1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年12月15日

「税金」滞納による差し押さえ

テーマ:(禁)JS
こちら




【Q&D】"借用証書いたが、お金は?」...キム·ジュンスホテル、「銭」の誤解10
2014-12-1212:50 [Dispatch]
"キム·ジュンスに約50億ウォンのお金を貸した。しかし、支払期限(2014年9月30日)が過ぎてもお金を返さなかった。" (天地総合建設) 「すべて虚偽事実である。建設会社からお金を借りたという事実自体がない。工事代金および関連費用もすべて行った。"(トスカーナホテル) 「JYJ」キム·ジュンスが50億ウォン訴訟に巻き込まれた。ホテル工事を行った「CJ建設」側が「トスカーナのホテル(代表キム·ジュンス)に貸付金返還を要求したもの。続いて済州地方裁判所に18億ウォン相当の不動産仮差押さえ申請も出した。 しかし、「トスカーナ」の話は、180度違う。 「天地総合建設」に弁済する金額が全くないと否定した。その証拠に、建設会社の代表者の捺印が押された「確認書」(返済義務なし)を公開した。さらに、「天地総合建設」が工事費を着服して数十億ウォンの損害を見たも強調した。 「ディスパッチ」は「トスカーナ」の登記簿謄本を検討した。 「トスカーナ」のバクソンミ広報理事と「シジェスエンターテイメント」の関係者への様々な疑惑を尋ねた。彼らは明らかにした誤解と真実をまとめた。ただし、「天地総合建設」側、現在連絡が届かない。差し押さえを申請したが口を閉じている状態だ。 キム·ジュンスが巻き込まれた50億台の訴訟の疑問を「Q&D」(Question&Dispatch)で解いた。

Q1。現在紛争中の建設会社が「天地総合建設」と「CJ建設」など2つ知られている。
D.「天地総合建設」と「CJ建設」は、実際には同じ会社だ。 「CJ建設」は、建設の入札のためのペーパーカンパニーである。 「天地総合建設」のオーナーの夫が代表取締役である。つまり、「トスカーナ」は、1つの会社との紛争しているわけである。 実際に「CJ建設」の登記簿謄本を確認してみると、住所が「済州特別自治道済州市グナムに6道24 'となっている。この住所をポータルサイトに入力すると、「天地総合建設」が浮かび上がる。電話番号もそれぞれ異なって上がっていますが、連絡を取れば、同じ会社に接続されている。

Q2。 「トスカーナ」が改造するまで総285億ウォンの投資資金が入った。
D.「トスカーナ」のバクソンミディレクターによると、ホテルの建設費用285億ウォンである。その中キム·ジュンスの個人投資が135億ウォンに入った。残りの150億ウォンの融資を受けた。まず最初に土地を購入する際に、外換銀行で90億ウォンを借りた。 このお金は、その後農協で150億ウォンの融資を受けて返済した。バクソンミ理事は「農協から受信した150億のうち90億円は、外換銀行ローンに大歓声した。残りの60億ウォンは、「天地総合建設」側に入った」と述べた。

Q3。なぜキム·ジュンスの名前で借りたお金が「天地総合建設」側にドゥルオガトナ?
D.ホテル施設資金の名目で受け取ったローンであるためである。これは、法的に「銀行が建設会社に直接与える方式」である。つまり、150億ウォン中90億は(土地)貸付金を返済に使われ、残りの60億は「天地総合建設」が側に堆積された。 実質的に「天地の建設」に入った60億ウォンは、キム·ジュンスが借りたお金である。そしてキム·ジュンスが銀行に返済する金額である。 「天地の建設」もこの事実を知っているので、再キム·ジュンスに入金した。施設資金8億ウォン程度を除いて、残りの50億ウォンを返してくれた。借用証は、この過程で書いてくれた。
Q4。元キム·ジュンスのお金とした。しかし、借用証を作成してくれてたの?
D.バクソンミディレクターによると、これは「天地の建設」のお願いだった。そしてキム·ジュンスが、ご了承をしてくれた部分である。パク理事は「天地の会社の会計データ用に必要であると述べた。だから、形式的な借用証を書いてくれた」と語った。 代わりに、「返済義務なし」という確認書も受けた。パク理事は「元のキム·ジュンスのお金である。天地建設の会計処理用に書いた借用証だから返済義務がない確認書も受けた」とし「今後、借入金に悪用される問題があると判断して、あらかじめ措置をしたもの」と説明した。

Q5。まとめると、借用証は書いたが、借りたわけではない?
D.法律的に相互に合意を経て、通程虚偽表示によって作成された借用証は無効に該当する。キム·ジュンスは「天地建設」から借り入れた金源自体がない。銀行からキム·ジュンスが借りたお金を「天地の建設」が再びキム·ジュンスに伝達してくれたことだけだ。 (「トスカーナ」鄭稀元の法律代理人)

Q6。ところが、建設会社側の主張は異なっている。
D.建設会社側な媒体とのインタビューで、「キム·ジュンスが建設会社側に施設資金を貸すことをお願いしてきた」とし「8月4日、18億7,670万ウォン(CJ建設)、30億3,587万ウォン(天地総合建設)をそれぞれ借りて行った」と主張した。 天地の建設は「トスカーナ」から借用証も受け強調した。建設会社側は「トスカーナが「2014年9月30日までに施設資金を戻してあげる」という内容が書かれた借用証を与えた」とし「しかし、数回返済要求をしたにもかかわらず、債務を履行しなかった」と伝えた。
Q7。建設会社側の主張を反論する証拠があるのか。
D.借用証書が証拠だ。 「天地の建設」に弁済する義務がないという内容である。鄭稀元弁護士は、「確認書の下部に「本の内容の借用証は、銀行や企業の会計資料として使用され、実際の返済額ではない」と明示されている。「天地建設」代表の捺印も写っている」と明らかにした。 「トスカーナ」のバクソンミ理事は「建設会社側が会計目的のために渡した借用証だけ持って悪意のある訴訟をかけた。「トスカーナ」が建設会社代表の捺印が込められた確認書を持っているにもかかわらず、仮差押えをかけた」と述べた。

Q8。 「天地総合建設」の訴訟を「悪意」と表現した。
D.ホテル側によると、当初予想コストよりも約100億ウォン以上の建設費が上がった。その理由を、9月25日、ホテルオープン以来、理由を知ることになったという事実も伝えた。建設会社側が関連資材などをすべて安い中国産で処理したということ。 トスカーナの関係者は、「3週間前から損害賠償請求訴訟を準備していた。「天地ゴルソル」に支払った費用を戻してほしいという内容だった」とし「天地建設でこれに気づいて「オンプル」をしたと考えられる。最初に報道した「済州道民日報」が建設会社の関連会社で知っている」と説明した。

Q9。しかし、済州地方裁判所は、「CJ建設」の主張を受け入れた。
D.「トスカーナ」の登記簿謄本を確認の結果、済州地方裁判所は先月7日ホテルの「仮差押え」を受け入れた。債権者は、「CJ建設株式会社」、請求金額は18億7,670万ウォンである。これキム·ジュンスは、すぐに異議を提起した状態だ。 済州地方裁判所ギムジョンボム判事は「CJ建設で貸付金請求訴訟を提起した。貸付金請求債権を保全するために、不動産仮差押さえも申請した」とし「しかし、キム·ジュンスが異議を提起したので、訴訟手続きにつながる。今後裁判を通じて事実関係を明らかにすること」と伝えた。


Q10。登記簿謄本を見てみると、「税金」滞納による差し押さえもされた。
D.「ディスパッチ」が発行された登記簿によると、過去3日と5日の合計2回の税金差し押さえが行われた。権利者は、国税庁、処分庁は、サムスン税務署所得税の過剰。これは、キム·ジュンスが所得税を適切に納付しなかったことを意味する。 キム·ジュンス側が部分については認めた。先月税金の一部を出せず、猶予の申請をしたということ。関係者は、「東京ドーム公演の精算金が今月初めに入ってきた。現在の所得税の70%を納付した状態」と答えた。 残りの押された税金の30%は大阪公演ギャランティーで埋める予定だ。彼は「14日大阪で公演を進行する。この精算金が22日入る。受けるとすぐに、残りの税金19億ウォンを完納する計画だ。税金は問題なくきれいに納付するだろう」と付け加えた。
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年11月24日

「エイベックスも容認」JYJ、東方神起の楽曲“解禁”

テーマ:エイベックス
こちら
「エイベックスも容認」JYJ、東方神起の楽曲“解禁”&マスコミ露出増加のウラ事情

現在、東京ドーム、京セラドーム大阪、福岡ヤフオク!ドームでのツアーを行っているJYJだが、国内メディアでの“取り扱い”について、微妙な変化が起こりつつあるという。2009年に東方神起から離脱したジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人が結成した同ユニットは、ドーム公演が即座に完売してしまうほどの人気を持っているものの、日本芸能界では“黙殺”される状態が続いていた。
「東方神起の国内マネジメント事務所であるエイベックスは、謀反を起こしたJYJの日本活動に対して、逐一横槍を入れていました。特に象徴的だったのは、11年にJYJがコンサートを開催する際、エイベックスの意向を汲んだ横浜アリーナなどの大ホールが、会場の利用を許可しなかった一件。結局、コンサートは茨城・ひたちなか市で開催されましたが、ここまで露骨な圧力というのは、まさに前代未聞の事態でした」(スポーツ紙記者)
 また13年1月には、東京地裁で行われていた国内でのJYJのマネジメント権を巡る裁判が、エイベックスの敗訴という形で終了を迎えた。しかしエイベックス側は即座に控訴し、現在も決着を迎えることはなく、昨年の東京ドーム公演に関しても日本メディアは“ほぼ無視”という状態だった。
「ですが、今年のドーム公演にあたっては、エイベックスの意向に反するような、雑誌特集や報道を行う国内の媒体も出ているんです。3人が来日した際の空港でのショット、ツアー開催にあたって行われた記者会見、さらには単独インタビューなど、特にファン層とマッチする女性週刊誌が次々とJYJの記事を掲載しました」(同)
 この圧力緩和の背景には、今回のツアーの裏方に“芸能界の重鎮”が名乗りを上げたことが見え隠れしているという。
「芸能界でも1、2を争う影響力を持つ大手プロ・ケイダッシュの川村龍夫会長が、JYJツアーの“後見人”となったんです。同じく“芸能界のドン”ことバーニングプロダクション・周防郁雄社長も、『ケイダッシュが付くのであれば』と、JYJの活動を容認する姿勢のよう。そして彼らの子飼いであるエイベックスもその意向に従わざるを得ないため、これまでのような露骨な圧力は使えなくなってしまったんですよ」(レコード会社関係者)
 そして国内メディアも少しずつ報道を行うようになり、韓国メディアが独占的にJYJの記事を伝えるというこれまでの状態が、少しずつ変化してきているのだという。
「特に今回の公演では、権利をエイベックスが持っていると見られる東方神起の楽曲も披露され、大勢の古参ファンを歓喜させていたほどです。さらに来日会見の様子は、エイベックスの御用達メディアである『スポーツニッポン』のWeb版でも報じられており、これもメディア関係者を驚かせました」(同)

 現状芸能界で東方神起、そしてJYJに対しては「男性ユニットでは唯一ジャニーズに匹敵する集客力を持つ」(芸能プロ関係者)という声も決して少なくない。その活動内容が一般メディアでも大々的に報じられる日は、果たして訪れるのだろうか。
『JYJ 2集 - Just Us (韓国盤)』 マスコミの解禁ぶりが露骨すぎて怖いわ
AD
2014年11月23日

チャンミン

テーマ:チャンミン 

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>