ハーモニープレゼント

心と体を、自由で楽な状態にすることで、ハーモニーを取り戻すために、色々なことを学んできました。

それらを、実践できる時もあれば、忘れさってしまう時もあります。
そんな私の日常を、気ままに書きつづってみようと思います。


テーマ:

2月15日は、父の誕生日である。
この日は、父の入所している札幌の老人ホームに行って麻雀をすることになっていた。
それは父の一番の楽しみだった。

 

でも、その日を待たずに、2月3日の朝、父は突然、あの世へ旅立った。
私は初めて、喪主というものを体験し、父の死後の色々な手続きをやり続け、13日にひとまず札幌から戻ってきた。

 

父は、数年前から、いつ死んでもいいように準備をし、その時のことを語りあってもきていた。
それでも去年の暮から、父が体調をくずし入院すると、私の心の中は、恐れと不安で一杯になり何も手につかなくなっていた。

 

1月15日に、父のお見舞いに行った時、手足にむくみが出て、呼吸を補助するために酸素吸入の管をつけていた。
その後、誤嚥のため心肺停止の状態になり、人工呼吸器をつけたと知らされた時、「それはまずいのでは」と、思った。
病院にいる限り、ずっと延命のための医療が続く。それは父も望んでいないことだった。

 

しかし、そのおかげで、一命をとりとめた父は、その装置をはずして、様子をみるところまで回復したのだ。
そして、食事がとれるようになったら、病院からホームに移るということであった。

 

父の亡くなる前日、父に会いに行こうという気持ちが湧いてきて、2月3日の航空券を準備した。
その早朝に父は突然亡くなったのだ。

いつかは訪れると覚悟しながらも、恐れていた事が現実となった。


そして、いきなり、困った状況になった。

まだ名古屋の空港にいる私に、札幌の義妹からの電話で、「仏壇を探したけど、お父さんが生前、本山でつけてもらった法名を書いた紙が見つからない。」
お世話になる予定だったお坊さんは、出掛けていて、葬儀やさんの紹介のお坊さんに別の戒名をつけてもらうしかない。とのこと。

そんなのは嫌だ。と思う。
亡くなった父があの世で、違う名前で呼ばれたら迷うのではないか。
どうしたらいいんだ。と、混乱状態になった。

 

そして、はっと、我に返る。
そんなこと、どうでもいいんでないの。と思い至る。
死んでから戒名をつけるけど、それって本人が生前に知らない事だし。
そんなことで、私が責任を感じ、罪悪感を感じる必要はない。と思った。
(父も私を責めないだろうと。)

 

そして、実家について落ちついて探したら、法名を書いた紙が見つかった。
ほっとして、これでもう、すべて終わったような気持ちになった。

 

でもね、さらにちょっと後悔したこともあった。

札幌は雪だからと、雪靴を履いていって、室内の会場で履く黒い靴を忘れてきたのだ。
父が生きていたら、「何をやっているんだ。」と、怒鳴られるところだ。
だって喪主だよ。みんなちゃんとした靴を履いてるのに。(あー、みっともないなぁ)と思った。

でも、ま、しかたない。これが私なんだ。と、反省しつつも、あきらめる。

ということで、お通夜には雪靴で喪主の挨拶をしたけど、告別式には、姪に靴を借りることができた。

 

葬儀が終わってから、色々な手続きをしたり、ホームやお寺に行ったりと、やるべき事が目白押しだった。
そんなあわただしさの中で、悲しむ余裕がなかったのかもしれないけれど、心の中に柔らかい明るさがあった。

 

心不全でなくなったとはいえ、95歳の父の死は、大往生だと思えた。
あちらの世界に行った父が、先に亡くなった、弟や母と再会して喜んでいるような気がした。

 

そして色々なことが、タイミングよく起こったり、ラッキーなことがあったりして、肉体はなくなったけれど、父の魂がずっとそばにいて、私達をサポートしてくれているということが、実感として感じられたのが嬉しかった。

 

そして、今回の父とのことで一番印象に残っていることは、通夜の夜のことだ。

15日に、父と麻雀をやる予定だった伯母達が、弔い麻雀をした時に、普通はありえないらしいことが起こった。


娘が、四暗刻のつもで上がり、さらに家人が四暗刻単騎待ちで上がり、どちらも親の役満貫ということであった。

麻雀をやらない人にはわからないかもしれないけれど、それは家人にとっても人生初の体験らしく、息子にメールで知らせろと言ったほどだ。
誰もが、父が参加していたのだと確信し、盛り上がった。

 

父とは、色々のことがあったけれど、今は感謝の気持ちでいっぱいだ。

**********************************************************************

私は父のことを理解できていなかったな。と思った。
自分の勝手な思い込みで、父に反発していたこともあったし。
色々学んだおかげで、父に対する怒りや誤解がやわらいでいって、最後は、父の愛の深さに気づけて、父に優しくなれたことが、本当に良かったと思う。


心の仕組みについて学び、自分を縛る信念体系を解放していきませんか。
「ああ、そうだったのか。」と腑に落ちる体験を、一度おためしください。

キャラクトロジー心理学1day講座(二日にわけることも可能です)
SAS(セルフアウェアネススキル)レベル1講座
SAS(セルフアウェアネススキル)の個人セッション(電話でもOKです)

(HITキャラクトロジー心理学協会HP http://characterogy.com

興味のある方は、メールで問い合わせてくださいね。
<メールアドレス> tanukiwakokoni@yahoo.co.jp 

ホームページ 「わたしの応援歌」  http://tanuki.daa.jp

********************************************************************** 

 

 


テーマ:

   <癒しの光 >

人は病気では死なない。寿命で死ぬのだ。
そして、誰もが、自分の死ぬ時を決めて、産まれてきている。と、私は思う。

先日、山形の老人ホームで、義父が、95才で亡くなった。
数年前から、認知症で、寝たきりで、胃ろうにより、生きているという状態だった。

何度か、危篤になりながらも、生き続ける父の姿を見ていて思ったことは、何かが終わらないうちは死ねないのかもしれない。ということだった。


私が初めて義父に会ったのは、雪の北山形駅の前だ。
嫁になる予定ということで、札幌から鮭を一匹、お土産に持って挨拶に行ったのだ。

二人で暮らす父と母に、暖かく迎えられ、炬燵に入って、ほっとくつろいだ時から、山形の家は私にとって、第二の実家となった。

 

父は仏壇彫刻師で、とても面倒見のいい人であった。
町内のこと、家の向かいにある神社のこと、仏壇組合のことなどを、リーダーとしてお世話をしていた。
お酒が好きで、ユーモアがあって、孫には自分で創作した変な話を聞かせたり、カラオケでは、歌詞を自分流に変えて歌っていたりした。
いつも、ラジオを聞きながら、こつこつと仕事をしていた父は、山形仏壇が伝統工芸として認められるために尽力し、勲章をもらったりもしていた。

 

父は戦争の時の話を語ることがあった。
血を流す戦友を背負って移動した時の話、戦地から帰って、亡くなった戦友の家に報告に行った時の話など、何度も何度も聞かされた。

 

そんな父も高齢になり、少しずつ認知症になっていった。
ある時、突然大声でわめきながら、家から出て行こうとしたことがあった。
戦争の時のことを思い出しているような気がして、父の肩を抱いて「大丈夫だ。敵はもういない。戻ろう。」と声をかけたりした。

 

介護をしている母の負担が大きくなって、父は特別養護老人ホームに入所した。
心も身体も少しずつ衰えていき、何度も熱を出しては入退院を繰り返し、二年前から胃ろうによって、生かされている状態になった。

 

たとえ寝たきりで何の反応もなくても、目には見えないレベルで、命がある限りさまざまな体験を続けているに違いない父に、自分が出来ることは何かと問い続けた。

そして、父に会いに行くたびに、感謝の気持ちと、素晴らしい人生だったね。と伝え続けた。

 

父が亡くなる数週間前に、私は体調をくずし、遠隔ヒーリングを受けた。
その時、ヒーラーさんが、私を通して父のヒーリングをしてくださった。
彼が感じたのは、戦争のシーン。そして、「怖い、助けて。」とすがっている少年時代の父の姿だった。

 

ここに、癒しの光を届けることが必要だったのだ。と私は思った。
私は、声に出し父に語りかけ、ヒーラーさんと二人で、光を送り続けてヒーリングは終わった。

 

それから二週間程して、父が危篤という知らせがあった。

 

私は、祈り続けることで、癒しの光を送り、父を見送った。


戦争は終わっていない。
その影響は、父の世代から私達の世代へと、心の深い所で引き継がれている。
残酷で悲しい事件が起きるのもそのせいだ。と、私は思う。

 

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命がまっとうされますように

**********************************************************************


さんざん学んで知識はあっても、現実が変わらないという方へ。

心の仕組みについて学び、自分を縛る信念体系を解放していきませんか。
「ああ、そうだったのか。」と腑に落ちる体験を、一度おためしください。

キャラクトロジー心理学1day講座(二日にわけることも可能です)
SAS(セルフアウェアネススキル)レベル1講座
SAS(セルフアウェアネススキル)の個人セッション(電話でもOKです)

(HITキャラクトロジー心理学協会HP http://characterogy.com

興味のある方は、メールで問い合わせてくださいね。
<メールアドレス> tanukiwakokoni@yahoo.co.jp 

ホームページ 「わたしの応援歌」  http://tanuki.daa.jp

*********************************************************************

 

 


テーマ:

尿の色がおかしいと気づいて、検査をしたら、血液が混じっていた。
とりあえず超音波や、膀胱内視鏡で検査をしてから、後日、造影剤をいれてCTで検査となった。

そして医者は、「腎臓のガンの可能性もあるかもしれません。」と言う。

 

不安な気持ちがわきあがり、わらにも縋りたい様な気持になっていく。
そんな自分を励まして、結果がわかるまでの数週間、私はどう在るのがいいのかと考える。

 

まだ、決まったわけではない未来のことを心配するのは無駄なことだし、心配することで心配なことを引き寄せる。
楽しいことに意識を向けて、楽しく過ごすのが一番だ。

 

ということで、実際に色々計画していた楽しいことに参加している時は、不安なことは忘れることができた。

 

とはいうものの、おおむね普通の状態で過ごせていると感じていた自分の心を、正直に見つめてゆくと、死を恐れている自分が居た。
誰にも何も語らず、辛い気持ちに一人で耐えている自分が居た。

 

そして、決心した。
勇気を出して、自分の気持ちを仲間に伝えようと。

 

そんなこと当たり前じゃないの。と思える人は幸せな人だ。
私にとって、それはすごくハードルの高いことだった。

 

自分の状況を伝えることで、相手から、心配や同情や、心に響かない励ましの言葉が返ってくることを恐れていたのだ。
そんなものは欲しくない。
では、何が欲しいのか?

 

ということで、ここ数年、一緒に心理学を学んできた三人の仲間に会った時、私はやっと「今、すごく不安で、怖いんだ」と、伝えることができた。

 

「そうだよ。怖いのは当たり前だよ。」と言って、三人は、よけいなことは一切言わず、暖かい波動で私を包みこんでくれた。

 

「自分の一番弱い所を見せるのは、負けること、恥ずかしいこと、屈辱感を感じること、という思い込みがあって、それは誤解だと理解できていても、弱いところを見せるのが怖かった」
「子供の時、自分の辛さを訴えると、逆に親の機嫌をそこねる体験をしたから、辛い時ほど人に言えなかった。」
と、私が語れたのは、同じ苦しみを体験し自分の心を深く見つめてきた仲間を、信頼していたからだ。

 

そしてその瞬間、心がふっと軽くなったのを感じた。
「ま、いいか。なるようにしかならないしね。」と受容できる感じになった。

「話して良かった」「話してくれて良かった」という、ハッピーな感じにもなった。

 

その後も、不安が消えたわけではなかったけど、話す前よりは楽になった。

 

そして、検査の結果は、「異状が見当たらない」ということで一件落着だった。

 

今回のことで、何時だって、一番欲しいものは「愛」なんだ。と実感した。
でも、「愛」をどのように捉えているのかは人によって違う。
私だって、それを愛と誤解して、心配することで、脚をひっぱったり、押しつけがましいエネルギーを発してきたのだから。

 

誰だって、心地よく、暖かで、安心な雰囲気に包まれたいよね。
でも、そんな状態で居られるには練習が必要だったりもする。

 

ということで、今私は、三人の仲間と一緒に、キャラクトロジー心理学を学んだ方を対象に、月に一回、何を話しても、安心安全な場を開催している。

https://smart.reservestock.jp/group_lesson_form/index/28227


**********************************************************************


さんざん学んで知識はあっても、現実が変わらないという方へ。

心の仕組みについて学び、自分を縛る信念体系を解放していきませんか。
「ああ、そうだったのか。」と腑に落ちる体験を、一度おためしください。

キャラクトロジー心理学1day講座(二日にわけることも可能です)
SAS(セルフアウェアネススキル)レベル1講座
SAS(セルフアウェアネススキル)の個人セッション(電話でもOKです)

(HITキャラクトロジー心理学協会HP http://characterogy.com

興味のある方は、メールで問い合わせてくださいね。
<メールアドレス> tanukiwakokoni@yahoo.co.jp 

ホームページ 「わたしの応援歌」  http://tanuki.daa.jp

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。