2リットルのCBR

2011年にCBR1100XXからGSX1300Rに乗り換えました。


テーマ:

バイク及び自動車において

『ナビ』を選択する大きな要素としては以下の点が考えられます。


・精度(GPSの受信感度およびルート精度)

・視認性(画面の大きさおよび、文字の明瞭、輝度)

・操作性(感覚による操作のし易さと各コマンドの操作スピード)

・情報量(地図および検索)

・外観(装着車両との融合性と付属品の拡充性)

・オプション(ワンセグやMP3などのマルチな汎用性)



まず私が重視したのは『画面のサイズ』


ミニゴリラ・・・4.5型
迷WAN・・・・・3.5型
MIO・・・・・・・・3.5型

これは、主観・体感なしに『ミニゴリラ』に軍配があがる。

では、文字の明瞭と画面の輝度はどうだろう?
各機種、TFTの高輝度と謳っているので
自分のセンサーに頼るしかない。
売り場と、実際に装着している友人のモノを見せてもらったインプレです。

・文字の輪郭などの明瞭さ ミニゴリラ≒MIO>迷WAN
・日光による反射が一番少なかったもの ミニゴリラ>MIO>迷WAN


次に
『地図の精度』

こちらは、以前使っていた『NV-470』からも
ゴリラ系列に一日の長があると思われます。
しかし、実際には他の2機種は自分のバイクに装着してテストしたわけではないので
あくまでも、使用者の友人とネットを駆使した、インプレなどを鑑み、判断しました。

それでも、千葉県内の1年以内に新しく出来た道などをテスト走行してみましたが
『道なき道』を迷走することは一度も無いので、地図データとして見た場合も
ミニゴリラは最新の地図を搭載していると言えるでしょう。


つづいて
『GPSの捕捉精度』
電源を入れてヘルメットを被り、グローブを付け終わった段階で
常に4~5個は捕捉完了しているので使用に際し、十分な精度である。
尚、友人のモノと、『よーいドン!』で電源を入れた時の捕捉順は以下の通り。

ミニゴリラ>迷WAN>MIO


明日は気になる?
『操作性』について書いて行きます。

つづく



上記は、あくまでも主観で書いています。

従って、購入の際の参考程度にして下さい。



追記

現在のナビ装着方法はこちら

ナビと車載カメラの共存

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たかだか、『ナビ』ひとつ選択するのに大仰なタイトル(笑)


しかし、数あるバイクパーツと呼ばれるモノの中で

これほどまでに、腕とは無関係に

万人のセンサーに響くものはないだろう。


例えば、マフラー。


『どうも低速がスポイルされた気がする』

『上の抜けはよくなったようだ』

『音が良ければ見た目は気にしない』

『見た目が良ければ音は気にしない』


きっと、マフラーカスタムに関して言えばこんな感じだろう。

(4番目の人は少ないと思うが・・・(笑))


しかし、気になるのは

『気がする』や、『ようだ』に見られる明らかな『体感』という点。

そして、比べる選択肢が豊富に有り過ぎるという

メデリット(一長一短の造語)に加え

実際に装着してみるまでの個体差による不安、

更には、装着してみても『よ~わからん』という不確かさ。


きっと、多くのライダーはマフラーカスタムにおいては

『音』と『見た目』を重視しているのではないか?!

もちろん、保安基準という最大の壁をクリアしていることを前提に。


それでも、メーカーが出しているテスト値のパワーカーブなどを見ては

『あ~でもない、こ~でもない』という思いを巡らしながら

近い未来にそのマフラーを装着している自分を思い描いてみる。

そして、実際に装着してみると、低速、中速、高速・・・どれもよく判らない。

これが実態のように感じる。(少なくとも私はそうだ)


だから、最後は開き直って『音が良けりゃいいのさ!』となる。

でも、これはあながち間違いではなく

オートバイという遮蔽されていない乗り物に跨っている以上

『音量』や『音質』は最重要項目と言っても過言ではない。


話が大きく脱線したが

それでは、上記のマフラーに見る

『体感』という個々の不確かなセンサーに比べて

電気製品の『体感』はどうだろう?


例えば、テレビ。


機能面の使い勝手に加え、画面の映り具合、電波の受信状況・・・

家電品に限っては、製品の良し悪しは体感ではなく

ユーザーの確かな、”目に見えるもの”として残る。


『綺麗』 『汚い』


この2つしかセンサーが無いからだ。

では、マフラーで言うところのセンサーに当てはめてみる。


『どうも、RGBのシャープさがスポイルされている気がする』


テレビに対して、そんな感じ方をする人はごく一部で

多くのユーザーは『綺麗!』 『汚い!』

この2つであろう。



ユーザーの中のセンサーには2つあって

『確かなもの』と『不確かなもの』がある。

そして、不確かなものに関しては

『フィーリング』と言っても良いかもしれない。

もちろん、フィーリングは大事だし、それを否定するつもりは毛頭ない。

実際に、私も迷った際は

『最後はフィーリングだぜ!』

なんて、自分の決断を英断として正当化する時だってあるから。


それでも、電器製品だけはそうはいかない。

特にバイク(車)において、ナビというグッズは

単なる、モチベーション向上やストレス発散のパーツではなく

間違いなく『便利グッズ』に属するからだ。


その便利グッズを”便利だぁ”と体感できないのであれば

それは『無用の長物』であり、足手まとい以外の何物でもないからである。


故に、今回のブラックバードに装着するべく『カーナビ』の選択には

確固たる裏づけに基づく、知識の習得のために、時間と労力を払ったわけだ。


そんな私が選択したナビが『SANYO・ミニゴリラ NV-SD10DT』である。

メモリーポータブルナビゲーションという新ジャンル。

http://www.sanyo-car.co.jp/gorilla/mini.html



今回の競合相手は

・迷WAN BZN-200 http://www.broadzone.jp/NAVIGATION_SYSTEM/mayowan/bzn_200.html

・MIO C310  http://www.mio-tech.jp/products/c310_spec.html


この2機種。


まずは、視認性の問題から『画面の大きさ』を比較してみた。


つづく



上記は、あくまでも主観で書いています。

従って、購入の際の参考程度にして下さい。




追記

現在のナビ装着方法はこちら

ナビと車載カメラの共存

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

国内二輪車各社が

内外のレースで活躍するレースチームのマシンの配色などを

採用した販売台数限定のバイクを相次ぎ投入している。

ホンダは、“バイクのF1”といわれる

「モトGP」の2006年度チャンピオン

「レプソル ホンダチーム」のマシンと同じカラーリングを施した

大型スポーツバイクを3月22日に売り出す。

スズキがオンロードバイク

ヤマハ発動機はサーキットモデルをすでに投入した。


各社はレースマシンをイメージしたモデルで注目度を高め

低迷する国内バイク市場の活性化につなげたい考えだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000000-fsi-bus_all




たしかに80年代のレプリカ全盛期と比べると売れないSS。

それでも、ネイキッドと対極にありながら

俺には一番、バイクらしいバイクというイメージが拭えない。


やはり、80年代にバイクに乗り始めたからなのかなぁ・・・。


高校時代の友人も100%がフルカウルのバイク。

250は、TZR、NSR、CBR、

400は、GSXR、FZR、GPZにNS400R。

そして俺が大好きだったVFR(NC24)


当時はGP500(現・motoGP)というコンチネンタルサーカスがあって

そりゃ、もうバリ伝片手に夢中で観ました。


鈴鹿の8耐だって

ローソンと平が組んで悲願の優勝を果たした時なんて涙、涙でした。


キレた走りのローソンとタイヤマネージメントの平。

最高のレースでした。


さながら、バリ伝の4耐のグンとヒデヨシですね。


俺は、あれがバイクの世界だと思っていた。

だから、バイクにAT免許が出来るなんて信じられなかった。

最初にフュージョン250が出たときはそれは画期的だと思った。

高速道路乗れるし、左手は有る意味、フリーになるし

(フットブレーキだから)

それでも、半帽で音楽ガンガンのライダーなんて居なかった。


『温故知新』


もっと、古きを重んじて、新しき世界を展望していたら

結果は違ったのかもしれない。

それでも、バイクブームが去り

メーカーの熾烈な生き残りが始まり

少しでもシェアを拡げるためには

ビクスクもAT免許も仕方なかったのかもしれない。


俺は最近、ビクスクの友人が何人か出来た。

そして、その友人に初めてビクスクに乗らせてもらった。


フュージョンとPS250




想像以上だった。

もちろん、『よい』という意味で。

前傾バイクばかり好んで乗ってきた俺には

クラッチ操作がなく、ハンドル高い・近いのビクスクは

違う乗り物にさえ思えた。

クルンとUターンをやってみる。

特にリアブレーキなど意識せずに簡単にフルステアで曲がれる。


『こりゃ、街中は便利だわ・・・』


いわゆる喰わず嫌いだったわけです。


それでも、ビクスクのだらしないライダーには

ちゃんとした格好で乗ってもらいたいなぁと思う。

もちろん、自己の事故で勝手に逝っちゃう分には何も言わないけど

これ以上、2輪への縛りをキツクして欲しくないから。


勝手に逝っちゃうのは勝手だろ!と思うかもしれませんが

世間から見たら、ビクスクもSSも、ネイキッドもアメもオフも・・・

みんな、バイクです。

だから、バイクの事故・事件は十把一絡げです。

ひいては、保険料、規制などなど全てにおいて影響が出ます。

だから、『勝手に逝っちゃう分には・・・』なんて言ってはおれません。


ミニスカのねーちゃんを後ろに乗せているビクスクも

時速10キロでも転んだら、一生モンの『痣』が残ることを

認識しているのだろうか・・・

『俺の彼女』と胸を張って言いたいなら、せめてズボンは履かせてくれ!

衆人環視の目を楽しませていい気になりたいのなら

バイクから降りてから、一昔前のJKのようにトイレで着替えさせてくれ。


嗜好色が強いバイクだけに世間も国交省も2輪のことは舐めてます。

それは、ETC導入を見ても然り

高速料金を軽自動車と一緒に換算していることも然り。


それでも、これ以上の高待遇は望めないまでも

これ以下にしないように努めなければならない。


マフラー規制、逆車規制などなど

今までは外圧のお陰で好転していた

規制緩和(高速タンデム可など)も

今後は厳しさを滲ませると言われています。


バイクはサウンドの乗り物。


そんなイメージはXX年後には無いのかもしれない。

排気のない、クリーンで静かな乗り物。

ひょっとすると、転ばない乗り物(トライク)

そんな形に姿を変えているかもしれない。


もしそうなった時に俺はバイクに乗っているのだろうか・・・。

”今を楽しむしかない?”

そんな気持ちに2輪の未来が不安になります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

きょうはたっぷり夜走りしたので『さて寝よう!』と思ったものの

いつもの癖で(笑)日記を付けないと眠れない(^^ゞ

習慣とは恐ろしいものです(別に恐ろしくはないか(笑))


さて、今夜の相手は(なんかいやらしい(笑))

一回りも歳が離れている弟のような?!サトっちです!

ぶぁいくは『ドカティ・モンスター1000』

まさに、ウグイスを走るために組み上げられたような

超コーナリングマシン。

ふたり足して2.1㍑のマシンが闇夜を裂きます(まぁ派手な表現)


待ち合わせは、ふたりが初めて出逢った場所。

(だからいやらしいって(笑))


今から遡ること1年数ヶ月・・・

某稲教掲示板(笑)で


『ブラックバード狙ってます!(撃墜って意味じゃないよ)』


という書き込みから


『そんじゃ、俺の見てみますか?!』

『是非~!』


ってことになり、待ち合わせをした場所なんです。


それから1年数ヶ月が流れ・・・

彼は今、ドカティに乗っています(爆)

(あの日の約束は・・・ウソだったのね・・・(笑))


それでも、正義感が強く、礼儀正しいところは

何も変わっていません。

なんせ彼の口癖は・・・


『左様ですか!』


もちろん、初めて会ったときは


『あなた、一体、何歳ですか?!(笑)』


と、耳と目を疑いましたが、その言葉遣いや仕草が

彼の人柄を如実に表しているといえます(^_-)


さぁ、待ち合わせは午後8時、急がなきゃ!

気温は3.5℃、ウグイスは一体、何℃だろう・・・(汗)




ココが初めて出逢った現場?!

さぁ、極寒のウグイス目指して出発!!



さとっちは、まともにウグイスを走るのは今日が初めて?!

いわゆる『ウグイスDebut』ってヤツです。

記念に『うぐいすライン』の看板の前でパチリ!

反射が・・・え~い、書いてしまえ!!(笑)



午後9時を回る頃、一行は(二人だけど)

踵を返し、一路『印西』へ(アホか?!(爆))


『腹減ったねぇ・・・』

『やっぱ、肉っすね!』


ってな訳で日曜の夜9時からウグイスを後にして

市原ICから四街道ICまで大移動。

しかし、互いのマシンはリッターを超えるモンスター。

タカダカ60キロの移動くらい序の口です。

時速●●㌔で○○分で到着。

しかし、ウグイスにしろ、印西にしろ山ん中は気温が低いね。。。


芯まで凍った二人は

11月に行った『爆弾ハンバーグ』を食す。

これもまた、さとっちの彼女、クミちんと出逢った場所でもある。


今回、俺なりに出掛ける場所を悩んだのだが

実は、二人に初めて出逢った”場所めぐりツー”だった訳よ。

ウグイスは予定には無かったけど(笑)


だから、ウグイスで『寒い寒い』と二人で震えながら

缶コーヒーを飲んでいても

近場のファミレスで茶を濁す訳には行かなかった(^^ゞ

というわけ。


気付いたかな? @さとっち

マニアック過ぎて気付かんか(笑)


爆弾Restaurantでは、沢山の話が出来てよかった。

自分の中でまだ消化し切れていないことを

さとっちに話すだけで気持ちが浄化されます。

まさに俺にとっては『からだ巡茶』だったわけだ(笑)

ありがとう!さとちゃん。


★おまけ★

『広末涼子・浄化計画』は失敗に終わったらしい。

http://news.livedoor.com/article/detail/2319348/



積もる話も次回に回し、車庫に戻りました。

気温、1.5℃。

出発時が3.5℃だったから、あまり寒さは感じない。



次回は是非、4人で行きましょう! @ウグイス

もちろん、昼間ね(笑)


早く、クミちんのホネと4台で走りたいですね~!


二輪にとってはこれからがハイシーズン!


『最低限のテクニックは生き残る手段』


ってことで、女性陣の二人も腕を磨いて下さい!


それでは、また!


文責:超”青”鳥



追伸

着々とランキングを上げています(^_^)vニヤリ



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

バリボーの後にウグイス行って来ました!


気温上々、風無し、白いバイク無し、グッドコンディションでした。

まずは、コースを確かめるべく、一般車に紛れ(笑)流す。

オイル、砂の浮きなどがないことを確かめてから

往路の終着地点セブンにて休憩。

時間、既に16時30分を回っている。


そろそろ、レジャー帰りの4車が出てくるな・・・


往路で確かめた道を戻ってみる。

空いている♪

ぬふわで3つの各コーナーを抜けたところで・・・(/_;)


4車の大名行列だ・・・。

法定速度をきっちり守っている軽自がウザイ。


お気に入りのコーナーの手前でタバコ休憩を取り

4車をやり過ごし、タイミングを図る。

これを数回繰り返したところでギブアップ(笑)

中でも一番のお気に入りのタイトコーナーで

ノロノロされたのは最悪。

しかし、ココは公道だから仕方ない、俺が悪い。


さぁ、帰ろう!


やる気モードが失せたところであることに気付く。


『シールド傷だらけだな・・・』


俺の愛用メットはこれ↓


SHOEIシンクロテックだ。

これは中々の優れものでタバコを吸う俺には手放せない逸品。

こんな風に開きます。

さながら、ウルトラ警備隊のように(笑)


そのシンクロテックも購入から2年が経過し

気付けばシールドが傷だらけ。

もちろん、高速走行での小石の跳ねや

酷いときは鳥が激突したこともある(笑)


いや、笑い事ではない。

もし、半ヘルだったら即死だったろう・・・。

俺にはビクスク・半ヘルで

100キロ出している人間の気持ちが理解できない。


過去に鳥が激突した時の速度は約80キロ。

ラグビーで首を重点的に鍛えた俺でさえ

80キロの鳥激突は頭が大きく後ろに持っていかれた。

それが、半ヘルだった日には(/_;)ブルブル


良い子の皆様は必ず、フルフェを被りましょう。


ジェットはまだマシだが

転倒時にはアゴを強打する可能性があります。

俺の記憶するところ、過去に女性が転倒して

ジェット装着でアタマは守られたが

アゴを失った人が居るらしい。

幸い、形成の技術が発達しているので

アゴを造り、見た目にはかなり綺麗に仕上がったそうだが

モノを食べる感触がないという。

入れ歯よりももっと酷いそうです。


二輪は自立できない乗り物。

だからこそ、メットだけは手を抜いてはいけないよ。


以前、ビクスクのおねーちゃんでフルフェを被っているコを見た。

なんか、ホッとすると同時に、そのコのライダーとしての

安全意識、危機管理の気持ちに自戒を覚えた。


『きっと、傍にイイ男が付いているに違いない』


ビクスク=だらしない


そんなイメージを払拭してくれた瞬間だった。


さぁ、話が大きく脱線したところでシールドに戻ろう。

向かった先は『南海部品』


一目散にメットコーナーを目指しシールドを購入。

『CX-1』

シンクロテックは『ソフトスモーク』が標準で装着されている。

スモークも悩んだが

トンネルや夜間時には全く見えないので(経験あり)

結局は同じものを購入する。

レジの横の台を貸してくれた。

5秒で装着完了(笑)

古いシールドは店員に上げた(笑)


再び、メットコーナーに戻り

RX-7やプロファイルなどを次々に被ってみた。


『やっぱ、Araiの方がシックリ来るなぁ・・・』


再認識させられた。


SHOEIは上方の視界が俺には悪い。

きっと、SHOEIは目の部分から頭頂部までの距離が

長いのだろう。

従って、メットを被った状態でシールドから見える視界に

常に、メットの上方部分の黒いモノが視野に入るのだ。


俺はSHOEIのメットを過去に5つは使っているが全てに言える事。

攻めるモードに入ると、アゴの部分を上に向けて押し上げ

視界上方を確保するのがいつもの儀式になっていた。


しかし、Araiは上も下もキッチリ見える。


『買っちゃえ!』


そんな悪魔の囁きも聴こえたが

『ヤ・フ・オ・ク』

『レ・ッ・ド・サ・ン』

この2つのキーワードがアタマを過ぎったので

今日は買わずに帰る。

でも、ホント、被り心地いいねぇ! @Arai

特に、プロファイルは

値段も手ごろ(と言っても安メットとは比較にならん)だし・・・。

※さとちゃんとクミちゃんの選択は正しいと思います。


まぁ、もし買うとしたらシルバーかブルーかな?

ホントはJKTに合わせやすい『白』がいいんだけど

ある理由から

”プロファイルの白”だけは死んでも買いません!


さて、日も暮れてきたのでR16に出てみる。

不肖3●歳は声を上げた。


『すげ~!見やすい!!』


視界がこれほど

ライディング(モチベーション)に影響するとは・・・

解ってはいたが体感する。


シールドに傷が入っている人は早期交換をお薦めします。


南海から数分のところに棲んでいるおーちゃん宅を目指します。

晩御飯をご馳走になり、爆睡させて頂く(すいません・・・)


朝5時に目が覚める。

鳥だけに朝は強い(笑)


半分寝ている状態でおーちゃんの見送りを受け

湾岸へ向かう。

”裏湾岸”を軽く流し、家に帰宅。

マイナス1.5℃って・・・@MY車庫内


まだまだ、寒いんだね・・・

それでも、昼間走った感じでは

間違いなく春はそこまで来ています。


『うぐいすライン』


なぜ、そんな呼称が付いているか?!

もちろん、時季が来れば鶯の鳴き声が聴こえるから。

実際に何度も俺は聴いています♪


早く一緒に走ろうね~! @SA・KUちゃんコンビ


さぁ、暫しの仮眠を取ったら

きょうはベッドの解体を行ないます(笑)

古くなったベッドの木枠が庭に転がっているのですが

業者に廃棄を頼んだら8000円もすると言われたので

自分で細かく裁断して、燃えるゴミの日に出そうと思います。

ジグソー欲しいな・・・。

もちろん、俺は手引き(ノコギリ』です・・・(-_-;)


今夜はさとちゃんが早く帰ってくればプチツー行けるかな?!

それまでに作業を終わらせねば・・・。



追記

アメブロランキングが少しずつあがってきました(^_^)v

それでも、『863位』

以前、書いていたブログは

常に80番台をキープしていたので先は長い・・・。

でも最近、”アチラ”は下降気味なのでいつか抜いてやります(笑)









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

株式会社ブリヂストン(社長 荒川 詔四)は

モーターサイクル用スポーツツーリングラジアルタイヤ

『BATTLAX BT‐021 SPORT TOURING』を

2007年3月6日より全国で発売致します。

発売サイズは、フロント5サイズ、リア7サイズ

価格はすべてオープン価格です。



http://www.bridgestone.co.jp/info/news/2007022005.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東洋ゴム工業は20日

神奈川県小田原市と箱根町、湯河原町を結ぶ約16キロの

観光有料道路「箱根ターンパイク」の命名権(ネーミングライツ)を取得し

名称を「TOYO TIRES ターンパイク」にする、と発表した。

道路の命名権取得は国内で初めてという。


http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200702/sha2007022109.html

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

このたび、『シャー専用ザク・ヘルメット』が発売されるそうです。


完全受注生産(当たり前だろ(笑))ということ。


ベースはOGKのテレオス3を使っています(おーちゃんのメットだね)

なわけで『SG規格』も通っているので、

モノ自体はちゃんとしたメットです。が・・・


しかし・・・


はずかしくねーか?!


う~ん、俺は超ガンダム世代で小学4年の時は

朝3時にプラモ屋に並んでガンプラを買ったくらい好きだったが

それとこれとは話が違う?!


う~ん、『全排気量対応』だから、ブラバで被ってもいいのか・・・

でも・・・

俺は止めておきます(爆)


しかーし!

『グフ』が出たら買っちゃうかも(笑) 何故ってそりゃ・・・

※ページを開くとランバ・ラルの叫びがするからビックリしないでね(^_-)

http://page.freett.com/amashin/gouf.html



会社で報奨金でも出たら

Araiの『中野真矢モデル』を買います(多分)

2007からHONDAに移籍した中野選手。

メット、ツナギ、グローブ、ブーツ

全てに俺の大好きな青(水色)をあしらってあり

かなり、カッコイイんだよ、これが。

まぁ、ミノルタカラーだからね!


来月から、中野選手は

グンちゃんと同じ『56』を背負ってコンチネンタルをサーカスします。

早く、始まんねーかな・・・@motoGP


※マメ知識※

中野真矢選手は筆者と同じ誕生日です(^_^)v

出身地も一緒。

マスクは・・・謎(笑)



追伸

こんなのもありました。

http://www.tanomi.com/hokuto/


10個以上で生産確定か・・・って、『生産確定』してるぞ!(笑)

世の中、金の遣い所は人それぞれですな~

15万円以上もよく出せるな・・・。しかも、公道では使えない(汗)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カウンターの上に『時計』を設置してみました。


精度は会社の中の電波時計と暫く睨めっこしてみましたが

一秒たりとも狂わない(スゲっ!)

子供の頃、家にあった『目覚まし時計』が

こんな風に”パタパタ”と時間がめくれるタイプだったので

懐かしい・・・(^^ゞ

色も好みな青に設定しました!


以前、書いていたblogより

スッキリしたページになっているようないないような(笑)


今後も楽しい『プラグイン』があれば使っていきます!

(無料ならね(笑))


※上記の『時計』が欲しい人はURLを教えます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。