謎の放浪者の『詩』と『歌詞』

詩と日常をちらほら書いています。


テーマ:

綺麗な言葉が飛び交えば
どんより雲がおりてくる
もっともな話聞くたびに
埃で喉が咳きこんだ

政治家みたいな事を言うのは
政治家だけで沢山でしょう
素晴らしいですそうですね
きっとそうです素晴らしい

今日も青空が広がって
間抜けな顔して笑ってる
雨が降っても夏は赤くて
雪がなくても冬は白くて
自転車こいで歌ってる
やりたいことって単純だ

高いスーツを着た彼は
ホームレスを嫌ってる
そういう彼の御自慢を
うんざりしながら聞いている

きらきら光をちらつかせてる
どろどろの水を眺めていたよ
鈍く流れてる何処までも
何処までも鈍く流れてく

それにつけてもいい日だよ
阿呆な顔して怠けてる
お気に入りの安いシャツ
履きこんできたマーチンで
公園歩き歌ってる
好きなものってたわいもない

究極はなんでも自己満足
どんなたいそうなことだって
突き詰めてみりゃ自己満足
そうしたいからやるだけさ
名目なんてどうだって
やっぱりそれでも自己満足







AD
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

目覚めたら真夜中
布団にもぐって2時間目
目覚めたら真夜中
時計の針は午前3時半

なんてこった
なんてこった
なんてこった
なんてこった
布団にもぐって2時間目

もうれつ眠くてたまらなくって
布団にもぐってまだ2時間目
やたらと頭はくっきりすっきり

明日は仕事もお休みDAY
ハードワークの1週間で
もっともっと眠りたいのに
お昼前迄眠りたいのに
しょうがないから煙草一服
布団にもぐってまだ2時間目

目覚めたら夕方
もぐりなおしたら9時間目
目覚めたら夕方
太陽はもう西に近付いた

なんてこった
なんてこった
なんてこった
なんてこった
もぐりなおしたら9時間目

朝日が目に染みまた眠くって
もぐりなおしたらもう9時間目
頭も体もくっきりすっきり

楽しみだったお休みDAY
お天気だったら布団を干して
掃除終われば映画と散歩
お楽しみはみんな水の泡
とりあえずそうだ先ず洗濯だ
もぐりなおしたらもう9時間目

なんてこった
もう日が暮れてきた
なんてこった
もう日が暮れてきた
なんてこった
なんてこった
なんてこった
なんてこった










AD

テーマ:

アンドロイド
君はかつて人間だった
アンドロイド
君の血は氷を溶かした

分かち合える時は過ぎ
その記憶は永遠に
冷たい体に閉じこめた
君は君のふりをする
人間世界にいるために

アンドロイド
かつての君の友達に
アンドロイド
さとられない様にして

その肌を隠しながら
インプットされた会話
失ったキーワード
君しか知らない君は
開かない開けない

アンドロイド
何を君は捨て去った
アンドロイド
口元だけの微笑み
アンドロイド
何が君を変えたんだ
アンドロイド
今何を求めているの

君の本当を分かち合えない
分かち合えない
分かち合えない




AD

テーマ:

四角い部屋の中
そこが僕の全て
鏡に語りかけ
それを聴くのは誰

ピアノの音色が呼び覚ます
眠る僕が共鳴をする
そうさまるでマリオネット
見えないものに操られ

ああ それは何て心地いい至福の時
解き放たれ忘れさろう
僕であることそれ以外は
なにもかも欲しくは無い

誰も触れられない
ピアノの音色だけ
聞こえているのは
ただ一人の言葉

鏡だけがみつめている
問いかける意味さえもなく
真っ白に流れる
まやかしのない部屋の中で








テーマ:

先生あれから何年でしたか
本当にお久しぶりですね
初めてお酒で乾杯をして
あの頃はしない話をして
生身のあなたと向き合って
芸術談義に花を咲かせ

先生あの時のあなたの年を
とうに追い越したんですね
なんでも答えを持ってる様に
皆思っていたのだけれど
あなたも手探りだったんですね
わからないことだらけですね

静かな話し方をして
生徒にいつも付き合いよくて
年のわりには老けてみえて
やっぱりそこは気にしてましたか

あなたに何を教わったのか
正直おもいだせないけれど
あなたが見ていてくれたものは
今でも思い出せるんです
あなたがわかってくれたものは
今でも覚えているんです

先生年をとるってことは
やっぱり楽しいものですね
先生学生だった時よりも
近くにいる気がします
先生次は何を飲みますか
やっぱりまた日本酒ですか






テーマ:

ちょっとばかり嬉しい事があってさ
ここんところくな事無かった俺に
ちょっとばかり浮かれて歩いたんだよ
吹きっさらしの渋谷の坂を

なんにも無いまっ黒い空に
満月だけが光ってた
くっきり模様を浮かばせて
真っ黒な空にそれだけさ

今日午後6時の月を見たかい
109よりずっと高くに
今日午後6時の月を見たかい
ポケットに手を突っ込みながら
今日午後6時の月を見たかい
ネオンなんて相手にしないで
真っ黒な空に光ってたんだ

なんだかもうどうでもよくなったのさ
なにもかもにさうんざりしていた
だけど今日は浮かれて歩いたんだよ
苛立つだけの人混みなのに

にやけた顔で上向いたら
満月だけが飛び込んできた
星っこ1つも無い空で
そいつがやたらと光ってたんだ

今日午後6時の月を見たかい
高架橋の上のあたりに
今日午後6時の月を見たかい
道玄坂を下りながら
今日午後6時の月を見たかい
携帯から離れてみたかい
真っ黒な空に光ってたんだ






テーマ:

どうでもいいことはどうでもいい
大切なことはゆずらない
悪かった時はごめんなさい
むずかしくない単純明解

あーだのこーだの いろいろあるし
それもやっぱり大変だから
しぶしぶやるのもいいけれど
とんずらするのもありじゃない

とりあえずビールで乾杯だ
今日も1日ごくろうさん
とりあえずビールで乾杯だ
あなたも1日おつかれさん

飲みほしてグーっと 飲みほしてグーっと
飲みほしてグーっと 飲みほしてグーっと
明日は明日の泡がたつ

しょうがないものはしょうがない
失敗しちゃえば反省だ
言い訳するのは疲れるし
言い逃れするのは苦しいな

楽しいことだけどっぷりつかって
つまらないことはそれなりに
どうにかこうにかやってきました
お気楽なやつだと人は言う

とりあえずビールで乾杯だ
今日も1日ごくろうさん
とりあえずビールで乾杯だ
あなたも1日おつかれさん

飲みほしてグーっと 飲みほしてグーっと
飲みほしてグーっと 飲みほしてグーっと
明日は明日の泡がたつ





テーマ:

汗だらけのユニフォーム
息を切らし走ってた人
友達とはしゃぐ声耳をそばだてた

隣の席に座ってる
あなたをいつも横目で気にした
真面目にノートをとる振りをしながら

告げられなかった恋心
綺麗なままで散る花の
色こそ今も忘れがたき
ずっとあなたは思い出の中
私の永遠の片想い

大人になった私は時に
あなたを思い描いてみます
どんな大人になったのでしょう

日溜まりみたいだった人
きっと素敵なあなただから
素敵な大人になったのでしょう

告げられなかった恋心
綺麗なままで散る花の
色こそ今も忘れがたき
触れられぬものなお輝いて
私の永遠の片想い

行かなかった同窓会
友達に見せてもらった写真
年を重ねたあなたが微笑む

制服姿の青年の
今でもどこか面影残した
変わらない日だまりみたい

あの頃よりも素敵な笑顔
思い描いたあなたのままで
ただ1枚の写真それだけで
100年の恋が実ったような
あなたはあなたのままですね




テーマ:

潮風に響く憂い無き唄よ
飛び交うカモメの鳴き声よ

青き波の上 帆を張れば
太陽は耀くその身を燃やし
光が私の影を揺らす

瞳にうつる黄金色の
眩しき陽射しに瞼を閉じて

うちよせる波よ何処へ運ぶか
太陽に我が身焦がされながら
翼無き海鳥何処へ運ぶか







テーマ:

俺は信じない 絶対信じない
みんなに頭下げられて
優越感の風呂につかって
それがなんだ だからなんだ
俺は絶対信じない

あんたが本当に好きなのは
計算通りにあやつる事さ
あんたの中での正しさを
人に押しつけるそれだけさ
俺は絶対信じない

小手先小細工口八丁
うまくやってるつもりでも
透けて見えるぜ
透けて見えるぜ
君の為だと笑うあんたの
後でいつも誰か泣き寝入り

俺はあんたの下にはいない
俺はあんたの下にはいない
あんたが何をしようとさ
どうぞ勝手にやってちょうだい
でも俺のことは俺が決めるよ
茶番に付き合っていられねぇ

あなたをかえてあげたいとか
あんまり思い上がるなよ
もちあげられていい気になるなよ
俺は知ってるんだ
俺は知ってるんだ
みんなあんたが怖いだけ
みんなあんたが怖いだけ





[PR]気になるキーワード