サイレンサーをばらして、反対側から叩くしかなさそう・・・。


2リットルのCBR


さて、音量はというと


バッフル無しに比べたら、半分以下の音量だと思います。


でも、レーシーな音質はそのまま残っています。


これで、マフラーを純正に戻さずとも


静かな土地へ旅に行けます。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

メッシュの隼Tシャツです。


海外モノなので、縫製はやや難ですが


グレーの の文字に打たれました(^.^)


サイズは XXL

肩幅 49cm

身幅 56cm

着丈 68cm

袖 36cm



2リットルのCBR





2リットルのCBR


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年、欧州で発売され絶大なる支持を得た 「ネオテック」


そこで、当時、マルチテックの購入を検討していた私は


SHOEIの広報にわざわざ電話をかけ


「日本でのネオテックの発売は?」と聞くと


「ありません!」と明言したので


安心して、昨年11月にマルチテックを買ったのですが・・・




騙された~っ!


まさかの、2012年4月 日本発売。




憂鬱な気持ちでこの三カ月間を過ごしましたよ(大袈裟)




そこで、私の座右の銘である「遅かれ早かれ」に基づき


買ったばかりのマルチテックを売っ払い、ついにゲットしました!


定価は60,900円ですが


いつものレッドサンで送料込 45,670円で購入しました。


2リットルのCBR






珍しく「白」を買ってみました^^


まぁ、季節は夏だし、爽やかにね!


2リットルのCBR






マルチテックとネオテックの最大の違いはこちら!


内臓式のサンバイザーを装備しています。


下の画像のレバーを上下するだけで、シールドの内側から


サンバイザーがニュルっと出てきます(これでサングラス要らず)


2リットルのCBR





こちらは、サンバイザーが仕舞われた状態。


2リットルのCBR


こちらが、サンバイザーを出した状態。


結構、濃いバイザーなので真夏のギラギラでも大丈夫そうです。


2リットルのCBR




そして、第二の違いはこちら!


以前から要望の高かった、あごヒモが


ついにラチェット式のバックルに変更。


これが楽チンなのだぁ。


〆具合もスノボのバインディングみたいに


カリリ・・・と自分のいい具合で調整が可能です。


常に、2つ以上のツメで支持されているので


安全度も高いということです。


2リットルのCBR




製造日は2012年4月20日。


2リットルのCBR





そして、第三の変更点。


私がマルチテックに唯一の不満だった「ピンロックフォグ」の


シールド部分が改良されていました。


マルチテックは隼などやや前傾のバイクで使う場合


上目遣いなポジションを取ると、


丁度フォグシートの際が視界に入ってきて見づらかったのです。


それがしっかりと改良されていました。


ほぼ、シールドの縁一杯までフォグシートが貼れます。


2リットルのCBR





そして、第四の改良点。


内装の耳当て部が外せる事です。


最近は、仲間同士でインカムツーリングをする人が増えてきたので


これもメーカーには多くの要望が寄せられていたのでしょう。


2リットルのCBR



内装を外すと、これだけしっかりと


スピーカーを仕込む場所が現れます。


2リットルのCBR





以上が私の勝手なインプレです。


あとは、実際にツーで被ってみて


軽さ、視界、使い勝手などなどをまたレビューします。






相棒はマルチテックのシャーウォーターを被ってますが


まぁ、兄弟機種なので、一応、ペアヘルメットってことで(汗)


手前:ネオテック 奥:マルチテック

2リットルのCBR





おまけ。


シールドには黄色いフィルムが貼られていますが


私の友人で、これを剥がさずに、


「見づらいなぁ・・・」と数カ月使っていたツワモノがいます(爆)


お気を付け下さい。


※確か、友人の時はこの”注意書き”がなかったような・・・。


2リットルのCBR






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前から欲しかった


SCHOTT・サマーメッシュジャケット(型番 09103S )


私は基本、サマージャケットは袖が外せるものが好きなので


自ずと限定されちゃいます。


サイズは「44」でジャストサイズでした。


着丈 60 (結構なショート丈です)    

身幅118    

肩幅 50    

袖丈 64
2リットルのCBR




ウエストはベルトで調整できます。


2リットルのCBR




パッド類も充実してます。


2リットルのCBR





袖を外した状態です。 う~ん、カッコイイ♪


2リットルのCBR

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

隼のフィギュアが増えたので


100均でコレクションケースを購入しました。


2リットルのCBR
2リットルのCBR






中々、綺麗に飾れました。


2リットルのCBR






会社で一人盛り上がっていたら


心優しき人が、おまけを持ってきてくれました。


黒隼はすでに持っているので・・・


2リットルのCBR






チェーンを付けて・・・

2リットルのCBR





キーホルダーにしてみました。


軽くてシンプルで良いかも、です。


2リットルのCBR

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

UCCコーヒー(ブラック)を買うと


ヨシムラのおまけグッズがもれなく付きます。


2リットルのCBR





スズキと言えばヨシムラ、ヨシムラと言えばスズキです。


それくらい、ポップ吉村とスズキの関係は深いのです。

2リットルのCBR







もちろん、私の隼にもヨシムラのマフラーが装着されています。


2リットルのCBR



色んな種類のバイクがあるので



自分が欲しいものを探すことが出来ます。


狙いはもちろん、隼!


どうやら、4種類の隼があるようです。


コンプリートを目指します!


2リットルのCBR





相棒が、ブラック隼をゲットしてくれました!


ハンドルも動くし、結構、精巧に出来てますよ。


う~ん、対象物が小さすぎて、全域にフォーカスが行きません。


2リットルのCBR


2リットルのCBR

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夏、使ってみて好評だった「シャツクール」を買い足しました。


正直、これを吹いた服を着て、肌が汗ばむと


痛いくらいに冷えます(笑)


敏感肌の人には向きません。


そうだ!首タオルにシュッシュしておけば


一日中、冷感が持続される!


次回、試してみよう。


大容量ボトルを買いました。


2リットルのCBR





発売は、割と大手の会社から出ていました。


あと、靴下に吹いても気持ちいいです。


脇の下は痛いのでお好みで(笑)


2リットルのCBR


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。