◎都市農村交流員ひでじ twitter アカウント

  『 hi_daisy291 』


◎ふるさとワークステイ  

ブログ記事 http://ameblo.jp/291egtn/theme-10015179581.html

  HP      http://www.fukui-ecogreen.org

  FBページ http://www.facebook.com/furusatows


◎ふくいエコ・グリーンツーリズム

  HP     http://www.fukui-ecogreen.org/ecogreen

  FBページ http://www.facebook.com/fukuiecogreen


◎もりみちプロジェクト

  ブログ記事 http://ameblo.jp/291egtn/theme-10035233819.html

  FBページ https://www.facebook.com/morimichi.project


  NPO法人 AWARART(いつも放課後プロジェクト) HP http://awarart.net/blog/houkago/


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月13日 14時36分03秒

「ザ・トゥルー・コスト」 ファストファッション真の代償

テーマ:映画の話
「ザ・トゥルー・コスト」 ファストファッション真の代償

少し前になりましたが観に行ってきました。

食べ物に関してはいろいろな映画でコーヒーやバナナ、パームヤシなどのプランテーションや農薬・遺伝組み換え、食品添加物などが取り上げられていますが、「衣服」に関しては以外にもあまり聞いたことがありませんでした。
内容は衝撃的で、世界のアンバランスさをあらためて思い直すことになりました。

「ファストファッション」とはあまり聞きなれない言葉でしたが食品でいう「ファスト(ファースト)フード」と同じ意味で使われていました。
そういえば、昔は安物、そこそこ、高級品がモノやブランド名で大体わかる用でしたが、ユニクロをはじめ、外資系の衣料販売チェーンが出始めて、そこそこのモノが低価格が手に入るようになりました。
私も初めは「ユニクロなんて」と思って下着類などしか購入してませんでしたが、ここ数年で利用頻度が増えてきました。
気づけば高品質・低価格を売りにした自社企画販売店舗が急速に増えています。

消費者にとってはうれしいことなのかもしれませんが、その裏で起こっている不幸な現実…

それはもともと工賃の安い後発開発途上国でさらに工賃を下げるように強要し、仕事を失いたくない工場主は要求を受けるけど待遇面や建物の安全性を担保出来ずにビルが倒壊、怪我人や死亡者が…
改善を要求して組合活動すれば、外資系企業が撤退するのを恐れて軍隊を使って阻止し、これまた怪我人や死亡者…


誰かの大いなる犠牲によって成り立っていることへの怖さを感じました。
そんなのビジネスと言えるのか?


大きな投げかけ…

そんな映画でした。

※ザ・トゥルーコスト
http://unitedpeople.jp/truecost/
https://www.youtube.com/watch?v=tR5giBWTPX8
AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)
2016年05月12日 12時53分21秒

共感し合うコト

テーマ:ブログ
皆さんゴールデンウィークはどうお過ごしでしたか?
有給休暇を取ればかなり長期なお休みを取られた方もいたのではないでしょうか。
ヨーロッパみたいに長期休暇が少ない日本にとってお盆休暇と年末年始と並んで休みを満喫できるチャンスですね。
早くバカンス法が適用されないかな~
http://wwwa.cao.go.jp/wlb/e-mailmagazine/backnumber/010/index.html


私のゴールデンウィークの前半は田植えでした。
あわら市で活動8年目の「もりみちプロジェクト」の事務局をしていまして、5月3日に手植えで田植えをするイベントしました。1反を手植え、はさ干しで米を作っています。
その様子はまた後日…

もりみちプロジェクトフェイスブック https://www.facebook.com/morimichi.project/

事務局なので段取りや説明で忙しく「手植え」を楽しめなかったのですが、翌日の補植作業では静かにゆっくりとスタッフメンバーだけで楽しみました。
いつも思うのですが、無心に作業していると気持ちがリラックスしてアイディアが思う浮かんで楽しくなることが多いです。
皆さんもおすすめですよ!!


後半は実家の大阪に帰省して、国立民族学博物館やあべのハルカス美術館、日本一長い商店街「天神橋筋商店街」、中崎町界隈などなど楽しみました。
目的は実家に残った私物の整理でしたが(笑)

後半最終日、県内の音楽イベントに参加したのですが、個性的な雑貨店や飲食店が並び、ステージでは変わる変わるアーティストが演奏していて良い雰囲気でした。
このイベントもたった一人の思いからスタートし、共感者が増えて、初めは小規模だったのが年々規模も質も良くなっている聞いています。

こういう話を聞けば「イイな~」と思いますが、ふと考えてみました。
ある程度安定期になってくると考えられるは、「なかなか入りづらい雰囲気がある」、「好きな人たちだけ(若者、年配者、趣味の会)で勝手にやっている」などなど軋轢が生まれるネタが増えてくる傾向が見受けられます。
はじめた人たちにとっては不本意な見られ方だとは思いますが、ある人に聞いた話ではむしろ好きな人たちだけの世界でやりたい、それでイイと考えるグループ出てきているいるとの事。

私の取組んでいるグリーン・ツーリズムも考え方は素晴らしいのですが、広がりが停滞してきて『身内化』しているように感じています。
自然学校やエコツーリズムの世界でも自然との向き合い方だけではなく人が暮らす「地域」を大事にするグリーン・ツーリズムの考え方に親和性がありますし、観光業においても「観光まちづくり」とい概念が注目されています。
また、いろいろな講演会を聞いていると本人たちはグリーン・ツーリズムだとは思っていなくてもやってることや考えている事は似通っていることが多いと感じることはありました。

そう考えると、共感し合っているグループ同士がさらに共感し合える仕掛けが必要なのかもしれません。
もっと違う立場やセクションの人たちが交流し合えるようになる事が更なる発展への道筋ではないでしょうか…

AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2016年04月14日 11時13分20秒

地方への移住定住について

テーマ:ブログ
今更ですが、数年前から日本の人口はピークを過ぎて下降傾向にあります。

現在は約1億2千万人。
50年後には8千~5千万くらいに減る予測のようです。
何も対策しなければ予測通り進んで行くであろうと言われています。

世界では70億人から100億人に向かっていて全体としてはまだまだ増加傾向です。

日本の人口減少の原因は少子高齢化と首都圏の人口過密。

出生率の低い東京へ人口が集中すると必然的に全体として減少していきます。

私の親の世代は6人兄弟は普通で、しかも中には体が弱くて小さい頃に亡くなってしまった子もいるという話は聞いたことがあります。医療や水事情で子孫を残すためのリスク回避として子どもが多かったと思います。


経済学者でもないのですが…
戦後の経済成長の元となったのはドンドン生んで働き手を増やしていったこともありますが、それによる内需の拡大もあったかと思います。

昔の農村部はほぼ自給のための作物を作っている小規模農家が多かったけど都市部に住む人が増えて食料増産の必要が出てきたのと、国の政策が相まって今の形になったと聞いています。

今はそういう意味では水事情や医療が発達し、国としてしても経済大国として成長を遂げ、成熟してきた感があるので人口減少は必然な事でもあります。

これから国のインフラを維持して行こうと思えば、移民の受入や外需へのシフトを考えなければなりません。

そこで外需獲得に期待されているの外国人観光客の増加。
今までは内需で十分経済がまわっていたけど、そうも行かなくなって国家戦略となっています。

外国人観光客が増えてくれば定番の東京、京都、奈良、大阪、それらを結ぶ黄金ルートだけでなくもう少し多様化した楽しみを求めてくるであろうというところから、グリーン・ツーリズムにも追い風になるのではという事で各地で整備やモニタリングが進んでいるようです。(福井県はイマイチ遅れていますが…)

最近の傾向としても観光地に求められているのは「住んでよし、訪れてよし」と言われています。

生き生きとその地で暮らすさまが魅力に感じて観光や何らかの交流で訪れたのがきっかけで移住することになるというケースは全体の数と比べると少ないかもしれませんが、増えています。

そういう意味では観光・交流と移住定住は密接な関係にあり、いわば「お見合い」期間でもあります。



移住定住対策の先進地としては島根県が有名です。
他県よりも高齢化、人口減問題が早くに訪れた先進地が、ここに来てトップランナーとして成果を上げていくような予感を感じます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000002-wordleafv-soci&p=1


前置きが長くなりましたが…

以上状況を考えて、私個人としては移住者の取り合いではなく、可能性をどこまで示せるかが重要と考えています。

どうしても都会が良い人はそれでいいのですが、「何が何でも東京に行けば仕事がある」、「都会には何か(夢?)がある」と考えるのではなくそれ以外にも自分にあった暮らす場所があるという可能性を示していく事で一極集中が緩和され、結果的人口増対策になるのでは?
もう一つ言えば定住しなくても移住者がどんどん増えて流動性が高まるのが重要と思っています。

農村で人の交流が盛んになれば活気が出るし、今まで全く意識していなかった『農村の価値』に都会の人が気づくことにもなるし、農村に住む人もTVやネットなどでない都会の事情について理解することにもなります。

『都市農村交流』を仕事にするという事は、こういうことにもつながっているあらためて感じたので少しづらづらと書いてみました・・・






AD
いいね!(13)  |  リブログ(0)
2016年04月12日 17時17分09秒

桜のある風景~日本人で良かった~

テーマ:ブログ
皆さん、花見を楽しみましたか?

今年は温ったかいので、いつもより早く見ごろを迎えていますね。
この時期は日本人で良かったと思える一つです。。。

福井には桜の名所が大小多数あり、美しい日本の風景を楽しめます。
数年前までは大阪に住んでいて花見=人ごみのイメージですが、福井ではストレスなく楽しめます。

毎年、足羽川沿いの桜と足羽山の枝垂れ桜は観に行っていますが、今年は初めて「丸岡城」、「殿下の西雲寺枝垂れ桜」を見る事ができました。

イヤー見事なものです。。







毎年、Eボートでお花見クルーズのインストラクターとしてお手伝いさせていただいていますが、今年は天候も良くて普段は体験活動にはあまり参加してなさそうな人も来られ、一緒に川からのお花見を楽しみました。

また、地域のお祭りのステージでゴスペルも歌わせていただきました。




農村部でもプライベートなお花見を楽しんでいる皆さんも多く、都会に住む皆さんにと
 っては贅沢な楽しみなのではないでしょうか?

これって田舎の特権ではないでしょうか??




4月1日より越前市安養寺町という割と山奥に勤務しています。

やっている仕事自体は大きく捉えて変わりなく、「都市農村交流」を担当していく事になります。

毎日、静かなところに居ますので仕事がはかどるかな?(笑)
 
たまに鶯のカワイイ音色が聞こえます。


農山漁村を中心に水や食べ物、人間や生き物が生きていくために必要な公的な資源があります。そんな場所で暮らす人たちの経済的活性化と社会的活性化を目指していく事がグリーン・ツーリズムの目的です。

 皆さん、応援してください!!


いいね!(3)  |  リブログ(0)
2016年04月07日 12時12分13秒

今日は世界保健デー

テーマ:ブログ

1948年の今日、世界保健機関「WHO」が誕生したよ。

▼本日限定!ブログスタンプ

今日は世界保健デー

いいね!(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。