1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年10月23日

ハロウィンのリース

テーマ:ブログ
10月のアトリエ授業、
ハロウィンリース完成しました。
各教室の一部作品ご紹介します。

{37DC7C05-BECA-4120-BF89-53ABD6C5E4AE:01}

粘土でいろいろ作りました。
魔女が凝ってる…凄いよく出来てますね。
リースに毛糸をまいて蜘蛛の巣風にしてあります。

{7FC4E7B1-5FE1-405B-92D4-53D751AC4DFB:01}
この雰囲気、渋くて良いわ。

{63AB4E7E-7A12-4426-BF36-FB061394AD21:01}
ペットボトルキャップに、
毛糸をまいて作る帽子、定番の技法です。

{6CD2B710-B487-4BEF-8190-9EA1FEC2001C:01}
おばけ沢山…
黒いプレートは、コルクシートです。
ハサミで切れて便利。
好きな形に加工しやすいです。

{3735F019-94CC-4CB6-AD7E-A9749196863C:01}
かぼちゃ3連、おばけ9連…

{FD59D6CC-2FEB-41E8-9A15-0D3E760E0EE4:01}
木の棒と、毛糸を使ったほうき。
毛糸の種類で全く違う雰囲気になるから不思議です。

他にも沢山良い作品があったんですが、
グルーガンの接着作業に追われて…
撮影できなくてごめんなさい。
{247A34D7-AAFE-4B6B-A813-B3D272AB817D:01}
グルーガンがあると、
どんな部分にも接着できて便利ですね。

ドアに飾って、
楽しいハロウィンをお過ごしください。

来月はアトリエ9年目にして初の試み、
スノードームを作ります。お楽しみに。

それではまた
アトリエのトモ




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016年06月18日

父の日に送るカード

テーマ:ブログ
今日の父の日、
プレゼントの用意は万全ですか?

高額な贈り物でなくても、
お父さんにいつもの感謝の気持ちを伝えて欲しいものです。

とはいえ、何か形があった方が伝わりますよね。
カードや手紙など、楽しく作ってお父さんに渡して欲しいです。

今日ご紹介するのは、画用紙に絵や模様を描いて、
おりがみの技法で、折ると出来るワイシャツカードです。

{062E49B2-9ECE-4C89-A479-80821E124703:01}

つきみ野教室の生徒さんの作品です。
左手の絵の具のしぶきみたいなスパッタリングペイント、凄いです。

{AA86EB2A-0353-4EA9-9771-F5AA4AB36B3E:01}
こちらは、スタンダードでクールなシャツデザイン。チェックのシャツが涼しげです。


{234CD266-EF20-4F3D-81F3-91A254A55507:01}
アートなデザイン。
折ると意外な場所に、意外な柄が出でくるので、偶然凄いのができたりします。


{BE113532-7047-47C0-9715-E302B4577DAA:01}
こちらは都筑区教室の受講生さんです。
のびのび描いていて、とにかく思い切りが良く元気で、清々しい作品に仕上がりました。

{95BD6E35-9D9C-4B4B-A009-A73F6C09BD95:01}
開いたところはこんな感じです。
中に、お手紙を書いてあげましょう。

最後に、
一か月前の母の日にこんな感じのカードも作りました。
{BDA723D6-A962-44FB-ABC0-940A4B4D0CF6:01}
こちらはつきみ野教室小学生の部のみの課題でした。
ちょっと高度な折り方です。

さて本日、我が夫はすっかり可愛げの無くなった息子達から何を贈って貰えるのでしょう。
日頃の感謝の言葉か、
お手紙か、贈り物か…

可愛いのは幼少期、小学生時代ですよ。
遠慮なく存分に父の日を祝ってもらいましょう。

それではまた
アトリエのトモ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年06月05日

展覧会ポスターと若冲展

テーマ:ブログ
前回のブログから、かなり期間をおいての
更新となりました。
一部の方々にはご心配おかけしております。
元気ですので、どうかご心配なく。

子どものためのアトリエ教室を開講して9年目の春を迎えております。
8回目の展覧会を迎える教室用の、
会場ポスターを描きました。

{79FDE934-586D-47BC-B7AF-DEF0D074D4EA:01}
しかしこのポスターは、なんだか気に入らず、ボツしました。
子供の作品を展示する会場には似合わないと判断しての結果ですが、

気に入らないからって言って、
カッコつけてびりーっと破れない…
とりあえずもう一枚描いてから、
比べて選出することにしました。
気が弱いもので…

{7EE47741-ABB4-47E2-A2B5-4FCDC2722146:01}
こっちを描いて、やっぱこっちにしました。
展覧会場には、
明るくて、元気が出て、子供の作品を邪魔しない、控えめデザインが良いのでは?と。機能美を考えると、ポスターというものはなかなか深い部分があります。


{F356CE5D-CFBC-4F66-B7AA-92AEA0172921:01}
今年の展覧会当日の1日体験ワークショップのサンプルです。
春のワークショップは、UVレジンを使ったストラップがここ数年のテーマです。

おかげさまで今年も大盛況でした。
参加して下さった方ありがとうございます。

そして、話題の伊藤若冲展にも行って来ましたよ。
{01F110F5-BE6C-4FA7-A8F8-339549E94961:01}
私が若冲の作品を最初に見たのは、
美大生時代ですが、
当時の貧困なボキャブラリーで表現すれば、
作風はペタッとしていて、繊細な絵だな、という感じでした。

さて、今や中年女性となった自分のボキャブラリーは増えたのでしょうか?

奥行き感、生物の厚みなどはあえて表現せず、構造的な表現を重視し、
空間は観る人に想像させているのかな?
生物図鑑のようだ、と言っている美術関係の友人もいます。

やはり、若冲は、シンプルに言えば、
ペタッと繊細…なのかもしれません。
そう考えると、子ども達の描く絵画は、
若冲の描き方に近いものがあります。
鳥の横向きであれば、
見えないはずの向こう側の羽根を描き、
見たことの無いものや、形のないものは、
想像で描く、その柔軟さ。

諸説あります。
それぞれ皆さん解釈が違うようですので、
こんな解釈でご勘弁ください。

さて、最後にこんな感想を。

大学時代は京都暮らしだったので、
若冲の実家があったと言われている錦商店街に何回か足を運ぶ機会がありました。

商店街独特の、揚げ物やお茶の香りは、
私が若冲の作品を見るたびに、
臭覚の記憶として蘇ってきます。

視覚的な記憶も強烈に残ることがありますが、臭覚の記憶も濃く刻まれることがあります。
特に子どもは臭覚が敏感です。

街や、海や、山へ出かけて、視覚、臭覚
の記憶を沢山刻み、
楽しく春夏を過ごしてください。

それではまた
アトリエのトモ




 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。