1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月02日

MVで広島の原爆や9.11を揶揄 歌詞もひどい

テーマ:SHINee f(x) TRAXEXO他
Red Velvetのデビュー曲Happiness、動画(MV)で広島の原爆や9.11を揶揄。
歌詞もひどい!SMエンターテインメントは何考えてるのかね


ブログ記事こちら

抜粋:
Red Velvet Happiness 歌詞もひどすぎる!
歌詞については今のところ誰も言及していませんが、ほんとひどいです。もっとも、このようなMVでなければどうってことのない歌詞で、基本的に大したことは歌っていません。
けれど、各シーンに敢えてこの歌詞を持ってきたのでは?と、穿った聞き方をした場合には、怒りを通り越してその酷さに虚しさを覚えます。

ではボクのしょぼいリスニング能力をフル動員して歌詞を紹介しましょう。

『私は毎日スタイルアップ』と歌った後の歌詞が34秒のところなのですが、『キブン アップ デヌン イレ チプチュン:기분 up 되는 일에 집중』と歌っています。
意味は、『気分(が)UP(に)なることに集中』です。
どうですか?あの新聞の内容、臭いほんがズタボロにされたということが、『気分がUPになること』と取れませんか?
そもそもあんな新聞記事を映像にはめ込んでいる以上、そこに何らかの意図があるわけですよ。それを歌詞にシンクロさせているとしか思えません。

その後は、『私が幸せに生きる秘訣を話してみようか』と前フリしてから本題に入ります。
『大人たちは辛そうに見える、彼らは本当に幸せじゃない・・・悩みに悩むと、大人になって後悔するのに』と歌っています。(訳テキトウ)
そして、9.11を連想させる部分は、『うれしいこと、かっこいいこと、世界は本当に多い場所だ』と歌っています(汗)

まとめ
ボクは広島人なので特に切なく感じるのかもしれません。
また、当時広島で多くの朝鮮人もなくなっていることを考えたら、少なくともこのようなMVは作ることができなかったはずです。
アホです。完璧なアホです。
PR
2014年08月02日

日本メディア 広島原爆と9·11テロ込めて 猛非難

テーマ:SHINee f(x) TRAXEXO他
こちら
日本メディア「レッドベルベットMV、広島原爆と9·11テロ込めて"猛非難
2014.08.0213:35
ガールズグループRed Velvet(レッドベルベット)のミュージックビデオが論争の中心に立っていた。 ⓒ'Happiness」のミュージックビデオのキャプチャ
日本のメディアがSMエンターテイメントの新人ガールズグループレッドベルベットのミュージックビデオの問題点を指摘した。
1日、日本メディア東スポーツウェブ(東スポWeb)は、レッドベルベットのデビュー曲「Happiness(幸福)」のミュージックビデオで広島原爆を扱った新聞のヘッドラインの画像が使用されたと報道した。
実際に「Happiness」のミュージックビデオの35超硬、新聞のコラージュには、「JAPS HIROHITO」という昭和天皇を指すフレーズと「JAPS HIT BY ATOMIC BOMB」と広島の原爆投下のタイトルが登場する。また、2分25秒には、2001年の米国同時多発テロを連想させるイメージを演出した。
この媒体は、レッドベルベットを「少女時代の妹」と紹介して"広島原爆投下に関連した新聞のヘッドラインを使用したことを偶然と見るのは難しい」「多数の犠牲者を良い悲劇をミュージックビデオに使用された無神経さに嫌韓の雰囲気が高まることがある」「所属事務所の誤りを糾弾する声が後を絶たない」と、日本国内の怒りの声を伝えた。
また、「正式デビュー前から反日の画像がついたレッドベルベットの日本デビューは難しいこともある」と付け加えた。

現在、この媒体の記事は、日本国内の主要ポータルサイトのメインを飾って4千以上のコメントと5万以上の共感を得ている。
これに関連しSM側は"ミュージックビデオの監督に連絡してみると、単にコラージュ技法のイメージソースを使ったもので、何の意図がなかった"としながら"私たちも夢中に見つけられなかった部分に誤解の余地があって、できるだけ早く修正するようにする。今後、このようなことがないよう気を使う」と説明した。




PR
2014年08月02日

PVに原爆投下伝える新聞を使用

テーマ:SHINee f(x) TRAXEXO他
こちら
韓国アイドルグループ、PVに原爆投下伝える新聞を使用 9・11をほうふつとさせる演出も

 韓国の新人女性アイドルグループ「Red Velvet」のデビュー曲のプロモーションビデオ(PV)に広島への原爆投下などを伝える英字新聞の画像が使用されていることが分かり、インターネット上などで批判の声が出ている。所属事務所は2日、取材に対し「気付かなかった」と釈明、早期に修正する意向を示した。
 曲は「幸せ(Happiness)」とのタイトルで、1日に動画サイト「ユーチューブ」などで公開された。メンバーが歌う場面で、広島への原爆投下や日本の敗戦を伝える新聞の画像が背景として使われている。2001年の米中枢同時テロをほうふつとさせる演出もあった。
 グループの所属事務所「SMエンタテインメント」は「(PVの)監督に確認したところ、単純にコラージュ用の画像素材を使用したもので、他意はなかったと話している」と釈明。「誤解の余地があり、できるだけ早く修正する」としている。
 SMエンタテインメントは韓国の最大手芸能事務所で、Red Velvetは今月デビューの4人組グループ。(共同)
PR

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>