能登のイベント情報

石川県の能登のイベント情報を提供します。


テーマ:

新着の能登情報です。


<北国新聞 >


・灯明400基、等伯しのぶ 七尾、来月3日「あかりのこみち」

 七尾が生んだ桃山期の画聖長谷川等伯の没後400年を記念して、等伯ゆかりの寺院を400基の灯明で彩る「第1回山の寺あかりのこみち」(同開催実行委員会、ラジオななお主催、北國新聞社後援)は11月3日午後5時から、七尾市小島町の日蓮宗本延寺(ほんねんじ)や同長壽寺(ちょうじゅじ)で行われる。没後400年の締めくくりイベントで、当日は胡弓演奏や等伯トークショーなどが繰り広げられ、幻想的な雰囲気の中で郷土の偉人の功績をしのぶ。

 会場となる本延寺は等伯の生家奥村家、長壽寺は長谷川家の菩提寺で、それぞれの境内や参道に灯明計400基を並べる。灯明は縦横20・5センチで高さ42センチの木製。田鶴浜建具工業協同組合が製作した。

 当日は午後5時から点灯式が行われ、参加者が400基の灯明に明かりをともしてスタート。同5時半から長壽寺本堂で七尾まだら保存会のメンバーが伝統の唄(うた)と踊りを上演し、胡弓奏者倉本由美子さんと篠笛の八木繁さんが演奏を披露する。

 午後7時からは本延寺に会場を移し、七尾まだらや胡弓、篠笛の演奏のほか、河崎俊栄住職と県七尾美術館の北原洋子学芸員が等伯の功績についてトークショーを繰り広げる。

 本延寺の催しはラジオななお(76・4メガヘルツ)が生中継する。

 同実行委員会では「市内で1年間、展開されてきた数々の等伯顕彰の催しを締めくくるイベントにしたい」としている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード