九州・山口アツかった!!

テーマ:
おはようございます。

7/31~8/4まで九州と山口に行ってきましたー

九州復興割
↑前回の記事で書いたやつです。割引チケットゲットできました☆

海太にとっては初めての飛行機・フェリー・海・レンタカーと初めてづくしの旅でした。

仙台から福岡までは飛行機
そのあとはレンタカーで 福岡→下関(山口)→湯布院(大分)→別府(大分)→延岡(宮崎)→日向(宮崎)→高千穂(宮崎)→五ヶ瀬(宮崎)→南阿蘇(熊本)→西原村(熊本)→諫早(長崎)→佐世保(長崎)→佐賀(佐賀)→福岡 をめぐりました。

↑下関の関門海峡☆

立ち寄った都市だけでもこれだけあるのでとても忙しい旅でした。
移動距離は五日間で1200㎞。
九州は山道のドライブが本当に多くて、中には一車線しかない細い崖の山道を対向車が来る恐怖に耐えながら走ったりしました。
全てはカーナビさまのおっしゃるとおりに。。。

↑熊本の通潤橋。今回の地震で一部損傷して水が通っていません。


↑本来はこんな感じで橋の中央から水が噴出している農業用水用の水を運ぶ橋です。

↑有明フェリー。長洲(熊本)⇔多比良(長崎)を車+大人二人を2460円で運んでくれます。
所要時間は約45分。安い!!
利用客はサラリーマンなども多く、市民の生活の手段としてフェリーが定着しているんだなぁと感じました。


海太がまだ一歳なので、車での移動にはストレスがかかるということで、各都市の乳児が遊べる施設を回りながら、そこでたくさん身体を動かしてもらってました。

自治体で素晴らしい施設を持っているところもあれば、イオン内などの有料施設なども利用しました。
特に素晴らしかったのが
・下関駅ビル3Fのふくふくこども館
・諫早市のこどもの城
でした。

この二つとも市が運営している公共施設なのですが、新しくて子供を安心して遊ばせられました。
こういう施設はやはり運営をすることで利益を出すことが難しいと思うので公共施設として作ることが大切なのかもしれないなぁと感じました。

こどもを持つと旅する時の視点も安全第一に変わるし、欲しい情報もおむつを替える場所だったり、休憩したり遊んだりする場所だったり、救急の病院だったりと以前とは変わりますね。

AD