さくらとあたしのロンドン滞在記

ようこそ♪
2008年結婚。2009年妊娠。8か月でおっとがロンドン赴任。
日本でさくらを出産後ロンドンへ。
育児も駐妻生活もビギナーなあたしと人生はじまったばかりのさくらのおっかなびっくりロンドン日記です。


テーマ:

2011年6月19日(日)


今日は珍しく晴れメインときどき曇り&雨。でも寒い。ロンドンの6月はセールの時期だ。子供服、そして買いたいなと思いつつ急いでないものはこの時期に買うことにしている。しかしながらお目当ての物は売り切れていることも多く逆に予定外の出費が増えるだけのような気もする。


今日はセールにちなみ子供服について。ロンドンにも赤ちゃん&子供服ブランドは色々ある。リーズナブルなものからハイブランドまで、またシンプルなものからおしゃまなものまであり見ていて飽きない。


さくらはハイハイするのにセパレーツよりつなぎの方がやりやすいだろうとハイハイまではつなぎがメイン。結局、1歳前までつなぎの服も大活躍していたけど、ロンドンで見かける赤ちゃんでつなぎの洋服を着ているのは生後数日~1か月前後の新生児が多い。あとは普通のセパレーツの洋服が主流だ。


日本で子供服をじっくり見るチャンスがなかったので自信がないけど、日本の子供服のかわいらしさとロンドン、そしてヨーロッパの子供服のかわいらしさは少し違うように思う。どう表現するのがいいのわからないけどこちらの洋服のかわいらしさはおもちゃのお人形さんのお洋服のようなかわいさだ。書いているうちにモデルさんや着ている子供の雰囲気の問題のような気もしてきた。


さくらは女の子なのでかわいい洋服をと思うけど動きやすさや着やすいもの、洗濯に強いもの、また本人の似合うものを優先的に探している。色々なメーカー、ブランドがあるけど今日はUK発のブランドからひとつ。


ロンドンのショップが並ぶ通りを歩いているとよく「MONSOON」という名前のお店を見かける。刺繍やビーズをつかった色鮮やかなオリエンタルリゾート風な洋服やアイテムが多い。頭からつま先までここでそろえたらアジアンリゾートを優雅に歩きたくなる、そんな素敵なお店だ。今の時期だと夏のリゾートに行きたくなるワンピース、かばん、帽子など沢山セールしている。ちなみにピアスや帽子やなど気軽に使うアクセサリー類はあたしはMONSOONでよく買っている。


話が子供服からそれてしまった。。。そこの子供服ブランドであるMONSOON CHILDRENがあたしのお気に入りのショップのひとつだ。大人用のショップが上記通り刺繍やビーズを使ったオリエンタルリゾート風な アイテムが多いので子供服も刺繍やビーズを使ったオリエンタルリゾート風な洋服やお姫様に憧れる女の子が好きそうなレースのふわふわなワンピースや小物類も多数そろえてありとてもかわいい。


刺繍、ビーズ、レースふわふわ・・・どれも食事をすれば洋服に食べ物をこぼし、ところかまわず歩いては転んだりお座りしてどろだらけにし、階段を見ると四つん這いで登りたがる1歳半時さくらには全く縁遠いブランドのように感じるけどじっくりみると刺繍、ビーズ、レースふわふわのものだけじゃなく動きやすく、着やすく、実用的でかつかわいいものが出てくる。前回のセールで買ったズボンは裾に小さなお花がついているオリエンタル風なものだったけど何回洗っても色もあせず小さなお花もくたくたにならず非常に丈夫で気に入っている。パジャマもMONSOON CHILDRENのものでピンクのストライプのシンプルなデザインだけど女の子らしく気に入っている。


セールの時期はママ達がみんな両手にいっぱい買うのでロンドンでは人気のある子供服ブランドだと思う。ただ問題が少々。どこからも一番行きやすそうなロンドンのセンター、オックスフォードサーカスにあるMONSOON CHILDRENはバギー連れだとなかなか厳しい。子供服の看板をかかげているのに2Fに子供服が置いてあるうえにリフトがないのだ。おそらく1Fでバギ―を預かってもらえるとは思うけど階段が急でめんどくさくあがったことがない。このようにMONSOON CHILDRENは大人服メーカーの付属的な子供服ブランドという位置づけなのか子連れママに優しいつくりになっていない店舗も多いことが難点だ。


MONSOON CHILDREN http://www.monsoon.co.uk/page/childrenhome


ペタしてね


いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード