1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年11月18日 13時19分05秒

もりみちプロジェクト 収穫感謝祭2015

テーマ:もりみちプロジェクト
年末恒例のイベントが今年も開催されます。

今回はゴスペルライブもやります!

日本ならではのキリストも神道もなんでもござれ八百万の神様的なイベントになりました。


また、同会場では地元野菜の販売やトンボ玉、クリスマスリース、コーヒーなどの『田舎のクリスマスマーケット』が開催されています。

いろいろ楽しめるイベントですのでぜひお越しくださいな~

========================
もりみちプロジェクト 2015 
刈って 食って 遊べ!!

「光陰矢のごとし」あっと言う間に年末です! 今年は何かイイことありました?
皆さまの日ごろのご支援を感謝して、赤字覚悟で(笑)収穫感謝祭を開催します~
「もりみちプロジェクトって何?」って言う人もぜひこの機会に年に1度のお祭りを楽しんでください。
本年度の活動写真スライドショー、ポスター展示、わら細工体験、餅つきなどを企画しています。
今年はゴスペルライブが会場を盛り上げてくれますよ~
ぜひひょっこりと遊びに来てください~

○もりみち収穫感謝祭

平成27年12月13日(日)   11:00~16:00

場所:aキューブ(福井県あわら市春宮一丁目11番地)
   http://www.city.awara.lg.jp/annai/7200/kankoshisetsu/p006550.html
アクセス:JR北陸線「芦原温泉駅」徒歩すぐ
     北陸自動車道「丸岡IC」より30分
           「福井北IC」より40分
     ※会場付近に有料駐車場はございますが、混み合う事が予想されます。
      できるだけ公共交通機関をご利用ください。

スケジュール: 11:00 イベントスタート
              餅つきやわら細工、活動スライドショーなどをお楽しみください。
       13:00 ゴスペルライブ(1回目:約30分)
       14:00 ゴスペルライブ(2回目:約30分)      
        15:30 体験終了(餅つき、わら細工)
        16:00 イベント終了     
入場料:無料
体験参加費:500円 (餅つき、わら細工体験)
      ※大人、子ども同額
持ち物:マイ箸、マイ器
内 容:展示・写真スライドショー
    餅つき・試食(おろしもち、きな粉もち) ※無くなり次第終了
    わら細体験
    農産物の販売
    ゴスペルライブ(ゴスペル クワイア クイーン)2回公演


主催:もりみちプロジェクト
共催:NPO法人awarart

■申し込み・問い合わせ先■
もりみちプロジェクト
代表:八木 富永
担当:事務局 荻田 英爾
090-4282-4910
E-mail : hidaisy02@gmail.com


ブログ
FBページ https://www.facebook.com/morimichi.project
AD
いいね!(8)  |  リブログ(0)
2015年08月14日 18時29分03秒

稲刈りイベントのお知らせ【告知】

テーマ:もりみちプロジェクト
先日、5月に植えた田んぼに行ってきましたが、もうすでにたわわに実っていました。
今年は初の試みで、蟹殻をまいて育てた稲を使用しましたが、緑が濃くて、株も太い。(感じがします)
実は海岸に近い場所では伝統的にしていた農法らしいのですが、どうやら肥料というよりかは本来持っている生存本能に刺激を与えることで力を発揮するようです。

収穫が楽しみになってきたところで一緒に稲刈り体験をしたい方を募集します~
興味がある方は下記を確認していただき、お申込みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もりみちプロジェクト 2015

刈って 食って 遊べ!!

いよいよ収穫の喜びを感じる季節がもうすぐです。
稲を手で刈って、はさ場にかけて行きます~
昔の技術をみんなで学びましょう!!

○収穫を楽しもっさ!~稲刈り・はさ掛け作業~

平成27年9月5日(土)   10:00~15:00

集合場所:剱岳公民館 (あわら市椚18-10)
集合時間:9時45分
内容:稲刈り・はさ掛け作業
参加費:1,500円(保険、プログラム費、ご飯、味噌汁)
※中学生以下は500円

持ち物:長袖【必須】・長ズボン(動きやすい格好)、軍手、着替え、長靴(もしくは地下足袋)、タオル、帽子、水筒、マイ箸、マイカップ、マイ器 、おかず1品(おかずを持ちより、みんなで一緒にシェアしましょう!)

※小雨決行です。荒天時の場合8時までに中止の決定します。


主催:もりみちプロジェクト
共催:NPO法人awarart


■申し込み・問い合わせ先■
もりみちプロジェクト
代表:八木 富永
担当:事務局 荻田 英爾
090-4282-4910
E-mail : hidaisy02@gmail.com

保険加入をいたします。
お申し込み時に
①氏名
②住所
③連絡先
④生年月日
をお伝えください

〆切り:8月31日(月)まで

JR福井駅より車で40分
北陸自動車道「金津IC」より8分
      「福井北IC」より30分

ブログ<http://ameblo.jp/291egtn/theme-10035233819.html>
FBページ https://www.facebook.com/morimichi.project



AD
いいね!(8)  |  リブログ(0)
2015年05月11日 19時24分04秒

田植えだ!手植え!!

テーマ:もりみちプロジェクト
5月3日(日)
GW2日目にいつも通り「もりみちプロジェクト」の田植えイベントを行いました。

毎年、この時期は身の引き締まる思いです。
田植えまでには荒おこしや代掻きなどの作業はもちろんありますが、実際に田んぼに稲がやってくるのはこれが最初です。。

私たちは1反(少し足りない大きさですが)だけを手植え、はさ掛け(自然乾燥)をする伝統農法をしています。
ご存知の通り、近代農業においては一部の山間部を除いては皆無です。
でも、このやり方をキチンと伝えていくのは重要だと感じています。
伝統を守るという意味もありますが、機械に頼らない基本的な事はどこかで覚えておいて引き継がないと、(あり得ないことかもしれませんが…)もし、不測の事態で機械が一時的にでも使えなかった時に対処できなくなるからです。
また、じっさいで手で作業することで感じる手ごたえが、お米や自然環境を大事にすることをより身近に思えるのではと。。。

今回は20名ちょっとの参加者で、遠くは千葉県、滋賀県からもご参加いただきました。。

↓代表 八木さんの挨拶

↑今年の新たな取り組みとして育苗の時にカニ殻を入れました。
 あわら市は芦原温泉があり、毎年大量の越前ガニ殻が産業廃棄物として捨てられます。
 それをわずかでも有効活用できないか?という「カニ殻プロジェクト」というものがあり、チャレンジしてみました。
 研究者によるとどうも昔からの伝統農法として三国の海岸に近い地域は田んぼにカニ殻を入れていたようです。
 肥料ではないのですが、植物本来の成長を促進する効果があるみたいです。(検証中)

里山の環境、恵み、水源涵養、お米が約20倍ぐらいに増える効率の良い作物であること、カエルが水田に卵を産みに来るタイミングと田植えが一緒なコトなどを説明させていただき田植えをしました。



↓昼食は恒例の羽釜で米炊き、味噌汁、1品持ち寄りのスタイル。
 今回も様々なおかずが登場して食卓がにぎわいました。。



もりみちプロジェクトととしては今年で7年目の活動になりますが、田植えは6回目になります。
はじめのころは段取りが悪かったり、説明が不十分などでアフターフォロー(植え直し、補植など)をしたりで大忙しでしたが、今回は過去の経験値と参加者の習熟度が高かったのとで予定よりも早く終了しました(^_^)/


最後のふりかえりではお米の値段が下がってお茶碗一杯20円を切っている現状、安易に安いからといって輸入に頼ることは食料確保の面で危ういこと、この現状は難しいことだけどみんなで一緒に考えたい・・・てな事を話しました。



ありがとうございました~

次回は6月27日(土)ホタル観察会です!!

AD
いいね!(16)  |  リブログ(0)
2015年04月23日 09時10分15秒

【お知らせ】田植え体験しませんか~

テーマ:もりみちプロジェクト

今年も手で田植えをします~

農業も近代化で機械化が進み、手で植えることもほとんど無くなった今日この頃、伝統的な農法を忘れないためにも手で植えて、手で刈り、はさ干しをする…
そういう出応え、実感のする体験を通して、お米のコト、里山環境のコト、農村文化のコトなどの学びを伝えたい・・・
そんな思いで実施します。。

↓昨年の様子






↓「もりみち名物」1品持ち寄りで羽釜で炊いたご飯とみそ汁が昼食


========================
もりみちプロジェクト 2015
刈って 食って 遊べ!!

みんなで手植え! 田植えをしよう!!


コレをやらなきゃ"田んぼ"は始まりません。今年度、最初の大仕事です。
ちなみに『手植え』です。みなさんご経験はありますか?。

もりみちの棚田で手植えをします!!
泥んこになったあとの昼食には、とっても美味しい釜炊きごはん(もりみちのお米です)が待っています~!

今年も作付けはハナエチゼン。
低農薬で里山環境に配慮した農法でお米づくりをします。
※ハナエチゼンは福井県生まれの品種です。


日時:5月3日(日)10:00~16:00
集合場所:剱岳公民館 (あわら市椚18-10)
集合時間:9時45分

<内容>
田植え、昼食

<参加費>
1,500円(保険料、昼食代)
※小学生は1,000円。
※未就学児童1名までは無料。2名からは1名につき500円。

<持ち物・服装>
長袖・長ズボン (動きやすい格好、汚れてもよい格好、肌の露出を避けられる格好ならなんでも可。)
小雨が予測される場合は、雨具(カッパ類)をお持ちください。
着替え、タオル、帽子
田植え用長靴 (若干は用意があります。裸足でOKな方は不要ですが、怪我には十分注意してください。ちなみに、普通の長靴では全く歩けません。ご自身でご用意される場合は必ず脱げ落ち防止用のゴムバンドも一緒にご用意ください。)
ゴム手袋 (手肌の弱い方、荒れやすい方にはとても重宝します。薄手で肘上までの長いもの、フィット感のあるものが望ましいです。)
水筒、おはし、食器類 (使いきりのものでも可。)
おかず1品持参 (ご飯と味噌汁は用意します。)

※小雨決行です。荒天の場合は、当日午前7時の時点で判断し、中止の場合は翌日に順延します。

<アクセス>
JR福井駅より車で40分
北陸自動車道「金津IC」より8分
            「福井北」より30分

主催:もりみちプロジェクト
共催:NPO法人awarart

■申し込み・問い合わせ先■
もりみちプロジェクト
代表:八木 富永
担当:事務局 荻田 英爾
090-4282-4910
E-mail : hidaisy02@gmail.com

保険加入をいたします。
お申し込み時に
①氏名
②住所
③連絡先
④生年月日
をお伝えください

〆切り:4月28日(火)まで


ブログ<http://ameblo.jp/291egtn/theme-10035233819.html>
FBページ https://www.facebook.com/morimichi.project

いいね!(0)  |  リブログ(0)
2015年04月14日 13時03分27秒

手前MISOづくりしました~

テーマ:もりみちプロジェクト


↑蒸した大豆を手動ミンチ機(ミンサー)にかけたものです。


少し前の話ですが、「もりみちプロジェクト」では昨年に引き続き味噌作りをしました。

平成27年2月1日(日)

昨年度はスタッフと知り合いのみで、実験的に行いました。
要領も悪く、ひってー(福井弁)時間がかかりましたが、時間短縮と段取りに工夫を加えて一般募集を行い募集したところ20名強の方にご参加いただきました。

場所は初めてあわら市を飛び出し、福井市田原町の「たわら屋」<http://www.geocities.jp/tawaraya2006/index.html>で開催。

福井大学も近いこともあり、数年来、田原町の商店街と大学がつながりあり、店舗を運営を福井大学生が担っています。

もりみちのお米を販売してもらっていることもあり、今年はこの場所を会場として実施。


↑大豆を手動ミンサーでつぶす。


↑生糀と塩混ぜ


↑とにかくこねる


↑団子にして、最後に空気を抜くようにバケツに詰めていくと出来上がり~



そろそろあったかくなるので手前味噌のお世話も気にしないと・・・

ストレス発散、手作りする実感など参加者にも好評でした。

なかなか楽しい取り組みなのでまた来年度も続けたいですね~

次回もりみちは

○オリエンテーション
  https://www.facebook.com/events/731740786947054/
○稲刈り
  http://www.fukui-ecogreen.org/4176

またご参加ください。。

いいね!(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。