またまたお久しぶりです(^◇^)
今日は先々週の内視鏡の結果を聞きに行きました。

問題なしです!
元気です!
今はもうほとんど何でも食べられます!
ビールもゆっくりなら350mlくらいは飲めます!

でも、、、太れない!
食べても吸収しないんだと思う。

そして太りたいあまりに一生懸命食べ過ぎたせいか、4月には何と術後癒着による腸閉塞で一週間入院してました(^◇^;)
その時絶食だったのでまた痩せちゃって、今は40キロに届いたり届かなかったり。。。

その後も帯状疱疹出来たり、膀胱炎になったり、つい先週はあまりに酷い目眩で立てなくて吐いちゃって救急車呼んだり
(^◇^;)(^◇^;)(^◇^;)

歳のせいかとも思うけど、やはり全摘でなくても手術による侵襲は感じているより大きいのかなーとか思ったり。

今日も彦ちゃんにああだったこうだった言った後
「まあ歳のせいもあるんですかねー」
なんて言ったら
「いやいやいや、いつも待合室でわかるでしょう?一番若い方ですよ」って、確かに(笑)

「内視鏡手術の後はけろっとしてたけど、まあメスをいれるとそれなりにねー」とか何とか。

あっ!
そんな事より!!!(そんな事なのか?w)

彦ちゃんのお子さんが
なんとなんと!
知らないうちに(あたりまえw)
3人にーーーーー!

このブログで彦ちゃんに3歳の子供が!って書いたのはいつだったかなと思いながら、
「そういえばお子さんおいくつになりました?」
との世間話に答えて彦ちゃん、

「7歳と4歳と2歳」

って、えーーーっっ!!!?

しかも全部女の子だそうで、えーーーーっ?
「なな、よん、に!!」
と驚く私をよそにスマホをいじってる彦ちゃん、、、

「ほら(^◇^)」
って、何とお部屋で撮った写真を何枚も見せる子煩悩っぷり!!!

いやあ〜!3人とも彦ちゃんそっくり!

ってゆうか、彦ちゃんちだよ?彦ちゃんち!
彦ちゃんちのリビングだよ!

くぅうう。
10年前に彦ちゃんにらぶらぶ片思いの頃なら卒倒でつよ!

でもさすがにあんまりじろじろは見られなかった
カーテンの色だって覚えてないわ残念。

てなわけで、
「良いお年を」とご挨拶いただき診察室を後にした久しぶりの楽しいデート外来でした❤️
今日は術後初の内視鏡検診。
 

いや〜今までで50回くらいは内視鏡のんだ

自称「内視鏡名人」だけど、
今日は3本の指に入るくらい辛かった。
 
せっかく喉の「いーー」終って、
一番オエってする場所通り過ぎて、
あーだこーだどーのこーの
さんざん内視鏡行ったり来たりして、
何がどうだかわかんないけど内視鏡変えてまたイチから!(@ ̄ρ ̄@)
 
よだれとゲップで顔がぐちゃぐちゃ。
 
胃の形が変だからね。
 
菊ちゃんも、
前回の外来で持って来てって言われてコピーして持って行ったいった図を見て
大笑いしながら
「やだなあー、これやだなあーー」って(笑)
{035472E8-1C28-48AA-93E4-A5FD1B9BFD8E}
最近QOLが良いのでこの術式多いそうで
昨日もさっきもだって。
 
それでも何とか二人三脚で頑張って、
十二指腸までみてくれたそうだけど、
いったい何処が十二指腸⁇(笑)
 
てなわけで、次回は外科の外来が4月です。
 
あ、そうそう、術後約五カ月。
だいぶ色々食べられるように(^◇^)
でも揚げ物や脂っぽいものがまだまだ無理です。
 
炭酸も厳しいかな、、、
 
びーーるーーーー!

外来の結果

おかげさまで廓清したリンパに転移は認められませんでした。

(病理診断書のコピーももらったけど、もうアルファベットも見ればわかるさっってなもんで余裕でございます(笑))

胆嚢のポリープも悪性ではなかったです。

ありがとうございます。

 

食べられないのも、便秘も、疲れるのも、お腹がチクチクしくしく痛むのも、すべて想定内で問題ないとのこと。

 

造影剤入りのへんな味の液体を飲んでその流れをしらべる透過検査も、とっても綺麗に流れてるそうで。

 

しかし外科の先生が何度もおっしゃってたのは、あんな小さいものが見つかったのは「奇跡」との事。

まず普通の人間ドッグや検診では見つかりようがないくらいの大きさの、いわゆる簡単に言えば「スキルスの子供」「スキルス予備軍」みたいな顔つきの悪い細胞の癌だったので、来年も再来年も見逃されて気付いた時には見えないところ(地下みたいな組織)にどんどん広がってスキルス胃がんになってから見つかる事もあっただろう、と。

こういった物がそうやってスキルス癌になるんだという勉強をさせてもらいました。

との事。

 

もう、さ〜〜〜〜〜〜っすが彦ちゃん!そんなの見つけちゃうなんて!

 

午後の外来で彦ちゃんに直接伝えたら照れながら

「ま、もっと勉強するようにって言っておいてください」

「なんて言ったらおこられちゃうね」

と相変わらずおちゃめさん。

 

胃癌の方の検診は次は来年の一月。

そして食道癌の方は彦ちゃんいわく、

「まあ、こっちはこっちで粛々と検診続けていきましょう」と、これまで通りのスケジュール。

 

しかし、そうやって9年間粛々と内視鏡を飲み続けてきたおかげで、今回の胃癌も見つけてもらったわけで、、、

もし検診が五年で終わってたら、これ、アウトでしょう?

 

私は前回の食道癌もあのステージではありえないと言われる自覚症状での早期発見。

今回の胃癌もsm2だったとはいえ、早期発見。

(ちなみにあんなに小さくてもsmだったというのがそもそもスキルスの子供の恐ろしいところですね!食道の時は今回の十倍ほどの大きさだったのにmでしたからね!)

 

なんかうまく言えないけど、すべての事に感謝です。

生活習慣もっと見直せって神様のお灸かな。

 

はい。

 

ではまた〜〜。

退院後初外来

何と東京「雪」でございます。

こんな日に病院、しかも軽くラッシュの時間帯。
 
あ。
お久しぶりでございます。
未だにごはん食べると疲労困ぱいしてだらだら過ごしています。
 
近所までは毎日お散歩がてら買い物に行ったりしてるんですが、重たい荷物がきついです。
 
やっぱりESDの低侵襲って偉大だなぁと改めて。
腹腔鏡手術は外側の傷は虫に刺された程度になって来たんですが、中身(?)がチクチクシクシク痛いし、ちょっと動くと息切れするし。
でも一番辛いのがやっぱり食事かなー。
食べても可、な物はもう何にも食べる気しないし疲れるし。
 
ま、贅沢なんですけどね。。。(^_^;)
 
 
さて、そんなわけで今日は採血レントゲン抜糸、そのあと外科内科両方の外来です。
 
ではまた!

退院

おかげさまで明日の午後退院と相成りました。

傷の痛みはほぼほぼ寝返りもうてるくらい回復したのですが、

思っていたより「食べる」事がハードル高い。
ここ二、三日食欲なかった、というよりも食欲はあっても喉まで食べ物が詰まっている感じがして、食べ物を見るとへきえきすると言うか、特にお粥拒絶反応が激しくて、パンに変えてもらったけど噛むのが面倒だったりで、今日はもう殆ど果物をつまむ程度。

でもお医者は残してもいいから無理して食べない事と。
まあ想定内なんでしょうね。

自体での食事をどうするかだなーー。

しばらく優雅に家でダラダラしてますので、また気が向いたら色々詳しく書きたい、、、、、、、
って、、、狼少年のようで誰も信用してくれないだろうなぁー(笑)