Quattro Vageenaのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

5年前の3月11日

私は自宅のベッドで寝たきりの状態だった。

寝ながらテレビドラマを見ていると、画面が切り替わり

東日本の地震と津波の影像が。

もし、私の住む地域の地震だったら

動けない私は津波にのまれ死んでいたであろう。

この時の私の病名は

・変型性頸椎症
・変型性腰椎症
・脊柱管狭窄症
・頸肩豌症候群(右四十肩)
・変型性膝関節症(左)

首から下のシビレ、腰から脚のシビレ、首と腰の激痛、歩行困難。

立ち上がると平衡感覚がくるい、目が回って左に倒れる。移動は四つん這いで。

なぜ?この身体になってしまったのかというと

大人二人から四人で持ち上げる物を一人でしていたため

背骨の椎体という部分が筋肉の圧力、圧迫で潰れてしまった。

そのため、潰れた椎体が脊柱管の中の神経に当り

また潰れた椎体のトゲトゲが回りの靭帯や筋肉に当り

激痛が発生する。

椎間板は常に後方に押し出され、もう一歩頑張ってしまうと

椎間板ヘルニア

の診断がつく一歩手前の状態。

現在も継続治療を定期的にしている。

治療はトリガーポイント療法、炎症を抑える点滴、首の牽引。

トリガーポイント療法とは、首、背中から臀部までの筋肉の痛点、肩や腕にも筋肉の痛点に麻酔に似た薬を注射器で注射を打つ療法。

馴れるまでは、薬の作用でクラクラ、フラフラするし嗚咽(おえつ、薬でオエってなる)もたまらないため、自動車の運転はできない。

通院には送り迎えが必要となる。寝たきりの時は週1で通院していた。

今は、2週間に1回の通院。

この身体の時、炊事(ご飯の制作)お風呂、掃除、洗濯、家族は私がこんな状態を知っていながら何もしてくれなかった。

こんなの家族じゃねぇ!

と離婚してもらった。

あれから5年。また恋もしたい。恋人が欲しい。

もう解禁していいよね?
震災で生き別れた人達も新しい人生始めていいよね?

ただ、もし付き合ってくれる人ができたとしても、私の場合なんだか恋人というより介護人になってしまうようで申し訳ない感じ!

震災で人生狂わされた人達、身体を壊して人生が狂った私、震災で心身共に病んでしまった人達、

みんな、幸せになろうね!

幸せにしてもらうんじゃなくて、お互いに幸せにしよう、幸せになろうと日々思いやり、気配りをしようね!

震災で亡くなられた人達の分も

震災で志半ばで亡くなられた人達のためにも

幸せにならなくてはならない。

善き日本にするために

『自分さえ良ければ誰がどうなろうと関係ない』

という考え方をやめて

常に誰かのために、相手の気持ちになって

幸せになろうね!

自分自身の前向きな明るい未來のために!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。